井上忠行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井上 忠行
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 1935年10月25日
没年月日 (2007-12-15) 2007年12月15日(72歳没)
身長
体重
180 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1957年
初出場 1957年
最終出場 1964年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

井上 忠行(いのうえ ただゆき、1935年10月25日 - 2007年12月15日)は、福岡県出身のプロ野球選手プロ野球審判員セ・リーグ袖番号は21988年初採用から2001年退職まで、専任指導員に転じた1997年以降もつけていた。2004年以降は敷田直人がつけている。)。

来歴・人物[編集]

八女工業高校卒業後、門司鉄道管理局に進み、1956年都市対抗に出場。1957年西鉄ライオンズ内野手として入団。1959年には一軍に定着、主に一塁手として起用される。1962年には、選手兼監督に就任した中西太の故障が悪化したこともあり、一塁手、三塁手として56試合に先発出場を果たす。しかし翌年にはジョージ・ウィルソンジム・バーマらが入団して出場機会が減り、1964年限りで現役引退。現役時代の通算記録は、実働8年で584試合に出場し、945打数170安打の.180、18本塁打、71打点、3盗塁。1963年には日本シリーズにも出場している。

その後セ・リーグ審判部に入局、関西審判部の中堅として長年活躍した。審判員としての出場記録は通算3263試合、日本シリーズ6回(1984年1985年1987年1991年1994年1996年)、オールスター6回。日本シリーズでは、1985年1991年に第4戦、1984年に第7戦の球審をそれぞれ担当している。引退前年の1996年には、61歳という高齢ながらオールスター・日本シリーズに出場している。 有名な試合としては、1987年中日近藤真市によるルーキー初登板・初先発ノーヒットノーラン達成試合で球審をしていた[1]。井上はこの試合を振り返り、「5回辺りから記録達成の予感がした」と述懐している。また1993年6月9日の巨人対ヤクルト戦で、ヤクルトのルーキー伊藤智仁が16奪三振を奪いながら篠塚和典にサヨナラホームランを打たれた試合で球審。1994年10月8日の中日対巨人の同率首位決戦(10.8決戦)で一塁塁審、引退した1997年9月2日横浜ベイスターズヤクルトスワローズでヤクルト石井一久ノーヒットノーランを達成した試合で球審を務めている。

1997年に引退後、2001年まで審判指導員をつとめた。プロ野球マスターズリーグで審判をつとめ、他にも大東市などの少年野球の指導などで活躍していた。(中村剛也も所属していた大東市の少年野球リーグでは審判部長)

大柄な身体で、大食漢、ストライクゾーンが広い審判であった。1986年秋よりインサイドプロテクターを使用した(1987年開幕から使用。)。

2007年12月15日、沖縄でのマスターズリーグの試合後、急性心筋梗塞を発症し急逝。72歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1957 西鉄 27 34 33 3 3 0 0 1 6 3 0 0 0 0 1 0 0 13 3 .091 .118 .182 .299
1958 13 11 11 2 2 0 0 0 2 0 1 0 0 0 0 0 0 2 0 .182 .182 .182 .364
1959 69 203 188 14 38 4 0 4 54 18 1 1 1 3 10 0 1 43 7 .202 .246 .287 .533
1960 100 219 201 16 35 8 0 1 46 12 0 1 0 0 18 0 0 40 7 .174 .242 .229 .471
1961 91 110 103 8 17 7 0 2 30 6 0 1 1 1 4 0 1 16 5 .165 .204 .291 .495
1962 124 295 268 22 54 11 0 8 89 26 1 1 4 4 18 1 1 39 9 .201 .254 .332 .586
1963 94 74 65 8 10 1 0 1 14 2 0 1 0 0 7 0 2 15 3 .154 .257 .215 .472
1964 66 84 76 6 11 1 0 1 15 4 0 1 3 0 4 0 1 15 1 .145 .198 .197 .395
通算:8年 584 1030 945 79 170 32 0 18 256 71 3 6 9 8 62 1 6 183 35 .180 .235 .271 .506

背番号[編集]

  • 29 (1957年 - 1959年)
  • 2 (1960年 - 1964年)

脚注[編集]

  1. ^ 井上忠行氏死去 元プロ野球セ・リーグ審判部副部長 Archived 2014年5月12日, at the Wayback Machine.47NEWS 2007年12月17日

関連項目[編集]