ABCフレッシュアップベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ABCフレッシュアップベースボール
ジャンル プロ野球中継
放送方式 生放送
放送期間 2007年 -
放送時間 毎日基本17:55から試合終了まで
放送局 朝日放送ラジオ(ABCラジオ)[注 1]
ネットワーク 火・水・木曜:JRN
月・金曜:NRN
土・日曜:JRN(デーゲーム、一部のカードはNRN扱い)/NRN(ナイター)
公式サイト 公式サイト
特記事項:
月曜には阪神戦のある日のみ放送。
火・水・木曜は阪神戦(ならびに阪神戦中止時の関西開催試合)のみ放送。
土曜・日曜には阪神戦デーゲーム中継実施日である場合、夏の高校野球期間を除いてナイター中継休止。
土曜デーゲームは2010年度から2016年度までワイド番組内包(フロート番組)の扱い。
テンプレートを表示

ABCフレッシュアップベースボール』(エービーシーフレッシュアップベースボール)は、朝日放送ラジオ(ABCラジオ)[注 1]が放送しているプロ野球中継番組である。主に、日本プロ野球NPB)の阪神タイガースをはじめとした近畿地方に本拠地を置くプロ野球チーム主催試合を中継する。

目次

歴史[編集]

プロ野球中継の開始[編集]

ABCラジオ[注 1]が初めてプロ野球中継を放送したのは、1952年2月29日大阪球場で行われた日本プロ野球南海ホークス読売ジャイアンツ(巨人)定期戦(オープン戦)である[1]村上守の実況と朝日新聞運動部長の芥田武夫による解説で放送された[2][3](翌3月1日中村鋭一の実況で放送[3])。4月5日中日球場で行われたセントラル・リーグ中日ドラゴンズ対巨人戦を公式戦初中継[1]。10月には、巨人対南海日本シリーズを全試合中継した[1]

その後も、オールスターゲーム日本シリーズを中心に、不定期ながら中継を行っていた。1955年7月3日、大阪球場で行われたオールスターゲームで初めて審判ワイヤレスマイクを託した[4]

レギュラー編成の開始[編集]

1961年[編集]

フェザー・シルバー・ナイター(1964年まで)[編集]

1961年4月23日より、4月から9月または10月にかけてのレギュラー編成によるプロ野球中継を開始。最初の中継は『フェザー・シルバー・ナイター』または『「フェザー・シルバー・ナイター」プロ野球薄暮試合実況中継』のタイトルで日曜日16:30 - 18:50に編成された[5]。このタイトルの中継は1964年10月15日まで放送(その間、放送時間変更が多くあった[5])。主な出演者は、解説に笠原和夫、芥田武夫、実況に中村哲夫、黒田昭夫がいた[5]

東芝 プロ野球ナイター[編集]

5月7日には、『東芝 プロ野球ナイター』と題し、レギュラー編成によるナイター中継を開始[6]9月24日まで、日曜20:00 - 21:30に放送[6]。出演者は、解説が笠原和夫、実況が西村一男、植草貞夫、中村鋭一、田村安起がいた[6]

木曜ナイター[編集]

5月11日から10月5日木曜日19:30 - 21:30に『木曜ナイター』を放送[7]。出演解説陣には笠原、芥田がいた[7]

1962年[編集]

1962年は、日曜2枠と木曜ナイターの計3枠は変わらず[8]。『東芝…』は、『日曜ナイター』へ改題(5月6日 - 1973年10月7日まで、時間変更を経ながら放送[8]。主な出演者は、解説が花井悠、実況が黒田、植草[8]1974年より、『ABC日曜ナイター』へ改題[8])。『木曜…』は、そのまま放送(4月26日から1973年10月4日まで、時間変更を経ながら放送[8]。主な出演者は、解説が笠原、実況が因田宏紀[8]。1974年より、『ABC木曜ナイター』へ改題[8])。

ナイター帯編成の開始[編集]

1963年[編集]

1963年4月より、従来の3枠に、火曜日水曜日土曜日各ナイター枠を追加[9]し、TBSラジオとともに月曜日金曜日を除く、週5日(火 - 木、土・日)の帯番組編成を開始[9]。『木曜ナイター』は『近鉄ナイター』に改題、タイトルの後ろに「プロ野球ナイター実況中継」というサブタイトルがついた[9]。また、各本拠地球団主催試合フォローを目論むTBSラジオとの関係を強化した[10]

初中継は4月14日の『フェザーシルバーナイター』と『日曜ナイター』[9]。放送時間は、『フェザー』が16:30 - 18:00、それ以外は19:00 - 21:00となった[9]

1964年[編集]

1964年は、『土曜ナイター』が19:00 - 22:00、『フェザーシルバーナイター』が16:30 - 19:00にそれぞれ変更[11]。また、『近鉄ナイター』は『木曜ナイター』に改題、『フェザー…』のタイトルの後ろには「プロ野球薄暮試合実況中継」というサブタイトルがついた(ナイター中継についても、前年と同じサブタイトルがついた)[11]4月4日から9月27日までレギュラー編成による中継を放送(『火曜ナイター』のみ、4月7日ではなく同14日から開始)[11]

1965年[編集]

1965年4月10日より、19:00から試合終了までのナイター中継を開始(10月10日まで放送)[12]。タイトルは、『資生堂 土曜ナイター』『武田・日曜ナイター』『清酒 火曜ナイター』『コカコーラ 水曜ナイター』『大関 木曜ナイター』にそれぞれ改題され、サブタイトルも除去された(番組名は、同年シーズンの放送開始順)[12]。薄暮試合についても、『三菱ダイヤモンドナイター』(「三菱ダイヤモンドナイター」プロ野球薄暮ナイター実況中継)に改題され、放送時間も16:30 - 18:50に変更された(4月11日 - 10月10日放送)[12]

また、5月2日にはTBSラジオをキー局としたJapan Radio Network(JRN)、5月3日には文化放送ニッポン放送をキー局とした全国ラジオネットワーク(NRN)がそれぞれ発足したため、同年以降それらのネットワークを通じての中継が行われるようになった。

1966年[編集]

1966年、日曜薄暮試合を含む全レギュラー中継タイトルの最初に「プロ野球ナイター実況中継」のサブタイトルが付けられる[13]。また、前年『コカコーラ…』『資生堂…』『三菱…』『武田…』だったタイトルが『コカ・コーラ 水曜ナイター』(が付いたのみ)『土曜ナイター』『日曜薄暮ゲーム』『日曜ナイター』となった[13]。放送期間は4月9日 - 10月2日、放送時間は日曜が前年と変わらず、それ以外は18:55から試合終了までとなった[13]

1967年[編集]

1967年は、サブタイトルが「プロ野球実況中継」となる[14]。また、『清酒…』『コカ・コーラ…』『大関…』はそれぞれタイトルから冠名が取れる一方、日曜薄暮のタイトルは『近鉄日曜薄暮ゲーム』となる[14]。放送期間は4月8日 - 10月1日、放送時間は土曜が18:45 - 試合終了、日曜薄暮が16:25 - 18:50、日曜ナイターは前年通り、火 - 木曜は18:25 - 試合終了までとなった[14]

1968年[編集]

1968年は、18:50から試合終了までに統一[15]。また、日曜薄暮試合は編成されなかった[15]。タイトルは『プロ野球実況中継』に統一され、曜日別のタイトル(『火曜ナイター』など)はサブタイトルとなった[15]。放送期間は4月6日 - 10月6日[15]

1969年[編集]

1969年は、金曜ナイター枠が新設(4月18日 - 1973年10月5日、18:55 - 21:40)[16]。解説は当時ニッポン放送と契約していた関根潤三が担当していた[17]。また、日曜薄暮ゲームが再開(4月13日 - 10月5日、16:30 - 18:55。解説は笠原、実況は植草)[16]。ナイター編成の開始は4月12日、終了は10月5日だった[16]。金曜ナイター・日曜薄暮ゲーム以外の放送時間は、土曜が18:30から試合終了、火 - 木曜が18:55から試合終了だった[16]

1970年[編集]

1970年は、4月12日から10月4日まで放送[18]。日曜は『プロ野球実況中継 ニッサン日曜ナイター』、それ以外は前年通り『プロ野球実況中継』のタイトルで放送[18]。放送時間は、月曜以外の18:55から試合終了に統一された[18]。また、4月13日からナイタープレ番組として『ABCミニナイター』が始まった(月 - 土曜18:50 - 18:55。1シーズン置いて、1972年から1981年まで毎日18:40 - 18:45、1982年は18:10 - 18:15の放送となり同年10月3日に終了)[18]

全曜日ナイター編成の開始[編集]

1971年より、月曜ナイター枠も新設[19]。全曜日ナイター編成となった[19]。また、タイトルは『プロ野球実況中継』に統一された[19]。放送時間は18:50から試合終了まで[19]。放送期間は4月12日 - 10月3日[19]

1972年は、タイトルが『プロ野球ナイター実況中継』、放送時間が18:45から試合終了までとなり、4月11日から10月8日の間放送[20]1973年は、引き続き同じタイトル・放送時間により、4月17日から10月7日まで中継[21]

ABCナイター/ABCラジオ・ナイター時代(1974年 - 1989年)[編集]

1974年4月9日より、『プロ野球実況中継 ABCナイター』を開始[22]。各放送曜日ごとのタイトルは、『ABC○曜ナイター』となり、開始時間は18:25にまで繰り上がり、10月1日まで放送された[22]

1975年、『ABCナイター』(プロ野球実況中継「ABCナイター」)として、4月8日から10月5日の18:20より放送[23]。一方で、4月6日より日曜15:20 - 17:10枠に近鉄バファローズ応援番組『近鉄バファローズ・アワー』を開始[24]。同日近鉄デーゲームがあった際の固定中継枠が生まれた。

以降、1980年シーズンまで同一タイトル・時間のナイター中継が続く(1976年は4月6日 - 10月3日[25]1977年は4月5日 - 10月2日[26]1978年は4月3日 - 9月30日[27]1979年は4月9日 - 10月7日[27]=当時の解説陣は花井・小山正明皆川睦雄[27]1980年は4月7日 - 10月3日[28])。また、1980年には『ABCラジオ・ナイター』のタイトルがラジオ情報誌や番組表へ明記されるようになる[29]

1981年より、『ABCナイター』として18:15から放送(4月6日 - 10月4日。主な解説者は皆川・花井・小山に、同年よりTBSと契約した野村克也[30]1982年は『ABCナイター実況中継』として4月5日 - 10月3日に同時間より中継[31]1983年は『プロ野球実況中継「ABCナイター」』として4月12日から10月9日に中継[32]

1984年は『ABCナイター』として4月9日から10月7日に中継[33]。また、日曜以外の18:03 - 18:15枠に『ナイター一番のり』というミニ番組が新設され、1986年9月29日までナイターシーズン限定で放送された[33]

1985年、『ABCラジオ・ナイター』のタイトル[34](ただし、『朝日放送の50年 III 資料集』では、『ABCナイター』と明記[35])で編成。4月8日 - 10月6日に放送[35]

1986年は、4月8日 - 10月5日に『プロ野球ナイター実況中継』として火曜 - 日曜の18:15から中継[36]1987年は、『ABCラジオナイター』として4月10日 - 10月11日にかけて放送[37]。放送時間は、平日が17:55から試合終了、土・日が18:00から試合終了だった[37]

1988年は、『ABCナイター』として4月12日 - 10月9日にかけての毎日、17:55から試合終了まで放送[38]1989年は、『ABCラジオナイター』として4月10日 - 10月15日にかけての毎日、同じ時間に放送[39]

ABCフレッシュアップナイター時代(1990年 - 1994年)[編集]

1990年より、従来ばらついていたナイター中継のタイトル(『ABCナイター』『ABCラジオナイター』『ABC月曜ナイター』など)を『ABCフレッシュアップナイター』に統一・改題[40]4月10日に同タイトルによるナイター中継を開始した[40]。放送時間は、17:55開始と18:15の2パターンに設定[40]。また、並行して『ABCフレッシュアップスタジアム』も同日に開始した(開始当時の放送時間は、平日が17:45 - 18:15、土・日が17:55 - 18:15)[40]

1994年は、開始時間を17:40とする(平日は、18:00まで植草が担当する前座番組『ABCフレッシュアップナイター「植草貞夫のタイガース一番のり」』を内包[41][42]。ナイター開催予定の無い月曜日(4月11日 - 9月5日)は、18:00 - 19:00に『草ヤン・悠さんのがんばれタイガース』(出演:植草貞夫、花井悠、酒井連子)、19:00 - 21:00に『中邨雄二のスポーツウェーブ』(出演:中邨雄二、早川真紀)をそれぞれ編成[43]。4月12日からは、ナイターが早く終了した際の補完枠として、音楽番組ナイタージョッキー』が火 - 金曜の21:00 - 21:40に編成(出演:山田美鈴、入江玲子、吉田理佐)[44]。4月16日 - 10月8日の土曜21:05 - 21:45には同様の番組として『秀さんのヒットエンドラン』(出演者:中原秀一郎)を編成[45]

ABCタイガースナイター[編集]

1995年、ナイター中継のタイトルを『ABCタイガースナイター』に改題。平日は17:40から、土・日は17:55からそれぞれ試合終了まで編成(放送開始は4月10日、終了は10月6日)[46][注 2]。平日については、17:55まで前年に続き『がんばれタイガース』(出演者:植草貞夫)を内包[46]

1996年は4月7日から10月6日に月曜から日曜17:55から試合終了まで放送[47]。試合のない月曜に関しては、4月8日から8月26日まで17:55から20:30に『タイガース大全集』というスポーツ・音楽番組(出演:中邨雄二山本いつ子)を放送[47]。同年をもって『タイガースナイター』としての放送を終了。

ABCフレッシュアップナイター時代(1997年 - 2006年)[編集]

1997年より『ABCフレッシュアップナイター』としての放送を再開[注 3]。平日は17:55 - 21:10、土曜・日曜は17:55 - 21:00に編成[注 4]

2006年まで本タイトルでナイター中継を編成していた。また、土・日デーゲーム中継はワイド番組内でのデーゲーム中継のコーナーとして放送されていた。平日が祝日と重なる日のデーゲームは『ABCフレッシュアップナイタースペシャル・デーゲーム中継』としていた。

ABCフレッシュアップベースボール[編集]

2007年より、不定期でのデーゲーム中継など(『プロ野球実況中継』『プロ野球デーゲーム中継』)も含め、ABCラジオにおけるすべてのプロ野球中継タイトルを『ABCフレッシュアップベースボール』に統一。土曜・日曜の阪神戦中継はデーゲーム・ナイターを問わずスポンサード番組扱いで協賛社が付く。

また、2007年から土・日曜日のデーゲーム開催がある場合、ワイド番組の放送時間を短縮して対応している。ただし、土曜日のデーゲーム中継については、2010年から2016年までは編成上自社制作による生ワイド番組(2012年までは『芦沢誠のGO!GO!サタデー』、2013年以降は『南山千恵美Music Smile』(2013年度は8月第1週で南山が育児休養のため一時降板したため、高校野球に伴う中断明けの8月第4週以後のシーズン残りは「笑福亭鉄瓶のMusic Smile」として[注 5]放送)の内包番組として扱われていた(ただしABCラジオタイムテーブルや新聞の番組表では別番組扱いで掲載している)。

阪神戦の月曜ナイター、平日と祝日が重なった場合のデーゲーム(かつては土・日曜の7-9月に阪神戦のデーゲーム・かつ阪神戦以外のナイターが同日放送となる場合のナイター中継も該当)は『ABCフレッシュアップベースボールスペシャル』としている[注 6]

出演者[編集]

解説者[編集]

■印の人物は、『近鉄バファローズアワー』の解説経験を持つ人物。

  • 中西清起(1997年 - 2003年、2016年 - )
  • 吉田義男(1999年 - 。裏送り中継には、交流戦のオリックス対巨人戦全国中継[注 7]や、聴取率調査期間の他局向け全国中継等、自社本番に準じた扱いとなる場合以外原則として出演しない)
  • 岡田彰布(2009年、2013年 - 。フリー扱いのためスポット契約だが、ラジオでは事実上ABCの専属である。2013年の復帰以降は公式サイトに解説者として紹介されていなかったが、2017年から氏名を記載)
  • 赤星憲広(2010年 - 。オリックス戦などの裏送り中継には原則として出演しない。当初はゲスト解説だったが、2011年よりラジオのみ専属契約[52]。本数契約で日本テレビ読売テレビCBCラジオの解説も兼務)
サンテレビ専属解説兼
  • 福本豊(1992年 - 1997年、2000年 -。J SPORTSゲスト解説者も兼 )
  • 中田良弘(1995年 - 。2010年からはABCテレビの中継も担当)
  • 真弓明信(1996年 - 1999年、2005年 - 2008年、2012年 - 。復帰後、オリックス戦に関してはJRN/NRN本番カードとなる対巨人の交流戦を除き原則として出演していなかったが、2014年はRKBへの対ソフトバンク戦に出演。2016年よりBS朝日の中継も担当。阪神主催についてはナイターオフ編成のビジター地元局での放送にも出演している)
サンテレビ出向解説兼
サンテレビゲスト解説兼

過去の解説者[編集]

