1984年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 1984年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
広島東洋カープ() 4
阪急ブレーブス() 3
ゲームデータ
試合日程 1984年10月13日-10月22日
最高殊勲選手 長嶋清幸
敢闘選手 山沖之彦
チームデータ
広島東洋カープ ()
監督 古葉竹識
シーズン成績 75勝45敗10分
(シーズン1位) 
阪急ブレーブス()
監督 上田利治
シーズン成績 75勝45敗10分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 1983 1985 > 

1984年の日本シリーズ(1984ねんのにっぽんシリーズ、1984ねんのにほんシリーズ)は、1984年10月13日から10月22日まで行われたセ・リーグ優勝チームの広島東洋カープパ・リーグ優勝チームの阪急ブレーブスによる第35回プロ野球日本選手権シリーズである。

概要[編集]

上田利治監督率いる阪急ブレーブス古葉竹識監督率いる広島東洋カープの対決(1975年以来)となった1984年の日本シリーズは、広島が4勝3敗で勝利し、4年ぶり3度目の日本一を決めた。

阪急ブレーブスとしては、これが最後の日本シリーズとなった。広島カープもこの年の日本シリーズを最後に、日本一から遠ざかっている。

試合結果[編集]

1984年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月13日(土) 第1戦 阪急ブレーブス 2-3 広島東洋カープ 広島市民球場
10月14日(日) 第2戦 阪急ブレーブス 5-2 広島東洋カープ
10月15日(月) 移動日
10月16日(火) 第3戦 広島東洋カープ 8-3 阪急ブレーブス 阪急西宮球場
10月17日(水) 第4戦 雨天中止
10月18日(木) 広島東洋カープ 3-2 阪急ブレーブス
10月19日(金) 第5戦 広島東洋カープ 2-6 阪急ブレーブス
10月20日(土) 移動日
10月21日(日) 第6戦 阪急ブレーブス 8-3 広島東洋カープ 広島市民球場
10月22日(月) 第7戦 阪急ブレーブス 2-7 広島東洋カープ
優勝:広島東洋カープ(4年ぶり3回目)

第1戦[編集]

10月13日 広島 入場者28863人

阪急 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2
広島 0 0 1 0 0 0 0 2 X 3

(急)●山田(1敗)-藤田

(広)山根、○小林(1勝)-達川

勝利打点 長嶋1

本塁打

(急)福原1号ソロ(3回山根)

(広)長嶋1号2ラン(8回山田)

[審判]セ福井(球)パ前川 セ平光 パ大野(塁)セ井上 パ藤本(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第2戦[編集]

10月14日 広島 入場者31289人

阪急 0 0 0 0 0 0 0 0 5 5
広島 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2

(急)今井、○山沖(1勝)-藤田、中沢長村

(広)●北別府(1敗)、小林-達川

勝利打点 福原1

本塁打

(急)簑田1号ソロ(9回北別府)

[審判]パ藤本(球)セ井上 パ前川 セ平光(塁)パ五十嵐 セ岡田功(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第3戦[編集]

10月16日 西宮 入場者19022人

広島 0 1 4 2 0 0 1 0 0 8
阪急 0 0 2 0 0 1 0 0 0 3

(広)○川口(1勝)-達川

(急)●佐藤義(1敗)、宮本、谷村、谷-藤田

勝利打点 山本浩1

本塁打

(広)山本浩1号ソロ(2回佐藤義)、長嶋2号満塁(3回佐藤)、高橋1号2ラン(4回宮本)、衣笠1号ソロ(7回谷村)

[審判]セ岡田功(球)パ五十嵐 セ井上 パ前川(塁)セ福井 パ大野(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第4戦[編集]

10月18日 西宮 入場者22162人

広島 1 0 0 0 0 1 0 0 1 3
阪急 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2

(広)山根、小林、○大野(1勝)-達川、山中

(急)●山田(2敗)-藤田、中沢

勝利打点 山本浩2

本塁打

(広)衣笠2号ソロ(6回山田)

