下柳剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
下柳 剛
HT-Tsuyoshi-Shimoyanagi20110823.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長崎県長崎市
生年月日 1968年5月16日(48歳)
身長
体重
184 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1990年 ドラフト4位
初出場 1991年8月9日
最終出場 2012年4月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

下柳 剛(しもやなぎ つよし、1968年5月16日 - )は、長崎県長崎市出身の野球解説者・元プロ野球選手投手)。マネージメントはハイタイド

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

瓊浦高等学校から高校野球の指導者を目指して八幡大学(現:九州国際大学)に進学するも、1年で中退。しばらくは仕事をせずバイクを乗り回す生活を続けていたが、恩師の紹介で社会人野球新日鐵君津に入社し[1]1988年にはエースとしてチーム初となる第59回都市対抗野球大会出場に貢献。予選全試合を1人で投げ抜き、試合で完投した後でも平然と200球近くの投げ込みを行なうなど、当時からタフネスぶりを見せていた[2]。なお、瓊浦高校には下柳が作った「下柳マウンド」が存在する。

1990年ドラフト会議福岡ダイエーホークスから4位指名を受け入団。

ダイエー時代[編集]

1年目の1991年は1試合に登板したが、1回を投げ切れず2/3を4失点で降板するなど炎上した。

1992年は1軍登板なしに終わった。

1993年は50試合登板した。一方で先発でも10試合に登板した。全体では防御率4.13と安定感を欠いたものの4勝8敗5セーブを挙げた。

1994年には62試合に登板しリリーフながらチームトップタイの11勝を挙げオールスターにも初選出された。連日のように登板する鉄腕ぶりからアイアン・ホークのニックネームがつき、当時の応援歌の歌詞にも取り入れられた。

1995年4月20日未明に愛車を民家の塀に激突させる交通事故を起こして鼻骨骨折などの怪我を負った。この負傷が原因でシーズンを棒に振ったばかりか、球団からは当時の推定年俸の1割に相当する610万円を罰金として科された。最終的に同年の半分以下ととなる24試合の登板に終わり、2勝しか挙げられなかった。同年オフに武田一浩松田慎司との交換トレードで、安田秀之と共に日本ハムファイターズに移籍。

ダイエー時代は制球力に難のある速球派投手だったが、根本陸夫権藤博は「毎日打撃投手、毎日中継ぎ登板」という過酷な投げ込みで克服させた。権藤から入団2年目に言われた「Don't be afraid to throw strike(ストライクを投げることを怖がるな)」というアドバイスは、その後の投手生活の励みになったという。

日本ハム時代[編集]

1996年は中継ぎとして23試合に登板し、防御率3点台後半を記録し、プロ入りしてから初めて防御率が4点台を下回った。

1997年には216打席連続無三振を続けていたイチローを三振に討ち取って「イチローキラー」と話題になり、1試合に先発した以外は全てリリーフ登板で規定投球回に達した。

1998年は自己最多の66試合に登板した。防御率3.07と安定感を増した。

1999年も62試合に登板し、3年連続60試合登板を記録した。同年は防御率3.61とやや安定感を欠いた。

2000年以降はチーム事情や本人の希望から先発投手に転向し、同年8月26日のダイエー戦でプロ10年目にして初完封勝利を挙げた[3]。最終的に登板した36試合中11試合に先発した。8勝4敗、防御率4.52の成績を残した。オフの契約更改では日本人選手として初めて代理人交渉を行った。

2001年は防御率5.06ながら9勝8敗の成績を残した。

2002年は不調で2勝7敗の成績で終わった。シーズンオフに山田勝彦伊達昌司との複数トレードで中村豊と共に阪神タイガースに移籍[4]

阪神時代[編集]

移籍1年目の2003年は優れた制球力で相手打者を「のらりくらり」とかわす技巧派の投球で10勝を挙げ、リーグ優勝に貢献した。古巣のダイエーとの日本シリーズでは第5戦に登板。相手の先発はシーズン20勝投手の斉藤和巳だったが6回2失点の好投で自身初の日本シリーズで勝利投手となった。エース斉藤に投げ勝っての勝利だったがチームは第6、7戦と連敗し日本一を逃した。同年オフ、FA宣言。阪神が残留要請を行ったほか、横浜ベイスターズも獲得に名乗りを上げたが、阪神若手投手陣を中心に「残留コール」を受けたこともあって阪神に残留。

2004年は安定感を欠き7勝5敗の成績で終わった。

2005年8月25日の対広島東洋カープ戦で通算1000奪三振を達成した。同年は自己最多、黒田博樹と並んでリーグトップの15勝を挙げ、リーグ優勝に貢献した。また、初タイトルとなる最多勝利を獲得。37歳での獲得は若林忠志の36歳を更新するプロ野球史上最年長記録であり、規定投球回未満での獲得は1988年伊東昭光以来史上2人目だった。ロッテとの日本シリーズでは第3戦に先発し、5回3失点の投球を見せるが、打線に援護がなく敗戦投手となった。チームはストレートの4連敗で日本一を逃した。

