2020年の日本プロ野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2020年 > 2020年のスポーツ > 2020年の日本プロ野球

< 2019年 | 2020年のスポーツ | 2021年

2020年の日本プロ野球(2020ねんのにほんぷろやきゅう)では、2020年日本プロ野球(NPB)における動向をまとめる。

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

  • 7日
    • 世界的な新型コロナウイルス肺炎の流行を受け、阪神タイガース及び中日ドラゴンズの両球団は2月にキャンプ地などで行われる練習試合及びオープン戦でのジェット風船による応援を自粛するよう要請したことを発表。3月以降の対応は未定[24]。また翌8日には横浜DeNAベイスターズも2月に沖縄県内で行われる練習試合及びオープン戦でのジェット風船による応援を禁止すると発表した[25]
  • 12日
    • 埼玉西武ライオンズ及び阪神タイガースは、2月19日から21日まで高知県内で予定されていた台湾プロ野球統一ライオンズとの練習試合3試合を新型コロナウイルス肺炎感染を警戒して中止にすると発表。試合中止は統一側からの申し入れによるもの[26]。また西武は新型コロナウイルス肺炎の影響を受け3月15日まで練習試合及びオープン戦でのジェット風船による応援を自粛するよう呼びかけた[27]
    • 北海道日本ハムファイターズ二軍内野守備コーチの城石憲之が沖縄県国頭村で行われていた二軍キャンプの打撃練習中に急に倒れて顔面を強打し、グラウンド内に救急車が入るアクシデント。直ちに名護市内の病院に運ばれ精密検査を受けた結果頭部に異常はなく、「下顎部打撲」と診断された。大事を取って当面は入院する。城石は倒れる直前に左膝に打球を受けていた[28]
    • 北海道日本ハムファイターズは、球団OBで昨年限りで東京ヤクルトスワローズ在籍をもって現役を引退した大引啓次を業務提携球団であるテキサス・レンジャーズに特別研修コーチとして派遣することを発表[29]
  • 14日
    • 東京ヤクルトスワローズは1990年から9年間監督を務め、2月11日に虚血性心不全のため84歳で死去した野村克也の追悼試合を3月22日の対阪神タイガース戦(神宮球場)で実施すると発表。当日は選手・コーチ全員が野村の当時の背番号「73」のユニフォームを着用して試合に臨む[30]。また阪神タイガースも2月15日の広島東洋カープ、翌16日の東北楽天ゴールデンイーグルスとの練習試合を野村の追悼試合として行うことを発表した[31]
  • 15日
    • 千葉ロッテマリーンズと東北楽天ゴールデンイーグルスは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてファンサービスを当面自粛することを発表[32]。中日ドラゴンズも同様にファンサービスを一部制限する措置を講じた[33]。また翌16日にはオリックス・バファローズ[34]、埼玉西武ライオンズ[35]も当面の間ファンサービスを自粛することを発表。さらに東京ヤクルトスワローズは3月20日の開幕戦から数試合予定されていた来場者プレゼントの受け渡し方法について変更される可能性を示唆した[35]
  • 18日
    • 埼玉西武ライオンズは西川愛也を内野手登録から外野手登録に変更したことを発表。同時にNPBからも公示された[36]
    • 昨年限りで現役を引退し打撃投手に転向した東北楽天ゴールデンイーグルスの戸村健次が、この日沖縄県金武町内での一軍キャンプの打撃練習中、打球を頭部に受けるアクシデントが発生。直ちに県内の病院に運ばれ精密検査を受けた結果、「頭蓋骨多発骨折及び軽度の前頭葉脳挫傷」と診断された。意識はあり命に別状はないものの1週間から2週間入院して経過観察する[37]
  • 19日
    • 福岡ソフトバンクホークスは、メジャーリーグへの契約を目的に出身地のキューバから亡命したとされるオスカー・コラスをソフトバンクに復帰するまで他球団でプレーが不可能となる制限選手として公示されたことを発表。コラスは現在でも消息不明の状況が続いている[38]。→1月3日の出来事も参照
  • 20日
    • 福岡ソフトバンクホークスは育成登録の砂川リチャード登録名を「リチャード」に変更したことを発表[39]
    • オリックス・バファローズは育成登録だった漆原大晟を支配下選手登録したことを発表。これに伴い背番号も「127」から「65」に変更された[40]
    • 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、パシフィック・リーグの3球団が以下の措置を講じた。
      • 東北楽天ゴールデンイーグルスは、3月3日から11日まで静岡市で行われるオープン戦においてジェット風船による応援を禁止することを球団公式サイトで発表。またオープン戦後のサイン会についても選手は参加しない[41]
      • 福岡ソフトバンクホークスはこの日からファンサービスを自粛。さらに練習試合及びオープン戦などでのジェット風船の販売を当面の間中止に。またそれを使用した応援の自粛を呼びかけた[41]
      • オリックス・バファローズは3月10日に開催予定だったファン参加型の激励会を中止することを発表[42]
  • 21日
  • 25日
    • 北海道日本ハムファイターズは、親会社・日本ハム本社主催で3月2日に札幌市内で開催予定だった「2020年北海道日本ハムファイターズ激励会」を新型コロナウイルス感染者が北海道内で増加していることを鑑み中止することを発表。また2月28日に札幌市内の書店で開催予定だった一軍ヘッド兼打撃コーチの小笠原道大の著書出版記念トークショーとサイン会も同様の理由により中止となった[45]
    • 読売ジャイアンツは、2月29日と3月1日に東京ドームで行われる対東京ヤクルトスワローズとのオープン戦を新型コロナウイルス感染拡大を受け無観客試合にすることを発表[46]。また3月12日に東京都内のホテルで開催予定だった激励会も中止とした[47]
  • 26日
    • プロ野球12球団の臨時代表者会議が行われ、3月15日までに予定されていたオープン戦全72試合と2月29日から開始する春季教育リーグ33試合を無観客で実施することを決定した[48]。また、上記の発表を受け、ソフトバンクホークスは27日の西武との練習試合を無観客試合にして行うことを発表した[49]
    • また阪神タイガースは3月8日に阪神甲子園球場で開催予定だった野村克也(2月11日逝去)の追悼試合(対読売ジャイアンツ戦、ただしオープン戦として施行予定)を無期限延期にすることを発表[50]。さらに中日ドラゴンズも3月2日に名古屋市内で予定していた球団OBで元監督の高木守道(1月17日逝去)のお別れの会、及び2月29日のナゴヤドーム(対広島東洋カープ戦)、3月4日の岐阜長良川球場(2月28日に開催球場をナゴヤ球場に変更[51]、対埼玉西武ライオンズ戦)で施行予定だった追悼試合(ただし両試合ともオープン戦として施行)を延期することを発表した[52]
  • 27日
    • 阪神タイガースは、二軍本拠地球場である阪神鳴尾浜球場を新型コロナウイルス感染拡大対策、及び球場施設改修工事により一般客の立入を2月28日から3月20日まで禁止することを発表。当該期間中は練習試合や春季教育リーグ等の観戦はできない[53]
    • 横浜DeNAベイスターズは、3月7日に横浜スタジアムで行われる対福岡ソフトバンクホークスとのオープン戦終了後に行われる予定だった出陣式を中止にしたことを発表。新型コロナウイルス感染拡大防止によりオープン戦が無観客試合になったことを受けてのもの[54]
  • 28日
    • 読売ジャイアンツは、育成登録のイスラエル・モタの支配下選手登録を発表。背番号は44[55]
    • NPBはオープン戦の一部開催地変更を発表。中日ドラゴンズは3月3日の岡崎市民球場と4日の岐阜長良川球場で開催予定だった対埼玉西武ライオンズ戦をいずれもナゴヤ球場に、福岡ソフトバンクホークスは3月3日にタマホームスタジアム筑後で開催予定だった対東京ヤクルトスワローズ戦、及び3月10日に長崎ビッグNスタジアムで開催予定だった対読売ジャイアンツ戦をいずれも福岡PayPayドームに、さらに広島東洋カープは3月8日に福山市民球場で開催予定だった対埼玉西武ライオンズ戦をマツダスタジアムに変更する[51][56]
    • 中日ドラゴンズは、1998年から2001年まで外野手として在籍した李鍾範を研修コーチとして招聘したことを発表。背番号は79で二軍に帯同する[57]

3月[編集]

  • 2日
    • 広島東洋カープは、ドーピング違反で昨年9月から出場停止処分を受けていたサビエル・バティスタとの契約解除を発表[58]。同日付でNPBから自由契約選手として公示された[59]
    • NPBと日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は共同で「新型コロナウイルス対策連絡会議」を設立したことを発表。3日に第1回目の会議が行われた[60]
  • 3日
    • 千葉ロッテマリーンズは、新型コロナウイルス感染防止対策として球団の全社員に在宅勤務を導入することを発表。やむを得ず出社する場合は会社の許可が必要となる[61]
  • 9日
    • 臨時の12球団代表会議が行われ、3月20日に予定していたプロ野球の開幕延期が決定した。なお、新たな開幕日についてはこの時点では決まっていない[62]
  • 10日
    • 千葉ロッテマリーンズは、昨年阪神タイガースを退団した鳥谷敬の獲得を発表。背番号は00[63]
  • 16日
  • 18日
    • NPBは、延期となった公式戦に変わって行われる、3月20日~4月5日までの練習試合74試合の日程を発表[65]
    • スポーツ動画配信サービスDAZNは、20日から行われる練習試合のうち、広島東洋カープ主催試合を除く11球団の試合の生動画配信を行うことを発表[66]
  • 23日
    • 新型コロナウイルスの影響でNPBは12球団代表者会議で公式戦開幕日を協議、4月24日開幕を目指す事を決議。現在行われている練習試合はパ・リーグは24日、セ・リーグは26日から休止[67]
  • 26日
    • 中日ドラゴンズは育成契約のモイセ・シエラを支配下選手として契約したことを発表。背番号は45[68]
    • 阪神タイガースの藤浪晋太郎新型コロナウイルス感染の有無を調べるために受けていたPCR検査で陽性と判定されたことが明らかにされた。現役のプロ野球選手では初の感染となった。数日前から嗅覚、味覚の異常を訴えており、病院の医師からPCR検査を打診されていた。発熱やせき、倦怠感などの症状は出ていない[69]。また藤浪と共に会食していた同僚の長坂拳弥伊藤隼太にも陽性反応が確認され、このうち長坂は26日深夜に兵庫県内の病院に入院。さらに藤浪、伊藤隼も翌27日午後に大阪府内の病院に入院した[70]
  • 28日
    • 中日ドラゴンズ球団代表の加藤宏幸は、阪神タイガースの伊藤隼太が新型コロナウイルスに感染していたことを受けて聞き取り調査した結果、選手など15人が伊藤隼と接触していたことを明かした。伊藤隼は3月20日から22日までナゴヤ球場で行われていたウエスタン・リーグの練習試合に参加していた。今後は同球場の消毒作業を行うと共に、医師からのアドバイスを受けて対応を検討[71]。翌29日には選手2人を4月5日まで自宅待機に、12人の選手・スタッフについては時間をずらして練習、仕事を行わせると発表。また4月3日から5日まで行われる予定だった広島二軍との練習試合を中止とした[72]
  • 31日

4月[編集]

  • 3日
    • NPBは臨時の12球団代表会議を開催、3月23日の時点で目標としていた4月24日開幕の断念を正式決定。試合数の削減も検討[74]。→3月23日の出来事も参照
  • 17日
    • NPBは臨時の12球団代表会議を開催、5月中の開幕は難しいと判断し、セ・パ交流戦の中止を決定[75]
  • 18日
    • 読売ジャイアンツは、写真撮影などを担当する60歳代の男性嘱託職員が新型コロナに感染していたことを発表。ただし球団内に濃厚接触者はいないとしたが[76]、念のため職員7人を自宅待機にしたほか、NPBにもこの事実を報告した[77]
  • 30日
    • 光文社写真週刊誌FLASH』5月12日・19日号が報じたNPBに関する記事で、NPBはこの日「記事は事実ではない」として記事の取り消し及び訂正記事、謝罪文の掲載を求める通知書を同社に送付したことを発表。1週間以内に応じない場合は法的措置を検討することを表明した[78]

5月[編集]

6月[編集]