KBCラジオ向けNRNラインで中継される「オリックス対ソフトバンク」戦の裏送り分では、2011年から2014年にかけて、当時九州朝日放送解説者であった佐々木誠(現:ソフトバンク三軍打撃コーチ)がたびたび解説を務めていた[注 11]

備考

2015年度以降は、阪神のオープン戦・公式戦中継の大半[注 12]で、「着眼点」というコーナーを設定。中継カードの鍵を握りそうなプレーや選手をテーマに、解説者が自身の見解を手短に披露している。平日のナイトゲーム中継では『武田和歌子の野球にぴたっと。』、土曜日のデーゲーム中継では『南山千恵美のMusic Smile』、日曜日のデーゲーム中継では『STAR☆MUSIC☆SUNDAY』内の前座コーナーでテーマを発表。土・日・月曜日にナイトゲームを中継する場合には、前座コーナー・番組を編成していないことから、中継本編の冒頭で発表する。

参考リンク

インターネットアーカイブにおける、ABCラジオプロ野球中継解説者プロフィールページの保存キャッシュ一覧

実況・リポーター[編集]

※特記ない限り、ABC→ABCテレビ[注 1]アナウンサー。

2018年度[編集]

○:スポーツアナウンサーの統括デスクを兼務

  • 伊藤史隆(ゼネラルアナウンサー) ※2011年10月3日から2015年3月27日まで『キャスト』(ABCテレビ平日夕方の報道・情報番組)の初代メインキャスターを務めたため、当番組からいったん退いた。2015年4月から、ゴルフ中継を皮切りにスポーツアナウンサーとしての活動を再開。2015年5月3日、RKBラジオ向けに裏送りされた「オリックス×ソフトバンク」戦の実況からプロ野球中継に復帰した。その後は裏送り中心であったが、同年6月20日の「阪神×ヤクルト」戦から阪神戦中継にも復帰を果たした。2018年シーズンには、『おはようコールABC』(ABCテレビ平日早朝の生放送番組)水曜日のスポーツコメンテーターや『ABCフレッシュアップベースボール 伊藤史隆のラジオノオトVersion』(2017年度のナイターオフ番組『伊藤史隆のラジオノオト』からの派生番組)を担当する関係で、実況やベンチリポートの担当を基本として(裏送り分を含む)金 - 日曜日の中継に限っている。
  • 中邨雄二(ゼネラルアナウンサー) ※『サクサク土曜日 中邨雄二です』(土曜日早朝の生ワイド番組)との兼ね合いで、同番組への出演後に関西圏で開催される公式戦中継や、前日(金曜日)のナイトゲーム中継でも実況・リポーターを担当することはあるが、週末をまたぐ阪神のビジターカードには帯同できない[注 13]。さらに、2018年シーズンには、『おはようコールABC』火曜日のスポーツコメンテーターも務める。
  • 小縣裕介(ゼネラルアナウンサー)※2009年9月中旬から2011年9月末までは、『NEWSゆう+』(『キャスト』の前番組)でメインキャスターを務めていたため、当番組からいったん退いていた。2012年から復帰するとともに、スカパー!Jリーグ中継(主にガンバ大阪戦)の実況も担当。2017年2月1日付で、ゼネラルアナウンサーに昇格した。
  • 山下剛 ※2013年3月までは、ABCラジオ制作の中央競馬メインレース中継でも実況を担当。
  • 高野純一
  • 北條瑛祐 ※入社3年目の2015年度から出演。阪神戦中継では、2016年6月30日の阪神対DeNA戦から実況を担当している。2017年3月中旬から、公式サイトにプロフィールを掲載。2017年6月からは、ゴルフ中継の実況陣にも加わっている。
  • 福井治人 ※2015年入社で、2016年からスポーツを担当[注 14]。2016年には、オリックス主催試合の報道素材向け実況や、ベンチリポートを中心に担当。阪神戦中継では、2017年からベンチリポートを担当すると、7月2日の対ヤクルト戦で実況デビュー。後に、公式サイトへのプロフィール掲載を開始した。
  • 小西陸斗 ※2016年入社で、2017年からスポーツを担当。2017年2月13日に、スカイ・Aの『猛虎キャンプリポート2017』で、スポーツアナウンサーとしての番組デビューを果たした。同年の全国高等学校野球選手権大会ラジオ中継で実況デビュー。ラジオのプロ野球中継では、2017年9月から、当番組や裏送り中継でベンチリポートを担当している。2018年3月からは、公式サイトにプロフィールを掲載。同年7月8日の「阪神×横浜DeNA」戦から実況も担当している。

過去の担当者[編集]

◎:2018年度時点で現役のABCアナウンサー[注 1](他番組へ出演)

実況・リポーターの備考[編集]

阪神甲子園球場から阪神のホームゲームを中継する場合には、ベンチリポートを担当するアナウンサーが、試合前にスコアボードで流れる1試合前のホームゲームのダイジェスト映像(ABCテレビ制作)のナレーターも兼務する[58]

かつては実況アナウンサーが阪神戦中心、パ・リーグ中心と分かれていることもあったが、近年は担当を定めずどちらも万遍なく担当するようになっている。ただし若手アナウンサーはオリックス戦を中心に担当し、場数を踏んでから阪神戦を担当するということが多い。なお、対広島戦のRCC向け裏送りは、担当が分かれていた時代からオリックス戦でもベテランの阪神戦中心のアナウンサーを担当させることが多かった(2013年は中邨・楠が、2014年は小縣・楠が、2015年は小縣・清水・中邨が担当)。なお清水は2014年まではほぼ阪神戦専従だったが、2015年は一部のオリックス戦(交流戦も含む)の実況にも再び携わっていた。

完全な関西ローカル(ビジターに乗り込んで、対戦相手地元局の協力を仰ぐ場合含む)であるときは原則としてベンチレポーターはタイガース情報を中心に1名のみだが、関西ダービーやネット局があるとき(ブロックネット・および巨人戦や、巨人戦が行われない・ないしは放送権がないために全国ネットとなる場合)には、対戦相手側の放送局(担当者はその日のネット局側のアナウンサーが登場する)のベンチレポーターを含め2人体制となる。ただし人員の関係で相手球団側の放送局からのベンチレポーター派遣がなく、結果的に関西ローカルと同じ1名体制[注 20][注 21]となるケースもある。またビジターの場合はABC向けのものとは別に、対戦相手の地元局が制作するものと兼務する場合もあるが、この場合は自社向けの技術協力局とリポーターを兼務している局とが異なる場合がある(一例として、自社向けはTBSラジオの技術協力で、リポーターは文化放送の中継にも出演など)。

スタジオ担当[編集]

朝日放送本社内のラジオスタジオで、進行、提供クレジットの読み上げ、企画の告知などを担当。スタジオから中継試合のスターティング・メンバーや『虎バン』(朝日放送→朝日放送テレビがプロ野球シーズン中の土曜日深夜に放送する阪神関連の情報・ドキュメンタリー番組)の予告などを紹介する。

ナイトゲームの中継枠では、自社制作以外の中継を放送する場合にも、試合開始直前の飛び乗りポイントまで出演。中継予定カードの中止によって在京ラジオ局が制作する雨傘番組を放送する場合にも、基本として番組の前後と途中に出演する。

2012年以降の日曜日と、2013年以降の土曜日には、デーゲーム中継が中止(または早く終了)した場合に、定時番組を当番組のスタジオバージョンとして放送することがある。この場合には、内包先の番組パーソナリティと共に、スタジオバージョンのMCを務める。

2006年度
2007年度
※平野と田中は、『ABCフレッシュアップJAM』にも出演していた。
※月曜日にナイトゲームを中継する場合には、上記のアシスタントが交代で担当。
2008年度
  • 平野明子(火・水)
  • 武田英子(木・金)
  • 清水理恵子(土・日)※月曜日にナイトゲームを中継する場合にも担当
2009年度・10年度
2011年度
  • 川島陽子(火・水)※『朝だ!生です旅サラダ』(ABCテレビ)の海外ロケに出ている場合には別の曜日の担当者が代行。
  • 清老寛子(木・金)
  • 岩井万実(土・日)
2012年度・2013年度
  • 中倉真梨子(火・水・土・日)
  • 上原伊代(木・金)※月曜日にナイトゲームを中継する場合にも担当
※公式サイトでは中継終了後に、放送日の担当者が、試合の状況や感想をミニブログ形式で綴っている。ただし、『堀江政生のほりナビ!!』を当番組のスタジオバージョンとして放送する場合には出演せず、堀江がタイトルコールや提供クレジット・次回中継予定の読み上げなどを担当した。
2014年度 - 2016年度
※公式サイトでは、前任者に続いて、中継終了後に試合の状況や感想をミニブログ形式で公表。2015年度からは、中継の前後や放送中に、twitterの番組公式アカウントから随時ツイートを発信している。
2017年度 -

いずれの人物も、ナイトゲーム中継(または雨傘・特別番組)枠の直後に放送される『9〜ジックナイト!』のパーソナリティを兼務する関係で、放送上「スタジオMC」という肩書を使用。デーゲーム中継を実施する場合には、中継のスタジオMCを務めてから、同番組へ出演する。火・水曜以外の曜日では、『フレッシュアップベースボール』への改称後初めて、男性をスタジオ担当へ起用している。

  • 井上麻子(火・水) ※2017年4月から『9〜ジックナイト!』のパーソナリティにも起用
  • 小早川秀樹(木・金) ※『9〜ジックナイト!』では、2016年11月のオフシーズン版放送開始当初から、木・金曜のパーソナリティを担当。2015年9月から2016年12月までは、『武田和歌子のぴたっと。』のアシスタントを断続的に務めていたため、プロ野球シーズン中の放送では武田と共に『野球にぴたっと。』へ出演していた。
  • タケモトコウジ (土・日)※FM802などのFM局でDJとして活動しているが、ABCを含む在阪AM局が制作する番組へのレギュラー出演は初めて。
※2018年度には、火 - 木曜および日曜ナイトゲーム中継枠の雨傘番組や、ナイトゲームの予定(または阪神戦以外の予備カード)が初めから組まれていない火・水曜日の特別番組として『フライング9〜ジック!』を19:00 - 21:00に随時編成。当日のスタジオMCが、『フライング9〜ジック!』のパーソナリティになる。ナイトゲームの予定(または阪神戦以外の予備カード)が初めから組まれていない木曜日に『伊藤史隆のラジオノオトVersion』を放送する場合には、伊藤がタイトルコールや提供クレジット・次回中継予定の読み上げなどを一手に担うことから、当日のスタジオMCは『9〜ジックナイト!』にのみ出演。

概要[編集]

制作担当局[編集]

TBSラジオがプロ野球中継を最後にレギュラーで放送していた2017年シーズンの状況を基に記述。同局がプロ野球中継の放送から撤退した2018年シーズンからは、中継の制作・ネットワーク体制を一部見直している。

阪神戦が関わる場合は、各局技術協力による自社制作を基本とするが、高校野球期間中は一部の試合を除き、自社制作ではなくネット受け、もしくは裏送り出しのいずれかとなる。
自社制作時の技術協力については必ずしもネットワークの担当曜日とは一致せず、NRN担当日にJRN各局が、JRN担当日にNRN各局が行うことがしばしばあるが、この場合も速報チャイムは平日は原則として曜日と時間帯に合わせて使用している(MBSも同様)。土・日曜はデーゲームはSF・STV・KBCへのネットが発生する場合はNRNの、それ以外はJRNのチャイムを使用し、ナイターはホームゲームではNRNのチャイムを使用するが、ビジターの自社乗り込み時はJRN系列局の技術協力時などで、時折JRNのチャイムを使うことがある。なお、ビジターへの裏送り時は水・木曜や週末デーゲームにおいて、クロスネット局のRCC向けでNRNチャイムを使った例があるなど例外もあった。
2018年からは、土曜・日曜のデーゲームでRFラジオ日本が技術協力を行う事例が発生している(同局では週末のデーゲームを原則として放送しないため)。
全国放送とはならないブロックネット(ABC+対戦相手ビジター球団の地元の放送局向け。特にCBC/SFと、RCC向けに多い)である場合、阪神が勝利をして試合終了した場合にはビジターの地元局向けには飛び降りを行って、ABCラジオ向けだけに試合の回顧やヒーローインタビュー(殊勲選手の場内共同インタビュー、並びに放送関係者向けの監督インタビュー)を行う場合がある。
地域(球団)/曜日 火・水・木 土・日
デーゲーム ナイトゲーム
基本系列 NRN JRN[* 1] NRN JRN/NRN[* 2] NRN
北海道 STV HBC STV HBC/STV STV[* 3]
宮城 TBC[* 4]
関東[* 5]西[* 6] LF[* 7] RF[* 8]/QR[* 9]/TBS[* 10] LF QR/RF[* 11][* 7] QR[* 12]
東海[* 13] SF CBC SF CBC/SF[* 14] SF
広島 RCC[* 15]
福岡 KBCRKB[* 16] RKB KBC RKB/KBC[* 17] KBC
  1. ^ TBSラジオが自社およびJRNネットワーク番組としての野球中継を廃止した2018年以降は、厳密には(NRNとのクロスネットを含む)JRN加盟局間の個別ネット扱いとなる。
  2. ^ 試合日のABC/MBS両局の対応による
  3. ^ 土・日は基本LF-MBSラインを使用するMBSは、土・日ナイターは(2016年まで土曜はデーゲームも)HBCとネットを組むため、ABCはSTVとのNRNラインを使った裏送り(自社乗り込み含む)になる。なお2009年までJRN土・日曜ナイターが放送された時は、火-木曜同様にHBCが制作・裏送り乗り込みを行った
  4. ^ 水・木の場合、TBCは自社放送分をNRNネットとするため2017年までのJRN分は裏送りとなったが、「楽天対阪神戦」については全国放送にならない限り、ABCの自社乗り込み分をJRN扱いにすることが多かった。
  5. ^ JRNはヤクルト主催試合の放送はできない(日本シリーズおよび本拠地球場開催のオールスターゲームを除く。ヤクルトのビジターゲームは放送可能)が、「ヤクルト対阪神戦」に限りJRNネット該当日であってもLF、もしくはQRからの裏送りや技術協力を受けて放送される。但し以前(含・2011年2015年クライマックスシリーズでヤクルト対巨人(2011年・1stステージ、2015年・ファイナル)、JRN受け担当曜日に阪神戦以外のヤクルト(および2001年までの大洋→横浜)主催試合が放送されることがあったときに、LFからの裏送りを放送した試合もあった。
  6. ^ TBSは巨人、ABCは阪神の試合を優先するため、DeNAとパ・リーグ球団の主催試合はセ・パ交流戦を除いて裏送り供給となる試合が多い。
  7. ^ a b セ・パ交流戦で月曜ナイターの「西武対阪神戦」が組まれた時に、文化放送ライオンズナイターのネット受けをした試合があった。またLF・QRも試合日により巨人(主催・ビジター問わず)と、ヤクルトの主催試合を放送するため、DeNAとパ・リーグ球団の主催試合はセ・パ交流戦を除いて裏送り供給となる試合が多い。
  8. ^ RFについては、1979年度から81年度に、TBSラジオ向けに裏送りしたカードが放送された例もある。2016・17年原則として巨人主催試合のみで年間20試合程度をJRN向けに制作(その逆で、RF/GBS/CRK向け<GBSは月曜を除く毎日、CRKは火-金曜のみ>にJRN各局が制作した巨人戦、及び巨人戦中止時の予備カードを放送した)。TBSは土・日に自社での放送を行わなかったが、デーゲームである場合の裏送り用中継や技術協力は行った。日本ハム・ソフトバンク主催試合が関東で開催された際に、HBC・STV・RKB・KBCが乗り込むかTBS(2017年まで)・LF・QRに委託するかはその時々により異なる。楽天主催試合が関東で開催された際は、TBCが自社本番の要員しか派遣しない場合、裏送りとなる火曜はLFに委託する。一方2017年まで水 - 金曜はTBSに委託していたが、2018年以降については未定。2016・2017年度は一部試合をRF製作によりJRN系列各局向けに放送する試合(TBSは火-金曜にネット)、及びTBS製作のものをRF・GBS(月除く)・CRK(火-金曜)に放送する試合があった
  9. ^ 2018年より、阪神戦の自社向け予備カードを兼ねてオリックス主催の西武戦を配信している他、QRでは編成により西武戦の予備カードとしてJRN系列局への裏送り分を組み込むことがあるが、交流戦でのビジター西武戦(主に屋外球場開催のヤクルト・DeNA・広島主催)の予備で阪神戦が組み込まれた実例はない。
  10. ^ 自社での野球中継を撤退した後も、自社乗り込みができない場合の火 - 木曜のDeNA主催に限り、裏送りを継続する(2018年6月26日 - 28日のDeNA - 阪神戦(横浜)など。土・日曜デーゲームは未定)。
  11. ^ ヤクルト・西武主催の阪神戦はQR裏送りまたは技術協力。巨人主催の阪神戦デーゲームはRFが技術協力。ただし自社制作時はヤクルト主催はLFが技術協力の場合あり(巨人主催ナイター・DeNA主催デーゲーム・ロッテ主催の対応は未定)。東海ラジオが「巨人対中日戦」を放送できない場合に「ガッツナイタースペシャル」でデーゲーム中継をする場合NRN扱いとする場合がある
  12. ^ 日曜ナイターが関東圏で行われる場合は裏送り
  13. ^ 静岡県内での中日主催試合ではSBSが制作担当となることがある。
  14. ^ 原則としてCBCとのネットであるが、日曜デーゲームにおいて「巨人対中日戦」(SFは全国中継カードや開幕・優勝決定カードなどを除いて放送に制限がある)の裏開催カードでSFへのネットを行うことがある(対広島戦だとRCCとの3局ネットが想定されるが、2017年まで実例なし)。
  15. ^ 2017年まで水・木の場合、RCCは自社放送分をNRNネットとするためJRN分は裏送りとなっていたが、地方球場開催時の「広島対阪神戦」をABCが自社乗り込みで制作する場合、全国放送にならない限り、ABC分をJRN予備扱いにすることが多かった(マツダスタジアム開催時は本番カードでない場合も、別途RCC側で予備要員を配置することが多かった)。また阪神・オリックス主催の広島戦に限り、曜日およびネットワークにかかわらずABCからネット受けし、2018年のJRNナイター廃止後、RCCが平日ナイターを原則としてNRN優先とした関係で、オリックス主催での裏送りだと火 - 木曜であってもRCCに合わせてNRNの速報チャイムを使用する。
  16. ^ これまで月曜日はKBCとのネットに固定していたが、2018年は日曜と同一カード2連戦となるデーゲームでRKBとのネットも行う。
  17. ^ オリックス戦デーゲームの裏送りは2010 - 2013年にかけてほぼ交互に実施していたが、2014年以降は概ねRKBとのネットに固定されていた。2017年は日曜デーゲーム1試合でKBCへの裏送りを行った。

