2002年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗2002年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
読売ジャイアンツ() 4
西武ライオンズ() 0
ゲームデータ
試合日程 2002年10月26日-10月30日
最高殊勲選手 二岡智宏
敢闘選手 アレックス・カブレラ
チームデータ
読売ジャイアンツ ()
監督 原辰徳
シーズン成績 86勝52敗2分
(シーズン1位)
西武ライオンズ()
監督 伊原春樹
シーズン成績 90勝49敗1分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 2001 2003 > 

2002年の日本シリーズ(2002ねんのにっぽんシリーズ、2002ねんのにほんシリーズ)は、2002年10月26日から10月30日まで行われた、セ・リーグ優勝チームの読売ジャイアンツと、パ・リーグ優勝チームの西武ライオンズによる第53回プロ野球日本選手権シリーズである。

概要[編集]

2002年の日本シリーズは、原辰徳監督率いる読売ジャイアンツ(以下、巨人)と伊原春樹監督率いる西武ライオンズ(以下、西武)の対決となった。両者とも新人監督でありながら、巨人は全球団に勝ち越しての86勝[1]、西武は90勝で2位と16.5ゲーム差をつけて優勝した[2]

巨人対西武(西鉄時代を含めて)の日本シリーズはこの年までに1956年1957年1958年1963年1983年1987年1990年1994年と8回あり、西武が(西鉄時代を含めて)6勝2敗で、特に1990年は西武がストレート4連勝で制した。原監督は、シリーズ直前の合宿地で、西武への印象を「苦手を通り越して、コンプレックス。トラウマ的なものさえ感じる」と述べていた[3]

シリーズは巨人が球団史上初の4連勝で優勝した。また巨人はこのシリーズで合計8名の投手が登板したが、全員1試合のみの登板であり、「複数試合に登板した投手がゼロ」という珍しい記録を残した。

出場有資格者[編集]

読売ジャイアンツ
監督 83 原辰徳
コーチ 84 鹿取義隆
81 篠塚和典
85 斎藤雅樹
87 吉村禎章
82 鈴木康友
88 西岡良洋
89 村田真一
77 淡口憲治
投手 15 河原純一
17 高橋尚成
18 桑田真澄
19 上原浩治
20 入来祐作
27 河本育之
28 岡島秀樹
29 前田幸長
36 石川雅実
38 谷浩弥
39 三浦貴
43 真田裕貴
47 工藤公康
49 柏田貴史
54 酒井順也
57 條辺剛
61 H.アルモンテ
67 鴨志田貴司
捕手 10 阿部慎之助
12 村田善則
23 吉永幸一郎
46 小田幸平
内野手 00 後藤孝志
0 川中基嗣
2 元木大介
5 清原和博
6 川相昌弘
7 二岡智宏
8 仁志敏久
33 江藤智
35 福井敬治
45 黒田哲史
60 宮崎一彰
外野手 9 清水隆行
24 高橋由伸
37 斉藤宜之
44 堀田一郎
55 松井秀喜
58 山田真介
68 鈴木尚広
西武ライオンズ
監督 73 伊原春樹
コーチ 27 伊東勤
44 清水雅治
71 松沼雅之
75 金森栄治
77 松沼博久
79 笘篠誠治
80 森山良二
81 鈴木葉留彦
85 広橋公寿
投手 13 西口文也
16 潮崎哲也
17 許銘傑
18 松坂大輔
19 森慎二
20 豊田清
21 石井貴
25 内薗直樹
26 星野智樹
29 三井浩二
35 土肥義弘
43 水尾嘉孝
50 後藤光貴
99 張誌家
捕手 22 中嶋聡
27 伊東勤
46 野田浩輔
47 細川亨
64 犬伏稔昌
内野手 3 S.マクレーン
4 高木浩之
7 松井稼頭央
8 鈴木健
10 高木大成
23 平尾博嗣
34 T.エバンス
42 A.カブレラ
45 古屋剛
57 上田浩明
外野手 1 高山久
5 和田一浩
12 柴田博之
30 佐藤友亮
31 小関竜也
37 大友進
39 貝塚政秀
51 大島裕行
55 垣内哲也
58 宮地克彦