  • 3日
    • 読売ジャイアンツは所属選手が新型コロナに感染した疑いがあるとして、この日東京ドームで開催を予定していた埼玉西武ライオンズとの練習試合を中止にしたことを発表[84]。その後坂本勇人大城卓三、さらに球団スタッフ2名がPCR検査を受けた結果、陽性反応が確認されたことを公表した[85]
  • 8日
    • オンラインの臨時12球団代表者会議で、専門家チームの提言を受け、選手らへの事前のPCR検査を月に1度、実施する事を決定。検査対象は監督、コーチ、選手、スタッフら全員、および審判員[86]
  • 10日
    • 千葉ロッテマリーンズは、主催公式戦全試合について3年連続で日本テレビ系のCS放送・日テレNEWS24で試合開始15分前から試合終了まで生中継することを発表。なお本拠地開幕戦となる6月23日の対オリックス・バファローズ戦は試合開始30分前の17時30分から放送される[87]。→1月26日の出来事も参照
    • NPBと選手会が事務折衝で、今季に限り実施される特例措置に合意[88][89][注 1]
      • 延長戦は10回までで打ち切る。
      • 出場選手登録とベンチ入り人数の拡大(出場選手登録は29人→31人、ベンチ入りは25人→26人)
      • トレードなど新規選手獲得期限の変更(7月末→9月末)
      • 外国人選手の1軍登録枠変更(4人→5人)
  • 12日
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスは、ステフェン・ロメロの背番号を「99」からオリックス・バファローズ時代に付けていた「9」に変更することを発表[90]
  • 15日
    • セ・パ両リーグは7月下旬以降の未発表分の公式戦日程を発表したが、セ・リーグは読売ジャイアンツと中日ドラゴンズ以外の4球団の本拠地球場が屋外のため、レギュラーシーズンの日程を確保することから今季のクライマックスシリーズの開催を断念。一方パ・リーグは同シリーズについて1位と2位が対戦するファイナルステージのみ、11月14日から17日まで開催することを発表した[91][92]
  • 16日
    • NPBと選手会が事務折衝で、FA権獲得までの日数や外国人選手起用に関する先述の特例措置の詳細に合意[93]
      • 資格取得に必要となる出場選手登録日数を1.3倍して加算する。
      • 外国人選手が同時に出場できる人数は4人のまま据え置くことで合意。5人登録する場合の投手と野手の人数の内訳については、細部の規定を17日の臨時実行委員会で承認した上で発表する。
  • 18日
  • 19日
    • 延期となっていた公式戦を無観客で開幕。
    • 阪神タイガースの西勇輝が開幕投手本塁打。史上12人目(14本目)。阪神では1938年春の御園生崇男以来史上2人目[95]。また広島東洋カープの大瀬良大地も同打を放つ。史上13人目(15本目)。複数人による開幕投手本塁打はプロ野球史上初[96]
    • 読売ジャイアンツがプロ野球史上初の球団通算6000勝[97]
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスの鈴木大地が通算1000安打。史上303人目[98]
    • オリックス・バファローズがパ・リーグワースト記録を更新する開幕戦9連敗[99]
  • 20日
    • 北海道日本ハムファイターズの西川遥輝が通算1000安打。史上304人目[100]
  • 24日
    • 読売ジャイアンツは、エンジェル・サンチェスの登録をこれまでの「右投げ左打ち」から「右投げ両打ち」に変更することを発表[101]。また球団は、6月25日発売の『週刊新潮』7月2日号において、一軍監督の原辰徳が高額の賭けゴルフをしていたと報じたことについて、「内容は事実無根である」として弁護士を通じて発行元の新潮社及び同誌編集部に対して記事の取り消し及び謝罪文の掲載を求めたことを発表した[102]
  • 25日
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスのゼラス・ウィーラーと読売ジャイアンツの池田駿の交換トレードを両球団が発表。ウィーラーの背番号は「48」に決定[103]。また28日にはオンラインによる記者会見で池田の背番号が「72」に決定したことが発表された[104]
    • 読売ジャイアンツの坂本勇人が通算350二塁打。史上44人目[105]
  • 26日
    • 中日ドラゴンズが球団通算5000敗。史上4球団目[106]
  • 27日
  • 28日
    • 北海道日本ハムファイターズの中田翔が通算1000三振。史上68人目[108]
  • 30日
    • 北海道日本ハムファイターズの中島卓也が通算1000試合出場。史上505人目[109]

7月[編集]

  • 1日
    • 中日ドラゴンズは、育成契約のアリエル・マルティネスを支配下選手登録したことを発表。背番号は「210」から「57」に変更された[110]
    • イースタン・リーグは、7月10日・11日に開催される東北楽天ゴールデンイーグルス対埼玉西武ライオンズ戦について、10日は当初のウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉から楽天生命パーク宮城に変更すると同時に試合開始時間を18時からに、また11日はウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉での開催はそのままで、試合開始時間を30分繰り下げて13時30分からにそれぞれ変更すると発表[111]
  • 3日
    • 福岡ソフトバンクホークスの今宮健太が通算300犠打。史上7人目で28歳11か月での達成は史上最年少[112]
  • 4日
    • 読売ジャイアンツ一軍監督の原辰徳が長嶋茂雄に並ぶ球団歴代2位の監督通算1034勝[113]。また、丸佳浩が通算1000三振。史上69人目[114]
  • 5日
    • 埼玉西武ライオンズ対オリックス・バファローズ6回戦(メットライフドーム)の2回表、オリックス・安達了一のセンター前ヒットで二塁から本塁へ生還した際に、西武・森友哉に対して危険なスライディングを行ったとして、オリックスのアデルリン・ロドリゲスに警告が与えられた[115]
    • オリックス・バファローズの山本由伸がプロ野球タイ記録となる1イニング3死球[116]
    • 千葉ロッテマリーンズの美馬学が通算1000投球回。史上357人目[117]
  • 6日
    • NPBはこの日、web会議システムを使用した実行委員会などで、本年の日本選手権シリーズについて原則として進出チームの本拠地球場で開催することを決定。ただし読売ジャイアンツが進出した場合は東京ドームが都市対抗野球により、また東京ヤクルトスワローズが進出した場合は神宮球場明治神宮野球大会などによりそれぞれ使用できないため、関東圏の他球場(横浜スタジアムやZOZOマリンスタジアム、メットライフドームなど)で代替開催する。また延長戦は12回打ち切りとなる[118][119]
  • 8日
    • 北海道日本ハムファイターズは、育成契約の高濱祐仁を支配下選手登録したことを発表。背番号も「162」から「91」に変更された[120]
    • 東京ヤクルトスワローズは、育成契約の松本友を支配下選手登録したことを発表。背番号も「117」から「93」に変更された[121]
    • 千葉ロッテマリーンズのジェイ・ジャクソンがこの日自ら球団に契約解除を申し出て、翌9日付で受理された[122]
  • 9日
    • 北海道日本ハムファイターズは、8月1日に札幌ドームで開催予定の対オリックス・バファローズ戦について、コロナの影響を考慮して入場人員を当初の2万人から5千人に減らし、全席指定席とした上で外野席は発売しないことを発表[123]
    • 読売ジャイアンツの亀井善行が通算1000安打。史上305人目で37歳11か月での達成は史上3番目の年長記録[124]
    • 北海道日本ハムファイターズの西川遥輝が通算1000試合出場。史上506人目[125]
  • 10日
    • 入場者数を上限5000人とした上で、観客の受け入れを開始[126][127]。しかし、オリックス・バファローズ対北海道日本ハムファイターズ4回戦(京セラドーム大阪)では日本ハム・宮西尚生の投球の際に一塁側観客席から心ない野次が発せられ試合が一時中断するトラブルがあった[128]
    • 広島県警は8日に千葉ロッテマリーンズを退団したジェイ・ジャクソンを大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕[129][130]
    • 阪神タイガース対横浜DeNAベイスターズ(阪神甲子園球場)4回戦で2019年6月21日以来・史上15度目(セ・リーグでは6度目)[注 2]となる両チーム先頭打者本塁打を記録[注 3][131]
    • 福岡ソフトバンクホークスが対東北楽天ゴールデンイーグルス(福岡PayPayドーム)4回戦に勝利し、「福岡ドーム」通算1000勝を達成[注 4][132]
    • この日行われた5試合中3試合でサヨナラ弾が出た。1日にサヨナラ本塁打が3本出たのは2019年9月4日に続いて2年連続、史上3度目[133]
  • 11日
    • 中日ドラゴンズ対広島東洋カープ(ナゴヤドーム)5回戦で広島が3回に、1イニング11安打の球団タイ記録[注 5]に並ぶ[134]
    • オリックス・バファローズ対北海道日本ハムファイターズ(京セラドーム大阪)5回戦で同点の8回から登板した日本ハム・公文克彦が通算183試合目で初黒星。自身の持つ初登板からの連続無敗記録が182でストップ[注 6][135]
    • 読売ジャイアンツ対東京ヤクルトスワローズ(ほっともっとフィールド神戸)4回戦でヤクルト・青木宣親が球団通算8000号本塁打を記録[136]
  • 13日
    • オーナー会議で2021年の公式戦概要を仮決定[137]
      • 来夏に延期された東京五輪の期間中(7月21日から8月13日)は両リーグの公式戦を中断する[137]
      • 来季の開幕は新型コロナウイルスの感染状況に左右されるが、3月26日を候補にすることで決定。公式戦の試合数は例年通り143試合とし、今年は中止や短縮を余儀なくされたオールスター戦とクライマックスシリーズも通常通り開催する方針[137]
    • 復興支援の一環として、2021年はオールスター戦を楽天生命パーク宮城で実施すると決定[138]
  • 14日
    • 来季のオールスター戦特別協賛社がマイナビに決定。期間は2021年から2023年[139]
    • 札幌ドームでの公式戦開催1000試合到達。史上19か所目(公式戦実施球場は289か所)[140]
    • 読売ジャイアンツの高田萌生と東北楽天ゴールデンイーグルスの高梨雄平との交換トレードを両球団が発表。背番号は高田、高梨ともに「53」に決定[141]
    • 北海道日本ハムファイターズの西川遥輝が通算250盗塁。史上46人目[142]
    • 読売ジャイアンツ一軍監督の原辰徳が長嶋茂雄を超える球団歴代2位の監督通算1035勝[143][注 7]
    • 横浜DeNAベイスターズが対中日ドラゴンズ4回戦(ナゴヤドーム)に勝利。史上初めて15試合連続で勝利と敗戦を交互に記録した[145][注 8]
    • 阪神タイガース対東京ヤクルトスワローズ4回戦(阪神甲子園球場)の8回表ヤクルト・廣岡大志の打席の際に三塁側観客席から禁止事項である大声を上げての声援があったため[注 9]、球審の飯塚富司が注意を与える一幕があった[146][147]
  • 16日
    • 埼玉西武ライオンズの中村剛也が通算300二塁打。史上73人目[148]
    • 横浜DeNAベイスターズが対中日ドラゴンズ6回戦(ナゴヤドーム)で連敗したことにより、勝利と敗戦を交互に記録のいわゆる「ヌケヌケ」[注 10]が史上最多の16試合でストップ[151]
  • 17日
  • 19日
    • 埼玉西武ライオンズの平良海馬が対東北楽天ゴールデンイーグルス・4回戦(楽天生命パーク宮城)で日本人投手6人目[注 11]の球速160km/hを記録[153]
    • 中日ドラゴンズのダヤン・ビシエドが日米通算1000安打[154]
  • 21日
    • 東北楽天ゴールデンイーグルス対オリックス・バファローズ(楽天生命パーク宮城)4回戦は8回表途中で濃霧コールドとなった[注 12]
  • 22日
    • 埼玉西武ライオンズは、8月にメットライフドームで開催される主催9試合全てについて、引き続き観客数の上限を5000人にして行うと発表[156]
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスのステフェン・ロメロが全球団本塁打を達成。史上38人目[157]
  • 23日
    • オリックス・バファローズのT-岡田が通算1000三振。史上70人目[158]
  • 24日
    • 東京ヤクルトスワローズ対読売ジャイアンツ6回戦(神宮球場)で、7回表巨人・重信慎之介の打球が右翼外野フェンス上部の金網を突き破ってスタンドインする珍事が発生。規定によりエンタイトル二塁打とされた[159][注 13]
  • 26日
    • 読売ジャイアンツが田中豊樹を支配下選手登録[161]。背番号は「19」。
    • 読売ジャイアンツの坂本勇人が通算1000得点を記録[162]
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスの藤平尚真が対打者2人で危険球退場。先発投手が打者2人で危険球退場するのはプロ野球史上10人目(11度目)で最速タイ[163]
    • 埼玉西武ライオンズの栗山巧が通算350二塁打。史上45人目[164]
    • 福岡ソフトバンクホークスが現在の球団名に改称後、通算1200勝[165]
  • 27日
    • 東京ヤクルトスワローズは、24日から神宮球場で行われた対読売ジャイアンツ三連戦中に体温が37度以上あった観客1人の入場を断り、チケットを払い戻していたことを明らかにした[166][167]
  • 28日
  • 29日
    • 東京ヤクルトスワローズの青木宣親が日米通算2400安打[174]
    • 北海道日本ハムファイターズの宮西尚生が通算700登板。史上17人目[注 19][175]
  • 31日
    • 福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐が月間31得点のプロ野球タイ記録[注 20][176]
    • 読売ジャイアンツは、8月1日付で三軍監督の井上真二が二、三軍を強化するファームディレクターに、三軍総合コーチの二岡智宏が三軍監督にそれぞれ就任する人事を発表[177]