(急)松永1号2ラン(7回山根)

[審判]パ大野(球)セ福井 パ五十嵐 セ井上(塁)パ藤本 セ平光(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第5戦[編集]

10月19日 西宮 入場者14442人

広島 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2
阪急 0 1 0 1 1 0 1 2 X 6

(広)●北別府(2敗)、山本和、小林、大野-達川、山中

(急)○今井(1勝)、S山沖(1勝1S)-藤田

勝利打点 小林晋1

本塁打

(急)小林晋1号ソロ(4回北別府)

[審判]セ平光(球)パ藤本 セ福井 パ五十嵐(塁)セ岡田功 パ前川(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第6戦[編集]

10月21日 広島 入場者30442人

阪急 0 0 7 0 0 1 0 0 0 8
広島 2 1 0 0 0 0 0 0 0 3

(急)佐藤、宮本、○山沖(2勝1S)-藤田

(広)●川口(1勝1敗)、川端、北別府、新美、山本和-達川

勝利打点 福原2

本塁打

(急)福原2号満塁(3回川口)

(広)達川1号ソロ(2回佐藤)

[審判]パ前川(球)セ岡田功 パ藤本 セ福井(塁)パ大野 セ井上(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第7戦[編集]

10月22日 広島 入場者25720人

阪急 1 0 0 0 0 1 0 0 0 2
広島 0 0 1 0 0 1 3 2 X 7

(急)●山田(3敗)、今井、山沖-藤田

(広)○山根(1勝)-達川

勝利打点 山崎隆1

本塁打

(急)弓岡1号ソロ(1回山根)

(広)衣笠3号ソロ(3回山田)、長嶋3号ソロ(6回山田)

[審判]セ井上(球)パ大野 セ岡田功 パ藤本(塁)セ平光 パ五十嵐(外)

公式記録関係(日本野球機構ページ)

表彰選手[編集]

※なお、本来MVP受賞者にはトヨタ自動車協賛の乗用車が贈呈されるが、カープの資本関係上マツダ協賛のものが贈呈された。

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

  • 第1戦:10月13日(土)
ゲスト解説:田淵幸一西武、この年をもって引退し翌年からTBSの解説者となる)
リポーター:川島宏治(RCC・広島サイド、共同インタビュアー)、城野昭毎日放送(MBS)・阪急サイド)
  • 第2戦:10月14日(日)
ベンチリポーター:脇田義信(HTV・広島サイド)、佐藤忠功讀賣テレビ(YTV)・阪急サイド)
  • 第3戦:10月16日(火)
副音声マーティ・キーナートによる英語実況。当時、ビジター側の系列局・テレビ新広島(TSS)は音声多重放送未実施のため視聴不可だった>
  • 第4戦:10月18日(木)
ブルペンリポーター:米田哲也(阪急サイド。翌年から阪神コーチ)、大崎三男(広島サイド) <副音声:マーティ・キーナートによる英語実況> 
  • 第5戦:10月19日(金)
  • 関西テレビ≪FNN系列≫ 実況:塩田利幸 解説:吉田義男(翌年から阪神監督) ゲスト解説:鈴木啓示、高木豊(横浜大洋)
ブルペンリポーター:米田哲也(阪急サイド)、大崎三男(広島サイド) <副音声:マーティ・キーナートによる英語実況> 
ベンチリポーター:馬場鉄志(KTV・阪急サイド)、神田康秋テレビ新広島(TSS)・広島サイド)
  • 第6戦:10月21日(日)
実況:太田真一テレビ朝日) 解説:野村克也 ゲスト解説:高木豊、大石大二郎(近鉄)
ベンチリポーター:野崎賢治(UHT・広島サイド)、黒田昭夫朝日放送(ABC)・阪急サイド)
  • 第7戦:10月22日(月)
ベンチリポーター:川島宏治(RCC・広島サイド、共同インタビュアー)、城野昭(毎日放送・阪急サイド)

ラジオ中継[編集]