2006年4月5日の対広島戦で通算500試合登板を達成。前年に引き続いて安定した成績を残した。9月24日、後にチームメイトとなる日本ハム時代の後輩である金村曉トレイ・ヒルマン監督の采配を批判して出場停止となった夜、同じく日本ハムから阪神に移籍した片岡篤史と共に金村へ電話をかけ、「俺はお前にそんなことを教えたか! 目を覚まさせてやる! 今から来い!」と怒鳴り、都内の飲食店に呼び出した。金村は殴られるものと覚悟していたが、二人は「こういう経験がないと大きくなれない。良い勉強と思って前向いてやれ。成長するステップと思って頑張れ」と励ました。詳細は舌禍事件を参照。11月23日には長崎県の「ブランド大使」に任命された。

2007年は先発ローテーション候補の福原忍安藤優也らが出遅れたこともあって、1リーグ制時代を含めても球団史上2位、2リーグ制になってからは球団史上最年長となる38歳10か月での開幕投手となり、6回2失点で敗戦投手となったものの黒田からチーム初安打を放つなど投打に渡り執念を見せた。7月6日通算100勝目を達成した。最終的には規定投球回数に到達せず防御率も4点台ながら、先発投手陣が崩壊したチームの中で唯一シーズン通して先発ローテーションを守り、チーム最多の10勝を挙げた。オフの11月7日に契約交渉を行ったが決裂し、翌日2度目のFA権行使をする意向を表明、11月13日付で公示された。メジャー数球団からもオファーがあったが、結局2008年1月22日に正式に阪神と契約合意に達し、前回のFA宣言時と同じく阪神に残留した。

2008年8月21日の対広島戦においてプロ野球史上5人目、41歳で15勝を挙げた若林以来球団史上59年ぶりとなる40代での2桁勝利を記録するなど同年もシーズンを通して先発ローテーションを守り、規定投球回に達した投手の中ではリーグ5位、チームトップで自己最高成績となる防御率2.99を記録し、11勝を挙げた。

2009年は6月から8月にかけての自身6連敗に見られるようにシーズン中盤から調子を落とし、8勝8敗と5年連続2桁勝利を逃した。7月20日には怪我から復帰した矢野輝弘日本プロ野球史上初の40代バッテリーを組んだ[5]

2010年は怪我の再発に悩む矢野に代わり、ダイエー時代の同僚であった新加入の城島健司とバッテリーを組む。シーズン6度目の先発となった5月13日(対日ハム戦)では当季最短1回2/3を4失点で敗戦投手となり、翌日には1軍登録を抹消される。同月26日に再登録・即先発(対西武戦)となってからは、試合間隔の緩やかな交流戦の日程にも助けられて再登録後7度の先発全てで5イニング以上を投げぬいていた(この7戦で3勝2敗)。しかし、その7度目(シーズンとしては13度目)となった7月16日(対ヤクルト戦)で6回3失点の敗戦投手となり、翌日に2度目の抹消となる。同月31日に再々登録され、翌日8月1日(対中日戦)に先発登板した。この8月は、7日(対中日戦、敗戦投手)・15日(対ヤクルト戦、勝敗つかず。翌16日には3度目の抹消)・26日(対広島戦、再登録・即先発ながら敗戦投手)の先発いずれも4イニング程度で降板。勝利を挙げた1日のみ5イニングを超えたとはいえ、4戦とも4失点以上を許す不安定さを見せていた。9月1日(対横浜戦)には6回1失点の好投と、復調の兆しを見せたかに思われた。翌日には終盤戦に向けた万全の調整を期待されてか4度目の抹消となり、同月15日(対横浜戦)に再登録・即先発。ところが1回2/3を7失点の敗戦投手という期待外れで、翌日に5度目の1軍登録を外されたままシーズンを終え、7勝8敗の成績しか残せなかった。

2011年は開幕から先発ローテーションの一角を担うようになったが、6試合に登板し0勝2敗、防御率3.54という不本意な成績で6月7日に登録抹消された。その後はファームで調整を続け、9月2日に再登録されたが登板予定の試合が雨天中止になったためそのまま抹消された。その後も1軍に昇格することは無く、のちに翌年の戦力構想から外れていることがわかった。そのため9月23日のウエスタン・リーグ、対オリックス戦(鳴尾浜)が最後の登板となった。この試合には、2軍では異例の1300人の観衆が集まった[6]。チームの若返りの方針により10月9日に戦力外通告を受けた[7]12月2日自由契約公示された。

楽天時代[編集]

2012年は、東北楽天ゴールデンイーグルスの春季キャンプに参加し、同球団の入団テストを受けた[8]。2月4日に仙台放送のローカル番組『スポルたん!LIVE』において、阪神時代の2003年にも監督を務めた楽天監督の星野仙一が正式発表前に下柳の入団と先発起用を暴露。2月5日に入団が正式に決まったことで、10年ぶりにパ・リーグに復帰した。オープン戦での好投を買われて、千葉ロッテマリーンズとの開幕第3戦(4月1日)で先発を任されたものの、敗戦投手となった。その後も先発で3試合に登板したが、先制点を許す展開が続いたことから、4月26日に出場選手登録を抹消。一軍に復帰できないまま、10月2日に戦力外通告を受けた[9]

