安部憲幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
あべ のりゆき
安部 憲幸
プロフィール
愛称 アベロク、あべ六、アベ六
出身地 日本の旗 島根県安来市
生年月日 1945年5月8日
没年月日 (2017-04-06) 2017年4月6日(71歳没)
最終学歴 國學院大學文学部日本文学科
所属事務所 フリー
職歴 朝日放送アナウンサー
朝日放送ラジオ局次長
朝日放送ラジオ局コメンテーターなど
活動期間 1970年-2007年
ジャンル スポーツ中継
ラジオパーソナリティ
出演番組・活動
過去 プロ野球中継
アベロクのどんまいサンデー

安部 憲幸(あべ のりゆき、1945年5月8日 - 2017年4月6日)は、朝日放送[注 1](ABC)の元アナウンサーで、フリーアナウンサー。 

愛称は「アベロク」(ラジオの冠番組タイトルにも使用。他に「あべ六[1]アベ六」とも)。愛称の由来(意味)は、6チャンネル(ABCテレビ)の安部から来ているという説[1]、大学に6年通ったからという説がある。ABC時代の後輩アナウンサーで、部下でもあった名字が同じ読みの阿部成寿との区別にもなっている。兵庫県宝塚市に居を構えていた。

来歴・人物[編集]

島根県安来市出身。島根県立安来高等学校國學院大學文学部日本文学科卒業後、1970年に朝日放送へアナウンサーとして入社した。同期入社に金木賢一らがいる。以来、プロ野球中継の実況やラジオのワイド番組パーソナリティなどを担当した。2005年に定年を迎え、ラジオ局コメンテーターとしてしばらく在籍したが、2006年3月31日に36年間勤めた朝日放送を退職した。

一時期、ラジオの放送開始のアナウンスも担当していた。

1994年には、テレビゲーム実況パワフルプロ野球'94』(コナミ発売)で、スポーツゲームの実況という初の試みに挑戦。以来、長期に渡り同シリーズ(パワプロシリーズ)の実況を担当した(翌1995年2月に発売された『実況パワフルプロ野球2』の太田元治[2]など一部作品では別の人物が担当)。パワプロシリーズでは、「ビシッ!」「ガツーン!」「ドカーン!」といった擬音絶叫が収録されている。なお、逝去後の2018年、『実況パワフルプロ野球2018』において実況パワフルプロ野球8以来17年ぶりとなるパワプロシリーズの実況担当に抜擢された[3]

大阪近鉄バファローズのファン。近鉄ファンになったきっかけは、「子供の頃に地元島根出身の選手が多く入っており、巨人に所属していた捕手竹下光郎が移籍後急速に伸びてきたから」という旨の発言をしている[1]

1971年9月9日日生球場での近鉄 対 西鉄戦で近鉄の鈴木啓示無安打無得点試合を達成した瞬間を実況した。当初はこの試合の中継予定がなく、安部は野球実況の練習を行う心積もりの予定[注 2]で日生球場に行き、放送席に座ったが、大記録が誕生するかという状況になったことから、急遽ラジオで実況を行う事になったという[4]1988年には、10.19(1988年10月19日、川崎球場で行われたロッテ 対 近鉄のダブルヘッダー)の第2試合のテレビ中継の実況を担当した。

ABC退職後はしばらくフリーアナウンサー・ラジオパーソナリティとして番組に出演し、講演活動などもしていた。

2007年に病に倒れ、それ以降は療養生活を送っていたが、2017年4月6日、胃がんのために死去[5]。71歳没。

訃報は、4月10日に安部の先輩でもあった道上洋三が担当するラジオ番組『おはようパーソナリティ道上洋三です』(ABCラジオ)の放送中に道上から報じられ、道上は「私より早く逝ってしまいました……」と安部の逝去を悼んだ[5]。同日午後には『上泉雄一のええなぁ!』(MBSラジオ)の「知ってええなぁ! ちなみNEWS」のコーナーでも取り上げられ、上泉雄一毎日放送アナウンサー)と金村義明(元・近鉄ほか内野手)が安部との思い出を語った。

過去の出演番組[編集]

ABC時代-フリー[編集]

  • ABCラジオショッピング 〜早起きはロク文の得〜(ラジオ)

ABC時代[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

主な出演ゲームソフト[編集]

関連人物[編集]

ABCアナウンサー時代の同僚
ABCアナウンサー時代の主な共演者

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 在籍当時は、認定放送持株会社移行前の旧・朝日放送株式会社
  2. ^ この当時、各放送局の若手アナウンサーがプロ野球の実況のマイクロフォンに立つことはない時代であった。

出典[編集]

  1. ^ a b c 『実況パワフルプロ野球'94攻略ガイドブック』(1994年、小学館発行。書籍コード:ISBN 4091024726)掲載のインタビュー記事。
  2. ^ ABCでの同僚アナウンサー。
  3. ^ ただし過去の音源を使用しているため、一部選手名がコールされない。
  4. ^ ベースボールマガジン社「さらば大阪近鉄バファローズ」より
  5. ^ a b “元ABCアナ安部憲幸さん死去 伝説の「10.19」や「パワプロ」実況”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年4月10日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/10/kiji/20170410s00041000172000c.html 2017年4月10日閲覧。 

外部リンク[編集]

※過去にABC公式サイト内で掲載されたプロフィールページの保存キャッシュ一覧(インターネットアーカイブより)