ナイターの放送時間は17:55から試合終了まで。2008年までは全国高校野球選手権大会期間中については高校野球終了後から放送したが、2009年からABCラジオでの高校野球第4試合の延長オプションは完全に撤廃した。

デーゲームの放送枠は、試合開始時間に応じて設定。過去の週末の中継では、定時編成を優先した関係で、試合が14時以前に始まっていても13:55から中継を開始した。現在は、阪神戦が14時以前に開始される場合に、試合開始から13:55まで「フレッシュアップベースボールスペシャル」(協賛無し・パーティシペーション)として先行中継。13:55からは、スポンサー入りの定時枠で放送する(新聞番組表上ではスペシャルの枠を含め一つの番組扱いである)。[注 22]この場合には、試合の展開にかかわらず、13:54頃にいったん実況中継を中断。オープニングテーマ・提供クレジット・スポンサーCMを放送してから、13:58頃に中継を再開する。

土・日曜のナイター中継については原則として高校野球期間を除き、阪神戦デーゲームを放送した場合は原則として放送休止となる(2007年と2015年以降は通年。2008 - 2012年は4-6月。2013 - 2014年は土曜が4-6月、日曜は通年)。この関係で該当期間に対阪神戦(交流戦)以外の土・日曜のオリックス主催のナイターがABC制作でJRN(2007 - 2009年)・NRN(2010年 - )全国ネットのメインカードとなった場合は、自社では放送せず系列局への裏送りとなっている。このため、土曜日・日曜日の中継はネットワーク共通協賛スポンサーを含めてナイター・デーゲーム共通でコマーシャルを提供することとなる。

2008年から2014年まで、7-9月に阪神戦デーゲームと、阪神戦以外のナイター(全国放送カード)が同日に放送される場合、通常の協賛スポンサーは阪神戦デーゲームの時間帯にCMを送り、阪神戦以外のナイターの時間はパーティシペーション(オールスポット)扱いとなる。また阪神戦以外のナイターは試合の展開の如何に関わらず21時(厳密には後クレジットの関係で20:56)で打ち切った。2013・14年度の日曜と2015年以後の土・日は2007年同様に、通年で阪神戦以外の週末ナイターは中継しない方針となっている。ただし、元々から阪神戦が組まれていない場合、もしくは阪神戦デーゲームがあっても高校野球の裏開催となり放送できない場合は、全国放送カードのナイターを阪神戦ナイター同様に延長オプション・スポンサー協賛ありで放送する。但し高校野球が中止や早く終了して、阪神戦のデーゲーム中継の放送が生じた場合は阪神戦を試合終了までオールスポットで中継する。

以前は土曜日のデーゲーム中継は、近鉄バファローズアワーの兼ね合いで近鉄戦を優先して編成しており(阪神主催の対中日戦はCBC・対広島戦は中国放送(RCC)へ裏送り、又はABC協力による自社制作)、2003年ごろから近鉄戦がナイターでかつ阪神戦がデーゲームで開かれた場合に限って阪神戦を放送したが、2004年度で同番組が終了したため(近鉄球団消滅のため)2005年度から阪神戦デーゲーム中継を積極的に実施することになった。そのためレギュラーシーズンに限れば、競馬中継のために日曜デーゲームを放送できないMBSよりも放送カードが多くなっているが、それでも高校野球との兼ね合いから阪神戦全試合中継には至らないことが多かったが、高校野球期間中の阪神戦が全てナイターとなった2011年度は阪神の公式戦全144試合の中継を実現した。2006年までの土曜・日曜日に阪神戦デーゲームが組まれている場合でも、『ABCフレッシュアップナイター』(当時はJRN土・日曜ナイターのネット受け)も必ず別個で放送されていた。このため阪神戦デーゲームの放送は『フレッシュアップナイター』とは別に昼ワイド番組[注 23]内で「デーゲーム中継コーナー」として内包する形で放送されており、17:55を過ぎても試合が続いていれば、一旦そのワイド番組を終了させ、ステーションブレイクを挟む形で、『フレッシュアップナイター』の本来放送すべきカード/予備番組の前に試合終了までデーゲーム中継の続きを行っていた。なお日曜日は1社スポンサー番組安達治彦→小林大作のメモリーズ・オブ・ユー』が17時台に放送されていたが、試合が延長した場合、「その協賛スポンサー(当初東洋紡2001年4月からヒガシマル醤油)の御厚意により」試合終了(正確には17:55までで一旦中断→ステブレ→ナイター本番カード/予備番組の前に再開)まで中継し、当該番組を短縮・休止する処置を取っていた。なお2014年は当初2013年度までと同じ体裁でナイター中継枠の時間帯も阪神戦以外のナイター、または予備番組のネットを放送する予定だったが、ナイターが基から1試合も組まれない場合は、4-6月の放送体裁に準じ、文化放送からのナイター予備番組(SET UP!!)は放送せず、自社製作番組を組むことになり、2015年は4-6月の放送体裁を通年で行っている。

なお土曜・日曜に薄暮デーゲームが組まれる場合、17:55までは「フレッシュアップベースボールスペシャル」の扱い、以後は定時番組扱いとなるが、2018年6月30日(QR製作NRNナイターとして、福井放送山口放送に18時台以後ネット。17時台はABCのみの裏送りだが、番組タイトルは述べなかった)と、同7月1日(QR製作裏送り)の「ヤクルト対阪神」は通常のデーゲーム中継に準じ16:55から20:00の枠を設定し、20時台は前者は「9~ジックナイト!」の2時間拡大版、後者は「後藤ひろひとの大阪ぴかぴか団」の1時間拡大版を充てた。

2011年のオープン戦中継から、実況におけるボールカウントの表現を変更。国際基準に沿って、ボール→ストライクの順にカウントを伝えるようになった。また、ABCテレビでプロ野球シーズン中の毎週土曜日深夜に放送される『虎バン』(阪神関連の情報・ドキュメンタリー番組)との関係を強化。同番組のテーマソング「FIRE DANCE」を当番組のテーマソングにも採用したほか、阪神戦中継では、実況アナウンサーが随所で同番組の放送内容・予定を告知している。さらに、試合中継や特別番組の放送に連動させる形で、公式サイトからTwitterによるメッセージの投稿を受け付けるようになった。

2014年以降の阪神戦中継では、阪神が勝利した場合に、エンディング付近で「タイガースフラッシュ」(実況を収録した音源から、同球団の選手による活躍シーンを伝えた複数の音源をダイジェスト風に編集したうえで再生するコーナー)を放送。2015年以降の阪神戦中継では、後述する前座番組との共通企画として、「○○の着眼点」(○○は中継に出演するABC野球解説者の氏名、当該解説者が「野球通」ならではの視点で中継カードの見どころを紹介する企画)を試合開始直前に実施している(詳細後述)。

なお、ABCラジオでは2016年3月19日(土曜日)の12:00から、大阪府のほぼ全域と兵庫県・京都府・奈良県の一部地域を対象にFM補完放送(ワイドFM)の本放送を開始。当番組では、当日の12:45から放送したオリックスバファローズ対阪神オープン戦中継(京セラドーム大阪、実況:小縣裕介、解説:関本賢太郎)を皮切りに、ワイドFMと従来のAMによるサイマル中継を本格的に実施している。

ジングル[編集]

  • 1998年頃の『ABCフレッシュアップナイター』では、小縣が「ABCフレッシュアップナイター Come on! Join us!」と叫ぶジングルが、ナイトゲーム中継のCM明けに流れていた。
  • 『ABCフレッシュアップナイター』末期の2003年から2005年までは、2003年テレビ朝日系列朝日放送テレビを含む)スポーツ中継のテーマソングだった「IT'S SHOWTIME!!」(B'z)を、オープニングとCM明けのジングルBGMに流用。当時のスポーツアナウンサーで、『虎バン』の初代男性ナビゲーターでもあった清水次郎が、「ABC フレッシュアップナイター!」と叫ぶメッセージとともに放送していた。2010年3月までは、阪神・プロ野球・スポーツ情報を扱う通年番組『元気イチバン!!ぶっちぎりプレイボール』(ナイトゲーム中継時は前座番組として放送)で、『IT'S SHOWTIME!!』をテーマソングやジングルに使っていた。
  • 『ABCフレッシュアップベースボール』に改称してからは、Relient Kの「I'm Taking You With Me」を、オープニングとジングルBGMに採用。阪神のナイトゲーム中継では、CM明けのジングルで、ABCの野球解説者や阪神選手の声による「ナイター聴くなら1008(いちまるまるはち)ABCフレッシュアップベースボール」とのメッセージが流れる(言い回しは解説者によって若干異なる)。阪神のデーゲーム中継や阪神戦以外の中継では、岩本計介と思われるアナウンサーの声で、「ABCフレッシュアップベースボール」というメッセージをCM明けに放送していた。
  • 2010年シーズンからは、オープニング曲とジングルBGMをアンダーグラフの『やっぱり地球は青かった』に変更。タイトルコールには再び、清水次郎の声が流れるようになった。ただし、一部の中継・当番組のCM・前座番組『フレッシュアップベースボール 野球にぴたっと。』(『元気イチバン!!ぶっちぎりプレイボール』の後継番組、後述)では、ABCテレビ・ラジオが長らくスポーツテーマに使ってきた行進曲「ウィーンはいつもウィーン」を復活させている。
  • 2011年シーズンからは、『虎バン』(前述)のテーマソング『FIRE DANCE』(松本晃彦)を、当番組のオープニング曲とジングルBGMに採用。「ウィーンはいつもウィーン」は、前座番組『武田和歌子の野球にぴたっと。』でのみ流れるようになった。
  • 2015年シーズンからは、清水に代わって『虎バン』のナビゲーターを務める高野純一の声を、ジングルコールに使っていた。2018年シーズンからは、『虎バン』のナレーターで、かつてスポーツアナウンサーとして近鉄戦中継の実況やリポートを担当していた藤崎健一郎の声に変更。

野球中継延長時の対応[編集]

  • 基本的に放送予定カード(雨天中止時の予備カード、阪神戦が基から行われない日の他球団のカードもふくむ)で21時以後も試合が続いていた場合には、後続番組の放送枠繰り下げ(スライド)はせず、一部の番組の短縮か休止で時間調整する。ただし平日は、中継を延長した場合でも、『ABCニュース[注 24]ニッポン放送制作の平日帯番組[注 25]を終了後に必ず放送する。
    • 21時台のフィラー番組(後述)は、終了した時間により短縮放送か休止(2010年から2012年の場合はフィラー番組『上田剛彦ミュージック・バイキング』が事前収録のため、試合終了後はスタジオから当日の試合結果ならびに軽音楽を伝えて時間調整していた)。なお、フィラー番組に『ABCニュース』が内包される構成である場合は、フィラー番組休止時には中継終了後に独立番組として定時ニュースを放送する(22時台の番組が自社制作の場合はそちらに内包することもある)。
    • 22時以後に試合終了した場合は『よなよな…』(2014年度より。金曜日のみ『ガチ・キン』(2012年7月開始~2016年度)→『下埜正太のショータイムレディオ』(2017年度))を短縮して放送し、1:00以後の番組は定刻で放送する。なお2012年7月から2013年度は自社製作の深夜放送を縮小していたため、月曜から木曜の『オールナイトニッポンGOLD』は飛び乗り、またはニッポン放送がナイター中継延長により放送を始めていなければLFからの裏送りで先行放送となることもあった。
  • 日曜深夜(月曜未明)は多くの民放がメンテナンスによる放送休止の時間枠があるもののナイター中継が延長した場合に対応するため21時以後の番組を完全スライド(その分メンテナンスの休止時間が短縮)する中、ABCラジオは不定期での終夜放送がある日以外は必ず月曜 1:30 - 4:35を休止してしまうため、日曜であっても21時以後の番組放送枠のスライドは無く、番組休止か短縮になってしまう[注 26]。番組休止となる場合、次の定時番組開始までのつなぎ(フィラー)でレコード音楽を放送することもある。
  • 土曜日のデーゲーム中継終了後は、17時台は『中之島ミュージック写真館』、18時台は『橋詰優子の劇場に行こう!』、ナイターの場合の22時台は『NMB48学園 こちらモンスターエンジン部』を放送するが、生放送(『NMB48学園』は事前収録が多い)のため試合延長時は放送時間短縮となるか、極端に試合が延長した場合はその番組を休止にしたうえで、次の番組開始前まで『9〜ジックナイト!』のデーゲームバージョン『野球〜ジック!』を放送するときもある。
    • 2016年度までは当番組を内包している『南山千恵美のMusic Smile』のスタジオパート第2部(19:00まで。ただし2013年の4-6月は18:45までだった。また7-9月までは2013年度までは阪神戦を含めたナイターの有無にかかわらず、2014年度はナイターが阪神戦以外を含め1試合でも行われていれば17:55まで)を放送していた。
  • 日曜日のデーゲーム中継が17時台で終了した場合には『小林大作のメモリーズ・オブ・ユー』を短縮・休止する(短縮したままスライド放送することもある)。なお2011年6月に終了した『三井生命 イブニングカフェ』(文化放送製作)はスライドで放送していた。4-6月期の場合は18時以降も延長した場合、『Cheers!』(2013年度-[注 27])も短縮放送とする。
またまれに阪神戦が15時以後の薄暮開催となる場合があり、その場合、日曜日の『小林大作のメモリーズ・オブ・ユー』、『三井生命 イブニングカフェ』は予め18時以後(試合延長の場合は試合終了後。但し、『メモリーズ・オブ・ユー』は試合展開により休止となる場合もある)からずらして放送し、その後で阪神戦以外のナイターを放送するケースもある。
なお『三井生命 イブニングカフェ』は阪神戦のナイター有無により定時の放送時間が異なっていた。
  • 阪神戦がデーゲームである場合 - 4月 - 6月は18:00 - 18:10 7月 - 9月は17:55 - 18:05
  • 阪神戦がナイターである場合 - 期間を通して16:50 - 17:00
  • 2012年までの月曜日では、セ・パ交流戦期間の5月中旬 - 下旬の月曜日に『ジョッキー・ルーム』が放送される場合に、スポンサー契約の関係上野球中継終了後30分間(番組表上では21時から21時30分)に必ず放送。21:00から21:30に予定されている番組(2012年7月現在は順に『ABC朝日ニュース』[注 28]『サウンドトラベル』『F.C.オフサイドトーク』)を21:30以降に放送したうえで、21時30分からの番組(2012年7月現在は『F.C.オフサイドトーク』)を休止していた(雨天中止の場合には何れも定時放送)。2013年度は『Monday! SPORTS - JAM』を21:00 - 21:15の15分短縮放送として時間をとっているが、野球中継が延長した場合は21:05までに終わらない場合放送休止となる(そのあとの『みんなの作文』はスポンサードネットのため野球終了後必ず放送される)。
  • 毎年8月の全国高校野球選手権大会中継期間に、午後の試合中継と『日本列島ほっと通信』(TBSラジオ制作の箱番組)の放送枠が重なった場合には、『ABCフレッシュアップベースボール』の放送終了後まで同番組の放送を遅らせていた[注 29](『ほっと通信』終了によりこの措置も2011年度までとなった)。高校野球(主に第4試合)の試合時間が延びた場合には、『ABCフレッシュアップベースボール』で中継予定の試合を全く放送できなかったり、後半イニングの一部から中継を始めたりすることがあった(前述、2008年度まで)。そのため、2009年の高校野球中継からは、試合の途中でも17:50で放送を終了。『ABCフレッシュアップベースボール』の完全中継を優先する体制に変わった。これはプロ野球が通常行われない月曜日も同様だが、地元代表校の試合を地方局がABCの終了時間以降もネットする場合は、引き続き裏送りで中継。ABCで途中まで中継した試合や、中継終了後に開始した試合については、当番組の放送枠内で実況アナウンサーやスタジオアシスタントが結果を伝える。
    • 2007年8月14日は、「阪神vs中日」(京セラドーム大阪)を放送する予定であったが、延長15回引き分けなど高校野球の試合が長時間化、中継開始は20:50となり、既に試合終了していたという珍事が起こった。結果、その日のABC制作の中継本編は中日の地元であるネット局CBC向けの裏送りだけとなってしまい、ABC向けには20:50 - 21:20の30分間、その中継を担当した中邨雄二(実況)・吉田義男(解説)のトークを交えた試合ハイライトとして放送した。なお、中邨は録音上の自らの実況について、あくまでCBC向けにトーンを抑えたものであることを聴取者に対して断りを入れていた。
    • 2015年には、8月9日(日曜日)の「DeNAvs阪神」(横浜)と同月16日の「東京ヤクルトvs阪神」(神宮)の開始時刻が、当初から17:00に設定されていた。ABCでは両日とも、当該時間帯と重なる高校野球(9日は1回戦第4試合、16日は3回戦第4試合)の中継を試合途中の16:59で終了。17:00から、文化放送制作・同局からの裏送りによる上記カードの中継を放送した(詳細後述)。16日については、鳥羽(ABCのサービスエリアである京都府代表)と興南沖縄県代表)の試合中継を16:59に打ち切ったうえで、17:00から「東京ヤクルトvs阪神」戦の中継に切り替えている。
  • 2014年までの7月 - 9月は土曜(2012年までは日曜も)のNRNナイター(文化放送幹事)を定時に生中継するが、阪神戦ナイター、または高校野球のため阪神戦デーゲームが中継できず、阪神戦以外のナイターが放送される場合は協賛スポンサー付きの通常バージョンで試合終了まで送る。阪神戦がデーゲーム、かつ阪神戦以外のナイターが開催される場合の「フレッシュアップベースボールスペシャル」扱いのナイター中継は試合展開の如何に関わらず21:00(厳密には後クレジットがあるため20:56)で中継を打ち切り、21時以後に予定されている番組は定時通りである。ただし前述のとおり、高校野球期間中はそれを優先し、阪神戦がデーゲームであっても、高校野球が中止にならない限り放送できないため、その代替でスポンサード番組となる他球団のナイターを放送する場合は阪神戦ナイター・週末デーゲームと同じく試合終了までの放送とする。
    • また、ABCラジオ発全国中継、ないしはブロックネットでオリックス主催(大阪・神戸)の試合が「フレッシュアップベースボールスペシャル」で放送される場合であっても、20:56で放送を打ち切りとして、それ以後の放送はABCからネット各局に向けた裏送りとなる。
    この事例は2011年10月1日の楽天戦が該当。この日はこれのみがナイターであったため、NRN土曜ナイターを放送するネット各局に放送されたが、20:56で放送を終了し、以後はABCから裏送りで放送された。
    • 2013年度の土曜日は新番組『キボウラジオ』(文化放送発のネットワークセールス番組)が必ず放送されるため、阪神戦が土曜日ナイターで行われる場合は全期間を通して17:40-17:55で、また阪神戦のデーゲーム開催時は、4月 - 6月は18:45 - 19:00、7月 - 9月は17:55 - 18:10(17:55を過ぎて野球が延長した場合は野球終了後の15分間)に放送される。このため7月 - 9月に阪神戦デーゲームが開催される場合、NRN(文化放送)ナイター(または『セットアップ SET UP!!』)は飛び乗りとなる。