なお、楽天では「91」という背番号を付けていた。当時は、この背番号を選んだ理由として、おいちょかぶの一番強い目「クッピン」に引っ掛けたことが挙げられていた[10]。しかし、下柳は後に、阪神時代の2003年に一軍ヘッドコーチを務めた星野の盟友・島野育夫(2007年逝去)が生前最後に付けていた背番号「91」にちなんだことを告白している[11]

2013年2月28日に、「やれるだけやってケジメを付ける」という決意の下に、ロサンゼルス・ドジャーストライアウトに参加、最終テストにまで残ったが、合格には至らず[12]、2013年3月20日に現役引退を表明した[13]。その表明では、「現役引退後も野球に携わることがしたい」との抱負を述べていた[13][14]

現役引退後[編集]

現役引退の表明から5日後の3月24日からは、朝日放送野球解説者へ転身[15]。阪神よりパシフィック・リーグ球団への在籍期間が長かったことから、阪神戦中継にとどまらず、オリックス・バファローズの公式戦やセ・パ交流戦中継でも解説を担当する。また、朝日放送以外の放送局が制作する番組にも、ゲストとして随時出演。その一方で、出演番組やインタビューでは、週5〜6日のペースで現役時代と同様のトレーニングを続けていることをたびたび明かしている[16]10月9日には、自身初の著書にして、阪神の現役時代に捕手として下柳と「同級生バッテリー」を組んだ矢野燿大(当時は朝日放送野球解説者)との共著「気を込める 虎の成功プロセス」がベースボール・マガジン社から発売された。

なお、公式ブログで現役引退を表明した際には、現役復帰の可能性があることを示唆[13]。その後のインタビューでも、「いったんユニフォームを脱ぐ」と表現することがあった[17]。しかし、瓊浦高校野球部時代の同級生からの計らいによって、2013年12月1日に同部のグラウンドで「引退試合」を挙行した[18]

2014年には、野球解説者としての活動を続けながら、1月6日から「スポニチアネックス」(『スポーツニッポン』公式サイト)で毎週月曜日に「下柳剛のシモネタ発見」というコラムを執筆している[19]。4月より『東京スポーツ』月曜〜木曜紙面にて野球人生を振り返る連載「下柳剛 シモノハナシ」を連載中。また、故郷の長崎でローカルタレントとしての活動も始めている。

2015年には、プロ野球経験者による学生野球の指導に必要な学生野球資格の回復に向けて、プロ野球シーズン後に研修会を受講[20]2016年2月2日付で日本学生野球協会から資格回復の適性認定を受けたことを機に、高校野球や大学野球を指導できるようになった[21]

その一方で、阪神時代のチームメイトだった金本が一軍監督、矢野が一軍作戦兼バッテリーコーチとして同球団に復帰した2015年末には、投手コーチの候補に挙げられていた[22]。上記の事情などから常勤でのコーチ就任はひとまず見送られたが、2016年の春季キャンプでは、一軍投手陣主体の「沖縄組」で臨時投手コーチを務めている[23]

プレースタイル[編集]

プロ入り当初は150キロを超えるボールを投げられたが、制球力は不十分であり結果が出なかった[24]。阪神時代は「のらりくらり投法」とも称された緩急をつけた投球を行っていた[24]。BS-i(現:BS-TBS)『超・人』において、[25]2006年度の全投球のうちストレートが8%[25]と解析された軟投派にモデルチェンジしている。

阪神移籍後は5回や6回でマウンドを降りることも多く、先発ローテーションを守っても規定投球回に到達しない年も多かった。また、阪神では9年間プレーして7回しか完投していない。完封に至ってはわずか2回である。リリーフ投手の藤川球児らから「社長」(リリーフに仕事をくれる意)というニックネームで呼ばれていた。

人物[編集]

好物は芋焼酎のお湯割りで、特に匂いの強いものが好みだという[26]

生家はカトリックを信仰しており、中学時代まで日曜学校へ通っていた。小学校6年の卒業間近の下柳少年は、1981年2月23日にローマ教皇としては初めて来日したヨハネ・パウロ2世が地元の教会まで来たときに頭を撫でてもらった。本人曰く、「おそらくローマ教皇に頭を撫でてもらったプロ野球選手はメジャーにもいない」とのこと [27]

シャイな性格でヒーローインタビューを受けるのを拒否することが多く、自分が呼ばれそうなのを察知すると、「今日は何もない、お疲れっ!」とだけ記者にコメント[要出典]したり、金本に「ファンの皆さんによろしくお伝え下さい」と伝言を残し、早々とロッカールームに引き揚げてしまうことが多い。それを阻止するため、矢野燿大がベンチ裏で待ち伏せして、無理矢理お立ち台に連れて行ったこともある。ちなみに、楽天から戦力外通告を受けた直後(2012年10月)には、金本の引退記念特別番組『withタイガース ラストスイング~さらば金本知憲』(引退試合翌日の同月10日にMBSテレビで放送)で人生初のナレーションに挑んでいる。