  • 第1戦:10月13日(土)
実況:深山計(RCC) 解説:大下剛史小林繁 リポーター:鈴木信宏(RCC)、和沙哲郎(ABC)
実況:枇杷阪明 解説:江本孟紀 ゲスト解説:山崎裕之(西武、2000本安打を達成し引退) リポーター:胡口和雄
  • 第2戦:10月14日(日)
  • NHKラジオ第1 解説:広瀬叔功 ゲスト解説:田尾安志中日、トレードで西武へ移籍)
  • TBSラジオ・中国放送(RCC)・朝日放送(ABC)(JRN・中国放送制作)
実況:鈴木信宏(RCC) 解説:長谷川良平 ゲスト解説:田淵幸一 リポーター:川島宏治(RCC)、和沙哲郎(ABC)
  • 文化放送(NRN) 解説:豊田泰光 ゲスト解説:江夏豊
  • ニッポン放送 実況:胡口和雄 解説:西本幸雄 ゲスト解説:山崎裕之  リポーター:森中千香良
  • 第3戦:10月16日(火)
  • NHKラジオ第1 解説:高田繁 ゲスト解説:鈴木啓示(近鉄)
  • TBSラジオ・毎日放送(MBS)・中国放送(RCC)(JRN・毎日放送制作)
実況:城野昭(MBS) 解説:杉下茂 ゲスト解説:田淵幸一、梨田昌孝 リポーター:結城哲郎(MBS)、山本昭(RCC)
  • 第4戦:10月18日(木)
  • NHKラジオ第1 解説:川上哲治 ゲスト解説:山内孝徳(南海)
  • TBSラジオ・毎日放送(MBS)・中国放送(RCC)(JRN・毎日放送制作)
実況:三宅定雄(MBS) 解説:一枝修平 ゲスト解説:田淵幸一 リポーター:結城哲郎(MBS)、山本昭(RCC)
  • 文化放送 解説:豊田泰光 ゲスト解説:山内一弘(中日監督)
  • ニッポン放送・朝日放送(ABC)(NRN・朝日放送製作) 実況:安部憲幸(ABC) 解説:小山正明 ゲスト解説:大石大二郎
  • ラジオ日本 解説:中村稔
  • 第5戦:10月19日(金)
実況:井上光央(MBS) 解説:長池徳士 ゲスト解説:田淵幸一、梨田昌孝
  • 文化放送 解説:別所毅彦 ゲスト解説:江夏豊
  • ニッポン放送・朝日放送(ABC)(NRN・朝日放送製作)
実況:武周雄(ABC) 解説:小山正明 ゲスト解説:岡本伊三美 リポーター:和沙哲郎(ABC)、深山計(RCC)
  • ラジオ日本 解説:有本義明
  • 第6戦:10月21日(日)
  • NHKラジオ第1 解説:高田繁 ゲスト解説:梨田昌孝
  • TBSラジオ・中国放送(RCC)・朝日放送(ABC)(JRN・中国放送制作)
実況:上野隆紘(RCC) 解説:大石清 ゲスト解説:田淵幸一 リポーター:深山計(RCC)、因田宏紀(ABC)
  • 文化放送 解説:豊田泰光 ゲスト解説:江夏豊
  • ニッポン放送 実況:深澤弘 解説:土橋正幸 ゲスト解説:関根潤三(大洋監督を辞任)、稲尾和久 リポーター:森中千香良
  • 第7戦:10月22日(月)
  • NHKラジオ第1 解説:藤田元司 ゲスト解説:山内孝徳
  • TBSラジオ・中国放送(RCC)・朝日放送(ABC)(JRN・中国放送制作)
実況:山本昭(RCC) 解説:大石清、張本勲 リポーター:鈴木信宏(RCC)、因田宏紀(ABC)
  • 文化放送 解説:別所毅彦 ゲスト解説:江夏豊
  • ニッポン放送 実況:胡口和雄 解説:西本幸雄 ゲスト解説:関根潤三 リポーター:深澤弘
  • ラジオ日本 解説:中村稔

外部リンク[編集]