予備番組(雨天中止時や試合非開催日)[編集]

曜日別レインコート番組放送一覧(2018年)
曜日 中継予定のナイトゲーム全試合が中止の場合 最初からナイトゲームの開催を予定していない場合(予備日・移動日など)
(定時番組)
伊藤史隆のラジオノオトほか自主製作番組
今こそ!プロ野球!!(-19:00)
※19:00-21:00は次の番組の中からいずれか1番組を放送
サウンドコレクション
ナイタースペシャル
(いずれもニッポン放送製作)
曜日 阪神のデーゲーム開催日におけるナイトゲーム中継枠 阪神のナイトゲーム予定日に
中継予定ナイトゲーム全試合が中止になった場合
阪神のナイトゲーム開催日におけるデーゲーム中継枠
および阪神のデーゲームが中止になった場合
(定時番組) セットアップ SET UP!!文化放送製作) (定時番組)
※放送予定カードが中止の場合と、最初からナイトゲームの開催を予定していない場合には当番組のスタジオバージョン扱い

放送予定カード(予備カード補充含む)が全部中止となった場合は、

  • 月曜日 基本的に予備カード補充やニッポン放送のレインコート番組のネットはせず、月曜日の定時番組を放送。この場合、2012年までにおける20時台前半の『月曜スペシャル』枠については、『これぞ!Bs魂 〜気になるオリックス・バファローズ〜』を1時間に拡大して埋め合わせていた。
    • 但し、過去に月曜ナイターがあった日で予定カードが中止になった場合、ニッポン放送からの予備カード補充かレインコート番組を、また月曜ナイターが元から無かった日にはABC自社製作のプロ野球関連番組を放送したことがあった。
    • また、2012年は月曜の中継にも再度不定期に予備カードを設定するようになった。同日にニッポン放送での中継がなく、関東の試合が予備カードから昇格した場合、事実上関西向けにニッポン放送が裏送りする形になるが、ビジターの地元局で放送される場合は、ABCとビジター地元局の2局ネットとなる。また広島の試合が予備カードから昇格した場合、RCCの本番中継がそのまま放送される場合(原則としてJRN系列局へのネットがないDeNA・ヤクルト・西武・ロッテ・オリックス戦、受け側のTBCがクロスネット局でNRN扱いが可能な対楽天戦、CBC・RKBが別途乗り込み、SF・KBC向けを本番とする場合の対中日・ソフトバンク戦が該当)と、NRN系列局向けの裏送り中継(HBC・CBC・RKBを自社向け本番とする対日本ハム・中日・ソフトバンク戦が該当。対日本ハム戦をSTVが中継しない場合はRCC制作裏送りのABC単独放送となる可能性あり)が放送される場合がある。この場合も全試合中止となった場合は月曜日の定時番組を放送する。
  • 火・水・木曜日 2017年度まではTBSラジオからのレインコート番組『プロ野球ネットワーク』を放送(金曜日はMBSラジオがネット受けすることを踏まえ題名を『プロ野球東西南北』と変えているが、趣旨・内容は全く同じ)
    • 2018年度は初めから阪神戦の予定がない場合はナイターを放送せず、自社製作番組を放送。阪神戦雨天時については、オリックス戦ホームゲームなど関西の他球場での試合を自社制作で放送(他社制作のカードは基本的に予備カードに採用しない)。該当するカードがない場合には、自社製作の予備番組を放送。
      • 基本的に基からナイター放送カードがない場合は「伊藤史隆のラジオノオト」か、別の単発番組、予備カードを含め放送カードが雨天中止時は「武田和歌子のぴたっと。」(19時まで 「ぴたっと。延長戦」として)、「9~ジックナイト!」(19時から 「フライング9~ジック」として)を各々拡大放送する
  • 金曜日 ニッポン放送からのレインコート番組『今こそ!プロ野球!!』(18時から19時)、『サウンドコレクション』(19時から21時)を放送
  • 土・日曜日
    • 元から阪神戦がナイターである場合
    日中は定時番組(土曜日・『感度良好!中野涼子です』(2018年度から)。日曜日・『STAR☆MUSIC☆SUNDAY』)をレギュラーバージョンで放送する。
    なお2013年については『Music Smile』については17:40までの放送となり、その後「キボウラジオ」を17:40-17:55に放送してからナイター中継に入っていた。
    またナイターが中止となった場合は文化放送からのレインコート番組『セットアップ SET UP!!』を送る。2013年度からは日曜に同番組を放送する場合、文化放送からの裏送り[注 33]なる。
    • 元から阪神戦がデーゲームである場合
    そのデーゲームが中止となった場合(と、17時までに試合が早く終了した場合)は『ABCフレッシュアップベースボール』のスタジオバージョン(協賛スポンサーもそのまま)の扱いとしながら、上記定時番組を放送(この場合は土曜日は中野涼子、日曜はしもぐち☆雅充に加え、それぞれの曜日のスタジオナビゲーションパート担当キャスターも参加し、タイガースをはじめとするプロ野球情報などを挿入する)。これらの場合は、『ABCフレッシュアップベースボール まさ美´sエディション』(2017年のみ土曜日)、『-ほしおんエディション』(2013年からの日曜日)として放送される。なお土曜日のワイド番組内包時代(2010-16年度)は本来の内包先番組である『芦沢誠のGO!GO!サタデー』(2010-12年度)、『Music Smile』(2013-16年度)のタイトルをそのまま使用した。[注 34]
    またナイターの時間帯については、文化放送からのネット受けはせずに自社製作などの定時番組を送る。
    土曜日は2014年まで、日曜は2012年まで、7-9月は先述の阪神戦が元からナイターであった場合と同じだが、スポンサーについてはオールスポットとなっていた。
    特に2011年度の7-9月の間、阪神戦を含め元から全試合デーゲームの日曜日に、当時のレインコート番組『センパツ!』が放送される場合、制作局の文化放送は、関東ローカルの単発特番『文化放送サンデープレミアム』を放送するうえに、他のNRN加盟局も定時番組を編成するため、『センパツ!』は事実上ABCラジオ向けの裏送りとなっていた。
    しかし2012年は、ABCの定時ネットが発生する7月8日より『サンデープレミアム』を『セットアップ』に統合し、『サンデープレミアム』に準じた内容の番組を『セットアップスペシャル』としてABCラジオに同時ネットする方針に変更された[注 35]
    2013年度は、文化放送が日曜ナイターの不定期特番扱い化したことに伴い、7-9月についても阪神戦がデーゲームで開催される場合はNRNナイター(または予備番組)のネットではなく、『Cheers![注 36]を放送していた。ただし、高校野球期間中は従来通り、阪神戦がデーゲームの場合には、阪神戦代替の扱いとしてNRNナイターをネットしていた。
    さらに2014年度の土曜は、7-9月にナイターが1試合でもある場合は従来通りNRNナイターを送っていたが、阪神戦も含めた全試合がデーゲームとなった場合は『セットアップ』のネットではなく、4-6月の編成に準じて『Music Smile』を19時まで放送した上で、19時から『俺達かまいたち[注 36]を放送する形態となった。よって『セットアップ』は事実上中継予定試合が中止の場合のみの放送となった。
    2015年からは4-6月の編成をナイター全期間に適用する。従って、阪神戦がデーゲームで行われ、かつ阪神戦以外のナイターが行われる場合でも、高校野球期間以外はナイター中継は原則実施しないことになった。
    • 元から阪神戦の予定が組まれていない(もしくは高校野球のため放送できない)場合
    この場合は全国放送のナイター中継を協賛スポンサー付きで放送するため、元から阪神戦がナイターである場合と同じ扱いとなる。
    ただし、他球団も含めてナイターが一試合も予定されていない場合、昼間は阪神戦デーゲーム中止時に準じて『ABCフレッシュアップベースボール』のスタジオバージョンの扱いで定時番組[注 37]を放送し、ナイターの時間帯は定時番組を放送する(但し阪神戦と高校野球が時間的に重複したうえで、その日にナイターの開催が1試合も組まれていなければ、ナイター中継の協賛スポンサーをつけた「フレッシュアップベースボール」のスタジオバージョン扱いとして自社制作番組またはNRNナイター予備番組を放送することになるが、この期間はドーム球場では15時以前開始のデーゲームを行うことはあるが、大半はナイターか、15時以後に開始する薄暮デーゲームの試合が多いため、このような例は極めて発生率が低い[注 38])。

裏送り(主にオリックス・ソフトバンク主催試合)[編集]

オリックス主催試合は対戦相手側の本拠地の地元局向けの裏送り放送(ロッテ戦、および交流戦のヤクルト戦、DeNA戦は大半が本番カードが中止となった場合の予備放送扱いとなるため、関東向けの裏送りはごくまれにしか行われない)のほか、西武戦については文化放送ライオンズナイター用の製作・技術協力が行われている[注 39]

土曜日にオリックス対西武戦、およびセ・パ交流戦のオリックス対巨人戦のナイターが行われる時、さらには当日のナイトゲームがオリックス主催試合[注 40]が本番カードである時〈この時は文化放送ホームランナイター〉は、ABC側でもアナウンサーを用意する。ただし土曜日は巨人戦優先であるため、西武戦が放送される確率は僅少である。またオリックス対阪神戦の場合はデーゲーム・ナイターを問わず自社本番となる)。なお、RCCラジオ向けにはオリックス対広島戦に関しては阪神戦と同じく曜日に関係なくABC制作・裏送りを流すが、阪神戦が中止・デーゲーム・または元から試合予定が組まれてない日にオリックス戦が全国ネット・ないしはブロックネットで放送される場合には、広島戦が中止・デーゲーム・または元から試合予定が組まれていない日の阪神戦の中継と同様、本来の担当曜日のネットシフトに沿って放送されるため、火(2018年より)・水・木曜はMBSラジオ制作のものが流れる。

また、1979年から1992年ごろまで、ラジオ日本ジャイアンツナイター用に、阪神対巨人戦と、巨人戦が放送できない日(ヤクルト・大洋→横浜とのビジターの試合)に阪神主催試合を放送する日に、裏送り(本番のネットラインに関係なくJRN扱い 試合日によりTBSラジオから実況派遣あり)を行ったことがあり、ABCラジオの本番放送と、ラジオ日本からネットを受けるラジオ関西ラジオ関西ゴールデンナイター)で放送する裏送り出しの2系統の放送が関西で聴取できる状態になったことがまれにあった。ただし、この当時は左記の場合でもABC[注 41]の自社放送をRF・GBS・CR(CRK)に流れることはなかった。

ABCラジオが聴取率調査(レーティング)週間の期間中には、阪神主催試合でも特別企画を盛り込んだ自社向けと通常の形式によるネット局向けの二重制作を行うことがあり、当該カードが全国ネット本番となった場合、関西地区では和歌山放送WBSゴールデンナイター・火・金曜)、KBS京都KBS京都エキサイティングナイター・金曜)、ラジオ関西ラジオ関西ジャイアンツナイター・2016年からの火 - 木曜。詳細後述)で放送するネット局向けの裏送り出しと2系統で聴取できる場合があり、同様にABCがビジター阪神戦裏カードのオリックス主催ゲームを全国ネット本番として裏送りした場合にも、この3局で聴取できる場合がある。

なお、RFラジオ日本では2016年から、TBSラジオとの相互提携を再開[59][60]。RF制作の巨人主催試合(20試合程度)をJRNナイター扱いで、また逆にJRN加盟地方各局からRF向けの中継(巨人ビジターの試合30試合程度中心)を実施する。大阪府はMBSラジオもJRNに加盟しているため、阪神戦については、原則として火-木曜のJRNナイター担当日にABCから中継を配信。中継のスケジュールによってはABC、RFナイターをネットするCRK[注 42]、WBS[注 43](いずれもサービスエリアが重複)で同じ内容を放送することもある(オリックス対巨人戦は原則阪神対巨人戦の方式に準じるが、阪神戦との重複開催である場合はABC発の裏出しが放送されることになる)。この逆で、阪神戦のABC自主製作のもの以外の巨人主催試合でRF製作のものがJRNナイターとして全国放送される場合はRF発の中継が放送されるが、このケースとなるのは、阪神戦が基から行われない日であるか、予定された試合が降雨中止となった場合の予備カードからの昇格になる時に限られる。また、年数試合ほど阪神主催巨人戦で従来通りABC/MBS=JRN向けとRF=CRK=GBS向けの別制作が行われることがある。

この他、2011年東日本大震災を受け、Kスタ宮城(当時)の被災で使用できなかった同年4月の楽天主催6試合を甲子園とほっともっとフィールド神戸で各3試合行った際、そのうちの5試合をTBCパワフルベースボール用の裏送りを行ったことがある。2012年も同様に甲子園での1試合(2試合予定も、1試合は中止[注 44])を同様に裏送り放送したことがあった。

京セラドーム大阪でのソフトバンク主催ゲームは、2014年・2017年(RKB・KBCとも)・2016年(RKBのみ)は高校野球開催期間と重なったため在福局が乗り込みを実施した[注 45]が、2015年はRKB・KBCとも在阪局からの裏送り(対楽天戦かつ曜日の関係でMBS-KBC-TBC、ABC-RKB)となった。また、当該日は全国ネット本番だった阪神戦との2試合のみ開催だったため、結果的に本番・予備とも在阪局の制作となった。(高校野球期間中の開催については詳細後述参照

全国高等学校野球選手権大会期間中の対応[編集]

全国高等学校野球選手権全国大会(夏の甲子園)期間中には、当番組に出演するアナウンサーが、(テレビ・ラジオを問わず)全国大会中継の実況およびインタビュアーを兼務する。このため、阪神戦の中継については、以下のように対応している。

京セラドーム大阪および地方球場での阪神主催試合(ホームゲーム)をナイトゲームとして開催する場合[編集]

  • ABCの自社制作による通常の中継体制で放送。高校野球中継で午前中に第1試合の実況を担当したアナウンサーが、中継終了後に甲子園から上記の球場へ移動したうえで、同じ日の夜に阪神主催のナイトゲームを実況することもある。[注 46]。また2017年8月6日のヤクルト戦は巨人×中日戦の裏開催のためSFにもネット受けした。