試合結果[編集]

2002年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月26日(土) 第1戦 西武ライオンズ 1-4 読売ジャイアンツ 東京ドーム
10月27日(日) 第2戦 西武ライオンズ 4-9 読売ジャイアンツ
10月28日(月) 移動日
10月29日(火) 第3戦 読売ジャイアンツ 10-2 西武ライオンズ 西武ドーム
10月30日(水) 第4戦 読売ジャイアンツ 6-2 西武ライオンズ
優勝:読売ジャイアンツ(2年ぶり20回目)

第1戦[編集]

国歌独唱松本幸四郎が担当。始球式北の湖敏満(当時日本相撲協会理事長)が務めた。

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
西武 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 6 1
巨人 0 0 4 0 0 0 0 0 X 4 6 0
  1. 西 : 松坂、三井、後藤、土肥 - 伊東、中嶋聡
  2. 巨 : 上原 - 阿部
  3. : 上原(1勝)  : 松坂(1敗)  
  4. :  西 – カブレラ1号ソロ(9回・上原)  巨 – 清水1号2ラン(3回・松坂)、清原1号2ラン(3回・松坂)
  5. 審判:球審…友寄、塁審…一塁:山本、二塁:眞鍋、三塁:山村、外審…左翼:、右翼
  6. 試合時間:2時間55分
西武
打順 守備 選手
1 [遊] 松井
2 [右] 小関
3 [中] 宮地
後藤
エバンス
土肥
4 [一] カブレラ
5 [左] 和田
6 [三] 平尾
7 [投] 松坂
貝塚
三井
大友
8 [捕] 伊東
鈴木
中嶋聡
9 [二] 高木浩
巨人
打順 守備 選手
1 [左] 清水
2 [遊] 二岡
3 [右] 高橋由
4 [中] 松井
5 [一] 清原
川相
6 [捕] 阿部
7 [三]一 江藤
8 [二] 仁志
9 [投] 上原


巨人はこの年最多勝を獲得した上原、西武は故障で6勝止まりだった松坂の先発でシリーズが開幕した。初回西武は先頭の松井稼が初球をセンター前にヒットを放ち出塁する。続く小関のバントは二塁で封殺となり、4番カブレラが四球で出塁してチャンスを広げるも和田が二塁ゴロに倒れて先制はならなかった。3回裏の巨人は上原がチーム初安打となり出塁すると、清水がシリーズ初本塁打となる2ラン本塁打を放つと打線がつながり、清原も2ラン本塁打を放ちこの回4点を先制した。松坂は3回でKOされた。その後は上原が西武打線を封じて9回もマウンドに上がる。この回先頭のカブレラにソロ本塁打を打たれ完封は逃したが、後続を打ち取り完投勝利を挙げ巨人が白星を挙げた。巨人は日本シリーズ初戦の連敗を5で止めた。一方西武は攻守に精彩を欠き黒星スタートとなった。

第2戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
西武 0 0 0 0 0 1 0 2 1 4 9 0
巨人 1 0 6 0 0 0 2 0 X 9 13 0
  1. 西 : 石井、許、三井、森 - 伊東、野田
  2. 巨 : 桑田、岡島、前田 - 阿部
  3. : 桑田(1勝)  : 石井(1敗)  
  4. :  西 – カブレラ2号2ラン(8回・岡島)
  5. 審判:球審…東、塁審…一塁:森、二塁:山本、三塁:眞鍋、外審…左翼:中村、右翼:笠原
  6. 試合時間:3時間16分
西武
打順 守備 選手
1 [遊] 松井
2 [右] 小関
3 [中] 宮地
犬伏
大友
4 [一] カブレラ
5 [左] 和田
6 [三] 平尾
三井
高木大
佐藤友
7 [捕] 伊東
野田
8 [投] 石井
打三 マクレーン
9 [二] 高木浩
巨人
打順 守備 選手
1 [左] 清水
2 [遊] 二岡
3 [右] 高橋由
4 [中] 松井
5 [一] 清原
元木
6 [捕] 阿部
7 [三] 江藤
斉藤
8 [二] 仁志
9 [投] 桑田
岡島
吉永
鈴木
前田


