1951年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本選手権シリーズ > 1951年の日本シリーズ
日本の旗1951年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
読売ジャイアンツ() 4
南海ホークス() 1
ゲームデータ
試合日程 1951年10月10日-10月17日
最高殊勲選手 南村不可止
チームデータ
読売ジャイアンツ ()
監督 水原茂
シーズン成績 79勝29敗6分
(シーズン1位) 
南海ホークス()
監督 山本一人
シーズン成績 72勝24敗8分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 1950 1952 > 

1951年の日本シリーズ(1951ねんのにっぽんシリーズ、1951ねんのにほんシリーズ)は、1951年10月10日から10月17日まで行われた第2回プロ野球日本選手権シリーズである。初めてセ・リーグを制した、水原茂監督率いる読売ジャイアンツと、初のパ・リーグを制した山本一人監督率いる南海ホークスとの対決となり、10月に後楽園球場大阪球場で行われた。

日本シリーズでの「水原巨人」と「山本(鶴岡)南海」の対決は、このあと、1952年1953年1955年1959年とある。

概要[ソースを編集]

本来は10月下旬か11月初めごろの開催が予定されていたが、日米野球大リーグ選抜来日試合」が急きょ10月17日から開催されることが決まり、日程的な都合から開催日を上記10月10日からに繰り上げる処置が取られた。このためこの発表がなされた9月23日に、ペナントレースはセ・パ合計96試合(セ・34、パ・62)の未消化試合を取りやめる(セは10月9日、パは10月7日の開催分をもって打ち切り)と発表し、合わせてこの日の段階で首位だった巨人と南海がそれぞれリーグ戦の残り試合や、ゲーム差などを踏まえリーグ優勝とみなすことが発表された。

試合結果[ソースを編集]

試合 試合日 球場 開始時刻 勝利 スコア 敗戦 入場者数
第1戦 10月10日(水) 大阪 14時2分 読売ジャイアンツ 5 - 0 南海ホークス 29074人
第2戦 10月11日(木) 大阪 14時1分 読売ジャイアンツ 7 - 0 南海ホークス 27639人
第3戦 10月13日(土) 後楽園 14時 読売ジャイアンツ 3 - 1 南海ホークス 35066人
第4戦 10月16日(火) 後楽園 14時 南海ホークス 4 - 3 読売ジャイアンツ 31937人
第5戦 10月17日(水) 後楽園 14時3分 読売ジャイアンツ 8 - 2 南海ホークス 15519人

第1戦[ソースを編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
巨人 0 0 0 1 1 3 0 0 0 5 15 1
南海 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 10 0
  1. 巨 : 藤本 -
  2. 南 : 江藤中谷服部 - 筒井
  3. : 藤本(1勝)  : 江藤(1敗)  
  4. 審判:球審…横沢三、塁審…一塁:筒井、二塁:浜崎、三塁:津田、外審…左翼:井野川、右翼:杉村
  5. 試合時間:2時間22分

公式記録関係(日本野球機構ホームページ)

第2戦[ソースを編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
巨人 0 3 2 0 0 1 1 0 0 7 9 1
南海 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 1
  1. 巨 : 別所 - 楠
  2. 南 : 柚木、服部 - 筒井、松井
  3. : 別所(1勝)  : 柚木(1敗)  
  4. :  巨 – 青田1号ソロ(7回・服部)
  5. 審判:球審…、塁審…一塁:小島、二塁:津田、三塁:井野川、外審…左翼:杉村、右翼:浜崎
  6. 試合時間:1時間57分

公式記録関係(日本野球機構ホームページ)

第3戦[ソースを編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
南海 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 5 1
巨人 2 0 0 0 0 0 0 1 X 3 8 0
  1. 南 : 中原、中谷、江藤 - 筒井、松井
  2. 巨 : 松田、別所 - 楠
  3. : 松田(1勝)  : 中原(1敗)  
  4. 審判:球審…横沢三、塁審…一塁:筒井、二塁:井野川、三塁:杉村、外審…左翼:小島、右翼:津田
  5. 試合時間:2時間14分

公式記録関係(日本野球機構ホームページ)

第4戦[ソースを編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
南海 0 0 0 4 0 0 0 0 0 4 9 0
巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3 3 1
  1. 南 : 服部、柚木 - 筒井
  2. 巨 : 中尾、別所、大友 - 楠
  3. : 服部(1勝)  : 中尾(1敗)  
  4. :  巨 – 樋笠1号3ラン(9回・服部)
  5. 審判:球審…島、塁審…一塁:浜崎、二塁:筒井、三塁:井野川、外審…左翼:杉村、右翼:小島
  6. 試合時間:2時間13分

公式記録関係(日本野球機構ホームページ)

第5戦[ソースを編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
南海 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 6 0
巨人 0 1 0 2 2 0 0 3 X 8 9 0
  1. 南 : 柚木、中原、江藤、中谷 - 筒井、松井
  2. 巨 : 藤本 - 楠
  3. : 藤本(2勝)  : 柚木(2敗)  
  4. :  南 – 村上1号2ラン(9回・藤本)  巨 – 宇野1号ソロ(2回・柚木)、千葉1号ソロ(5回・江藤)、川上哲1号ソロ(5回・江藤)、与那嶺1号2ラン(8回・中谷)
  5. 審判:球審…横沢三、塁審…一塁:津田、二塁:小島、三塁:筒井、外審…左翼:浜崎、右翼:杉村
  6. 試合時間:1時間52分

公式記録関係(日本野球機構ホームページ)

表彰選手[ソースを編集]

ラジオ中継[ソースを編集]

全5戦ともにNHKラジオ第2で中継された。

また、開局したばかりの新日本放送(現在の毎日放送)が大阪球場で行なわれた2試合を中継した。2試合とも、中澤不二雄が解説を担当、ゲストに阪急浜崎真二阪神松木謙治郎両監督と毎日別当薫・阪神の藤村富美男両選手を迎えて放送した。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]