阪神のビジターゲームをナイトゲームとして開催する場合[編集]

  • 原則として対戦する主管球団の地元局が制作する中継を、相互ネットまたは裏送り形式で放送し、その局のアナウンサーが実況を担当する。ABCからは基本的に阪神側の解説者・ベンチレポーター担当のいづれか1名、または試合開催地によっては両方とも派遣する場合と、ベンチレポーターを含めABCから一切派遣せずに、主管球団側地元局ですべて一任する場合とに分かれる。
    • 2009年から2012年までは、このような中継体制で放送する場合でも、ABCから派遣されたアナウンサーが実況を担当することが多かった。
    • 2009・2010年の高校野球期間中には、ビジターゲームの全試合を、ABCのアナウンサーが実況およびベンチリポーターを担当する「完全自社制作形式」で放送。2011年には、8月9-11日の中日戦をCBCからの同時ネットで中継する一方で、12-14日のヤクルト戦、19-21日の横浜戦を完全自社制作で放送した。
    • 2012年には、8月7-9日の巨人3連戦でTBSラジオ制作・JRNライン全国中継(阪神側リポーターのみABCが派遣)の同時ネットを実施した後に、長野・横浜・神宮球場で14-19日に開催された6連戦を完全自社製作で中継した(14日の長野での試合は地元SBCラジオにネットされた。18・19日にはNRNラインの全国ネットカードをこの中継に差し替え)。
    • 2014年8月12-17日の関東遠征では、ABCからアナウンサーを一切派遣せず、中継を制作する在京ラジオ局のアナウンサーが阪神側のベンチリポーターを務めた。12-14日の巨人戦(東京ドーム)については、3試合ともTBSラジオ配給/JRNナイター全国放送用指定カードであったため、TBS制作分の同時ネットを実施。15-17日のDeNA戦(横浜スタジアム)はNRNナイターの全国放送指定カードが広島・マツダスタジアムでの広島対巨人戦であるため、15日はLF、16・17日はQRからの裏送り中継に充てた。
    • 2014年8月22-24日の広島戦もRCCラジオ(NRNライン)の相互ネットを受ける形で放送するが、既に1日あたりの試合数が少ない時期になっていたため、上記関東遠征とは事象が異なり、楠がベンチリポーターとして派遣された。
    • 2015年は、8月4-6日の広島戦はABCによる自社制作で放送。4日のみ通常の自社制作体制(平岩が実況し、中邨がリポーター)をとり、高校野球開幕前日の5日からの2試合は中邨のみ広島に残り実況を担当した。この3連戦はJRN系列でも全国放送カード(RCC制作)となっていた上、RCCでの本番中継は5日・6日の当カードが広島市への原爆投下の追悼試合(ピースナイター)であり、かつRCC自社がNRN扱いとなる曜日であるため、JRN向けの本番カードとは別制作(NRN予備扱い)で中継した。更にRCCは5日と6日のテレビ中継も担当していた関係で(4日は広島テレビ〔HTV〕が中継)アナウンサーが不足、ABC向け中継に人員を割けなかった。このため平岩が帰阪した5日からはリポーター無しでの中継となった(MBSラジオは自社で実況・解説・ベンチリポートを用意した)。なお、この3連戦はHTV・RCCとは別にサンテレビが全試合を中継しており、同局との間で解説者の融通があった。7日からは中邨も高校野球中継の担当に回ったため、以降のビジターゲームは全て対戦相手局との同時ネットまたは裏送りとなり、ABCからの解説者、アナウンサーの派遣はなかった。
    • また関東でのロードゲーム(8月7・8日・DeNA戦、14・15日・ヤクルト戦、18-20日・巨人戦)はいずれもABCからのアナウンサーの派遣はなかった。このうち、8月8日と18-20日はそれぞれ在京局製作全国ネットナイターの指定試合(8日のみQR製作・NRNナイター、18-20日はTBSラジオ製作・JRNナイター)であるため、全国放送の内容をそのまま放送、他は裏送り(8月9・16日の薄暮デーゲームは後述)。
    • 2016年は、8月5-7日のヤクルト戦と、高校野球終了後の8月23-25日のDeNA戦のみABCによる自社制作で放送。いずれのカードでもベンチリポーターを付けないため、中継担当のプロデューサーが試合中に当該球団の情報を集めたうえで、実況アナウンサーが随時紹介する。ちなみに、この年は高校野球期間以外の中継でも、同様の方法で放送することが増えている。8月2-4日のDeNA戦はTBS制作の中継(2・3日は裏送り、4日はJRN全国放送)、8月9-11日の広島戦はRCC制作の中継(9日は相互ネット、10日はABC向けの裏送り[注 47]、11日はJRN全国放送としての裏送り)、8月19日の巨人戦はLF制作のNRN全国中継を、それぞれ放送する。
      • 高校野球期間ではないが、9月11日の「ヤクルト対阪神」(神宮)も体裁上はNRNナイター指定放送カードであり、QR製作(実況・槙嶋範彦、解説・松沼博久)のものを放送したが、QRは放送自体なし、その他の地域もヤ×神以外の試合が全部デーゲームであるため、ABC向けの裏送りのみの放送となり、前日実況を担当した楠がベンチレポーターとして派遣された[注 48]
      • 上記以外でも、阪神のホーム・ビジターを問わず、日曜日のナイターがNRNナイター全国放送指定カードであるにもかかわらず、他のネット局が地元球団のナイターを放送するか、あるいはデーゲームで試合終了によりナイター時には別番組に差し替える局ばかりだったため、結果的にABCのみ放送となった試合もある。
    • 2017年には、大会終盤で試合数も少なくなり人員派遣の余裕が出る8月22-24日のヤクルト戦、及び大会終了後の8月25[注 49]-27日[注 50]の巨人戦のみABCによる自社制作[注 51]で放送。高校野球開幕前の8月1-3日の広島戦はRCC制作の中継(1日は相互ネット[注 52]、2日と3日はABC向けの裏送り)を放送するが、阪神側のベンチリポーターはABCから派遣するほか、裏開催のオリックス対ソフトバンク戦は通常通りABCの出演者による中継をRKBへ裏送りした。高校野球開幕後の8月8-10日の巨人戦はJRN全国中継をネット受けしたが、2017年世界陸上競技選手権大会とも重なっている事情もあり、3試合ともRF制作となった[注 53]。8月11-13日のDeNA戦は在京局からの裏送り(11日はLF、12日と13日はQR制作)となり、8月18日の中日戦はSFからのネット受けで放送した。以上の各試合は、阪神側のベンチレポーターもABCからは派遣せず、対戦相手となる主管球団側地元の放送局(RF/LF/QR)のアナウンサーが1人でベンチレポーターを担当している。自社制作を再開した8月22日のヤクルト戦についても、高校野球の日程順延の影響からベンチリポーター無しでの中継となった[注 54]

阪神のビジターゲームをデーゲームとして開催する場合[編集]

  • 開始時間が高校野球中継の時間帯と重なるため、対戦球団の地元局が相互ネットか裏送り形式で制作する中継を、高校野球中継の予備カードに設定。中継予定の高校野球の試合が中止になった場合にのみ、予備カードからの昇格扱いかつ、オールスポットの「フレッシュアップベースボールスペシャル」として放送する。また、プロ野球中継枠の協賛スポンサーは土・日も含めて、ナイター枠の方に付く。
    • 2009年には、8月15・16日の巨人戦(東京ドーム)が該当。この年は前述の通り大会期間中の阪神戦を全試合完全制作したが、高校野球中継の予備カードとなったこの試合も同様だった(前日14日から引き続き岩本計介アナが東京ドームに派遣されていた)。その一方で15日のナイターの時間帯には「オリックス対ソフトバンク」をRKBとの2局ネットで放送したが、実況・リポーターはRKBのアナウンサーが担当した。
    • 2013年には、8月10・11日の中日戦(ナゴヤドーム)が該当(ナイトゲームであった9日の同カードはSF制作の中継を相互ネット形式で放送)。両日ともCBC制作の相互ネット中継を予備カードに設定したが、高校野球の中継予定カードが全試合開催されたため、ABCでは中日戦を放送できなかった(2試合とも延長戦にもつれ、ナイターの広島対巨人戦の中継開始時にも継続されていたが、阪神戦は放送せず、そのまま広島対巨人の中継を行った)。ただし、阪神側のベンチリポートを務めるABCのアナウンサーは、通常通りCBCローカルの中継に出演した。
    • 2015年には、8月9日(日曜日)のDeNA戦(横浜)と16日(日曜日)の東京ヤクルト戦(神宮)が17:00開始の薄暮デーゲームであったため、当該時間帯と重なる高校野球中継を16:59で終了(前述)。両日とも、17:00から55分間は「フレッシュアップベースボールスペシャル」、以降は定時放送扱いでQRからの裏送り中継を放送した(ABCからは実況・ベンチリポート担当のアナウンサーや解説者を派遣せず)。上記カードはいずれもNRNのナイターネット指定試合であったが、実際にはABCのみで放送していた[注 55]ため、中継では「文化放送プロ野球速報」を「ABCナイター速報」として挿入していた。
      • 9日放送分では、DeNA戦中止時の予備カードとして、ロッテ対ソフトバンク戦(17:00開始)を設定。予備カードも中止になった場合には、『SET UP!!』の放送を予定していた。いずれの場合にも、17:55まで高校野球を中継した後に、定時のナイトゲーム中継枠で放送する予定だった。実際にはDeNA戦が定時の中継枠内で終了したため、中継終了後の後座パートは、ABCのスタジオからではなくQRの本社スタジオから放送。高橋将市(同局アナウンサー)がABC向けに、20:56まで中継のダイジェスト・他カードの結果を伝えた。
      • 16日放送分では、東京ヤクルト戦の中止に備えて、2つの予備カード[注 56]を設定。予備カードを含めた全試合が中止になった場合には、9日と同様の体制で『SET UP!!』の放送を予定していた。実際には東京ヤクルト戦が定時の中継枠内で終了したため、中継終了後の後座パートは、当時開催中だった「広島対DeNA戦」の中継は行わず、ABCのスタジオから当日のスタジオアシスタント・白ヶ澤香織の進行で20:56まで放送した。
    • 2016年には、8月20・21日の巨人戦(東京ドーム)が該当。19日のナイターは前述の通りLFからのネット受けであったが、この両日はTBS・QR・RFのいずれも中継予定がなく[注 57]、既に1日当たりの試合数も少ない時期になっていたため、2009年同様にABCが自社で高校野球中継の予備を配置することになり、中田良弘と平岩康佑アナが東京ドームに派遣され、高校野球[注 58]が終了後、ないしは雨天などの試合中止時に中継を行うことになっていた。実際には20日のみ、試合途中の15:50から『フレッシュアップベースボールスペシャル』扱いで中継が行われた。なお、ナイターの時間帯にはNRN本番カードの「広島対ヤクルト」(RCC制作。21日は事実上同局との2局ネット)を放送し、阪神戦中継が実現しなかった21日についてはナイターの後座パートで、平岩の実況による録音音源を用いて当該試合の回顧を行った。
    • 2017年には、8月19・20日の中日戦(ナゴヤドーム)が該当。高校野球が休養日か中止となって結果的に開催されないか、試合が行われて早終了となった場合に限りCBCからのネット受けで放送することになっていた[注 59]。また、ナイター枠では「広島×ヤクルト」戦(中国放送制作・NRNナイターをネット。LF-MBS向けはLFの乗り込み制作)[注 60]が放送される日程が組まれた。実際には雨天順延のため両日共に高校野球中継が組まれ、高校野球中継が終了した時点で試合が続いていた20日のみ17:55から阪神戦の中継を行ったのち、RCC制作のナイター本番カード「広島×ヤクルト」戦に飛び乗った。

なお、2013年から2015年の大会期間中の土・日曜日には、火 - 金曜日の『野球にぴたっと。』に相当する番組として『ABCフレッシュアップベースボール タイガースにぴたっと。』を17:52 - 17:55に編成。当番組のスタジオ担当が、(阪神戦がナイトゲームの場合には)スターティングメンバーや、(阪神戦がデーゲームの場合には)試合の経過を手短に伝えた。なお、2013年には月曜日にも、道上洋三の出演・事前収録による『タイガースにぴたっと。』を放送していた。2016年は当該時間帯にリオデジャネイロオリンピック関連の民放ラジオ統一番組『VIVA! リオデジャネイロオリンピック』を放送するため、『タイガースにぴたっと。』を含めた高校野球4試合日の前座ミニ番組は編成されず、2017年は前座ミニ番組無しでそのまま開始するようになった。

ナイターオフ編成下での中継[編集]

公式戦の残り試合[編集]

ABCラジオでは2009年まで、ナイターオフ編成に入る10月にも、クライマックス・セ(2006年以前は日本シリーズ)が始まるまで阪神の未消化試合を『ABCフレッシュアップベースボールスペシャル』として自社制作で可能な限り中継していた。ただし、予備日開催の最終戦(対中日戦、スカイマークスタジアムでのナイトゲーム)を放送できなかった2008年10月12日のように、放送権や編成上の事情で中継できない試合も存在していた。

しかし、2010 - 2013年のナイターオフ編成においては、後述の2011年の事例を除いて、優勝チーム決定かつ、阪神のクライマックスシリーズ進出有無が決定した場合は、原則として残りの試合は阪神戦であっても中継しなくなった(一方で競合局のMBSは2010年以降のナイターオフ編成においても、日曜デーゲームでなければ中継している)。ただし、CBCやRCCといったビジターチーム側の地元局が、ABCで中継されない阪神主催試合を中継する場合、ABC制作でこれらの局へ向けた裏送りは行っていた。特に2013年においては、それまで消化試合の放送に消極的であったCBCも中日の最終戦まで中継を行ったため、関東以外の球団所在地地元局では唯一消化試合の中継を原則行わなかったことになる。なお、2014年と2015年は阪神の最終戦まで中継を行ったが、2016年以降は再びナイターオフ編成下の残り試合は中継しない方針に戻った。

なお、本来月曜・金曜・土曜・日曜はNRNナイターの曜日であるが、シーズンオフ期間に雨天中止の場合の予備カードを設定する場合は、これらの曜日でもJRN系列局制作のものとなることが多い。自社制作の試合では、ネット局がない場合は原則として本来のシーズン中の曜日の速報チャイムを使用するが、2011年10月10日(月曜)の対巨人戦(東京ドーム)ではABC・MBS共にJRNの速報チャイムを使用していた(どちらかの局の不手際と思われる)。また、2011年10月15日〜16日(土・日曜)の対広島戦(甲子園)はネット相手のRCCがABC同様クロスネット局のため、NRNのチャイムを使用した。また、2011年10月20日(木曜)の対横浜戦(甲子園)はNRN扱いの広島対中日戦(マツダ。RCC制作・SFにもネット)が予備カードとして編成された(MBSが予備カードを設定しなかったことと、CBCでの中継予定がなかったため)。

