フルタの方程式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フルタの方程式
ジャンル スポーツ
放送時間 土曜 24:30 - 25:25(55分)
放送期間 2009年1月24日 - 2010年7月18日(18回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
企画 古田敦也
伊藤滋之
プロデューサー 加藤暁史
出演者 古田敦也
清水俊輔
音声 ステレオ放送
オープニング ガストロンジャー(エレファントカシマシ)
外部リンク フルタの方程式

特記事項:
月1回放送
テンプレートを表示

フルタの方程式』(ふるたのほうていしき)は、2009年1月24日から2010年7月18日まで、テレビ朝日で月1回放送されていたスポーツ番組。元プロ野球選手監督古田敦也の初の冠番組。全18回。

野球を題材に、ハイレベルな技術論やプロだけが知るエピソードトークなど、超マニアックな内容であった。キャッチャーズバイブル企画は書籍化もされた。オープニングテーマの「ガストロンジャー」を始め、エレファントカシマシの楽曲が数多く使用されていた。

初回から2010年6月5日まで土曜深夜の『ドスペ2』枠で月1回放送された後、7月18日に日曜午後の『サンデープレゼント』枠で放送された「オールスターの方程式」編を最後に番組は終了した。再開については2010年9月現在未定。

放送時間[編集]

月1回の放送。特別番組などの編成により、放送時間が変更になる場合あり。

出演者[編集]

パーソナリティ
アシスタント
ナレーション

放送内容[編集]

※ゲストの肩書きは当時。

2009年[編集]

1月号
2月号
現役時代のキャッチング技術を独立リーグプロ選手、TIMトータルテンボスに指導する『キャッチャーズバイブル』企画。さらに、翌月のWBC開催を見据え、現役選手や事情通を招き戦略会議を開いた。
3月号
4月号
5月号
6月号
7月号
  • 放送日:2009年7月25日
  • 「野村克也×古田敦也」対談完結編
  • バッターズバイブルPart2
8月号
  • 放送日:2009年8月15日
  • キャッチャーズバイブルReturn
  • Back Softball 2016スペシャル
9月号
  • 放送日:2009年9月18日
  • 激マニアック キャッチャーズバイブルReturn・後編
  • なぜ輝きは已まないのか「ベテランバイブル」 - 工藤公康(横浜、当時)、木田優夫(ヤクルト、当時)
10月号
  • 放送日:2009年10月17日
  • ザ・伝説の野球人大全集 - ゲスト:広澤克実、長嶋一茂、ギャオス内藤
  • キャッチャーズバイブル - ギャオス内藤、広澤克実、TIM、トータルテンボス、ほか
  • ベテランバイブルPartII(工藤公康・木田優夫)
11月号
12月号

2010年[編集]

1月号
  • 放送日:2010年1月23日
  • 魔球バイブルII「〜魔球〜レベル高きプロの世界で魔球の称号を手に入れた男たちの奥義を紐解く!」(2009年12月号の続編)
  • ザ・伝説の野球人大全集 PartIII(2009年12月号の続編)
2月号
  • 放送日:2010年2月27日
  • 現役プロ野球選手に聞く!野球人のワザ大全集
3月号
  • 放送日:2010年3月13日
  • 現役プロ野球選手に聞く!超一流バイブル
  • ザ・伝説の野球人大全集 豪華版(ゲスト:広澤克実、小宮山悟、長嶋一茂、ギャオス内藤、立浪和義
4月号
6月号
  • 放送日:2010年6月5日[1]
  • ファインプレー審議委員会(4月号の続編)
  • ザ・伝説の野球人大全集 豪華版(4月号の続編)
7月増刊「オールスターの方程式」
  • 放送日:2010年7月18日 14:00-15:25(サンデープレゼント枠)にて放送(一部地域は16:00-17:25に放送された。)
  • 放送枠がこれまでの深夜枠から、日曜午後に移動。番組初の増刊となったこの回は「フルタさんに学ぼう!オールスターの方程式」と題して、7月23日24日に開催のオールスターゲームを楽しむ方法を紹介。[2]
  • オールスター名場面クイズ(司会:ビビる大木、ゲスト:石田純一SHEILAやくみつる、ココリコ遠藤、TIMますだおかだ
  • 伝説の野球人大全集オールスター編(ゲスト野球人:板東英二、長嶋一茂、立浪和義、ゲスト芸人:TIM、スピードワゴン小沢)
  • 野球を盛り上げるVTRを作ろう!(ゲスト:映画評論家・おすぎ、クリエイティブディレクター・箭内道彦
  • なお、この回をもって番組事実上の最終回となった。
  1. ^ 当初5月29日に「5月号」として放送予定だったが「W杯へ!!日本代表『勝利の方程式』」に変更となり、放送日を1週延期し「6月号」として放送された。
  2. ^ この年のオールスターゲームの中継を2試合ともテレビ朝日系列が担当することに起因する。

エピソード[編集]

  • ザ・伝説の野球人大全集コーナーは、BGMが全編に渡りエレファントカシマシの楽曲のみで構成されている。
  • 一流プロ野球選手の理論の中には他のプロ野球選手にも理解できないような感覚の部分がある。そういったものを表現する「感覚の天才」という番組独自の言葉がある。命名者は広澤克実。
  • 月刊誌「ゴング格闘技」2010年4月号に、番組スタッフにマニアックな番組作りの秘訣を訊ねる特集が組まれた。

スタッフ[編集]

  • 企画:古田敦也、伊藤滋之
  • 構成:そーたに、岩本哲也、小山賢太郎
  • リサーチ:伊藤匡
  • TD:横関正人
  • 照明:小倉康裕
  • 美術デザイン:高見和彦
  • 美術進行:渡辺哲
  • モニター:大脇豊
  • スタイリスト:中原正登
  • ENG:千葉明律、杉山紀行
  • VE:平野裕城
  • ロケ照明:弓削和幸
  • EED:笹川紘一
  • テロップ:高根沢征二
  • 音効:北澤亨
  • MA:首藤英一郎
  • 編成:榊原誠志、松尾尚宜
  • 宣伝:吉原智美
  • AP:田中理恵
  • AD:榊耕平、木崎伸吾、松堂早苗
  • ディレクター:絹山シル、栗田貴、岡崎一郎、古賀佐久子、藤澤伊織
  • プロデューサー:加藤暁史
  • 技術協力:池田屋CROW STUDIOフナヤ278TSPテイクシステムズTeleTECHジーワン
  • 協力:NPB
  • 制作著作:テレビ朝日

書籍[編集]

いずれも朝日新聞出版より、古田の著として刊行されている。解説DVD(古田の実技と、清水によるナレーション入り)が付録に付いている

関連項目[編集]

外部リンク[編集]