8月[編集]

  • 1日
    • 福岡ソフトバンクホークスは、一軍打撃コーチの立花義家突発性難聴の疑いで当面の間休養することを発表[178]
    • 福岡ソフトバンクホークスは、外野手の長谷川勇也が新型コロナウイルスに感染していることを発表。長谷川の感染経路がファーム施設を練習で利用した一軍選手の可能性もあることから翌日の対埼玉西武ライオンズ第12回戦(福岡PayPayドーム)の開催中止を決定した[179]
    • 横浜DeNAベイスターズの今永昇太がセ・リーグ2位タイ[注 21]の7者連続三振[180]
  • 2日
  • 4日
    • 読売ジャイアンツの坂本勇人が通算3000塁打を達成。史上60人目[182]
  • 5日
    • 横浜DeNAベイスターズ一軍監督のアレックス・ラミレスが監督通算300勝。別当薫三原脩に続く球団史上3人目[183]
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスの涌井秀章9回以降の1安打のみで完封勝利を史上初の2球団で記録[注 22][184]
    • 広島東洋カープの野村祐輔が通算175試合目の先発登板。プロ入り以降、全て先発登板なのは涌井秀章(2005年 - 2012年)と並び日本人投手最長タイ記録[185]
  • 6日
    • 読売ジャイアンツの増田大輝が対阪神タイガース7回戦(阪神甲子園球場)の8回1死からプロ初登板し、2/3回を投げ交代完了。野手が登板するのは2000年のオリックス対近鉄戦・五十嵐章人(当時オリックス)以来20年ぶり[注 23][186][187]
  • 7日
    • 千葉ロッテマリーンズの益田直也が通算100セーブ。史上33人目。同時に史上5人目[注 24]の「100セーブ・100ホールド」を達成[188]
  • 9日
  • 11日
    • 広島東洋カープの野村祐輔がプロ入り以降の連続先発登板数を日本人投手史上最長の176試合に更新[注 27][190]。→ 8月5日の出来事を参照。
  • 12日
    • 北海道日本ハムファイターズの宮西尚生が自身のプロ野球記録を更新する通算350ホールド[191]
  • 14日
    • 読売ジャイアンツの中島宏之が通算200本塁打。史上107人目[192]
    • 広島東洋カープの森下暢仁が、先発出場した9選手全員からの奪三振を記録。セントラル・リーグでは2005年の川上憲伸以来史上2人目[193]
  • 15日
  • 16日
    • 東京ヤクルトスワローズの青木宣親が日米通算150本塁打(NPB:117 MLB:33)[197]
  • 18日
  • 20日
    • 読売ジャイアンツの炭谷銀仁朗が通算200犠打。史上43人目[203]
    • オリックス・バファローズは西村徳文・一軍監督の辞任(中嶋聡が監督代行)とコーチ陣の配置転換[注 30]を発表[204]
    • 埼玉西武ライオンズは、佐藤龍世相内誠の両選手に対し無期限の対外試合出場禁止および、ユニフォーム着用禁止の処分を下したことを発表。両選手は4月12日、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、球団が全チーム関係者に自宅待機および不要不急の外出禁止と定めていた期間中にも関わらず佐藤が運転、相内が同乗の自家用車で千葉県内のゴルフ場でゴルフをするために外出、その際道路交通法に違反する危険な走行をしていた事実が判明したことによるもの[205]
    • 広島東洋カープは、二軍監督の水本勝己の身内に不幸があったとして、この日のウエスタン・リーグ・対オリックス・バファローズ戦(山口由宇球場)は二軍打撃コーチの東出輝裕が監督代行を務めた[206]
    • 福岡ソフトバンクホークスの森唯斗が通算100ホールド[207]
  • 22日
  • 23日
    • 千葉ロッテマリーンズは育成登録だった大嶺祐太を支配下選手登録[210]。背番号は64[211]
    • 広島東洋カープは例年マツダスタジアムで行われている新人入団テストについて、今年度はコロナウイルス感染拡大防止として中止することを発表[212]
    • 東京ヤクルトスワローズの山田哲人が通算1000試合出場。史上507人目[213]
    • オリックス・バファローズの漆原大晟が育成出身では史上初の初登板・初セーブ[注 31][214]
  • 25日
    • オリックス・バファローズの山本由伸が日本人投手の連続イニング奪三振をプロ野球新記録の24に更新[注 32][215]
  • 26日
    • 埼玉西武ライオンズの中村剛也が通算1500安打。史上125人目[216]
    • NPB審判員の杉永政信が通算2500試合出場。史上44人目、現役審判では3人目[217]
  • 27日
  • 29日
  • 31日
    • 福岡ソフトバンクホークスが育成選手の渡邉雄大を支配下選手登録[221]。背番号は48[221][222]
    • 阪神タイガースは、藤川球児が今季限りで現役を引退することを発表。藤川本人からこの日退団の申し入れがあり、球団がこれを了承した[223][224][225]

9月[編集]

  • 3日
    • 広島東洋カープのクリス・ジョンソンが球団の外国人選手としてワースト、そしてプロ野球タイ記録に並ぶ開幕から7連敗[226]
    • 阪神タイガース一軍監督の矢野燿大が監督通算100勝[227]
    • 福岡ソフトバンクホークスの嘉弥真新也が通算300登板[228]
    • オリックス・バファローズ対福岡ソフトバンクホークス18回戦(京セラドーム大阪)でオリックスの吉田正尚が8回裏に二盗を決め、これがプロ野球史上初の球団通算9500盗塁[229]
  • 4日
  • 6日
    • オリックス・バファローズの安達了一が通算200犠打。史上44人目[234]
  • 7日
  • 9日
    • 中日ドラゴンズの平田良介が通算1000安打。史上307人目[240]
    • 読売ジャイアンツの坂本勇人がナゴヤドーム史上初の1試合3本塁打[241]
    • 読売ジャイアンツ一軍監督の原辰徳が川上哲治と並び球団タイ記録となる通算1066勝を達成[242]
    • オリックス・バファローズのT-岡田が球団通算8500号本塁打。史上5球団目[243]
  • 10日
    • 北海道日本ハムファイターズの中田翔が通算250本塁打。史上64人目[244]
    • オリックス・バファローズのアダム・ジョーンズが日米通算2000安打を達成[245]
  • 11日
    • 読売ジャイアンツ一軍監督の原辰徳が川上哲治を超える球団新記録の通算1067勝を達成[246]
    • 中日ドラゴンズ一軍監督の与田剛が通算100勝を達成[247]
  • 12日
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスの渡辺直人が今季限りでの現役引退を表明[248][249]
    • 埼玉西武ライオンズの山川穂高が通算150本塁打。史上175人目で498試合目での達成は秋山幸二の528試合目を抜き日本人選手最速[250][251]
    • 北海道日本ハムファイターズは、一軍内野守備コーチの飯山裕志がPCR検査で新型コロナウイルスの陽性反応を示したことを発表[252]
  • 13日
    • 福岡ソフトバンクホークス対埼玉西武ライオンズ第14回戦(ペイペイドーム)で、1回表の西武・外崎修汰の先頭打者本塁打の1点のみで勝利するプロ野球史上7度目の珍事[注 35][254]。一方、ソフトバンクが先頭打者本塁打で敗戦したのは球団では50年ぶり2度目[注 36]
  • 14日
    • オリックス・バファローズが育成契約の大下誠一郎を支配下選手登録。背番号は「40[256]。また佐野皓大の登録を「右投げ右打ち」から「右投げ両打ち」に変更したことを発表[257]
  • 15日
  • 16日
  • 17日
  • 18日
    • 阪神タイガースの大山悠輔が満塁本塁打を含む2打席連続本塁打を月間2度記録。史上初[注 38][267]
  • 19日
    • 横浜DeNAベイスターズのネフタリ・ソトが通算100本塁打。史上297人目。また321試合目での到達は球団史上最速、プロ野球歴代でも山川穂高らと並び6位タイの記録となった[268][269]
  • 20日
    • 東京ヤクルトスワローズが対広島東洋カープ14回戦(神宮球場)で初回先頭打者から3者連続本塁打。1995年10月1日の中日ドラゴンズ[注 39]以来25年ぶり史上5度目で球団及び21世紀では初[271]
  • 21日
    • 広島東洋カープは、DJ.ジョンソンが金銭トレードで東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍することを発表[272]。同日中に支配下選手登録され、背番号は「42」、登録名も「D.J.ジョンソン」に変更[273][274]
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスが育成契約の福山博之を支配下選手登録。背番号は「64[275]。またコミッショナーの斉藤惇は、前日20日のイースタン・リーグ・対読売ジャイアンツ戦(読売ジャイアンツ球場)で球審に暴言を吐いて退場処分を受けたJ.T.シャギワに対し厳重注意及び制裁金5万円の処分を科した[276]
    • 千葉ロッテマリーンズは、元中日ドラゴンズで、MLB・ボルチモア・オリオールズ及びマイアミ・マーリンズなどにも在籍した経験を持つチェン・ウェインを獲得し、支配下選手登録したことを発表。背番号は「58[277][274]
    • 東京ヤクルトスワローズがセ・リーグワーストとなるシーズン20度目の逆転負け[278]
  • 22日
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスが球団通算1000勝[279]
    • 北海道日本ハムファイターズが育成契約の樋口龍之介を支配下選手登録。背番号は「93[280]
    • 広島東洋カープの長野久義全球団から本塁打を達成。史上39人目。またこの本塁打が球団通算8500号となった[281]
    • 埼玉西武ライオンズの金子侑司が通算200盗塁。史上78人目[282]
    • 横浜DeNAベイスターズのホセ・ロペスが日米通算2000試合出場[283]
    • 読売ジャイアンツ対広島東洋カープ第14回戦(東京ドーム)の2回表広島・松山竜平の打席の際に球審の本田英志がボールカウントを間違え、試合が約2分半中断するハプニング。本当は2ボール2ストライクであったにもかかわらず、本田が3ボール2ストライクにスコアボードを訂正するよう求めたことから混乱が発生。巨人・大城卓三が必死にアピールし、確認作業を経て正確なボールカウントで試合は再開された[284][285]
  • 23日
    • 中日ドラゴンズが育成契約のマルクを支配下選手登録。背番号は「82[286]
    • 福岡ソフトバンクホークスのアルフレド・デスパイネが、ソフトバンクが現球団名に改称後球団通算2000号本塁打[287]
    • 埼玉西武ライオンズが1979年に本拠地を埼玉県所沢市に移転し、球団名に「西武」を冠してから球団通算3000勝[288]
    • オリックス・バファローズの左澤優が新型コロナウイルスに感染していたことが判明[289]。ただし18日からの二軍の福岡遠征には参加しておらず、また濃厚接触の疑いがある者はいない[290]
  • 24日
    • 埼玉西武ライオンズの中村剛也が本拠地通算200本塁打[291]。史上8人目[292]
    • オリックス・バファローズの竹安大知が新型コロナウイルスに感染していたことが判明[293]。一軍との接触はなく、前日に感染が判明した左澤優の濃厚接触者が特定されるまで、二軍の全選手が自宅待機する[293]。これを受け、広島東洋カープは25日と26日に山口・由宇球場で開催予定だったウエスタン・リーグの対オリックス戦を中止することを発表した[294]
  • 25日
    • 阪神タイガースの浜地真澄が新型コロナウイルスに感染していたことが判明[295]。この日の二軍・対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤ球場)が急遽中止された[296]
      • 上記の浜地のほかに岩貞祐太陽川尚将糸原健斗馬場皐輔の4人とチームスタッフ2人の計6人が新型コロナウイルスに感染していたことが新たに判明した[297]。岩貞・馬場・小林・小川・岩崎・木浪・糸原・陽川・福留・江越が「感染拡大防止特例2020」の対象となり、能見・藤浪・谷川・斎藤・上本・北條・熊谷・高山・島田が代替選手として登録された[298]。その後の球団の調査で、19日の一軍の名古屋遠征の際、球団が定めた内規に違反して会食を行っていたことが明らかになった[299]
  • 26日
    • オリックス・バファローズのT-岡田が史上12人目となる全打順本塁打を達成[300]
    • 広島東洋カープが育成契約の藤井黎來を支配下選手登録。背番号は「58[301]
  • 27日
  • 29日
    • 読売ジャイアンツは、田中貴也が金銭トレードで東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍することを発表。背番号は「55[303][304]
    • 阪神タイガースの一軍チームスタッフ1人が新型コロナウイルスに感染していたことが判明した[305]。ただし、同日に阪神甲子園球場で実施される一軍公式戦(対中日ドラゴンズ戦)への影響はない[305]。→ 9月25日の出来事を参照。
    • 広島東洋カープがロベルト・コルニエルとの育成選手契約を発表。背番号は「147[306][307][308]
    • 読売ジャイアンツの菅野智之が2004年の岩隈久志に並ぶ開幕投手でシーズン12連勝のプロ野球タイ記録(セ・リーグ初、球団新記録)を達成[309]
  • 30日
    • 阪神タイガースが育成契約の横山雄哉石井将希を支配下選手登録。背番号は横山が「91」、石井が「93[310]
    • 阪神タイガースの一軍チームスタッフ1人が新型コロナウイルスに感染していたことが判明した[311]。ただし、翌日に阪神甲子園球場で実施される一軍公式戦(対中日ドラゴンズ戦)への影響はない[311]。→ 9月25日、29日の出来事を参照。
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスの涌井秀章が2リーグ制後初の同一リーグ3球団で二桁勝利を記録[312]
    • 横浜DeNAベイスターズの梶谷隆幸が球団新記録の月間42安打[313]