以下は2010年以降のオフシーズン編成期前後の対応である。

  • 2010年:10月4日にオフ編成に入るが、それ以降の3試合は中継せず(10月1日に中日の優勝が決定し、阪神もクライマックスシリーズ進出そのものは確定していたため)。
  • 2011年:10月3日にオフ編成に入るが、東日本大震災に伴う開幕延期の影響で、ナイターオフ編成への改編時点で多数の試合を残していたことから、本来のナイターオフ番組『おっちゃんラジオ』(2010年度まで放送された長寿番組の『歌謡大全集』に代わる番組)の開始を日本シリーズ終了後の11月22日まで繰り下げ、全ての試合を放送できる体制を採った。その結果、この年は高校野球期間中の阪神戦デーゲームがなかったうえ、オフ編成突入後も順調に日程を消化したため、阪神の公式戦全144試合の中継を達成した。ちなみに、阪神のクライマックスシリーズ進出の可能性が消滅した10月16日の中継からは、シーズンの名場面を伝える実況音源を中継で随時再生していた。
    • この期間の火曜から金曜に中継予定試合が予備も含めて中止となった場合は、『フレッシュアップベースボール』のスタジオバージョンを放送することになっていたが、元から試合開催予定がない場合は、『パーソナリティ秋の交流戦』などの単発番組を放送して繋いだ。一方で、この期間の土・日・月曜は予備カードの補充はせず、通常の定時番組を放送することになっていた。
  • 2012年:10月1日にオフ編成に入った時点で3試合を残していたが、このうち最終戦である10月9日の対DeNA戦のみ中継(金本知憲選手の引退試合であったため)。それ以外の2試合は中継せず(9月21日に巨人の優勝が決定し、既に阪神のクライマックスシリーズ進出の可能性も消滅したため)。
  • 2013年:9月30日にオフ編成に入った時点で阪神戦が6試合残っていたが、MBSが全試合を中継したのに対して、ABCでは基本としてナイターオフ番組の放送を優先した(同月22日に巨人の優勝が決定したことに加えて、阪神も24日で3年振りにクライマックス・セ進出を確定していたため)。ただし、10月1日の対中日戦については阪神主催試合のため、ABC制作でCBC向けの裏送りを実施。阪神にとってシーズン最後の主催試合および桧山進次郎(阪神外野手)の引退試合であった同月5日(土曜日)の対巨人戦ナイトゲーム(甲子園)については、試合終了後に引退セレモニーを実施した関係で、試合終盤の21:00からセレモニー終了後の21:55まで特別に中継した。
  • 2014年:9月29日にオフ編成に入るが、前年までの方針とは一転して、阪神の残り3試合についても『武田和歌子のぴたっと。』『堀江政生のほりナビ!』を短縮の上で全試合自社制作した。この年は高校野球期間のデーゲームも高校野球開催順延の影響で中継しているため、2011年以来の阪神の公式戦全144試合中継を達成した。なお、この期間の予備カードは設定せず、中止の場合はナイターオフの定時番組を放送することになっていた。オリックスが絡んだパ・リーグ優勝争いについては、MBSとは対照的にフォローしなかった。
  • 2015年:9月28日にオフ編成に入るが、前年同様に阪神の残り4試合についても『ぴたっと。』『ほりナビ!』を短縮の上で全試合自社制作した。10月2日の対ヤクルト戦(神宮。この試合でヤクルトのリーグ優勝が決定)は、自社乗り込みを実施したABC・MBSがどちらもJRNの速報チャイムを使用していた。10月4日の最終戦の対広島戦(解説:桧山、実況:高野、リポート:山下)は当初RCCにネット予定が当日の新聞・webなどのRCCラジオの番組表にも掲載されていたが、阪神と広島がクライマックスシリーズ進出争いをしていることからRCCは急遽甲子園に乗り込み、ABC技術協力の自社制作を実施した(解説:山崎隆造、実況:石田充、リポート:一柳信行。速報チャイムはABC・MBS・RCCともNRN用を使用)。
  • 2016年:9月26日からオフ編成を適用。『ほりナビ!』については、『堀江政生のほりXナビ』( - ほりなびクロス)に改題したうえで、放送枠を18:00 - 21:00に変更した。阪神は同月17日の対DeNA戦に敗れたことでクライマックスシリーズへの進出を逃したが、公式戦の残り試合のうち、27日(火曜日)の対ヤクルト戦(甲子園)を『堀江政生のほりXナビスペシャル』として中継。堀江も、甲子園球場の放送席からゲストとして出演した。ただし、30日(金曜日)・10月1日(土曜日)の巨人戦(甲子園)については、編成上の事情で中継を放送しなかった。
  • 2017年:10月2日からオフ編成に入ったが、レギュラーシーズン最後のカードである中日との2試合(5日と10日にナイトゲームとして甲子園で開催)を中継せず、『伊藤史隆のラジオノオト』(3日から始まった『堀江政生のほりXナビ』の後継番組)の生放送に充てた。9月18日に広島のセ・リーグ優勝が決定したことに加えて、阪神も28日にクライマックスシリーズ進出、30日にレギュラーシーズン2位(3位・DeNAとの対戦による甲子園でのクライマックスシリーズ・ファーストステージ開催)が相次いで確定したことによる。
  • 2018年:10月1日からオフ編成に入ったが、例年以上にレギュラーシーズンの未消化試合を残していることに加え、阪神のクライマックスシリーズ進出有無が未確定であったため、『ぴたっと。』を短縮の上で阪神戦中継を自社制作で継続。しかし、阪神は4日の対ヤクルト戦に敗れたことでクライマックスシリーズへの進出を逃したため、7試合を残して中継を打ち切った。このため、翌5日から『ラジオノオト』の新シーズンの放送が開始されることになった。

クライマックス・セ[編集]

2007年からセントラル・リーグに導入された2段階プレーオフ制度(クライマックス・セ)については、阪神が進出した場合を中心として、該当試合(ナイトゲーム)を『ABCフレッシュアップベースボール クライマックスシリーズ実況中継』として放送。阪神のシーズン最終順位が4位以下の場合や、阪神がファーストステージ(2009年までは第1ステージ)で敗退した場合の対応は年によって異なっていたが、2016年以降は阪神が関与する試合のみの中継に絞り込んでいる。

  • 阪神がシーズン3位で第1ステージへ進出した2007年には、ナゴヤドームで実施された第1ステージ(対中日戦、10月13日14日の2試合)をABCが自主制作して中継。しかし、第2戦で阪神のステージ敗退が決まったため、第2ステージの3試合(10月18日20日、東京ドームの巨人-中日戦)については一切中継しなかった。
  • 阪神がシーズン2位で第1ステージへ進出した2008年には、地元・京セラドーム大阪で実施された第1ステージ(対中日戦、10月18日〜20日の3試合)を中継。1勝1敗で迎えた第3戦で阪神のステージ敗退が決まったが、第2ステージの4試合(10月22日25日、東京ドームの巨人-中日戦)については前年と違い全試合自社制作で完全中継した。
  • 阪神がシーズン4位でクライマックス・セへの出場を逸した2009年には、第1ステージ(10月17日19日、ナゴヤドームの中日-ヤクルト戦3試合)・第2ステージ(10月21日24日、東京ドームの巨人-中日戦4試合)ともに中継せず、10月5日開始のナイターオフ編成を継続。在阪ラジオ局の聴取率調査週間と重なったこともあって、自社制作のナイターオフ番組で連日「ABCラジオ 秋のジューシーデイズ」キャンペーンを展開していた。ちなみにMBSラジオでは、クライマックス・セの全7試合を、『MBSタイガースナイタースペシャル』として自社制作で中継している。
  • 阪神がシーズン2位でファーストステージへ進出した2010年には、地元の甲子園でのファーストステージ(対巨人戦、10月16日〜17日の2試合)を生中継した。第2戦で阪神のステージ敗退が決まったが、ファイナルステージの4試合(10月20日23日、ナゴヤドームの中日-巨人戦)についても、2008年同様に全試合自社制作で完全中継した。
  • 阪神がシーズン4位でクライマックス・セへの出場を逸した2011年には、前述のように日本シリーズ終了までナイター中継をレギュラー編成としていたため、ファーストステージの3試合(10月29日31日、神宮球場のヤクルト-巨人戦)をニッポン放送からの裏送り、ファイナルステージの5試合(11月2日6日、ナゴヤドームの中日-ヤクルト戦)を第1・2戦はCBCから、第3戦以降はSFからのネット受けで全試合完全中継した。
  • 阪神がシーズン5位に終わり、早い段階でクライマックス・セへの出場を逸した2012年も完全中継は実施。ファーストステージの3試合(10月13日〜15日、ナゴヤドームの中日-ヤクルト戦)はCBCからのネット受けで放送。ファイナルステージの6試合(10月17日〜22日、東京ドームの巨人-中日戦)については、在阪ラジオ局の聴取率調査週間と重なったこともあって、第3戦までは自社制作で中継したが、第4戦以降はTBSラジオからのネット受けで放送した(MBSは聴取率調査週間の終了する第5戦まで自社制作)。なおネット受けとなった試合のうち、ファーストステージの第3戦と、ファイナルステージの第4・5戦についてはABCのスタジオに自社の解説者・アナウンサーを配置し、イニング間にスタジオトーク(試合解説)を交えて放送した。
  • 阪神がシーズン2位でファーストステージへ進出した2013年には、地元の甲子園でのファーストステージ(対広島戦、10月12日〜13日の2試合)を、CBCラジオにもネットして生中継した。しかし、第2戦で阪神のステージ敗退が決まったため、ファイナルステージの3試合(10月16日〜18日、東京ドームの巨人-広島戦)についてはTBSラジオからのネット受け形式で中継した。
  • 阪神がシーズン2位でファーストステージへ進出した2014年には、地元の甲子園でのファーストステージ(対広島戦、10月11日〜12日の2試合)を、前年同様にCBCラジオにもネットして生中継した。第2戦で阪神が1勝1分でファイナルステージ進出を決めたため、その東京ドームでのファイナルステージ(対巨人戦、10月15日〜18日の4試合)も全試合自社制作で生中継した。
  • 阪神がシーズン3位でファーストステージへ進出した2015年には、東京ドームでのファーストステージ(対巨人戦、10月10日〜12日の3試合)をABCが自主制作して中継。このカードは全試合デーゲームであることから地元局であるTBSラジオが一切中継を行わないため、ABCの乗り込み中継がJRN系列局向け中継(厳密には個別の番販ネット扱い)となり、CBCラジオへもネットされた。12日の中継は月曜開催だからか、JRN単独局のCBCにネットしていながらNRNの速報チャイムを使用していた(前日まではJRNチャイムを使用。逆に前日までNRNのチャイムを使用したMBSがJRNチャイムを使用したが、こちらはネット局がなかった為問題なかった)。第3戦で阪神のステージ敗退が決まった後のファイナルステージ(神宮球場のヤクルト-巨人戦、10月14日〜17日の4試合)はNRN独占のヤクルト主催試合の放送権の関係上レギュラーシーズンに準じてMBSとのネット振り分けが行われ、16日(金曜)の第3戦と19日(月曜)の第6戦はLF自社(とSF)向けをネット受けし、17日・18日(土・日曜)の第4・5戦はABCがLFの技術協力で乗り込み自社制作、その他の試合はLFからABC向けの裏送りで放送する予定が組まれたが、第4戦でヤクルトの日本シリーズ出場が決定した。
  • 阪神がシーズン4位でクライマックス・セへの出場を逸した2016年には、ファーストステージ(10月8日〜10日、東京ドームの巨人-DeNA戦3試合)・ファイナルステージ(10月12日〜15日、マツダスタジアムの広島-DeNA戦4試合)ともに中継せず、9月26日開始のナイターオフ編成を継続。このため、2009年以来のクライマックスシリーズ中継なしとなった。これは、ファーストステージが在京球団同士のデーゲームとなり、LF以外の民放ラジオ局で中継されないことも要因としてあげられる。
  • 阪神がシーズン2位でファーストステージへ進出した2017年には、甲子園でのファーストステージ(対DeNA戦、10月14日〜17日の3試合)を、ABCの自社制作で関西ローカル向けに中継。第3戦で阪神のステージ敗退が決まったため、ファイナルステージ(マツダスタジアムの広島-DeNA戦)については中継を一切放送せず、10月2日開始のナイターオフ編成を優先している。ただし、阪神がファイナルステージへ進出した場合には、同ステージの全試合をABCの自社制作で関西ローカル向けに中継する予定だった。
  • 阪神がシーズン最下位に沈んだ2018年は、2016年同様にファーストステージ(神宮球場)・ファイナルステージ(マツダスタジアム)ともに中継せず、10月5日開始のナイターオフ編成を継続する。

クライマックス・パについては、オリックスがABCの地元・大阪の球団でありながら、一度も中継したことがない。オリックスがシーズン2位で第1ステージに進出(第2戦で敗退)した2008年にも、関西ローカルでは通常の定時番組の放送を優先した関係で、京セラドーム大阪への乗り込み自主制作を行った在道・在京ラジオ局への技術協力にとどまった(MBSラジオも同様の方針だった)。また、同様にオリックスがシーズン2位で第1ステージに進出した2014年も、ABC自社は阪神が出場するクライマックス・セの中継を優先する一方、文化放送向けにABC制作で裏送りを行った(西武が早い段階でクライマックス・パへの出場を逸し、文化放送が自社制作を見送ったため。予備日順延でナイトゲームとなった第3戦のみSTVラジオにも配信)[注 61]。なお、阪神がクライマックス・セに出場できない一方でオリックスがクライマックス・パに進出した場合の対応については、2018年に至るまで実例がないため未定[注 62]

日本シリーズ[編集]

日本シリーズでは、第1,2,6,7戦をJRN(TBSラジオ受け持ち)、第3~5戦をNRN(西暦偶数年は3,5戦はニッポン放送、4戦は文化放送受け持ち、西暦奇数年の3,5戦は文化放送、4戦はニッポン放送受け持ち)の各ラインで中継(『MBSタイガースライブ』とは逆の関係)。ABCラジオでは、『ABCフレッシュアップベースボール 日本シリーズ実況中継』として放送する。

阪神・オリックスがシリーズへ出場した場合には、関西ローカル向けに全試合を自社制作で中継。JRN・NRN系列局が制作する関西以外の地方向け中継にも、ベンチサイドリポーターとしてABCのアナウンサーを派遣する。

関連番組[編集]

前座番組[編集]

  • 武田和歌子のぴたっと。第2部(2010年シーズンから、平日17:25〜17:55)
    • 2010年4月5日から平日の夕方に通年で放送する生ワイド番組(以下「本編」と略記)の1コーナー扱いで、2010年シーズンは『フレッシュアップベースボール 野球にぴたっと。』、2011年から2016年シーズンまでは『武田和歌子の野球にぴたっと。』というタイトルが付けられていた。2017年シーズンは2016年オフシーズンからの継続で「第2部」として放送されているが、後述の通りナイター情報のコーナーが放送される。
    • 2010年シーズンは、ナイトゲームの直前情報を中心に、かつて当番組の中継リポーターを務めた武田とスポーツ実況のベテラン・楠がスタジオからスポーツの話題・情報を伝えていた。2011年から2016年までは、楠に代わって、本編のアシスタント(井之上チャル小早川秀樹)が楠の役割を継承。本編を2部構成へ再編するとともに、アシスタントに代わって日替わりパートナー制度を導入した2017年からは、パートナーが本編(第1部)に続いて登場する。その一方で、武田は『野球にぴたっと。』時代のアシスタントの役割も担う。
    • 2013年からは月曜日のみ、プロ野球の試合の有無にかかわらず当番組を放送しない。ただし、月曜ナイターの中継がある場合に限り、番組内コーナーとして編成されていた「麒麟淡麗Presents キレうまプレイヤー(2013年)→キリン一番搾りプレゼンツ ICHIBANプレイヤー!」(2014・2015年)のみを、独立番組として17:55 - 17:58に放送していた(従ってタイムテーブル上での中継本編も17:58開始となる。なお新聞などの番組表はそれも内包扱いとみなして17:55からの放送扱いとなっている。また予定していた月曜ナイターが予備カードも含め雨天中止となった場合は、元からカードがない日に準じた編成に戻すため「キレうま→ICHIBANプレーヤー」の放送も休止<ABCニュース・天気予報に差し替え>となり、前週金曜日分の当選発表も火曜日の試合前に延期される)。
    • 『ぴたっと。』本編のレギュラー出演者が夏季休暇に入る全国高等学校野球選手権大会の期間中に放送する場合や、前述のキリン提供コーナーだけを独立番組として放送する場合には、当該曜日の当番組スタジオ担当(後述)が上記番組のパーソナリティを兼務する。

過去

  • ナイター一番乗り(『ABCラジオナイター』時代に放送)
  • 元気イチバン!!ぶっちぎりプレイボール(2003年シーズンから2009年3月29日まで放送、平日17:30~17:55 オフシーズンは18:30まで)
  • サタデーぶっちぎりプレーボール(2008年シーズンまで、ナイター中継がある土曜17:30~17:55)
  • 柴田博のプレイボール直前情報(2012年4月 - 7月1日、日曜13:30~13:55)
    • 2012年シーズンにおいて、この期間の日曜日の阪神戦がすべてデーゲームであることから、期間限定の前座番組として編成。『ABC天気予報』を内包したほか、他球団のデーゲームの途中経過も伝えた。ちなみに柴田は、当番組の実況・リポーター陣に加わった後に、スポーツ中継の担当から離れた2005年から「チーム 虎バン主義。」の応援団長。当番組には、午前中の生ワイド番組『磯部・柴田の日曜のびのび大放送』に続いて出演。中継が17時以降にまでずれ込んだ場合には、中継終了後にフィラー扱いで放送される中継のハイライトにも登場していた。

当番組で阪神戦・オリックス戦を中継する日には、前座番組のパーソナリティ(前座番組を放送しない場合には当番組のスタジオ担当)が、「それでは、○○(中継先の球場名)へ御案内です」と言ってから実況アナウンサーにつなぐ(『元気イチバン!!ぶっちぎりプレイボール』時代からの慣例)。ただし、『野球にぴたっと。』のみ、番組タイトルに合わせて「この後は○○にぴたっと。」と言っている。

フィラー番組[編集]

現在

2016年度のナイターオフ番組として、同年11月より火~金曜日の21:05 - 21:50に生放送。2017年度のプロ野球シーズンには土・日曜21:05~22:00にも放送されるように。

過去

デーゲーム中継が17:55までに終了しなかった場合には、試合終了まで中継を放送していた。2009年からは通年番組になったため、プロ野球シーズン中には土曜・日曜のナイトゲームを中継しない場合に放送。
2012年度のナイターオフ番組として、火~金曜日の19:00 - 21:50に生放送。2013年度からのプロ野球シーズンには、放送時間を21時台のみに縮小したうえで、火~金曜日のフィラー番組として継続。最初からプロ野球のナイトゲームが予定されていない平日(予備日など)に、当番組のスタジオバージョンとして、17:55 - 21:50に拡大版を放送することもあった(この場合でもナイターのスポンサード番組は21:00までで終了し、以後残り50分間は「ほりナビ!!」の定時放送扱いとなる[注 30][注 31])。

プロ野球関連番組[編集]

週末のデーゲーム、あるいは月曜日のナイターを予定していない場合や、中継予定のゲームが中止になった場合には全編を放送。週末については放送週によっては、阪神のデーゲーム中継を挿入する形で短縮放送(2010年以後、土曜日はワイド番組の内包コーナー扱い)。