本人曰く「人見知りする性格」で「古い友人でも半年位会ってないと、会ったときに何を話していいかわからなくなってしまう」ため、どうしても寡黙になってしまうのだという[28]

飄々とした淡白な性格で、新人時代の選手名鑑には「思い出」の項目に「あまり嬉しい思い出も悔しい思い出もない」と書いている。

風呂には数日入らなくても平気で、ダイエー時代の同僚だった潔癖症内山智之とは仲が悪かった。これは「投手の肩は消耗品」が口癖であった権藤コーチから例外的に「あいつはいくら放っても壊れないから」ということで毎日のようにロングリリーフをさせられ、家に帰ったら疲れ果てて何もする気がなくなったことが由来である。髭もめったに剃らないが、これは髭を剃るとカミソリ負けを起こすからである[29]吉井理人はその風貌を「変わった奴っちゃな」とテレビ解説の席で評している。

上述のように下柳が先発する試合は大抵リリーフ投手も登板するため、藤川球児からは「仕事をくれるから」という理由で「社長」と呼ばれている[30]

阪神への移籍後からは、オフシーズン中にたびたびテレビ番組へ出演。ひょうきんな一面もあり、飲み会では伊良部秀輝広澤克実とトリオ漫談をすることもあったという。カラオケも得意としており、金村義明曰く「Mr.Childrenを歌わせたら絶品」。本人も「(カラオケでは)マイクを離さないタイプ」と語っている[28]

長らく独身であったが、2010年6月4日に一般人の女性と結婚したことを同14日に自身の公式サイト上で発表した[31]島田紳助によると、島崎和歌子お見合いをしたことがあったが破談となったらしい。

日本ハム時代からダンカン松村邦洋らがいる中野猛虎会の会員だった。また、高山善廣プロレスラー)、桜庭和志総合格闘家)、根本要スターダスト・レビュー)、渡辺美里歌手)などとの親交が深い。

2003年・2005年の優勝時のビール掛けでは、オープンフィンガーグローブを装着。藤本敦士などの後輩選手に、腕ひしぎ十字固めを仕掛けていた。2006年12月31日に催された「Fields K-1 Premium2006 Dynamite!!」ではオレンジ色の胴衣を纏ってタイガーマスクを被り、桜庭と共に登場。2人とも右脚から踏み出すというパフォーマンスを披露した後に、試合で桜庭のセコンドに付いた。翌2007年の大晦日も前年同様にタイガーマスクを被って桜庭と共に登場し、セコンドに付いた。

阪神時代には、「死に番」として日本人選手に敬遠されがちな「42」を背番号に選んでいた。ダンカンによれば、ダイエー・日本ハム時代の背番号でもある「24」という数字に対して、強いこだわりがあるという[32]。阪神での背番号に「42」を選んだのは、生え抜きの看板選手であった桧山進次郎が「24」を付けていた関係で、数字を逆にしたからとされる[29]。ダイエー時代には、背番号の「24」にちなんで、当時JR九州が発売していた「二十四茶」のCMにも出演していた。

阪神時代の一軍投手コーチだった久保康生は「あの投球術を見て、感じて学んでほしい」と、下柳を「教材」として指定していた。榎田大樹福原忍は「下柳さんがいたから」などと感謝の意を示している程で、「教材」が抜けた阪神の穴は大きかったとも言われた。[33]

阪神時代同僚だったライアン・ボーグルソンは「フォームや変化球の握り、配球。『シモ』とは色々なことを話した。本当に感謝している。彼に相手をねじ伏せる豪速球はなかった。でも決して逃げない。調子が悪くてもこれが俺の球だ。打ってみろってベース上に投げ込む」打者に立ち向かう姿勢を学んだと述べている[34]

阪神時代のチームメイトで同年齢の金本・矢野とは、現役引退後も、朝日放送の野球解説者として阪神戦中継・番組・イベントでたびたび共演。2015年6月28日の阪神対横浜戦では、阪神の球団創設80周年記念企画として、下柳 - 矢野のバッテリーによるユニフォーム姿での「ファーストピッチ」が甲子園球場で実現した[35]。臨時投手コーチを務めた2016年の阪神一軍春季キャンプでは、紅白戦(2月11日)の前に、ファンサービスを兼ねて一軍監督の金本と対決。下柳は、「3打席限定」「自身が金本を無安打に抑えれば投手陣の試合後練習免除」「金本が1本でも安打を放てば野手陣の試合後練習免除」という条件で、一軍コーチの矢野と再びバッテリーを組んだ(結果は金本の3打数1安打)[36]。下柳自身は、同月14日放送の『サンデースポーツ』(NHK総合テレビ)へ金本と共に出演した際に、「あの勝負で左肩を痛めたため、痛み止めの注射を3本も打った」という後日談を明かしている[37]

工夫を凝らした自主トレーニング[編集]