10月[編集]

  • 1日
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスの浅村栄斗が通算1000三振。史上71人目[314]
  • 2日
    • 阪神タイガースの西勇輝が通算1500投球回。史上179人目[315]
    • 北海道日本ハムファイターズが球団通算5000敗。史上5球団目[316]
  • 4日
    • 北海道日本ハムファイターズが球団通算10000試合。史上6球団目[317]
    • 千葉ロッテマリーンズの岩下大輝と一軍チームスタッフ1人が新型コロナウイルスに感染していたことが判明した[318]
  • 5日
    • NPBはこの日行った理事会などで、読売ジャイアンツが日本選手権シリーズに出場した場合は京セラドーム大阪で開催することが正式報告され承認された。本来の本拠地である東京ドームが都市対抗野球で使用できないための措置[319]。→7月6日の出来事も参照
    • 千葉ロッテマリーンズで新型コロナウイルスの新たな感染者が判明した[320]。これに伴い、6日にロッテ浦和球場で予定されていたイースタン・リーグ公式戦(対横浜DeNAベイスターズ戦)が中止された。→10月4日の出来事も参照。
  • 6日
  • 7日
    • 千葉ロッテマリーンズの岡大海と1軍チームスタッフ2名が新たに保健所から濃厚接触者に追加特定されたと発表[326]。→10月4日、5日、6日の出来事も参照。
  • 8日
    • 8月に道路交通法違反で起訴された埼玉西武ライオンズの佐藤龍世に対し、東京地裁が懲役3ヶ月・執行猶予2年の有罪判決を言い渡した[327]。→8月20日の出来事も参照。
    • 福岡ソフトバンクホークスの中村晃が通算1000試合出場。史上508人目[328]
    • 読売ジャイアンツ対横浜DeNAベイスターズ18回戦(東京ドーム)の3回裏巨人の攻撃中、レフトスタンドから発せられた反射物らしきものにより「試合の進行の妨げになっている」として試合が数分間中断するハプニングがあった[329]
  • 9日
    • 阪神タイガースの揚塩健治球団社長が辞任を表明。チーム内での新型コロナウイルス感染拡大を受けての引責辞任(11月末の任期満了まで)[330]。→3月26日、9月25日の出来事も参照。
    • 読売ジャイアンツの三軍選手1人とファームスタッフ2人、計3人の新型コロナウイルス感染が判明した。ただし、13日のイースタンリーグ公式戦への影響はない[331]
  • 11日
    • ヤクルトスワローズの五十嵐亮太が今季限りでの現役引退を表明[332]
    • 福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩が通算3000塁打。史上61人目[333]。また、森唯斗が通算100セーブ。史上34人目。同時に史上6人目[注 41]の「100セーブ・100ホールド」をプロ野球史上初の同じ年に達成[334]。→8月20日の出来事も参照。
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスの浅村栄斗が球団初の2年連続30本塁打[335]
  • 12日
  • 13日
    • 横浜DeNAベイスターズがセントラル・リーグタイ記録となる9試合連続複数本塁打[338]
    • 読売ジャイアンツの菅野智之が対広島東洋カープ19回戦(東京ドーム)で敗戦投手となり、プロ野球記録である開幕投手のシーズン連勝が13でストップ[339]
  • 15日
    • 広島東洋カープの菊池涼介が二塁手の連続守備機会無失策記録をセ・リーグ新記録の434に更新(これまでの最長は和田豊の432)[340]
    • 北海道日本ハムファイターズの近藤健介が1試合4二塁打。史上13人目、日本タイ記録[341]
  • 16日
    • 横浜DeNAベイスターズの佐野恵太が球団タイ記録の5試合連続本塁打[342]
    • オリックス・バファローズが埼玉西武ライオンズに敗れ、6年連続でシーズン負け越しが確定した[343]
  • 17日
    • 中日ドラゴンズのライデル・マルティネスが24イニング連続奪三振のセ・リーグ新記録を達成[344]
  • 19日
  • 20日
    • 埼玉西武ライオンズの高橋朋己が今季限りでの現役引退を表明[348]
    • 福岡ソフトバンクホークスの周東佑京がシーズン40盗塁。育成出身選手史上2人目[349]
  • 21日
    • 中日ドラゴンズのダヤン・ビシエドが通算100本塁打。史上298人目[350]
  • 22日
    • コミッショナーの斉藤惇は、前日21日のウエスタン・リーグ・広島東洋カープ対福岡ソフトバンクホークス戦(由宇球場)で球審の投球判定に対して暴言を吐き退場処分を受けたソフトバンクの佐藤直樹に対して厳重注意と制裁金5万円の処分にしたことを発表[351]
    • 中日ドラゴンズの大野雄大が連続無失点の球団記録「40回1/3」を更新。この試合でセ・リーグ5位の「45回」とした[352]
    • 東北楽天ゴールデンイーグルスの岸孝之が通算2000投球回。史上90人目[353]
    • 福岡ソフトバンクホークスの周東佑京が42盗塁。育成出身選手のシーズン最多盗塁記録を更新[354]

予定[編集]

※これらの予定は、コロナウイルスの状況によっては開催内容の変更・日程の変更・中止の可能性がある。

10月[編集]

11月[編集]

[358]

競技結果[編集]

セントラル・リーグ[編集]

2020年 JERA セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 ---
2位
3位
4位
5位
6位

パシフィック・リーグ[編集]

2020年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 ---
2位
3位
4位
5位
6位

セ・パ交流戦[編集]

新型コロナウイルスの感染拡大により開催中止[359]

クライマックスシリーズ[編集]

セ・リーグは中止、パ・リーグはファイナルのみ

2020 パーソル クライマックスシリーズ パ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
アドバンテージ
11月14日(土) 第1戦 -
11月15日(日) 第2戦 -
11月16日(月) 第3戦 -
11月17日(火) 第4戦 -
勝者:

日本シリーズ[編集]

日本シリーズ2020
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
11月21日(土) 第1戦 - セ・リーグ出場チーム本拠地球場
11月22日(日) 第2戦 -
11月23日(月) 移動日
11月24日(火) 第3戦 - パ・リーグ出場チーム本拠地球場
11月25日(水) 第4戦 -
11月26日(木) 第5戦 -
11月27日(金) 移動日
11月28日(土) 第6戦 - セ・リーグ出場チーム本拠地球場
11月29日(日) 第7戦 -
優勝:

個人タイトル[編集]

セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手        
最優秀新人        
首位打者
本塁打王
打点王
最多安打
盗塁王
最高出塁率
最優秀防御率
最多勝利
最多奪三振
最高勝率
最多セーブ投手
最優秀中継ぎ投手

月間MVP[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
投手 球団 野手 球団 投手 球団 野手 球団
6・7月 菅野智之 巨人 村上宗隆 ヤクルト 涌井秀章 楽天 柳田悠岐 ソフトバンク
8月 菅野智之 巨人 佐野恵太 DeNA 石川歩 ロッテ 吉田正尚 オリックス
9月 大野雄大 中日 梶谷隆幸 DeNA 山本由伸 オリックス 浅村栄斗 楽天
10・11月

ベストナイン[編集]

セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手        
捕手        
一塁手        
二塁手        
三塁手        
遊撃手        
外野手        
       
       
指名打者    

ゴールデングラブ賞[編集]

セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
投手        
捕手        
一塁手        
二塁手        
三塁手        
遊撃手        
外野手        
       
       

オールスターゲーム[編集]

新型コロナウイルスの感染拡大により開催中止[360]

ファーム[編集]

誕生[編集]

2020年の野球を参照

死去[編集]