現在
  • STAR☆MUSIC☆SUNDAY(日曜 原則として13:00-17:00)
    • タイガース戦のデーゲーム実施日は試合前座番組扱いで放送。17時までに試合が終わるか、雨天中止の場合13:55以後は「フレッシュアップベースボール」スタジオバージョン扱い。
  • Monday! SPORTS - JAM(2013年シーズンから、当番組のナイトゲーム中継がない月曜日の19:30~21:15 月曜ナイターが実施される場合は21:00-21:15を基本として短縮版を放送)
過去

いずれも土・日曜に、共通のタイトルで放送。

  • ABCフレッシュアップJAM(2008年まで フレッシュアップベースボールとして放送される日は休止扱い。なお2005年ABCスポーツJAM」、2006年ABCフレッシュアップJAM」の時代は土・日ナイターが常時放送されていたため、その中で「デーゲーム中継」のコーナー扱いで放送されていた)
  • 楠淳生のABCフレッシュアップボックス(2009年4-6月 フレッシュアップベースボールとして放送される日は短縮扱い)
    • 土曜日の放送は2009年7月4日で、日曜日の放送は2009年6月21日でそれぞれ終了。楠は、後継番組『楠淳生のやんちゃな!weekend』のパーソナリティも担当したため、同年度の中継では実況の機会がほぼ平日に限られていた。
  • 日曜さくらい倶楽部(2010年・2011年シーズン 日曜13:30-17:00 阪神戦のデーゲームがある日は2010年度は形式上「-さくらい倶楽部」は休止とし「フレッシュアップ-」としながら、試合開始前までは「-さくらい倶楽部」の体裁で放送していた。15時以後開始の薄暮開催の場合は「-さくらい倶楽部」の短縮版があった。2011年度は14時以後開始の場合でも「-さくらい倶楽部」の短縮版を送ってから野球中継を始める。2012年4-6月の間の阪神戦がすべてデーゲームとなることを受けて一旦終了。2012年7月より再開されるが、13:55放送開始かつ阪神戦デーゲーム開催時は休止となるため、野球中継の前座番組としての役割はなくなった。しかし、デーゲーム中止時のスタジオバージョンは桜井が再び担当するようになる)
  • 芦沢誠のGO!GO!サタデー(2010年~2012年シーズン、『フレッシュアップベースボール』を内包 この場合でもデーゲームが雨天中止となった場合は当番組のスタジオバージョン扱いとして通常放送されていた)
  • 柴田博のプレーボール直前情報(前述)
  • 南山千恵美(笑福亭鉄瓶)のMusic Smile(土曜 原則として13:30-19:00<4-6月の阪神戦デーゲーム開催日>、または13:30-17:55<7-9月の阪神戦デーゲーム開催日と、全期間を通しての阪神戦ナイター開催日> 詳細は前述
  • 慶元まさ美のSounds Good!(2017年シーズンのみ、原則として土曜13:00-17:00)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e 1951年3月15日に朝日放送(ABC)として会社設立。同11月11日ラジオ単営局として開局。1959年6月に大阪テレビ放送(OTV)を合併しラジオ・テレビ兼営局となる。2018年4月に朝日放送グループホールディングスへと社名変更・放送持株会社化し、ラジオ放送業務は朝日放送ラジオ(ABCラジオ)、テレビ放送業務は朝日放送テレビ(ABCテレビ)としてそれぞれ子会社の運営に移行。アナウンサーの配属先はABCテレビに移行した。
  2. ^ 一部資料では、出演者として月亭八方と道上洋三が記載[46]
  3. ^ 1997年当時のレギュラー放送は4月8日から10月5日[48]
  4. ^ 一部資料では、火曜から日曜17:55 - 21:00と記載[48]。1997年度当時の編成:平日…[49]、土曜…[50]、日曜…[51]
  5. ^ ナイターオフ期間も2014年3月まで継続
  6. ^ ただし、土・日のデーゲームが13時55分以前に試合を開始する場合は、13時55分までは『ABCフレッシュアップベースボールスペシャル』として送り、13時55分以後は通常のスポンサー付き『ABCフレッシュアップベースボール』として放送する。また夏の高校野球期間中の土・日に(高校野球の中止または早終了のため)阪神のデーゲームを放送する場合は阪神戦を『ABCフレッシュアップベースボールスペシャル』として放送し、阪神戦以外のナイターの方を『ABCフレッシュアップベースボール』として放送(この場合、ナイターの開催が中止・あるいは当初から予定されていない場合の予備番組を流す場合も同様)。このほか、並びに火 - 金曜に17時開始での薄暮デーゲームが行われたり、デーゲームが17:55を越えても続いている場合、17:55まではオールスポットの『ABCフレッシュアップベースボールスペシャル』として放送するが、17:55からスポンサード番組扱いの『ABCフレッシュアップベースボール』に移行させる。
  7. ^ テレビでは2013年にオリックス対巨人戦でBS朝日向けの裏送りを担当した。また、フジテレビ・関西テレビ解説者時代は、阪急ブレーブス(現オリックス)を中心としたパ・リーグの試合の解説を担当する機会が多かった。
  8. ^ 2013年3月20日に現役引退を表明。5日後(同月24日)のオリックス対阪神デーゲーム中継において、阪神での現役時代にバッテリーを組んだ矢野とのコンビで、解説者としての活動を本格的に開始した。
  9. ^ スカイ・ATigers-ai解説者を兼務していた関係で、主に裏送り・予備カード中継の解説を務めていた2012年度は、ABC公式サイトへのプロフィール記載は無い一方、NRN公式サイトの各局解説者一覧には記載されていた。裏送り中継には、2012年5月9日の「オリックス対ソフトバンク」戦のRKB向け裏送りで初登場。当番組には2012年9月25日の「ヤクルト対阪神」戦中継に、初めて解説者として出演した。2013年から当番組へ本格的に登場するとともに、公式サイトで正式に解説者として紹介された。
  10. ^ 参考…1967年[54]
  11. ^ 2011年にNTT西日本の打撃コーチ、さらに2012年から2014年まで同チームの監督を務めていたため、関西に在住していた。ABC制作の場合で該当カードがNRN雨天予備になった場合も、佐々木単独解説のまま組み込まれた。
  12. ^ 全国放送・ブロックネット=対戦相手側の放送局へネットする場合も含む。ただし阪神がビジターとなり、対戦相手の主催球団側の本拠地の放送局が制作、裏送りする場合は除く。
  13. ^ この場合はオリックスのホームゲームの裏送りや素材実況の担当に限定される。特に、週末開催のオリックス対広島戦ではRCCへの裏送りを2年続けて担当している(RCC向けはオリックス戦であっても若手・中堅を主体とするRKB・KBC・TBC・HBC・STV向けと異なり阪神戦主体のベテランを充てることが多い)。スポーツアナウンサーの統括デスクを務めていた2009年度頃から2011年度までは、中堅・若手アナウンサーの実況を優先させる関係で、自身が実況する機会を減らす傾向にあった。なお、『サクサク土曜日 中邨雄二です』の前身番組・『ようこそ!伊藤史隆です』を担当していた時期の伊藤も、土曜日に掛け持ちで実況・ベンチリポーターを担当することが多かった。
  14. ^ 2016年から阪神春季キャンプの取材リポートを担当。
  15. ^ 実際には、2015年3月30日から『おはよう朝日です』(ABCテレビ平日早朝の情報番組)の総合司会に起用された関係で、スポーツ中継の担当からいったん離れている。
  16. ^ 2014年には、阪神が進出した日本シリーズ第1戦(甲子園)のABC・JRNライン向け中継(10月25日)を実況したことを最後に、11月4日付でスポーツ局スポーツ部に異動した。異動後は、(当番組を含む)スポーツ関連番組のプロデューサーやディレクターに転身。
  17. ^ 主にオリックス戦中継で、実況やオリックス側ベンチリポーターを担当。
  18. ^ スポーツ担当を離れてからは、アナウンス部のデスクとして、スポーツアナウンサーの管理業務にも従事(2018年度時点)。
  19. ^ 日曜日の阪神主催試合中継に出演することが多かった。2011年10月から『おはようコールABC』(ABCテレビで平日の早朝に放送される生ワイド番組)のメインキャスターに起用されたため、同年限りでスポーツ担当を事実上離れた。
  20. ^ 2017年6月2-4日の日本ハム戦が該当し、この場合は本来日本ハム側のレポーターを2・3日はSTVラジオ、4日のみHBCラジオから派遣すべきだったが、出演がなく、阪神側担当のレポーターが日ハム側も担当した。
  21. ^ オリックス対広島戦のRCC向け裏送りでは、RCCが要員を派遣せず、全てをABCのアナウンサーと解説者で行うことが多い(この対戦での全国中継本番カード時の対応は広島主催も含めて実績がないため未定)。
  22. ^ (過去の事例)
    ・2007年6月16日・17日のロッテ vs阪神(千葉マリンスタジアム)はスペシャルとして試合開始の13時から中継を行った。両日13時台の番組は、18時台に変更して放送(この時は14時以前開始の場合本来放送されなかった箇所だが、スペシャルウィーク開催中のための特例編成だった)。
    2011年5月21日2012年5月26日のソフトバンク対阪神(福岡ヤフードーム)も同じように13時から13:55をスペシャル扱い(13:55以後は定時枠 芦沢誠のGO!GO!サタデーは名目上17時からの単独枠扱いだったが、後述のとおり試合が速く終了したため事実上1コーナー扱い)として放送。同じカードの2014年5月24日(福岡ヤフオクドーム)も同様パターンで、「南山千恵美のMusic Smile」は17時からの単独枠扱い(17時以前に終了すれば、「フレッシュアップベースボールスタジオバージョン」扱いでその時間から)での短縮放送とする予定だったが、野球が長引いたため17:10開始となっており、「スタジオバージョン」扱いは休止となっている。
    2012年5月13日DeNA対阪神、同6月17日のロッテ対阪神も13時開始となったため、13時からの定時番組を20時からに延期、13:30からの「柴田博直前情報」を休止した上で、同様に13:00-13:55をスペシャル扱い、以後は定時枠で放送。
    2013年4月7日の広島対阪神戦は13:30開始のため「Star☆Music☆Sunday(ほしおん)」を13:30までの短縮にしたうえで13:30から13:55までスペシャル扱い、以後定時枠で放送
    ・同6月16日の楽天対阪神戦は13:00開始のため、名目上は「ほしおん」を休止扱いとみなし、13:00-13:55までスペシャル扱い、13:55以後は定時枠放送としたが、試合が予定終了時間より早く終わったため、15:50頃から残りの時間をスタジオバージョン扱いで「ほしおん」を放送した
    2015年4月25日4月26日の広島対阪神は13時開始となったため、13:55まで「フレッシュアップベースボールスペシャル」として、13:55以後は定時番組扱いで放送。25日は「Mスマ」を17時開始の単独番組扱いとする予定だったが、試合が早く終了したため16:41から残りをスタジオバージョン扱いで放送。26日は「ほしおん」を12:30から13時までの短縮版で一度放送したのち、試合終了後の16:41頃からスタジオバージョン扱いで再開。実質「ほしおん」への内包となる。
  23. ^ 土曜日は2005年以後
  24. ^ 2013年度はナイター終了が21:30までであれば『-ほりナビ!!』のフロート番組扱いで内包するが、21:30以後に終了した場合は『-ほりナビ!!』は休止となるため単独放送扱いだった。2015年度は21:50以後を超えて試合が続いていれば、『スポーツ伝説」』の放送を休止(後日代替もなしのため、その場合欠番扱い)とするケースも多数ある
  25. ^ 2008年度から2012年度までは『サウンドトラベル』、2013年度から『スポーツ伝説』を編成。
  26. ^ 関東のネット相手である文化放送も似た措置を採っている。そのため当日のナイターがABCと文化放送の2局ネットとなった場合には、「文化放送A&Gゾーン」各番組のリスナーへ配慮して、試合後のインタビュー等が終わっていなくても、編成上切りが良い所で中継を終了させる措置をABC側で行うことがある。
  27. ^ 7月期 - 9月期についても、日曜ナイターが基から組まれていない場合には放送するので、同様の処置をとる場合がある
  28. ^ 2013年3月31日までのタイトル。
  29. ^ 本来『サウンドトラベル』が編成される枠での放送となる。この場合、『サウンドトラベル』は20時台前半の『月曜スペシャル』枠などで一週間分を集中放送していた。
  30. ^ a b ただし、新聞番組表EPGでは、21:00までは「ABCフレッシュアップベースボール」のみを表記、「ほりナビ!!」はレギュラー版の21:00-21:50の部分だけ別番組扱いで表記されている
  31. ^ a b ただし、雨天中止試合が発生し、元々試合予定が組まれていなかった日に予備日として試合が組まれる場合(特にセ・パ交流戦期間)は、野球中継実施日の体裁に準じるため、「ほりナビ!!」の拡大版はその試合が雨天中止になった場合でも実施しない。
  32. ^ 2013年7月9・10日の「阪神対中日」(那覇市営奥武山野球場・沖縄セルラースタジアム那覇)は沖縄の日没が遅いため、19時開始にあらかじめ設定されたため、予定通り開催されることを前提として17:55-18:55ごろまで「ほりナビ!!」が放送されるが、番組表では案内されていない
  33. ^ 2013年度から文化放送の日曜ナイターが不定期特番扱いとなり、雨天で放送予定カード(予備カード含む)がすべて中止となった場合も前年までの雨傘用の予備番組ではなく、通常の定時番組を復活させるため
  34. ^ 但し、ABCラジオのホームページには「試合が雨天中止の場合、スタジオから〇〇(パーソナリティー名)がお送りします」、また新聞番組表にも「【中止】〇〇(パーソナリティー名)」、または「【中止】フレッシュアップベースボール」としか記載されず、内包先番組の記載はなかったが、内容はナイター開催日やシーズンオフで流れるワイド番組の通常の内容に準拠したものだった。
  35. ^ 但し、元から全試合デーゲームである2010年7月4日分は参議院議員通常選挙大阪府選挙区政見放送が20時から21時に行われるため、2012年7月1日も編成の都合上6月までの放送体裁に準じたもので放送を行った。
  36. ^ a b 通常ナイターオフ期(10-3月)の土曜・日曜18時-21時の番組は、ナイターシーズン中も4-6月までは定時放送扱いとしている
  37. ^ この事例は東日本大震災による開幕延期となった2011年4月9日4月10日と、オールスターゲーム移動日の2012年7月22日2013年7月21日2014年7月20日2015年7月19日2016年7月17日2017年7月16日の事例がある。
    ・2011年4月9日の事例については「芦沢誠のGO!GO!サタデー」のページに詳述。あくる4月10日も雨天中止に準じる形で、13:55以後は「スタジオバージョン」の扱いで「日曜さくらい倶楽部」を13:30-17:00のフルバージョンで放送した。
    ・2012年7月22日の放送回は「オールスター第2戦」(坊っちゃんスタジアム)が前日7月21日に雨天中止となった場合の予備開催日としてデーゲーム<13:30開始>が設定されていたことから、阪神戦デーゲーム中継がある日とほぼ同じ形で13:55-17:00まで「ABCフレッシュアップベースボール」扱いで「日曜さくらい倶楽部」を送り、本来のナイター用予備番組は「杏のAnytime Andante」を17:55-18:25に代替放送した後、18:25-21:00に短縮・飛び乗りで放送を行った
    ・2013年以後の海の日前日の日曜日も「オールスター第2戦」(2013年は明治神宮野球場、2014年は阪神甲子園球場2015年MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島、2016年は横浜スタジアム、2017年は千葉・ZOZOマリンスタジアム)のそれぞれ前日雨天中止時の予備開催日<2013年のみ14:05、他14:00開始 仮に試合が行われる場合、2015年以降は日曜日のデーゲームの体裁に準じ、TBSラジオ・JRNラインを使用する(2011年の第3戦もデーゲームであったが、この時はナイターに準じてQR・NRNラインを使用し、2012年ならびに2013年の予備日も同様の予定を組んでいた。2014年のように関西で開催される場合は自社制作であるが、実際にどちらのラインへつなぐかは不明)>だったが、日程通り実施されたため試合がなく、「ほしおん」はフルバージョンとなるが13:55-17:00は「フレッシュアップベースボールスタジオバージョン」の扱いで放送。またナイター時間帯は「Cheers!」を放送した。(ただし、2013年は7月15日月曜日に本来放送される予定だった「ミラクル・サイクル・ライフ」がプロ野球中継「阪神対巨人」のため休止だったため、この日の20:30から21:00に延期放送された都合上、「Cheers!」は20:30までの短縮版だった。2014年度以後はナイター時間帯の「Cheers!」は2013年とは異なり3時間のフルバージョンで放送された)
  38. ^ 2013年度・2014年度は阪神戦デーゲーム開催当該の日曜日には別のナイターを放送している
  39. ^ 2017年度までは放送スタッフはQR側で用意し、本番のネットラインに関係なくNRN扱い。セ・パ交流戦で阪神主催の西武戦が行われたり、オリックス主催でも日程編成上全国ネットとなった場合も同様だが、この時はABCもTBS-JRNもしくはLF-NRN向け本番放送を流すため、2重制作となっていた。
    2018年度からはTBSラジオが通常編成でのナイター放送を廃止したため、西武主催試合ではQRがNRNのSTVラジオ、KBCとの相互ネットとHBC、RKB向け裏送りの2系統を製作する試合がある。対阪神戦の場合は2018年6月に開催したが、同年度は週末開催の西武主催試合のため、自社スタッフで担当(QRかLFのどちらかの技術協力かは不明)。オリックス主催試合は火曜日から木曜日にQRへの裏送りを阪神戦中止の時の予備番組を兼ねて製作(2017年度迄と異なり、高校野球期間中の要員不足時に限りQRが乗り込みを行い、それ以外はアナウンサーと解説者を双方ともにABCで揃える場合、もしくはABCのアナウンサーとQRの解説者のパターンとがある。この場合、速報チャイムは曜日に関係なくNRN仕様)する。金曜日開催分についてはJRN向け中継における西武主催時はMBSがネット受け(主に対阪神戦)または阪神戦の予備カードとして編成し、オリックス主催時は従前に準じてABCがNRN向けとは別に裏送りする。阪神主催試合については火 - 木曜にABCが相互ネットまたは裏送りをするのか、金曜にABC(NRN向けとは別に裏送り)かMBS(JRN向け)のどちらが担当するかは未定。
  40. ^ 2016年5月14日と2018年4月28日・ソフトバンク戦(前者ほっともっと神戸、後者京セラドーム大阪)が該当(基からこの日のナイターはこれだけだった)。本来は、パ・リーグの2試合だけがナイターとなっていた2015年7月6日の同じ会場・組み合わせの試合もその予定だったが、雨天中止になったため、この時NRNナイターをネットしていた局には、元はSTVのみの放送予定だったTBC裏送りの楽天対日本ハム戦に振り替えたが、この時もABC、さらにはKBCも放送されなかった
  41. ^ 及び中日主催のCBC、広島主催のRCCも。
  42. ^ TBSとの提携が一時解消された1993年ごろから2015年までは阪神主催巨人戦はCRKが制作協力(解説者・ベンチレポーターを派遣)の上でRFが制作、他の関西2-3球団の主催試合や対巨人戦以外の阪神主催試合についてはCRK(CR→AMK)が制作してRFにネットしていた
  43. ^ WBSはNRNナイターをネットする金曜日も該当
  44. ^ 基からABC発の裏送りはJRNライン担当の火曜日の第1戦だけであり、この第2戦は水曜日で、TBCはNRNラインの担当日であるため、MBSから裏送りする予定だった
  45. ^ なお2016年の当該日は、木曜日であり、阪神が移動日(16・17日に広島戦を、京セラドームで行い、18日は移動日)に当たるが、この日はABC・MBSとも在名局(ABC=CBC、MBS=SF)製作の「中日対巨人」戦を本番カードに指定、ソ×西は早く終了した時の予備待機となっている
  46. ^ ただし、1999年8月14日8月15日のヤクルトとの大阪ドームでの主催試合では午後4時開始の薄暮デーゲームを行っている。1999年タイガース試合結果[リンク切れ] また、2014年8月9日、10日の対広島戦は、14時開始のデーゲームで開催されるため、RCCへの裏送りを実施する予定であったが、台風11号の影響により高校野球が順延となったため、急遽ABCでも「フレッシュアップベースボールスペシャル」扱いで放送されることになった。
  47. ^ 解説は阪神OBの安仁屋宗八、実況が長谷川努、リポートは石橋真と、RCCのスタッフで放送し、自社からアナウンサーを派遣しなかった。
  48. ^ なおこの日はNRNナイターとしての体を取るために、ヤクルト側ベンチサイドレポーターとしてQRの片山真人を配置した。前日9月10日はNRNナイター指定の試合が「巨人×広島」で、ドーム球場の東京ドームの試合であったため、ABCはQRから技術協力をするかたちで乗り込みを行った。なお「ヤ×神」が終了後、「巨×広」が試合継続中だったのでQRからのNRNナイター(実況・斉藤一美、解説・仁志敏久)を放送し、広島の優勝を伝えた
  49. ^ MBSは25日のみTBSラジオからのネット受け、26日はLF協力自社乗り込み。
  50. ^ 27日のみデーゲーム。
  51. ^ ヤクルト3連戦と巨人戦の初日のみLF、巨人戦第2戦はQR、第3戦はTBS協力(なお第1・2戦はNRNナイター全国放送指定カードでもあるので別途LF(第1戦)・QR(第2戦)製作の全国放送用のものと、RF、さらに第2戦はLFがそれぞれ首都圏向けに放送する内容も制作される)。
  52. ^ TBS-JRN本番カード「DeNA対中日」とRF本番カード「ロッテ対日本ハム」の中止のため、予備繰り上げにより全国放送となり、TBS-JRNの他に「ラジオ日本マリーンズナイター」でも放送された。
  53. ^ 2016年の業務提携再開後、RF製作のJRNナイターは予備放送が数回あったものの本番カードが開催されたため中継が行われず(ただし、ABC・TBSを含めたJRN各局製作の中継(ABCの場合はオリックス戦裏送りを含む)がRF・GBS、さらにCRK(火曜日のみWBSも)で並列放送された事例はある)、今回CRK(8日のみWBSも)との並列ではあるがABCで初めてRFナイターが放送されることになった
  54. ^ 本来の日程であれば、21日には大会は終了していたはずであった。
  55. ^ QRでは日曜日にナイトゲームを中継せず、他のネット局でも地元球団の試合中継を優先したため。特に、STV、RCC、KBCは日曜日(RCC・KBCは土曜日も)に地元勢のナイターが予定されていた場合、雨天中止であれば予備カードへの繰り上げ補充を基本的に行わない
  56. ^ 第1位・「広島対DeNA」(RCC製作)、第2位・「楽天対日本ハム」(TBC製作・STVとの2局ネット)で、いずれもNRNラインで現地局では本番扱いの試合だった。なお、通常TBCはHBC向けを自社本番とし、STV向けを裏送りとしているが、当該日はHBCが乗り込み自社製作を行ったため、STV向けを自社で放送した。
  57. ^ TBSとQRは通常編成のワイド番組を、RFは競馬中継を優先するため。なお、LFも中継はしなかったが、土曜日のみMBSの中継に協力し自社と音源を共有した。
  58. ^ 20日準決勝、21日決勝予定。但し今年度はリオ五輪への配慮として準決勝を10時・決勝を14時開始に設定
  59. ^ 当初日程では8月19日が準々決勝明けの休養日とされていたが、台風5号直撃の可能性があるとして、8月7日の開会式を含む第1日プログラムがすべて順延となった(この段階では1日ずつ延期。その後8月15日に雨天中止が生じ、休養日は8月21日に充当されることになったため、19・20日とも雨天中止でない限り阪神戦は放送休止、ないしは早く終了したときのフィラー扱いとなったが、19日はナイター突入前に試合終了となったため結果的に放送なし。20日はナイターの本編開始時に中×神が延長戦で継続していたため、2013年の事例とは異なり、広×ヤの放送前にデーゲームの体裁に準じてCBCからのネット受け・飛び乗りで放送された。なおMBSラジオは試合進行中ながら中×神の放送はせず、広×ヤの放送に直接接続した)。
  60. ^ 8月19日は左記カードの雨天中止時の予備カードとして「楽天対ソフトバンク」のナイター(東北放送制作・KBCラジオ向け裏送り放送、なおかつNRNナイター予備待機兼用。TBCは自社ではRKBラジオ向け、LF-MBS予備待機兼用分を放送)を制定。20日は18時以後のナイター開催は左記カードのみ(楽×ソは17時開始のためデーゲーム扱い(それでも自社=RKB向け、KBC向け裏送りを放送)となりABC、LF-MBSともに予備補充されない)となり、中止時は『SET UP!!』を編成(この場合、ABC以外は別の予備番組となるため、事実上ABC向けのみの裏送り放送である)。
  61. ^ ちなみに、在阪の地上波放送局では、2008年は関西テレビが唯一2試合の中継を実施。2014年は関西テレビが第1戦を中継(第3戦も中継予定であったが日程順延のため取りやめ)、NHK大阪放送局が近畿ブロック向けのラジオ第1放送で第2戦と第3戦を中継(北海道ブロックは全試合中継のため第1戦は大阪局からの裏送り)、当初中継予定がなかったMBSラジオも予備日順延となった第3戦を急遽中継した。
  62. ^ 制度発足以来、オリックスがクライマックス・パに進出した年(2008年・2014年)には、阪神もクライマックス・セに進出している。