「自分で考えて練習したい」という意向が強かったことから、ダイエーでの若手時代には、兄が所属していた自衛隊那覇基地でトレーニングを実施[11]。日本ハム以降の現役時代には、シーズン終了直後の秋季キャンプへ参加せず、他のベテラン選手に先んじて離島での自主トレーニングに励んできた。ちなみに、離島へ向かう前には、親友の桜庭などと共に高田道場総合格闘技式のトレーニングへ参加。日本ハム時代には、岡部哲也の指導でノルディックスキー式のトレーニングに臨んだこと[38]や、春季キャンプ中に練習前の準備運動(アップ)へ参加していた桜庭と共に50mを50回走ったこともある[39]

阪神への移籍を機に、日本ハム時代から面識のあった福島大学の白石豊教授(スポーツ・メンタル・トレーニング専攻)からメンタル・コントロールの方法を伝授。2003年の2桁勝利や、2005年の史上最年長最多勝記録などにつなげた。2004年からは、鈴木久嗣による指導の下に、11月から春季キャンプ直前までの3ヶ月間にわたって沖縄本島石垣島陸上競技ハードルやり投げなど)やサイクリングのトレーニングに挑戦。2007年以降は、奄美大島に腰を据えながら、自主トレーニングに取り組んでいた。その一方で、加圧トレーニングの指導資格を所持。金本が右肩を痛めた2010年には、金本に加圧トレーニングを指導している。

阪神時代から下柳のグラブに刺繍されていた「前後際断」という4文字は、下柳が白石の勧めで読んでいた「不動智神妙録」(沢庵宗彭)から引用した「座右の銘」である。下柳は、同書の現代語訳を通じて、「もう終わった過去(前)も未来(後)も気に病んだり不安に思ったりしたら、その時点から集中できなくなってしまう。そうなれば、良いパフォーマンスを発揮することはできない。結局、ピッチングも1球1球の積み重ねである」と解釈。グラブに「前後際断」の刺繍を入れるようメーカーに依頼したうえで、ピンチの場面でその刺繍を見ることによって、心を落ち着かせていた。

田中秀太をめぐる珍プレー[編集]

阪神投手時代の2007年10月1日に先発で登板した対横浜戦(横浜)の5回裏には、遊撃を守っていた秀太の度重なるミスから、グラブを地面に叩き付ける事態に至った。このシーンは、「伝説の珍プレー」「秀太事件」として、現在でもメディアやインターネットでたびたび取り上げられている[40]

阪神は、この試合に勝利すれば、3年連続のクライマックスシリーズ進出が確定。先発を任された下柳にも、3年連続の2桁勝利がかかっていた。その一方で、戦線を離脱していたレギュラー遊撃手・鳥谷敬の代役として、二軍から昇格したばかりの秀太をスタメンに起用。下柳は、5点のリードを背に、4回裏まで好投を続けていた。

秀太は、5回裏1死1塁で二塁手・関本健太郎がゴロを処理した直後に、二塁のベースカバーに入った。アウトのタイミングで関本からの送球を捕ったものの、自身の足が早く離れたため、二塁塁審は「セーフ」と判定。さらに、次打者・仁志敏久のゴロを弾いたため、1死満塁のピンチを招いた。仁志への投球でダブルプレーを狙っていた下柳は、この失策に激怒。マウンド上でしゃがみ込むと、自分のグラブをマウンド付近の地面へ叩き付けた。結局、秀太は、次打者・相川亮二が放った平凡なゴロを丁寧に捕球。そのプレーが併殺崩れを招いたため、横浜に1点が入った。

下柳は、上記の行為について、現役引退後に「(ベースカバーで記録に出ないミスを犯した)秀太に捕りやすいゴロを打たせたのに、エラーでピンチを広げられたことから、『俺の親心を無駄にしやがって』という気持ちが真っ先に浮かんだ。また、試合前からチームの雰囲気がどこか緩んでいたように感じられたことに、1試合ともおそろかにできないプロ(野球選手)として苛立ちを感じていた。でも、感情を爆発させることが気持ちを鎮めるうえで有効であることを(前述のメンタルトレーニングを通じて)知っていたから、内心は意外と冷静だった。そこで、怒りを次のプレー(相川との対戦)に引きずらないため、意図的にグラブを叩き付けた」と述懐している[40]

現役時代の下柳は、試合を終えるたびに自分のグラブを必ず綺麗に磨くほど、野球道具を大切に扱っていた。その一方で、味方野手の失策や相手打者の安打に対する怒りから、他の試合でもグラブを地面へ叩き付けていた。この行為をめぐってファンから賛否両論が湧き起こったり、球界OBからの叱責を受けたりしたこともあったため、「お子様は真似しないように。道具は大事にしましょう」と語っている[17]

ちなみに、2016年阪神一軍春季キャンプにおける金本との対決(前述)直前の練習には、現役引退後も九州担当のスカウトとして阪神に籍を置く秀太がユニフォーム姿で登場。遊撃の守備に就いた秀太がノックの打球を弾いたことをきっかけに、下柳がグラブを地面へ叩き付けることで、場内の観衆を沸かせた[41]。いずれも、金本の演出による。