2020年の野球を参照

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ FA資格取得などに影響する出場選手登録日数の扱いについては、シーズン短縮で登録可能期間が約50日減ることを勘案するよう求める選手会と、試合数(120)を基準にするべきとするNPB側との隔たりが埋まらなかった。これに関して選手会は15日に選手の意見を集約し、16日に再び事務折衝を行う。
  2. ^ 阪神が関係した試合では、1957年6月4日(川崎)・国鉄戦(阪神・吉田義男、国鉄・佐藤孝夫)、1978年6月7日・(甲子園)中日戦(中日・高木守道、阪神・中村勝広)に次いで、42年ぶり3度目。
  3. ^ DeNA・梶谷隆幸(投手・青柳晃洋)、阪神・近本光司(投手・大貫晋一
  4. ^ 初勝利は1993年4月18日の近鉄バファローズ戦。1767試合目での到達。
  5. ^ 1986年6月3日の大洋戦で9回に記録して以来34年ぶり
  6. ^ 「初登板から」の条件を外した連続記録でも、1997〜2004年の柴田佳主也(235試合・ダイエー)、2009〜2014年の小林正(188試合・中日)に次ぐ歴代3位の長さ。
  7. ^ 先発した菅野智之は、原の通算800、900勝と令和初勝利の試合で勝利投手[144]
  8. ^ これまで勝敗の連続は、1963年・国鉄、1969年1970年阪急1975年・広島、2002年・ダイエーの14試合。
  9. ^ 新型コロナ対策として、有観客試合では大声を出して声援することを禁止する事項がガイドラインの中に盛り込まれている。
  10. ^ スポーツ新聞によっては「オセロ状態」と表記しているところもある[149][150]
  11. ^ 由規大谷翔平藤浪晋太郎千賀滉大山本由伸に次ぐ。投手全体では13人目。
  12. ^ レギュラーシーズンでの濃霧コールドゲームは20年ぶり[155]
  13. ^ 金網を突き破ってのエンタイトル二塁打は、1987年5月9日の山形県野球場での日本ハムファイターズ南海ホークスにおける南海・山本和範以来33年ぶり[160]
  14. ^ 2010年5月7日(対広島東洋カープ・阪神甲子園球場)の城島健司マット・マートン以来。
  15. ^ 1978年、広島東洋カープのジム・ライトルエイドリアン・ギャレット以来[168]
  16. ^ セ・リーグでは11人目。
  17. ^ 30イニング以上が条件。
  18. ^ 金田正一国鉄スワローズ、読売ジャイアンツ)2度、村山実(阪神タイガース)4度、田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)に次いで。
  19. ^ プロ入りから全て救援登板。リリーフで700試合登板は史上5人目(パ・リーグ史上初)。初登板から700試合連続リリーフ登板は、822試合の五十嵐亮太(東京ヤクルトスワローズ)に次いで2人目。
  20. ^ 2リーグ制後では、1964年5月の広瀬叔功南海ホークス)と2013年8月の村田修一(読売ジャイアンツ)に並ぶ
  21. ^ セ・リーグ記録は1960年、鈴木隆大洋)の8者連続。パ・リーグ記録は1957年、梶本隆夫阪急)と1958年、土橋正幸東映)の9者連続。
  22. ^ 涌井は西武時代の2010年5月7日、対福岡ソフトバンクホークス戦でも記録し、自身10年ぶり。同記録はプロ野球史上3度目(1983年8月20日、1984年5月29日の近鉄戦でロッテオリオンズ仁科時成に次いで)36年ぶり2人目。
  23. ^ 野手として登板したケースは次の通り。呉晶征、千葉茂、野草義輝、高橋博士、広瀬叔功、大隅正人、長谷川一夫、デストラーデ(※永淵洋三、W.スミス、F.ペルドモ、嘉勢敏弘は除く)が登板。公式戦以外ではイチローが球宴で登板。MLBではイチロー、青木宣親が登板している。
  24. ^ 藤川球児、増井浩俊、武田久、平野佳寿に次いで。
  25. ^ 1964年7月15日、国鉄対大洋(神宮・第2試合)、黒木基康が渋谷誠司から[189]
    2001年6月29日、ダイエー対ロッテ(福岡ドーム)、城島健司が小野晋吾から[189]
  26. ^ 初回満塁本塁打の得点のみで勝利すること。
  27. ^ プロ野球記録は、N.ミンチーの187試合。
  28. ^ 日本プロ野球関係者の野球殿堂表彰式はその年のオールスターゲームの際に開催球場にて執り行われるのが通常であるが、今年度(2020年)は新型コロナウイルス感染症拡大の影響でオールスターゲームそのものが開催中止となったことから、別途表彰式の機会を設けられた。
  29. ^ 2014年の則本昂大(東北楽天ゴールデンイーグルス)以来。
  30. ^
    辻竜太郎・二軍打撃コーチ → 1軍打撃コーチ
    斎藤俊雄・二軍バッテリーコーチ → 1軍バッテリーコーチ
    小林宏・二軍投手コーチ → 二軍監督代行
    小谷野栄一・二軍打撃コーチ → 二軍野手総合コーチ
    平井正史・一軍投手コーチ → 二軍投手コーチ
    後藤光尊・一軍打撃コーチ → 二軍打撃コーチ
    三輪隆・育成統括コーチ → 二軍バッテリーコーチ
    酒井勉・育成コーチ → 育成統括コーチ
    鈴木郁洋・一軍バッテリーコーチ → 育成コーチ
    中垣征一郎・パフォーマンスコーチ兼コーチングディレクター → 巡回パフォーマンスコーチ兼コーチングディレクター
  31. ^ 初登板・初セーブは、ライアン・クック(2019年・巨人)以来。日本人投手では、永川勝浩(2003年・広島)以来7人目。球団では1974年・石田芳雄、1982年・山沖之彦、1993年・金田政彦に次いで27年ぶり4人目。また、育成出身では史上初めてで、2年目以降に記録したのは1983年・中条善伸(3年目・巨人)以来、37年ぶり。
  32. ^ その後、25まで更新。これまでの最長記録は、1980年・江夏豊(阪神)と木田勇(日本ハム)、2019年・種市篤暉(ロッテ)がマークした23イニング。最多は2015年・D.サファテ(ソフトバンク)の43イニング。次いで2002年・張誌家(西武)の28イニング。25イニングは歴代3位。
  33. ^ 球団1号:2005年4月1日、礒部公一(対西武)。500号:2010年6月4日、中村紀洋(対横浜)。1000号:2016年8月30日、島内宏明(対日本ハム)。
  34. ^ ・各球団ごとに用意された換気の良い個室で、リモート形式にて実施。・1巡目競合の場合は代表者が別部屋の会場で抽選を行う。・無観客での実施。
  35. ^ 2015年4月17日の広島(対中日4回戦・打者:丸佳浩)以来、6年ぶり史上19度目(表7度・裏12度目)。パ・リーグでは10度目(表4度・裏6度目)。西武では、1999年8月14日の対日本ハム20回戦(打者:大友進)以来21年ぶり5度目[253]
  36. ^ 1950年9月23日の対西鉄15回戦(打者:甲斐和雄)以来。初回1失点だけで0-1の「スミ1」負けは、2014年9月14日の対ロッテ23回戦(ヤフオクドーム)以来、6年ぶり[255]。工藤政権では初。
  37. ^ 史上最速記録は南海ホークス(1965年)の58試合。
  38. ^ シーズンで同一チームの2人が月間2本の満塁弾を打ったのは、1978年・阪神(7月:掛布、8月:田淵)、1980年・西武(6月:J.タイロン、8月:立花)に次いで40年ぶり3度目。
  39. ^ この時の中日は立浪和義種田仁松井達徳による先頭打者から3者連続本塁打[270]
  40. ^ プロ野球記録は落合博満(1991年10月13日)の6四球。
  41. ^ 藤川球児、増井浩俊、武田久、平野佳寿、益田直也に次いで。
  42. ^ 当初は11月5日に開催予定だったが、プロ野球の開幕延期により11月中も公式戦が行われていること、またアマチュア選手に配慮する形で10日前倒しとなった。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ "ソフトバンクのコラスがメジャー目指し亡命か". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 4 January 2020. 2020年1月4日閲覧
  2. ^ "DeNAドラ3・伊勢が交通事故 運転する車が交差点で右折車と衝突". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 7 January 2020. 2020年1月7日閲覧
  3. ^ "巨人、阪神などで新人合同自主トレ/写真特集". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 8 January 2020. 2020年1月8日閲覧
  4. ^ "ソフトB 今季スローガンは「S15」 工藤監督「常に上を向いて進化」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 7 January 2020. 2020年1月7日閲覧
  5. ^ "楽天、サブロー氏のファームディレクター就任発表". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 8 January 2020. 2020年1月8日閲覧
  6. ^ "DeNA、筒香の背番号「25」を"準永久欠番"扱いに". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 9 January 2020. 2020年1月9日閲覧
  7. ^ "楽天がドジャース自由契約のシャギワ投手と契約合意". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 9 January 2020. 2020年1月9日閲覧
  8. ^ "ロッテ 佐々木朗希、NPB新人研修会受講 ヤクルト・奥川と再会で質問「自主トレどんな感じ?」". Sponichi Anenx. スポーツニッポン新聞社. 10 January 2020. 2020年2月3日閲覧
  9. ^ “2020年 野球殿堂入り発表 田淵幸一氏、前田祐吉氏、石井連藏氏が殿堂入り” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 野球殿堂博物館, (2020年1月14日), http://i.baseball-museum.or.jp/baseball_hallo/news/halloffame2020_02.html 2020年1月14日閲覧。 
  10. ^ "日本ハム 今季のスローガンは「羽撃く(はたたく)」栗山監督V奪還へ「殻を破れ」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 17 January 2020. 2020年1月17日閲覧
  11. ^ "楽天新スローガン決定 13年以来7年ぶりV目指す". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 17 January 2020. 2020年1月17日閲覧
  12. ^ "西武が今季スローガン発表「Leolution!」". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 21 January 2020. 2020年1月22日閲覧
  13. ^ 2020年シーズン福岡ソフトバンクホークス主催全試合スカパー!が放送権を獲得!! (PDF)”. スカパーJSAT株式会社 (2020年1月21日). 2020年3月2日閲覧。
  14. ^ "阪神・守屋、妻に暴行容疑で書類送検…球団広報部「守屋選手からの暴力行為は一切ないと聞いております」". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 23 January 2020. 2020年1月23日閲覧
  15. ^ "阪神・守屋 DV否定…妻からのモラハラ被害主張「夫婦げんかで暴れ出したの止めていた」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 24 January 2020. 2020年1月25日閲覧
  16. ^ "ソフトB デスパ&グラと2年契約正式発表 バレ、ギータを加え通算636発の超重量"カルテット"完成". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 25 January 2020. 2020年1月25日閲覧
  17. ^ "DeNA、新スローガン発表 ラミ監督「いよいよ"集大成"の一年」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 26 January 2020. 2020年1月26日閲覧
  18. ^ "中日 キューバ出身のアリエル・マルティネス投手と育成契約". Sponcihi Annex. スポーツニッポン新聞社. 26 January 2020. 2020年1月27日閲覧
  19. ^ "ロッテ・ドラ1朗希 石垣島入り 「日テレNEWS24」が専用カメラ設置、一挙手一投足を連日放送". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 27 January 2020. 2020年1月27日閲覧
  20. ^ "楽天 前オリックスのロメロを獲得 石井GM期待「日本の野球を熟知」". Sponichi Anenx. スポーツニッポン新聞社. 27 January 2020. 2020年1月27日閲覧
  21. ^ (株)ファイターズ スポーツ&エンターテイメント” (日本語). (株)ファイターズ スポーツ&エンターテイメント. 2020年1月29日閲覧。
  22. ^ "NPB、プロスポーツ協会を脱退". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 31 January 2020. 2020年1月31日閲覧
  23. ^ "元ヤクルト・バーネット氏 古巣の駐米編成部アドバイザー就任". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 31 January 2020. 2020年1月31日閲覧
  24. ^ "応援のジェット風船、自粛求めるキャンプ地の試合で阪神、中日". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 7 February 2020. 2020年2月8日閲覧
  25. ^ "【DeNA】阪神、中日に続き、沖縄県内での試合でジェット風船の使用を禁止". スポーツ報知. 報知新聞社. 8 February 2020. 2020年2月8日閲覧
  26. ^ "西武、交流試合を中止…台湾チームが新型肺炎感染を警戒". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 12 February 2020. 2020年2月13日閲覧
  27. ^ "西武 ジェット風船による応援自粛を呼びかけ 新型コロナウイルス感染拡大で". Sponcihi Annex. スポーツニッポン新聞社. 12 February 2020. 2020年2月13日閲覧
  28. ^ "日本ハム・城石コーチが救急搬送 左膝打球直撃後に倒れ顔面強打 頭部異常なく「下顎部の打撲」". Sponichi Anenx. スポーツニッポン新聞社. 12 February 2020. 2020年2月13日閲覧
  29. ^ "日本ハム、レンジャーズにコーチ派遣 大引氏「指導者へのチャンスあますところなく覚えてくる」". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 13 February 2020. 2020年2月13日閲覧
  30. ^ "ヤクルト、ノムさんの追悼試合を3・22開催 全員「73」ユニ". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 15 February 2020. p. 1. 2020年2月15日閲覧
  31. ^ "阪神・矢野監督、星野さんと野村さん受け継ぐ 15日広島戦と16日楽天戦でノムさん追悼". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 15 February 2020. p. 1. 2020年2月15日閲覧
  32. ^ "ロッテ&楽天がファンサービス自粛 新型コロナ拡大で". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 15 February 2020. 2020年2月16日閲覧
  33. ^ "中日がファンサービスを一部制限 新型コロナウイルス感染拡大の影響". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 15 February 2020. 2020年2月16日閲覧
  34. ^ "オリックス 当面の間ファンサービス自粛、新型コロナウイルス感染予防で". Sponcihi Annex. スポーツニッポン新聞社. 16 February 2020. 2020年2月16日閲覧
  35. ^ a b "新型肺炎余波…ヤクルト、西武、オリックス"ファンサービス"自粛". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 17 February 2020. 2020年2月17日閲覧
  36. ^ "西武・西川愛也 内野手から外野手に登録変更". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 18 February 2020. 2020年2月18日閲覧
  37. ^ "楽天・戸村打撃投手 頭蓋骨骨折と前頭葉脳挫傷と診断 打撃練習で打球受ける". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 19 February 2020. 2020年2月19日閲覧
  38. ^ "ソフトB コラスを制限選手として公示 今年1月に大リーグ移籍を目指し亡命?消息不明に". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 20 February 2020. 2020年2月20日閲覧
  39. ^ "ソフトバンク砂川 登録名「リチャード」変更発表". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 20 February 2020. 2020年2月20日閲覧
  40. ^ "オリックス漆原支配下登録「やっとスタートライン」". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 20 February 2020. 2020年2月20日閲覧
  41. ^ a b "ソフトバンクも風船、ファンサービス自粛 工藤監督「一人でもかかると大変なことになる」". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 20 February 2020. 2020年2月21日閲覧
  42. ^ "オリックス、激励会を中止に". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 20 February 2020. 2020年2月21日閲覧
