柴田博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しばた ひろし
柴田 博
プロフィール
出身地 日本の旗 神奈川県横浜市
生年月日 (1969-01-19) 1969年1月19日(48歳)
最終学歴 早稲田大学教育学部
勤務局 朝日放送
部署 アナウンス部担当部長
活動期間 1992年 -
ジャンル バラエティ番組ラジオパーソナリティ
公式サイト 朝日放送による公式プロフィール
出演番組・活動
現在 磯部・柴田の日曜のびのび大放送
おはよう朝日です
柴田博のほたるまち旅行社など
過去 スポーツ中継(高校野球・プロ野球)
ほっとハート!にちよう柴田塾
柴田・桜井・やすとものスラスラ水曜日など

柴田 博(しばた ひろし、1969年1月19日 - )は、朝日放送(ABC)所属のアナウンサー2017年6月1日からは、同局大阪本社編成局アナウンス部の担当部長も兼務する。

来歴・人物[編集]

神奈川県横浜市出身。神奈川県立横浜平沼高等学校では野球部に所属し、野球部の2学年下には羽鳥慎一(元・日本テレビアナウンサー)がいた。高校教師・高校野球指導者になることも視野に入れて早稲田大学教育学部に入学。卒業後の1992年に朝日放送に入社した。同期入社には、元アナウンサーの長嶋賢一朗やラジオプロデューサーの戸谷公一などがいる。

本人がしばしばラジオ番組などで語るところによると、「入社試験を受けた際に落ちたと思いこんで、直後に実施された面接を受けずに大阪駅まで戻ったところ、他の受験生から合格していたことを聞かされ急遽とんぼ返り。さらに戻る途中に大阪環状線で乗り間違え(最寄駅の福島駅を通過する大和路快速に乗車[1])した。その体験を面接時に話したところ、面接官がこの話を柴田が創作したネタ話と思い込んだため、内容がうけてABCに入社した」[2]という。

朝日放送への入社当初はスポーツ中継などを担当したが、1990年代半ばからバラエティ番組やラジオのパーソナリティなどで活躍。2007年頃からは、ニュース番組を担当する機会が多い。また、ABCラジオでは2002年10月から、自身の名を冠した週末の生ワイド番組(『柴田博のまっぴるま王子!』 →『ほっとハート!にちよう柴田塾』→『磯部・柴田の日曜のびのび大放送』)でパーソナリティを務めている。

ニュース以外の出演番組では、アナウンサーらしからぬ落ち着きのなさや、お笑いタレントに近い天然ボケのリアクションで知られている。若手時代に『ニュースステーション』(テレビ朝日制作)で祇園祭の全国向け中継でリポーターを担当した際には、極度の緊張で頭の中が真っ白になったあげく、生中継にもかかわらずテレビカメラの前でしばらく動かなくなってしまった[3]

横浜出身にして大の横浜DeNAベイスターズファンでありながら、「虎バン主義。」を標榜する局の意向で阪神タイガース(阪神)の応援団長に任命された[4][要出典]

『おはよう朝日です』のレギュラーを離れてからは、朝日放送アナウンスセンターの主任→課長(2012年4月1日付)→担当部長に昇進。アナウンスのデスク(勤務管理)業務、新人アナウンサーの研修責任者、朝日放送が関連するイベント・シンポジウムの司会なども務めている。先輩アナウンサーでスポーツ実況未経験者の三代澤康司が2017年6月15日に『ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です』(ABCラジオ)の特別企画「ドキハキ史上最大の作戦 三代澤康司57歳 野球実況に挑戦!」でBASEBALL FIRST LEAGUE兵庫ブルーサンダーズ06BULLS戦(アメニスキッピースタジアム)の実況を担当する際には、高校野球中継の実況経験者として、現役のスポーツアナウンサーである中邨雄二(12日放送分の「座学編」)、伊藤史隆(15日放送分の「草野球実況編」)と共に実況の指導役(13日・14日放送分の「街で実況練習編」)を務めた[5]

その一方で、ABCラジオで放送されるニュース以外の番組では、フリートークで前述のキャラクターを発揮。同局で冠番組を持つ桑原征平関西テレビ出身のフリーアナウンサー)なども、出演番組で柴田の言動をたびたび話題にしている。2014年1月1日には、ABCラジオの自社制作による新年最初の生放送番組『新春スーパーワイド』の第1部「征平・柴田の午年いななきスペシャル~元旦からやかましくてすみません!~」(5:00 - 11:00)で、桑原と共にパーソナリティを務めた。

現在の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

入社2年目から5年間は、スポーツアナウンサーとして活動。入社3年目の1994年8月10日には、第76回全国高等学校野球選手権大会1回戦・創価星稜戦のラジオ中継で実況デビューを果たした。プロ野球中継では、阪神戦の実況を担当する機会はなかったが、ABCラジオが制作したオリックス・ブルーウェーブ西武ライオンズ戦のJRNライン中継で実況した経験がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2012年(平成24年)3月17日のダイヤ改正より大和路快速や関空・紀州路快速などが福島駅に停車するようになった事で、現在では福島駅を通過する列車はなくなった。
  2. ^ 三代澤や宮根も同じエピソードに触れ、当時のアナウンス部長・乾浩明から「トークのうまい大型新人が入社する」と聞かされたと番組内で紹介したことがある。
  3. ^ 「ニューズゆう」2006/07/20 「一喜一ゆう」祇園祭り中継 (ABCアナウンサー・高橋大作のコラム)より。柴田自身も、ラジオ番組などで折に触れてこの時のエピソードを紹介している。
  4. ^ この時に局から用意された阪神タイガースの応援用ハッピを着用する事が多くあるが、このハッピは特注品で裏返すと横浜ベイスターズの応援用ハッピとなるリバーシブルとなっており、本人はとても気に入っている。
  5. ^ 『ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です』公式サイト「ドキハキ日記」2017年6月13日付記事「ドキハキ史上最大の作戦 三代澤康司57歳 野球実況に挑戦!」~1人で街へ~」

外部リンク[編集]