スポーツ界随一の愛犬家[編集]

「スポーツ界随一の愛犬家」として有名。阪神での現役時代から、出演番組(フジテレビジャンクSPORTS』など)やインタビューでは、折に触れて愛犬の話題を出している。

東京に住んでいた日本ハム時代から、「ラガー」(黒のラブラドール・レトリーバー)と「ルビー」という名前の犬を飼育。「ラガー」という名前の由来は、夏の暑い日に出会った際に、たまたまキリンラガービールが飲みたかったことにあるという。やがて下柳は、自主トレーニング地・キャンプ地・馴染みの飲み屋へ同行させたり、グラブに顔の刺繍を入れたりするほど「ラガー」を溺愛。2003年に阪神への移籍が決まった直後には、飼育の環境が整わなかったことから、2005年に関西で新居を建築するまで都内在住の知人に「ラガー」を預けていた。2014年2月22日にABCテレビで放送された特別番組『ペットの感謝状』では、ゲストで出演した下柳の証言や再現VTRを交えながら、以上のエピソードを紹介している。

独身だった2007年には、「ラガー」「ルビー」以外にも、「ラガー」の子どもを9匹飼育。「ラガー」と同じく、ビールの銘柄にちなんで、「バド」「ミラー」「コロナ」「ギネス」「ヒナノ」「レオ」「オリオン」「チンタオ」「ホープ」という名前を付けている[42]。同年末のFA宣言に端を発した阪神および横浜との交渉では、両球団が競い合いながら「ラガー」の待遇(遠征の際の世話など)に関する条件ばかり提示したため、下柳曰く「契約交渉というよりラガー君争奪戦だった」とされる(『ジャンクSPORTS』に出演した際の発言より)。その結果、阪神との再契約では、「ラガー」の待遇に関する条項が契約に盛り込まれた。

ちなみに下柳は、以上の交渉を代理人に任せる一方で、自主トレーニング先を石垣島から奄美大島に変更した。下柳は現役引退後に、「2006年のオフシーズンに『ラガー』を連れて石垣島へ向かったところ、乗っていた飛行機の貨物室から『ラガー』の鳴き声が自分の座席にまで聞こえてきたので、同島へ到着する前に『来年(2007年)は(自主トレーニングの)場所を選び直さなければならない』と思った。温暖で本格的な陸上競技場や野球場がある奄美大島なら、船で12時間ほど移動すれば到着するので、『ラガー』を同行させても怖がらない」と述懐している[43]

結婚後の2012年に東北楽天で現役を引退してからも、関西の自宅で引き続き「ラガー」を飼育。しかし、以前に比べて食欲が落ちるなど、下柳の現役引退は「ラガー」の体調にも影響を及ぼした。結局、『ラガー』は2013年7月14日に、自宅のソファーでひっそりと永眠。「ラガー」の最期を看取れなかったことを気に病んだ下柳は、『ペットの感謝状』のスタジオ収録中に、「芸能界屈指の愛犬家」として知られる杉本彩関根勤渡辺正行の前で自筆による「ラガーへの感謝状」を涙ながらに朗読した[44]

2014年10月、ABCテレビの『ペットの王国 ワンだランド』に出演、『バド』、新たに飼い始めたスタンダードプードルの雌『ムー』との生活を紹介した。

その一方で、阪神での現役時代から、聴導犬育成への支援を目的にチャリティ活動を展開。自身およびプロ野球選手の有志が提供した野球道具やTシャツのオークションを公式サイトで主催した後に、収益金を聴導犬育成協会(地元・長崎県で活動するNPO法人)へ寄付した。日本聴導犬協会では、公式サイトの「応援サイトとリンク集」に下柳の公式サイトへのリンクを貼っている[45]ほか、チャリティTシャツの販売に協力したことで下柳に感謝状を贈ったこともある。ちなみに下柳は、公式サイトでオークションを主催するに当たって、「人間に捨てられた犬達が、人間のために、厳しい訓練に耐え、純粋に働いています。捨てた人間は許せませんが、同じ人間として、罪滅ぼしじゃありませんが、少しでも犬のためになればと思います」というメッセージを寄せている[46]

詳細情報[編集]