巨人は最優秀防御率のタイトルを獲得し復活を遂げた桑田が1994年の日本シリーズ第5戦以来の日本シリーズ先発となり、西武は石井の先発となった。西武は前日に続いて初回にチャンスを作る。内野安打と2死四球で2死満塁のチャンスで桑田が二塁に牽制球を投げ、この間に三塁走者の小関が本塁に行くがアウトとなりチャンスを潰す。巨人はその裏、2死2塁のチャンスで松井が左中間への二塁打で先制する。3回裏、先頭の桑田のヒットを足がかりに5連打と打者一巡の猛攻で一挙6点を入れ石井をKOした。7回にも2点を追加して巨人が圧倒した。桑田は大量援護に守られ7回1失点と好投した。西武は8回から登板した岡島からカブレラが2ラン本塁打を放つが反撃が遅かった。巨人は桑田の8年ぶりの日本シリーズ勝利を挙げ連勝した。西武は先発の石井が誤算だった。

第3戦[編集]

国歌独唱は伊東美咲原沙知絵音羽ゆりかご会始球式北島康介

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
巨人 0 1 2 4 0 0 1 2 0 10 13 0
西武 1 0 0 0 0 0 0 1 0 2 8 0
  1. 巨 : 工藤、條辺 - 阿部
  2. 西 : 張、三井、許、土肥、潮崎 - 伊東、中嶋聡
  3. : 工藤(1勝)  : 張(1敗)  
  4. :  巨 – 清原2号ソロ(2回・張)、二岡1号満塁(4回・三井)、高橋由1号2ラン(8回・土肥)  西 – 松井1号ソロ(8回・工藤)
  5. 審判:球審…笠原、塁審…一塁:中村、二塁:森、三塁:山本、外審…左翼:友寄、右翼:山村
  6. 試合時間:3時間15分
巨人
打順 守備 選手
1 [左] 清水
2 [遊] 二岡
3 [右] 高橋由
4 [中] 松井
5 [指] 清原
走指 鈴木
打指 後藤
6 [捕] 阿部
7 [一] 斉藤
打三 元木
8 [三]一 江藤
9 [二] 仁志
西武
打順 守備 選手
1 [遊] 松井
2 [右]中 小関
3 [指] 犬伏
4 [一] カブレラ
5 [左] 和田
6 [中] 佐藤友
打右 垣内
7 [三] マクレーン
8 [捕] 伊東
柴田
中嶋聡
9 [二] 平尾


第3戦は西武ドームに舞台を移した。西武は本拠地がドーム化してからは初の日本シリーズ開催となった。第3戦の西武はシーズン途中に加入して10勝を挙げた張、巨人は古巣相手に投げることになったベテラン工藤が先発した。西武は初回、1死1.2塁のチャンスでカブレラが先制タイムリーを放つ。シリーズ初めて西武が先制点を挙げた。チャンスは続いたが和田と佐藤友が倒れてこの回は1点止まりだった。2回表、巨人は清原のシリーズ2号ソロ本塁打で同点に追いつく。続く3回表には清水のタイムリー、松井のライトへの二塁打で2点を追加しリードを広げる。4回表にはチャンスを広げるとここで西武は張を諦め三井を投入する。無死満塁から2死満塁となり二岡がシリーズ第1号となる満塁本塁打を放ちリードを6点に広げた。7回表には2死1.2塁から途中出場の元木のセンター前のタイムリー、8回には高橋由もシリーズ第1号2ラン本塁打を放ち試合を決めた。その裏西武は松井稼のソロ本塁打を放つも打線が繋がらなかった。先発の工藤は初回は不安定だったが四球を出さず8回2失点の好投で巨人移籍後初の日本シリーズ勝利を挙げた。巨人は2年ぶりの日本一に王手を賭けた。西武は投手陣が炎上し3連敗で5番の和田も依然無安打のままで後がなくなった。