注釈2[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 『朝日放送の50年 III 資料集』P270より、1952年の年表内「朝日放送の動き」欄を参照。
  2. ^ 『朝日放送の50年 I 本史』P57
  3. ^ a b 『朝日放送の50年 III 資料集』P62のラジオ番組一覧表より、『「プロ野球実況放送」南海VS巨人定期戦』のタイトルで、2月29日・3月1日の14:00-15:40に放送されたことが明記。
  4. ^ 『朝日放送の50年 III 資料集』P276より、1955年の年表内「朝日放送の動き」欄を参照。
  5. ^ a b c 『朝日放送の50年 III 資料集』P97より、『「フェザー・シルバー・ナイター」プロ野球薄暮試合実況中継』を参照。
  6. ^ a b c 『朝日放送の50年 III 資料集』P97より、『東芝 プロ野球ナイター』を参照。
  7. ^ a b 『朝日放送の50年 III 資料集』P97より、『木曜ナイター』を参照。
  8. ^ a b c d e f g 『朝日放送の50年 III 資料集』P100より、『木曜ナイター』『日曜ナイター』いずれかの番組情報を参照。
  9. ^ a b c d e 『朝日放送の50年 III 資料集』P103より、
    • 『フェザーシルバーナイター』
    • 『「日曜ナイター」'63プロ野球ナイター実況中継』
    • 『「火曜ナイター」プロ野球ナイター実況中継』
    • 『「水曜ナイター」プロ野球ナイター実況中継』
    • 『「近鉄ナイター」プロ野球ナイター実況中継』
    • 『「土曜ナイター」プロ野球ナイター実況中継』
    各番組情報を参照。
  10. ^ 『TBS50年史』P211-212
  11. ^ a b c 『朝日放送の50年 III 資料編』P106より、1964年4月から9月の各種プロ野球中継番組情報を参照。
  12. ^ a b c 『朝日放送の50年 III 資料編』P109より、1965年4月から10月の各種プロ野球中継番組情報を参照。
  13. ^ a b c 『朝日放送の50年 III 資料編』P112より、1966年4月から10月の各種プロ野球中継番組情報を参照。
  14. ^ a b c 『朝日放送の50年 III 資料編』P115より、1967年4月から10月の各種プロ野球中継番組情報を参照。
  15. ^ a b c d 『朝日放送の50年 III 資料編』P117より、1968年4月から10月の各種プロ野球中継番組情報を参照。
  16. ^ a b c d 『朝日放送の50年 III 資料編』P119より、1969年4月から10月の各種プロ野球中継番組情報を参照。
  17. ^ 『朝日放送の50年 III 資料集』P119に掲載された『「プロ野球実況中継」金曜ナイター』より、解説者として関根の名が明記。
  18. ^ a b c d 『朝日放送の50年 III 資料編』P121より、1970年4月から10月の各種プロ野球中継番組情報を参照。
  19. ^ a b c d e 『朝日放送の50年 III 資料編』P122より、1971年4月から10月のプロ野球中継番組情報を参照。
  20. ^ 『朝日放送の50年 III 資料編』P123より、『プロ野球ナイター実況中継』を参照。
  21. ^ 『朝日放送の50年 III 資料編』P125より、『プロ野球ナイター実況中継』を参照。
  22. ^ a b 『朝日放送の50年 III 資料編』P126より、『プロ野球実況中継 ABCナイター』を参照。
  23. ^ 『朝日放送の50年 III 資料集』P128より、『プロ野球中継「ABCナイター」』を参照。
  24. ^ 『朝日放送の50年 III 資料集』P128より、『近鉄バファローズ・アワー』を参照。
  25. ^ 『朝日放送の50年 III 資料集』P129より、『プロ野球中継「ABCナイター」』を参照。
  26. ^ 『朝日放送の50年 III 資料集』P131より、『プロ野球中継「ABCナイター」』を参照。
  27. ^ a b c 『朝日放送の50年 III 資料集』P133より、『プロ野球中継「ABCナイター」』(1978年放送分または1979年放送分)を参照。
  28. ^ 『朝日放送の50年 III 資料集』P135より、『プロ野球中継「ABCナイター」』を参照。
  29. ^ ラジオライフ』1980年6月号(創刊号。同誌2005年8月号にも、縮小した別冊付録として復刻)に掲載された同年春の新番組情報を参照。
  30. ^ 『朝日放送の50年 III 資料集』P137より、『ABCナイター』を参照。
  31. ^ 『朝日放送の50年 III 資料集』P138より、『ABCナイター実況中継』を参照。
  32. ^ 『朝日放送の50年 III 資料集』P140より、『プロ野球実況中継「ABCナイター」』を参照。
  33. ^ a b 『朝日放送の50年 III 資料集』P141を参照。
  34. ^ 参考:『ラジオ新番組速報版』1985年春号(『ラジオライフ』別冊。三才ブックス発行)に掲載された、ABCラジオ番組表(『ラジオマニア2010』P164にも縮刷という形で再録)。
  35. ^ a b 『朝日放送の50年 III 資料集』P142
  36. ^ 『朝日放送の50年 III 資料編』P145
  37. ^ a b 『朝日放送の50年 III 資料編』P146
  38. ^ 『朝日放送の50年 III 資料編』P148
  39. ^ 『朝日放送の50年 III 資料編』P150
  40. ^ a b c d 『朝日放送の50年 III 資料集』P152
  41. ^ 『朝日放送の50年 III 資料集』P159より、『ABCフレッシュアップナイター「植草貞夫のタイガース一番のり」』を参照。
  42. ^ 『朝日放送の50年 III 資料集』P159より、『ABCフレッシュアップナイター』を参照。
  43. ^ 『朝日放送の50年 III 資料集』P159より、『草ヤン・悠さんのがんばれタイガース』『中邨雄二のスポーツウェーブ』を参照。
  44. ^ 『朝日放送の50年 III 資料集』P159より、『ナイタージョッキー』を参照。
  45. ^ 『朝日放送の50年 III 資料集』P160より、『修さんのヒットエンドラン』を参照。
  46. ^ a b c 『朝日放送の50年 III 資料集』P161を参照。
  47. ^ a b 『朝日放送の50年 III 資料集』P163を参照。
  48. ^ a b 『朝日放送の50年 III 資料集』P165より、『ABCフレッシュアップ・ナイター』を参照。
  49. ^ ABC RADIO TIMETABLE(WeekDay) - ABCラジオ公式サイト内で配信された1997年4月編成の平日番組表(インターネットアーカイブ同10月11日付保存キャッシュ)
  50. ^ ABC RADIO TIMETABLE(WeekEnd) - ABCラジオ公式サイト内で配信された1997年4月編成の土曜番組表(インターネットアーカイブ同10月11日付保存キャッシュ)
  51. ^ ABC RADIO TIMETABLE (SUNDAY) - ABCラジオ公式サイト内で配信された1997年4月編成の日曜番組表(インターネットアーカイブ同10月11日付保存キャッシュ)
  52. ^ 以下の書籍に掲載された解説者名鑑を参照。
    • 『12球団全選手カラー百科名鑑2011』(2011年2月、廣済堂あかつき発行。ISBN 4331801721
    • 『プロ野球コンプリート選手名鑑2011年版』(2011年3月、三才ブックス発行。ISBN 4861993318
  53. ^ 矢野燿大の作戦兼バッテリーコーチ就任について - 阪神タイガース、2015年10月27日。同日閲覧。[出典無効]
  54. ^ 出典:産経新聞、1967年8月12日番組表。ABCは当日「西鉄対阪急」(RKB)を個別ネットで本番としていたため(MBSもQRから「巨人対サンケイ」をネット受け)、阪神対広島戦のRCCへの裏送りに出演した。ちなみにABCでは「巨人対サンケイ」(TBS-JRN全国ネット)「南海対東京」(ABC予備待機)より後位の第3予備だった。
  55. ^ “ABC元アナの清水次郎さんが教員採用試験合格 来春から教壇へ”. スポーツニッポン. (2016年9月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/29/kiji/K20160929013443980.html 2016年9月30日閲覧。 
  56. ^ “元ABC清水アナ 西宮今津高の野球部顧問に就任”. デイリースポーツ. (2017年4月6日). https://www.daily.co.jp/baseball/2017/04/07/0010075084.shtml 2017年4月9日閲覧。 
  57. ^ ABC平岩アナが退社 今後はeスポーツ実況に転身 - 芸能 : 日刊スポーツ 2018年6月16日9時配信
  58. ^ 『ABCラジオ創立60周年記念ブック いつもラジオと一緒』(2011年、プラネットバルン)より、試合前の取材の間に球場内のスタジオでナレーションを収録するという。
  59. ^ ラジオ日本とTBSラジオが巨人戦中継で制作協力 ラジオ日本の巨人戦中継、80試合以上へ大幅増加(RFラジオ日本2016年1月28日付プレスリリース)
  60. ^ エキサイトベースボール TBSラジオとラジオ日本がナイター中継で制作協力 TBSラジオ「エキサイトベースボール」の 巨人戦中継数が大幅に増加”. 2016年1月27日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

過去のABCラジオプロ野球中継公式サイト保存キャッシュ一覧 - インターネットアーカイブより