  43. ^ "4月25、26日のロッテ-西武の開催球場を変更". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 22 February 2020. 2020年2月22日閲覧
  44. ^ "楽天・下妻が支配下選手復帰「自分の役割を全うする」". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 21 February 2020. 2020年2月22日閲覧
  45. ^ "日本ハム、毎年恒例「激励会」が中止 道内で感染増". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 25 February 2020. 2020年2月25日閲覧
  46. ^ "巨人 オープン戦2連戦を無観客試合に 2月29日、3月1日ヤクルト戦". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 25 February 2020. 2020年2月25日閲覧
  47. ^ "巨人無観客オープン戦 他球団へも呼び掛けへ". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 26 February 2020. 2020年2月26日閲覧
  48. ^ "プロ野球オープン戦全72試合を無観客で実施へ コロナウイルス影響". スポーツ報知. 報知新聞社. 26 February 2020. 2020年2月26日閲覧
  49. ^ "【ソフトバンク】27日の西武との練習試合は無観客試合に 球団が発表". スポーツ報知. 報知新聞社. 26 February 2020. 2020年2月26日閲覧
  50. ^ "阪神 ノムさん追悼試合を無期限延期へ オープン戦など8試合は無観客". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 27 February 2020. 2020年2月27日閲覧
  51. ^ a b "プロ野球オープン戦、動画&CSを無料放送で対応". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 29 February 2020. p. 2. 2020年2月29日閲覧
  52. ^ "中日も高木守道氏の追悼試合とお別れ会を延期". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 27 February 2020. 2020年2月27日閲覧
  53. ^ "阪神 コロナウイルスの影響で鳴尾浜球場への一般客立ち入りを3月20日まで禁止". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 27 February 2020. 2020年2月27日閲覧
  54. ^ "DeNA 3・7ハマスタ出陣式中止 新型コロナ感染拡大受け". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 28 February 2020. 2020年2月28日閲覧
  55. ^ "モタが支配下登録 背番号「44」お披露目 家族からのサプライズムービーに号泣し「歴代の外国人選手の中で一番になる」". スポーツ報知. 報知新聞社. 28 February 2020. 2020年2月28日閲覧
  56. ^ "2020年度春季非公式試合(オープン戦)試合日程変更のお知らせ". 日本野球機構. 28 February 2020. 2020年2月29日閲覧
  57. ^ "中日、李鍾範氏が研修コーチに". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 28 February 2020. 2020年3月2日閲覧
  58. ^ "バティスタ契約解除「故意でない」事実立証できず". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 2 March 2020. 2020年3月2日閲覧
  59. ^ "広島 バティスタとの契約解除 昨年6月ドーピング違反、意図的でないこと証明できず". Sponichi Anenx. スポーツニッポン新聞社. 3 March 2020. 2020年3月3日閲覧
  60. ^ "NPBとJ、新型コロナ対策で異例の連携 専門家チーム置き情報収集&対策協議". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2 March 2020. 2020年3月3日閲覧
  61. ^ "ロッテ全社員が在宅勤務、こちらも取材2メートル". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 4 March 2020. 2020年3月4日閲覧
  62. ^ "3・20プロ野球開幕の延期決定 専門家から提言". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 9 March 2020. 2020年3月9日閲覧
  63. ^ "ロッテ鳥谷誕生「今は感謝」年俸1600万背番00". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 10 March 2020. 2020年3月10日閲覧
  64. ^ "ソフトバンクからまた"育成の星" 剛腕・尾形と大砲・リチャードが支配下へ". BASEBALL KING. 2020年3月16日閲覧
  65. ^ "12球団練習試合全74戦詳細…開幕延期で試合数や時間変更". スポーツ報知. 報知新聞社. 18 March 2020. 2020年3月18日閲覧
  66. ^ "DAZN、プロ野球無観客練習試合を生配信 20日から". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 18 March 2020. 2020年3月18日閲覧
  67. ^ "プロ野球4・24開幕目指すと決議、練習試合は休止". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 23 March 2020. 2020年3月23日閲覧
  68. ^ "中日育成シエラ、支配下契約「第一歩を踏み出せた」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 26 March 2020. 2020年3月26日閲覧
  69. ^ "阪神・藤浪 新型コロナ陽性…プロ野球選手初 数日前から「匂いしない」同僚2人も陽性". Sponcihi Annex. スポーツニッポン新聞社. 27 March 2020. 2020年3月27日閲覧
  70. ^ "コロナ陽性反応の藤浪、伊藤隼、長坂が入院". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 27 March 2020. 2020年3月27日閲覧
  71. ^ "中日 コロナ感染の阪神・伊藤隼と15人が"接触" 「濃厚」ラインか専門医に相談へ". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 29 March 2020. 2020年3月29日閲覧
  72. ^ "中日2選手を自宅待機に 阪神・伊藤隼と会話・接触 12人の選手・スタッフは時間ずらして練習・仕事". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 29 March 2020. 2020年3月29日閲覧
  73. ^ "【巨人】ディプランを支配下登録へ 期限最終日に原監督がサプライズ通達". スポーツ報知. 報知新聞社. 31 March 2020. 2020年3月31日閲覧
  74. ^ "プロ野球 開幕白紙に 新候補日は4月下旬か5月に協議「設定するの困難」143試合の削減も検討". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 3 April 2020. 2020年4月3日閲覧
  75. ^ "プロ野球 無観客開幕も視野「みなさんが元気になればいいなと…」". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 17 April 2020. 2020年4月17日閲覧
  76. ^ "巨人球団職員が新型コロナ感染、球団内に濃厚接触者なし 写真撮影など担当". Sponcihi Annex. スポーツニッポン新聞社. 18 April 2020. 2020年4月18日閲覧
  77. ^ "巨人球団職員がコロナ感染 60代男性 3月下旬以降にG球場で業務も濃厚接触者なし". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 18 April 2020. 2020年4月19日閲覧
  78. ^ "NPB「FLASH」記事訂正など求め光文社へ通知書送付". Sponcihi Annex. スポーツニッポン新聞社. 1 May 2020. 2020年5月1日閲覧
  79. ^ "プロ野球 史上初のオールスター中止決定「申し訳ない」開幕は6月半ばから下旬目指す". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 11 May 2020. 2020年5月11日閲覧
  80. ^ "プロ野球、「6・19」開幕を発表…新型コロナの影響で"史上最遅" 当面は無観客 6月2日から2週間練習試合". スポーツ報知. 報知新聞社. 25 May 2020. 2020年5月25日閲覧
  81. ^ "6月19日に無観客で開幕 史上最も遅いスタート - プロ野球". 時事通信. 時事通信社. 25 May 2020. 2020年5月25日閲覧
  82. ^ "プロ野球、6月19日開幕 感染予防で当面無観客". 共同通信. 共同通信社. 25 May 2020. 2020年5月25日閲覧
  83. ^ "プロ野球、東西に分かれ71試合 無観客の練習試合日程". 共同通信. 共同通信社. 27 May 2020. 2020年5月27日閲覧
  84. ^ "巨人選手に新型コロナウイルス感染の疑い 3日の練習試合・西武戦の中止を発表". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 3 June 2020. 2020年6月3日閲覧
  85. ^ "巨人 坂本と大城の新型コロナ陽性を発表 抗体検査で陽性も時間経過か". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 3 June 2020. 2020年6月3日閲覧
  86. ^ "全選手らへの事前のPCR検査実施について". NPB.jp. 日本野球機構. 8 June 2020. 2020年6月8日閲覧
  87. ^ "ロッテ 主催公式戦全試合「日テレNEWS24」で生中継". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 10 June 2020. 2020年6月10日閲覧
  88. ^ 2020年シーズンの特例事項について
  89. ^ "プロ野球、延長十回で打ち切り コロナ特例". 日経電子版. 日本経済新聞社. 10 June 2020. 2020年6月10日閲覧
  90. ^ "楽天ロメロ「光栄」背番号99→9に変更". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 12 June 2020. 2020年6月12日閲覧
  91. ^ a b "セCS不開催も発表「環境の違い」ドーム本拠少なく". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 15 June 2020. 2020年6月15日閲覧
  92. ^ "プロ野球全日程発表 セ・リーグはCS断念". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 15 June 2020. 2020年6月15日閲覧
  93. ^ "FA取得、登録日数を加算1.3倍 NPBと選手会が合意". 日経電子版. 日本経済新聞社. 16 June 2020. 2020年6月17日閲覧
  94. ^ "DeNA、育成4選手をBC神奈川に派遣". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 18 June 2020. 2020年6月18日閲覧
  95. ^ "阪神西勇輝が初本塁打、開幕戦では川上憲伸以来". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 19 June 2020. 2020年6月19日閲覧
  96. ^ "広島・大瀬良も打った開幕投手弾! 虎・西勇に続いた〜プロ野球史上初!同じ日に出た". サンケイスポーツ. サンケイスポーツ. 19 June 2020. 2020年6月20日閲覧
  97. ^ "巨人プロ野球初6000勝 コロナ禍の開幕戦で到達". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 19 June 2020. 2020年6月19日閲覧
  98. ^ "楽天鈴木大地が開幕戦1000安打「よっしゃー!」". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 19 June 2020. 2020年6月19日閲覧
  99. ^ "オリックス、パ・ワースト更新の開幕戦9連敗 山岡が好投も救援陣炎上". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 20 June 2020. 2020年6月20日閲覧
  100. ^ "日本ハム・西川が通算1000安打 プロ野球304人目". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 20 June 2020. 2020年6月20日閲覧
  101. ^ "【巨人】サンチェス「左打ち」から「両打ち」に登録変更 もともとは右打ち". スポーツ報知. 報知新聞社. 24 June 2020. 2020年6月24日閲覧
  102. ^ "巨人、新潮社に抗議 原監督の賭けゴルフ報道". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 24 June 2020. 2020年6月25日閲覧
  103. ^ "巨人池田が楽天へトレード「全身全霊で頑張ります」". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 25 June 2020. 2020年6月26日閲覧
  104. ^ "ウィーラーとトレード 楽天新加入・池田駿「必要とされて来た。役割を全うしたい」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 29 June 2020. 2020年6月29日閲覧
  105. ^ "巨人坂本勇人が350二塁打達成 史上44人目". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 25 June 2020. 2020年6月26日閲覧
  106. ^ "中日が通算5000敗…終盤の好機も生かせず". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 26 June 2020. 2020年6月26日閲覧
  107. ^ "巨人「OBスカウト」全国の21人と契約 主に少年野球の指導に携わる球団OB". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 28 June 2020. 2020年9月19日閲覧
  108. ^ "日本ハム中田「嫌やろ」通算1000三振グッズ発売". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 7 July 2020. 2020年7月7日閲覧
  109. ^ "日本ハム中島通算1000試合出場 史上505人目". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 30 June 2020. 2020年6月30日閲覧
  110. ^ "中日、A・マルティネスを支配下登録 NPBが育成からの移行を公示、背番号「57」". full-count. 株式会社Creative2. 1 July 2020. 2020年7月1日閲覧
  111. ^ "イースタンの日程を一部変更". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 1 July 2020. 2020年7月1日閲覧
  112. ^ "ソフトバンク今宮健太が通算300犠打、史上7人目". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 3 July 2020. 2020年7月3日閲覧
  113. ^ "巨人原監督1034勝、長嶋氏に並んだ球団歴代2位". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 4 July 2020. 2020年7月4日閲覧
  114. ^ "巨人・丸が通算1000三振 プロ野球". JIJI.COM. 時事通信社. 4 July 2020. 2020年9月12日閲覧
  115. ^ "オリックス・ロドリゲスに警告 本塁憤死…西武・森へ危険なスライディング". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 5 July 2020. 2020年7月5日閲覧
  116. ^ "オリックス・山本がプロ野球タイ記録となる1イニング3死球". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 5 July 2020. 2020年7月5日閲覧
  117. ^ "美馬が1000投球回 プロ野球・ロッテ". JIJI.COM. 時事通信社. 5 July 2020. 2020年7月13日閲覧
  118. ^ "『日本シリーズ』巨人進出なら東京Dではなく…首都圏の他球場で開催 11月下旬から都市対抗で使用不可". 中日スポーツ. 中日新聞社. 6 July 2020. 2020年7月7日閲覧
  119. ^ "日本シリーズで本拠地使えない場合は代替球場で開催". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 7 July 2020. 2020年7月8日閲覧
  120. ^ "日本ハムの「育成→支配下」第1号!髙濱祐仁が支配下選手に". BASEBALLKING. 株式会社フロムワン. 8 July 2020. 2020年7月8日閲覧
  121. ^ "ヤクルト、育成の松本友を支配下契約 背番号は「93」に変更". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 8 July 2020. 2020年7月8日閲覧
  122. ^ "ジャクソン、ロッテを電撃退団 契約解除を自ら申し出…家庭の問題か". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 10 July 2020. 2020年7月10日閲覧