第4戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
巨人 0 2 0 0 0 3 1 0 0 6 6 1
西武 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2 4 1
  1. 巨 : 高橋尚、河原 - 阿部
  2. 西 : 西口、松坂、森、豊田 - 中嶋聡、野田
  3. : 高橋尚(1勝)  : 松坂(2敗)  
  4. :  巨 – 斉藤1号2ラン(2回・西口)  西 – エバンス1号2ラン(5回・高橋尚)
  5. 審判:球審…山村、塁審…一塁:友寄、二塁:中村、三塁:森、外審…左翼:東、右翼:眞鍋
  6. 試合時間:3時間12分
巨人
打順 守備 選手
1 [左] 清水
2 [遊] 二岡
3 [右] 高橋由
鈴木
元木
4 [中] 松井
5 [指] 清原
走指 川中
6 [捕] 阿部
7 [一]右 斉藤
8 [三] 江藤
打一 後藤
9 [二] 仁志
西武
打順 守備 選手
1 [遊] 松井
2 [右]中 小関
3 [三] マクレーン
4 [一] カブレラ
5 [左] 和田
6 [中] 佐藤友
打右 垣内
柴田
7 [指] エバンス
8 [捕] 中嶋聡
犬伏
野田
9 [二] 高木浩


後がなくなった西武はこの年15勝を挙げた西口、巨人はプロ入り初の2桁勝利を挙げた高橋尚が先発した。巨人は2回表、前日に続いて「7番・一塁」で先発の斉藤が2ラン本塁打を放ち2点を先制する。西武は5回裏、エバンスの2ラン本塁打で同点に追いつく。西武が先制されながら追いついたのは今シリーズ初めてだった。西武は西口が5回まで2安打2失点の好投を見せたが勝負所と思ったのか西口から第1戦の松坂を2番手で送り出した。これが西武は大きな誤算となった。巨人は6回表、2死球で2死1.2塁のチャンスで斉藤の勝ち越しタイムリー、代打後藤の三塁打で3点を入れた。7回表にも巨人は清原のタイムリーで1点を追加しリードを4点に広げた。松坂は2回4失点と起用に応えられない結果となった。一方先発の高橋尚は8回2失点の好投で起用に応えた。9回にはここまで出番のなかった抑えの河原が登板。2死を取り、代打柴田にヒットを打たれるが続くエバンスを三振に打ち取りゲームセット。巨人が球団史上初のストレートの4連勝で2年ぶり日本一を達成した。1990年には同じ西武相手にストレートの4連敗で敗退して4試合通じての点差が大きく離れていたこともあり、今回はその反対の結果となった。一方西武は西口以外の先発投手陣の不調、松坂の炎上や打線でも和田が15打数無安打に抑えられたことが影響し、10年ぶり日本一はならなかった。

なお、巨人では松井がオフにFA宣言メジャーリーグニューヨーク・ヤンキースに移籍したためこの試合が日本での最後の試合となった[4]。また清原と桑田もこの年以降は日本シリーズに進出できなかったため、このシリーズが現役最後の日本シリーズとなった。

表彰選手[編集]

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

第1戦
第2戦
第3戦
第4戦

※関東地区での視聴率は(ビデオリサーチ調べ)、第1戦(日本テレビ系)は30.5%。 第2戦(日本テレビ系)は28.8%。第3戦(テレビ朝日系)は25.8%。第4戦(TBS系)は29.5%だった。

ラジオ中継[編集]

第1戦
第2戦
第3戦
第4戦

脚注[編集]

  1. ^ 年度別成績 2002年 セントラル・リーグ
  2. ^ 年度別成績 2002年 パシフィック・リーグ
  3. ^ 『巨人軍5000勝の記憶』 読売新聞社、ベースボールマガジン社、2007年。ISBN 9784583100296。p.86
  4. ^ 2012年オフにメジャーで引退した。

外部リンク[編集]