通算投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1991 ダイエー 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 7 0.2 1 0 4 0 0 0 0 0 4 4 54.00 7.50
1993 50 10 1 0 0 4 8 5 -- .333 423 98.0 92 10 55 3 1 69 5 1 49 45 4.13 1.50
1994 62 1 0 0 0 11 5 4 -- .688 473 105.2 111 5 53 0 2 89 7 0 54 53 4.51 1.55
1995 24 5 1 0 0 2 3 0 -- .400 202 46.2 47 2 18 0 2 26 4 1 24 21 4.05 1.39
1996 日本ハム 23 0 0 0 0 1 2 2 -- .333 181 43.0 32 3 20 3 0 39 0 0 19 18 3.77 1.21
1997 65 1 0 0 0 9 4 0 -- .692 630 147.0 140 13 62 10 6 136 7 0 61 57 3.49 1.37
1998 66 1 0 0 0 2 3 5 -- .400 400 93.2 74 8 47 4 3 71 3 0 37 32 3.07 1.29
1999 62 2 0 0 0 1 4 6 -- .200 332 77.1 62 9 47 2 2 79 4 0 31 31 3.61 1.41
2000 36 11 3 1 0 8 4 0 -- .667 403 93.2 79 11 49 1 2 82 4 0 50 47 4.52 1.37
2001 21 21 3 1 0 9 8 0 -- .529 529 121.0 114 24 50 1 9 89 1 0 73 68 5.06 1.36
2002 17 9 0 0 0 2 7 0 -- .222 228 51.2 49 10 25 0 4 44 2 0 34 33 5.75 1.43
2003 阪神 26 24 3 1 0 10 5 0 -- .667 573 137.2 138 20 25 0 7 135 3 1 63 57 3.73 1.18
2004 22 21 0 0 0 7 5 0 -- .583 513 116.0 143 13 28 0 10 76 1 0 68 66 5.12 1.47
2005 24 24 1 0 0 15 3 0 0 .833 531 132.1 125 11 25 1 6 90 0 0 44 44 2.99 1.13
2006 25 25 1 0 0 12 11 0 0 .522 642 150.1 154 11 55 1 9 86 3 0 61 53 3.17 1.39
2007 25 25 0 0 0 10 8 0 0 .556 582 129.1 145 11 52 4 3 74 5 0 68 59 4.11 1.52
2008 27 27 1 0 1 11 6 0 0 .647 668 162.1 154 9 41 1 9 89 2 0 60 54 2.99 1.20
2009 22 22 1 1 0 8 8 0 0 .500 524 119.1 127 10 42 1 8 64 2 0 57 48 3.62 1.42
2010 19 19 0 0 0 7 8 0 0 .467 441 100.0 110 13 33 3 6 58 3 1 54 48 4.32 1.43
2011 6 6 0 0 0 0 2 0 0 .000 122 28.0 29 1 12 0 1 18 1 0 13 11 3.54 1.46
2012 楽天 4 4 0 0 0 0 2 0 0 .000 80 17.0 27 0 1 0 3 4 0 0 10 10 5.29 1.65
通算:21年 627 258 15 4 1 129 106 22 0 .549 8484 1970.2 1953 194 744 35 93 1418 57 4 934 859 3.92 1.37
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

  • 月間MVP:2回 (2000年8月、2005年9月)

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 24 (1991年 - 1995年、1997年 - 2002年)
  • 11 (1996年)
  • 42 (2003年 - 2011年)
  • 91 (2012年)

出演番組[編集]

解説者として定期的に出演する番組

ローカルタレントとして定期的に出演する番組

  • あさじげ×ZIP!(長崎国際テレビ2014年4月5日~2015年5月30日)
  • あさじげZ(長崎国際テレビ、2015年6月5日~)

この他、『サンデースポーツ』(NHK総合テレビ)や『朝生ワイド す・またん!』(読売テレビ)などへ不定期で出演、在阪局制作のバラエティ番組(関西テレビたかじん胸いっぱい』など)にも登場することもある。ABCテレビ制作の『探偵!ナイトスクープ』には、松村邦洋が「探偵」として最後に担当した依頼VTR(2013年9月27日放送分)へ金本と共に登場。同年11月8日放送分(いずれもABCでの放送日)では、矢野・金本との「同級生トリオ」では最も遅く、「顧問」として公開収録に初めて出演した。

著書[編集]

  • 「気を込める 虎の成功プロセス」(矢野燿大との共著、ベースボール・マガジン社、2013年10月9日初版発売)ISBN 978-4583106212
  • 「ボディ・ブレイン――どん底から這い上がるための法則(ルール)」(水王舎、2014年7月2日初版発売)ISBN 978-4864700085

脚注[編集]