  123. ^ "日本ハム8・1オリックス戦の入場人数変更へ 2万人から5000人に". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 9 July 2020. 2020年7月9日閲覧
  124. ^ "巨人・亀井、史上3番目の年長記録で通算1000安打を達成". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 9 July 2020. 2020年7月10日閲覧
  125. ^ "日本ハム・西川が通算1000試合出場 プロ野球506人目". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 9 July 2020. 2020年7月10日閲覧
  126. ^ "7・10から球場観戦再開!まずは最大5000人、8月1日からは収容人数の50%めどに". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 23 June 2020. 2020年6月23日閲覧
  127. ^ "有観客の阪神-DeNA アルプス席は使用しない…10日・甲子園対応策と準備". スポーツ報知. 報知新聞社. 7 July 2020. 2020年7月7日閲覧
  128. ^ "「宮西〜打たれろ〜」ファンの野次で一時中断 オリックスvs日本ハム". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 11 July 2020. 2020年7月11日閲覧
  129. ^ “【ロッテ】ジャクソン逮捕! 大麻取締法違反(所持)の疑い”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2020年7月10日). https://hochi.news/articles/20200710-OHT1T50104.html 2020年7月11日閲覧。 
  130. ^ “元広島、ロッテ投手のジャクソン容疑者を大麻リキッド所持の疑いで逮捕”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2020年7月10日). https://hochi.news/articles/20200710-OHT1T50116.html 2020年7月11日閲覧。 
  131. ^ “甲子園有観客試合は両チーム先頭打者弾で幕開け 球場はどよめきと歓声”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2020年7月10日). https://www.daily.co.jp/tigers/2020/07/10/0013497965.shtml?pg=2 2020年7月11日閲覧。 
  132. ^ “柳田が本拠1000勝劇的弾!ソフトバンク4位浮上”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2020年7月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007100001233.html 2020年7月11日閲覧。 
  133. ^ “有観客試合初日は史上3度目3本のサヨナラ本塁打 全て1点差に2万633人酔いしれる”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2020年7月10日). https://www.daily.co.jp/baseball/2020/07/10/0013498792.shtml 2020年7月11日閲覧。 
  134. ^ “広島34年ぶり集中打、球団最多1イニング11安打”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2020年7月11日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007110000381.html 2020年7月11日閲覧。 
  135. ^ ““負けない左腕”日本ハム公文が183試合目で黒星”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2020年7月11日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007110000530.html 2020年7月11日閲覧。 
  136. ^ “ヤクルト青木が球団8000号! 過去の節目弾一覧”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2020年7月11日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007110000630.html 2020年7月11日閲覧。 
  137. ^ a b c “プロ野球公式戦、21年夏は中断 延期の東京五輪期間”. 日経電子版. 日本経済新聞社. (2020年7月13日). https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK10543_T10C20A7000000/ 2020年7月14日閲覧。 
  138. ^ “来季の球宴、仙台で開催 東日本大震災から10年 - プロ野球”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2020年7月14日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071301011 2020年7月14日閲覧。 
  139. ^ “株式会社マイナビ 2021年~2023年オールスターゲームの特別協賛社に決定”. NPB.jp (日本野球機構). (2020年7月14日). https://npb.jp/news/detail/20200714_01.html 2020年7月14日閲覧。 
  140. ^ “【記録員コラム】祝 札幌ドーム 公式戦1000試合”. NPB.jp(NPBニュース) (日本野球機構). (2020年7月8日). https://npb.jp/news/detail/20200708_03.html 2020年7月11日閲覧。 
  141. ^ "巨人高田萌生と楽天高梨雄平のトレード成立を発表 20日間で2度目の交換トレード". niftyニュース. ニフティ. 14 July 2020. 2020年7月14日閲覧
  142. ^ "日本ハム西川250盗塁「ファンの前で見せられた」". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 14 July 2020. 2020年7月14日閲覧
  143. ^ "【巨人】原監督が通算1035勝!ミスター超え歴代単独2位…チーム連敗も4でストップし首位返り咲き". スポーツ報知. 報知新聞社. 14 July 2020. 2020年7月14日閲覧
  144. ^ 【巨人】菅野智之、原監督の通算800勝、900勝に続いて節目に白星届け「運命を感じながら投げられました。携われて本当にうれしい」、スポーツ報知(報知新聞社)、2020年7月14日配信・閲覧
  145. ^ “DeNA、交互に「勝利と敗戦」15戦連続は史上初”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2020年7月14日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007140000955.html 2020年7月15日閲覧。 
  146. ^ "阪神-ヤクルト戦で大声上げた観客を注意 有観客開催のガイドラインでは禁止事項". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 15 July 2020. 2020年7月15日閲覧
  147. ^ "静かに! 甲子園で観客の野次に球審が注意". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 14 July 2020. 2020年7月15日閲覧
  148. ^ “西武中村が73人目300二塁打「この先も重ねる」”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2020年7月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007160000704.html 2020年7月17日閲覧。 
  149. ^ "DeNA開幕以来の連敗…"オセロ状態"16試合で止まった". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 17 July 2020. 2020年7月17日閲覧
  150. ^ "DeNA「オセロ状態」とうとう止まる 6月20日以来の連敗". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 17 July 2020. 2020年7月17日閲覧
  151. ^ “DeNA敗れ「ヌケヌケ珍記録」16戦でストップ”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2020年7月16日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007160000958.html 2020年7月17日閲覧。 
  152. ^ ""負けない男"西武・ニール 郭泰源と並ぶ13連勝". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 17 July 2020. 2020年7月18日閲覧
  153. ^ "西武平良、日本人6人目160キロ". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 19 July 2020. 2020年7月19日閲覧
  154. ^ "中日 同一カード3連敗…ビシエドだけ奮闘 日米1000安打&トップタイ9号". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 20 July 2020. 2020年7月20日閲覧
  155. ^ "楽天-オリックスが20年ぶり濃霧コールド". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 22 July 2020. 2020年7月21日閲覧
  156. ^ "西武、8月も観客の上限5千人 新型コロナで主催試合". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 22 July 2020. 2020年7月22日閲覧
  157. ^ "楽天・ロメロ、古巣相手の一発で全球団アーチ達成". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 22 July 2020. 2020年7月22日閲覧
  158. ^ "先週達成された記録". 日本野球機構(NPB)twitter. 日本野球機構(NPB). 28 July 2020. 2020年9月11日閲覧
  159. ^ "巨人・重信"珍"金網突き破り打!0-5から執念ドロー呼んだ". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 25 July 2020. 2020年7月25日閲覧
  160. ^ "33年前にもあった"金網二塁打"本塁打判定に抗議". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 24 July 2020. 2020年7月24日閲覧
  161. ^ "【巨人】田中豊樹が支配下契約 背番号は菅野、上原らが背負った「19」に決定 「やっとスタートラインに立てた」". スポーツ報知. 報知新聞社. 26 July 2020. 2020年7月26日閲覧
  162. ^ "【巨人】坂本勇人 通算1000得点を記録". スポーツ報知. 報知新聞社. 26 July 2020. 2020年7月26日閲覧
  163. ^ "【楽天】藤平尚真、大城への頭部死球で危険球退場 先発投手の打者2人での危険球退場は史上最速タイ". スポーツ報知. 報知新聞社. 26 July 2020. 2020年7月26日閲覧
  164. ^ "【西武】栗山巧が2回、先制の適時二塁打! 史上45人目の通算350二塁打を達成". スポーツ報知. 報知新聞社. 26 July 2020. 2020年7月26日閲覧
  165. ^ "【ソフトバンク】ソフトバンク通算1200勝 15周年記念ユニホームで達成". スポーツ報知. 報知新聞社. 26 July 2020. 2020年7月26日閲覧
  166. ^ "ヤクルト 神宮球場で発熱の客1人の入場断っていた". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 28 July 2020. 2020年7月28日閲覧
  167. ^ "ヤクルト、発熱でチケット払い戻し 神宮の巨人戦で「納得してお帰りいただいた」". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 27 July 2020. 2020年7月28日閲覧
  168. ^ "【阪神】ボーア、サンズが来日1年目の助っ人ではNPB史上初のアベック満塁弾 B砲ヒーローインタビュー全文". スポーツ報知. 報知新聞社. 28 July 2020. 2020年7月28日閲覧
  169. ^ "【阪神】サンズもグランドスラム 城島、マートン以来の10年ぶりのアベック満塁弾". スポーツ報知. 報知新聞社. 28 July 2020. 2020年7月28日閲覧
  170. ^ "ヤクルト 6年ぶりの屈辱20失点…10戦連続2桁被安打、球団記録更新". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 29 July 2020. 2020年7月29日閲覧
  171. ^ "先週達成された主な記録と記録達成候補者(8/3 現在)". NPB.jp. 日本野球機構. 3 August 2020. 2020年8月4日閲覧
  172. ^ "ソフトB・柳田「まさか自分が」1000安打達成". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 28 July 2020. 2020年7月28日閲覧
  173. ^ "菅野2度目の月間防御率0・30以下、史上4人目". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 28 July 2020. 2020年7月29日閲覧
  174. ^ "【ヤクルト】青木宣親が日米通算2400安打のメモリアル 現役2人目". スポーツ報知. 報知新聞社. 29 July 2020. 2020年7月29日閲覧
  175. ^ "日本ハム宮西が通算700試合登板 史上17人目". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 29 July 2020. 2020年7月30日閲覧
  176. ^ "【ソフトバンク】柳田悠岐が月間32得点のプロ野球タイ記録". スポーツ報知. 報知新聞社. 31 July 2020. 2020年7月31日閲覧
  177. ^ "巨人・二岡3軍総合コーチが3軍監督就任 大塚球団副代表編成担当「若手を育てることに情熱ある". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 1 August 2020. 2020年8月1日閲覧
  178. ^ "ソフトバンク立花コーチ、突発性難聴疑いで当面休養". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 1 August 2020. 2020年8月1日閲覧
  179. ^ "ソフトバンク長谷川がコロナ感染、2日西武戦は中止". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 1 August 2020. 2020年8月1日閲覧
  180. ^ "【DeNA】今永昇太、セ・リーグ2位タイの7者連続を含む10奪三振 7回2失点". スポーツ報知. 報知新聞社. 1 August 2020. 2020年8月2日閲覧
  181. ^ "【中日】ロドリゲス支配下会見 背番号は兄貴分のビシエドと連番の「67」". スポーツ報知. 報知新聞社. 2 August 2020. 2020年8月2日閲覧
  182. ^ "【巨人】坂本勇人 初回に先制7号ソロでプロ野球60人目の通算3000塁打を達成 通算2000安打まで残り84本". スポーツ報知. 報知新聞社. 4 August 2020. 2020年8月4日閲覧
  183. ^ "DeNAラミレス監督が通算300勝、球団3人目". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 5 August 2020. 2020年8月5日閲覧
  184. ^ "楽天・涌井 ノーノーあと2人も…1安打完封&開幕6連勝「西口さんと一緒で、9回に打たれるだろうな」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 6 August 2020. 2020年8月6日閲覧
  185. ^ "広島野村デビュー175連続先発 涌井と日本人記録". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 5 August 2020. 2020年8月7日閲覧
  186. ^ "【巨人】増田大輝、好リリーフ…野手の登板、過去にはデストラーデらの例も". スポーツ報知. 報知新聞社. 6 August 2020. 2020年8月6日閲覧
  187. ^ "デストラーデ、五十嵐…巨人増田大輝/野手登板メモ". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 6 August 2020. 2020年8月6日閲覧
  188. ^ "ロッテ益田「100S100H」達成 史上5人目". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 7 August 2020. 2020年8月7日閲覧
  189. ^ a b c "DeNA・倉本 セ56年ぶり2度目の"スミ4弾" 今季1号がびっくり奇跡の連続". sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 10 August 2020. 2020年8月10日閲覧
  190. ^ "【広島】野村が日本人投手最長のデビュー176試合連続先発登板も今季初黒星「粘り切れずチームに申し訳ない」". スポーツ報知. 報知新聞社. 11 August 2020. 2020年8月12日閲覧
  191. ^ "日本ハム・宮西が通算350ホールド ロッテ8回戦で達成". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 12 August 2020. 2020年8月13日閲覧