  1. ^ 勤務先は協力会社の太平工業だった(かずさ市民応援団会報の記事より)。
  2. ^ 下柳剛のシモネタ発見 22年間のプロ生活 礎となったは新日鉄君津での3年間スポニチアネックス 2014年1月10日閲覧
  3. ^ ベースボールマガジン社 『2001 ベースボール・レコード・ブック』102頁 2000年度主要記録集「10年目で初の完封勝利」より
  4. ^ 同時期に発表された坪井智哉野口寿浩のトレードとは別。
  5. ^ 史上初40代バッテリーも惑ってシモた… デイリースポーツ、2009年7月21日。
  6. ^ 阪神・下柳、最後のマウンドで虎党に別れ”. サンケイスポーツ (2011年9月24日). 2011年10月10日閲覧。
  7. ^ 戦力外通告:阪神、下柳・桜井ら8選手 毎日新聞、2011年10月9日。
  8. ^ 下柳が50球でアピール!楽天入団テスト”. デイリースポーツ (2012年2月2日). 2012年2月2日閲覧。
  9. ^ 来季の選手契約に関して2012年10月2日 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト
  10. ^ 「背番号にまつわるエトセトラ察」、『週刊ベースボール』2012年2月27日号、ベースボール・マガジン社、2012年2月、 30-31頁。
  11. ^ a b 本邦初公開 下柳氏が楽天入団時に背番号「91」選んだ理由 (「下柳剛のシモネタ発見」2014年2月10日付)
  12. ^ 下柳マイナー不合格 今後は「じっくり」日刊スポーツ 2013年3月1日付記事。 現役引退直後の同月23日には、朝日放送(ABCテレビ)の『虎バンスペシャル』で、トライアウトへの密着取材の模様を放送した。
  13. ^ a b c 皆様へ”. 下柳剛オフィシャルサイト~Shimoyanagi.com (2013年3月20日). 2013年3月22日閲覧。
  14. ^ 下柳が現役引退を発表”. MSN産経ニュース (2013年3月20日). 2013年3月22日閲覧。
  15. ^ 同日の『ABCフレッシュアップベースボール』オリックス・バファローズ対阪神タイガースのオープン戦中継(関西ローカル放送)において、阪神時代にバッテリーを組んだ矢野とのダブル解説で、解説者としての活動を本格的に開始。
  16. ^ FLASH」2013年6月4日号でのインタビューなどより。
  17. ^ a b 週刊ベースボール 2013年5月6日号 惜別球人
  18. ^ 下柳氏「楽しく笑って終わりたい」母校で同級生と引退試合”. スポーツニッポン (2013年12月1日). 2013年12月1日閲覧。
  19. ^ スポニチアネックス「下柳剛のシモネタ発見」”. スポーツニッポン. 2014年2月28日閲覧。
  20. ^ 元阪神・下柳氏 アマ指導者は「コミュニケーション能力が求められる」”. スポーツニッポン (2015年12月21日). 2016年2月3日閲覧。
  21. ^ 学生野球資格回復に関する規則第4条による適性認定者
  22. ^ 金本体制へ組閣着手 片岡氏、矢野氏、下柳氏候補”. 日刊スポーツ (2015年10月20日). 2016年2月3日閲覧。
  23. ^ 阪神OB下柳氏 来春キャンプで臨時コーチに 伸び悩む若手左腕指導”. スポーツニッポン (2015年10月31日). 2015年10月31日閲覧。
  24. ^ a b 『日本プロ野球偉人伝 vol.14 2000→2005編』 ベースボール・マガジン社、2014年、38-39頁。ISBN 978-4-583-62118-0
  25. ^ a b 『超・人』過去の放送
  26. ^ 週刊ベースボール誌の記事より。
  27. ^ 下柳剛のシモネタ発見 スポーツニッポン、2014年5月5日。
  28. ^ a b ガンバレ日本プロ野球!?』(J SPORTS)2011 - 2012シーズン・第6回
  29. ^ a b 下柳が小学校でぶっちゃけトーク
  30. ^ 藤川球児オフィシャルウェブサイト | 素晴らしい先輩達(下柳さん編)
  31. ^ 42歳下柳が20代女性と結婚!!! 日刊スポーツ、2010年6月15日。
  32. ^ 日本ハムに移籍した1996年は、広島東洋カープから加入した秋村謙宏投手(現:NPB審判員)が24番を着けたため、岡本透投手の引退で空いていた11番を着けた。翌1997年、秋村が00番に変更する形で24番を譲り受けた。
  33. ^ 阪神、下柳の抜けた“穴”デカかった! ZAKZAK、2012年1月30日。
  34. ^ 朝日新聞2015年7月23日、夕刊10面、日本で学び米で復活2人の大リーガー
  35. ^ 虎OB始球式 下柳氏「照れくさかった」&矢野氏「シモらしい」(『スポーツニッポン』2015年6月29日付記事)
  36. ^ 「3番勝負」は金本監督に軍配 下柳臨時コーチから右前打(『スポーツニッポン』2016年2月11日付記事)
  37. ^ 金本監督「変わったと言わせたい」(『デイリースポーツ』2016年2月14日付記事)
  38. ^ スキートレに初挑戦した夜、金縛りになって見たのは… (「下柳剛のシモネタ発見」2014年1月27日付)
  39. ^ 牧歌的だった日本ハム時代のキャンプ 桜庭和志と“競走”も (「下柳剛のシモネタ発見」2014年2月17日付)
  40. ^ a b 動画再生なんと63万回!今だから話す「秀太事件」その真相は… (「下柳剛のシモネタ発見」2014年12月15日付記事)
  41. ^ 秀太スカウトポロリ…金本VS下柳ガチ対決で“伝説の珍場面”再現(『スポーツニッポン』2016年2月11日付記事)
  42. ^ 下柳剛オフィシャルブログ2007年7月30日付記事「こいぬたち」
  43. ^ 『下柳剛のシモネタ発見』2014年3月17日付記事
  44. ^ 下柳剛オフィシャルブログ2014年2月24日付記事「ペットへの感謝状」
  45. ^ 社会福祉法人 日本聴導犬協会公式サイト
  46. ^ 下柳剛公式サイトチャリティーオークション(現在は終了)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]