  192. ^ "【巨人】中島宏之が通算200号本塁打". スポーツ報知. 報知新聞社. 14 August 2020. 2020年8月14日閲覧
  193. ^ "広島のドラ1ルーキー・森下が大暴れ!「先発全員三振」の2安打完封劇". BASEBALL KING. 14 August 2020. 2020年8月15日閲覧
  194. ^ "【ヤクルト】小川泰弘がノーヒットノーラン達成…プロ野球82人目". スポーツ報知. 報知新聞社. 15 August 2020. 2020年8月15日閲覧
  195. ^ "【日本ハム】栗山監督が通算600勝達成選手たちとの出会いは「最高の誇り」". スポーツ報知. 報知新聞社. 15 August 2020. 2020年8月15日閲覧
  196. ^ "日本ハム・栗山監督 通算600勝!育成信念貫き続け就任9年目の大台 大沢親分の球団記録あと31". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 16 August 2020. 2020年8月16日閲覧
  197. ^ "【ヤクルト】青木宣親が日米通算150本塁打 17戦ぶり一発で勝ち越し". スポーツ報知. 報知新聞社. 16 August 2020. 2020年8月16日閲覧
  198. ^ “田淵幸一氏 2020年野球殿堂入り表彰式を開催しました!” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 野球殿堂博物館, (2020年8月18日), http://www.baseball-museum.or.jp/baseball_hallo/news/detail.html?id=1434 2020年8月18日閲覧。 
  199. ^ "殿堂入りの田淵幸一氏「野球界の発展のために尽力」". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 18 August 2020. 2020年8月18日閲覧
  200. ^ "【中日】大島洋平が1500安打達成 8回に内野安打で史上127人目". スポーツ報知. 報知新聞社. 18 August 2020. 2020年8月18日閲覧
  201. ^ "中日・大島洋平が通算1500安打達成…大学社会人経由でプロ入りした選手では谷、和田に次ぐ史上3番目の速さ". 中日スポーツ. 中日新聞社. 18 August 2020. 2020年8月18日閲覧
  202. ^ "粘り見せた山本 プロ野球・オリックス". 時事ドットコム. 時事通信社. 18 August 2020. 2020年8月18日閲覧
  203. ^ "【巨人】炭谷銀仁朗が通算200犠打を達成". スポーツ報知. 報知新聞社. 20 August 2020. 2020年8月20日閲覧
  204. ^ "【オリックス】西村監督の解任を発表 中嶋聡2軍監督が監督代行". スポーツ報知. 報知新聞社. 20 August 2020. 2020年8月20日閲覧
  205. ^ "西武佐藤と相内が出場禁止、89キロ速度超過や外出". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 20 August 2020. 2020年8月21日閲覧
  206. ^ "広島東洋カープ二軍監督代行のお知らせ". 日本野球機構. 20 August 2020. 2020年8月23日閲覧
  207. ^ "ソフトバンク森、初「100S&100H」同年達成". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 11 October 2020. 2020年10月11日閲覧
  208. ^ "西武・内海、史上56人目の通算1500奪三振達成". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 22 August 2020. 2020年8月22日閲覧
  209. ^ "【西武】移籍後初先発の内海哲也が通算1500奪三振を達成! 6回3安打4失点で降板". スポーツ報知. 報知新聞社. 22 August 2020. 2020年8月22日閲覧
  210. ^ 大嶺祐太投手 支配下選手登録について”. 千葉ロッテマリーンズ公式HP (2020年8月23日). 2020年8月23日閲覧。
  211. ^ "【ロッテ】大嶺裕太と支配下契約 背番号は64「リハビリに携わってくれた全ての方に感謝を伝えたい」". スポーツ報知. 報知新聞社. 23 August 2020. 2020年8月23日閲覧
  212. ^ "広島が今年度の入団テストを中止に コロナ感染防止". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 23 August 2020. 2020年8月23日閲覧
  213. ^ "【ヤクルト】山田哲人が通算1000試合出場 プロ野球507人目". スポーツ報知. 報知新聞社. 23 August 2020. 2020年8月23日閲覧
  214. ^ "育成出身で史上初! オリックス漆原が初登板初セーブ". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 24 August 2020. 2020年8月24日閲覧
  215. ^ "山本由伸が江夏超え、日本人最多25イニング連続K". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 25 August 2020. 2020年8月25日閲覧
  216. ^ "【西武】中村剛也が通算1500安打 意外な当たりで達成". スポーツ報知. 報知新聞社. 26 August 2020. 2020年8月26日閲覧
  217. ^ "杉永政信審判員 通算2500試合出場達成のお知らせ". NPBニュース. 日本野球機構. 26 August 2020. 2020年9月16日閲覧
  218. ^ "オリックス小林が阪神へ、阪神飯田と交換トレード". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 28 August 2020. 2020年8月28日閲覧
  219. ^ "トレード発表 阪神・飯田「良い機会だと考え」 オリックス・小林「新天地で新しい"良い姿"を」". スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社. 29 August 2020. 2020年9月7日閲覧
  220. ^ "【楽天】浅村栄斗が球団通算1500号となる18号2ラン". スポーツ報知. 報知新聞社. 29 August 2020. 2020年8月29日閲覧
  221. ^ a b "支配下選手契約について". 福岡ソフトバンクホークス公式HP. 30 August 2020. 2020年8月30日閲覧
  222. ^ "ソフトB、渡辺雄と支配下契約 2軍で11戦無失点「感謝の気持ちでいっぱい」". Sponcihi Annex. スポーツニッポン新聞社. 31 August 2020. 2020年8月31日閲覧
  223. ^ "藤川球児選手の引退について". 阪神タイガース公式HP. 30 August 2020. 2020年8月30日閲覧
  224. ^ "阪神藤川球児が今季限り引退 日米250Sに残り5". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 31 August 2020. 2020年8月31日閲覧
  225. ^ "阪神・藤川が今季限りで現役引退の意向、05年にはJFKでリーグ優勝に貢献". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 31 August 2020. 2020年8月31日閲覧
  226. ^ "広島 K・ジョンソン 7連敗は球団助っ人初の屈辱 「初回」と「制球力」の課題修正できず". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 4 September 2020. 2020年9月4日閲覧
  227. ^ "阪神、珍プレー逆転劇の影に陽川 矢野監督「しっかりつないでくれました」". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 4 September 2020. 2020年9月4日閲覧
  228. ^ "ソフトバンク嘉弥真が300登板 好救援で勝利貢献". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 4 September 2020. 2020年9月4日閲覧
  229. ^ "オリックス・吉田正が決めた プロ野球初の球団9500盗塁も白星飾れず". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 4 September 2020. 2020年9月14日閲覧
  230. ^ "【楽天】浅村栄斗が2打席連続弾で3年連続20発&通算200本塁打達成! 同点弾に勝ち越し弾と躍動". スポーツ報知. 報知新聞社. 4 September 2020. 2020年9月4日閲覧
  231. ^ "【中日】R.マルティネスがプロ野球タイ記録の1回4奪三振「野球の中ではあること」". スポーツ報知. 報知新聞社. 4 September 2020. 2020年9月4日閲覧
  232. ^ "ヤクルトが元阪神のIL歳内入団合意 先発起用示唆". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 5 September 2020. 2020年9月5日閲覧
  233. ^ "「阪神をクビ」歳内ヤクルトへ「拾っていただいた」". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 6 September 2020. 2020年9月6日閲覧
  234. ^ "オリックス安達200犠打達成「歴代の監督に感謝」". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 6 September 2020. 2020年9月6日閲覧
  235. ^ "巨人・沢村拓一とロッテ・香月一也のトレードが発表…両球団の思惑が一致". スポーツ報知. 報知新聞社. 7 September 2020. 2020年9月7日閲覧
  236. ^ "ロッテ沢村、背番は57「気持ちを込めて投げたい」". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 8 September 2020. 2020年9月15日閲覧
  237. ^ "香月選手が入団会見「岡本選手に負けないよう頑張る」". 読売巨人軍公式サイト. 9 September 2020. 2020年9月15日閲覧
  238. ^ a b "「田沢ルール」撤廃決定、自らもドラフト指名対象に". nikkansprots.com. 日刊スポーツ新聞社. 7 September 2020. 2020年9月7日閲覧
  239. ^ "プロ野球 ドラフト会議は12部屋で"リモート開催"". スポーツ報知. 報知新聞社. 7 September 2020. 2020年9月7日閲覧
  240. ^ "【中日】平田良介が史上307人目の通算1000安打達成 3回に田口から". スポーツ報知. 報知新聞社. 9 September 2020. 2020年9月9日閲覧
  241. ^ "【巨人】坂本勇人、ナゴヤD史上初1試合3本塁打!松井秀喜でもT.ウッズでもなかった歴史的快挙達成". スポーツ報知. 報知新聞社. 9 September 2020. 2020年9月9日閲覧
  242. ^ "原監督がV9川上哲治監督と並ぶ巨人最多1066勝". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 9 September 2020. 2020年9月9日閲覧
  243. ^ "オリックス球団通算8500号、T岡田が今季8号". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 9 September 2020. 2020年9月9日閲覧
  244. ^ "【日本ハム】中田翔がプロ野球64人目の通算250本塁打 初回に24号2ラン". スポーツ報知. 報知新聞社. 10 September 2020. 2020年9月10日閲覧
  245. ^ "【オリックス】A.ジョーンズが日米通算2000安打達成". スポーツ報知. 報知新聞社. 10 September 2020. 2020年9月10日閲覧
  246. ^ "【巨人】原辰徳監督が球団歴代最多1067勝目を飾る". スポーツ報知. 報知新聞社. 11 September 2020. 2020年9月11日閲覧
  247. ^ "中日・与田監督100勝を達成 今季全敗ハマスタで7戦目ようやく勝利". 中日スポーツ. 中日新聞社. 11 September 2020. 2020年9月11日閲覧
  248. ^ "渡辺 直人選手 現役引退に関して". 東北楽天ゴールデンイーグルス公式HP. 12 September 2020. 2020年9月12日閲覧
  249. ^ "【楽天】「松坂世代」がまた… 渡辺直人が今季限りで現役引退". スポーツ報知. 報知新聞社. 12 September 2020. 2020年9月12日閲覧
  250. ^ "西武山川150号達成 秋山幸二を抜き日本人最速". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 12 September 2020. 2020年9月12日閲覧
  251. ^ "西武・山川が秋山幸二超えの通算150号 日本選手最速「これからも1本1本」". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 12 September 2020. 2020年9月12日閲覧
  252. ^ "【日本ハム】飯山裕志コーチが新型コロナで陽性判定 無症状で体調異常はなし". スポーツ報知. 報知新聞社. 12 September 2020. 2020年9月12日閲覧
  253. ^ "西武21年ぶり、初回先頭打者弾だけの1-0勝利". nikkansprots.com. 日刊スポーツ新聞社. 13 September 2020. 2020年9月13日閲覧
  254. ^ "西武・外崎 プロ野球史上7度目の珍記録先頭弾". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 13 September 2020. 2020年9月13日閲覧
  255. ^ "50年ぶり珍事、ソフトバンク先頭打者弾スミ1負け". nikkansprots.com. 日刊スポーツ新聞社. 13 September 2020. 2020年9月13日閲覧
  256. ^ "オリックスが育成6位大下誠一郎の支配下登録を発表". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 14 September 2020. 2020年9月14日閲覧
  257. ^ "オリックス・佐野、右打ちから両打ちに変更". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 14 September 2020. 2020年9月18日閲覧
  258. ^ "【オリックス】支配下登録、即スタメンの大下誠一郎がプロ初打席で3ラン「歓声でホームランになったと」". スポーツ報知. 報知新聞社. 15 September 2020. 2020年9月15日閲覧
  259. ^ "巨人 セ史上最速72戦でM38点灯!"スーパー・チューズデー"菅野開幕11連勝で決めた". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 16 September 2020. 2020年9月16日閲覧
  260. ^ "巨人 阿部2軍監督が1軍ヘッドコーチ代行に 元木ヘッド虫垂炎入院で". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 16 September 2020. 2020年9月16日閲覧
  261. ^ "巨人元木ヘッド「倍返しだ」大山弾に岡本奮起を". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 2 October 2020. 2020年10月3日閲覧
  262. ^ "巨人の優勝マジックは一気に3つ減って「35」に 1日に3つ減るのは7年ぶり"珍事"". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 16 September 2020. 2020年9月16日閲覧
  263. ^ "川村隆史コンディショニング担当の急逝について". 福岡ソフトバンクホークス公式HP. 16 September 2020. 2020年9月16日閲覧
  264. ^ "ソフトバンク川村隆史コーチが死去 クモ膜下出血". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 16 September 2020. 2020年9月17日閲覧
  265. ^ "【巨人】"阿部チルドレン"のエスタミー・ウレーニャが支配下選手に 背番号は「98」 選手登録上限の70人に". スポーツ報知. 報知新聞社. 17 September 2020. 2020年9月17日閲覧
  266. ^ "ソフトバンク・中村晃「僕らしい」通算1000安打". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 17 September 2020. 2020年9月17日閲覧
  267. ^ "阪神大山「史上初」の記録付き 満弾&2打席連発". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 19 September 2020. 2020年9月19日閲覧
  268. ^ "DeNA・ソト 球団史上最速の通算100号、321試合で到達「いいスイングができた」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 19 September 2020. 2020年9月19日閲覧
  269. ^ "ソト、321試合目で100号は山川ら並び6位タイ". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 19 September 2020. 2020年9月19日閲覧
  270. ^ "ヤクルト先頭打者弾から3連発、高津監督「予想外」". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 21 September 2020. 2020年9月22日閲覧
  271. ^ "【ヤクルト】初回先頭から3連発はプロ野球5度目 21世紀では初 山田哲人「前の2人の流れを意識」". スポーツ報知. 報知新聞社. 20 September 2020. 2020年9月20日閲覧
  272. ^ "広島、DJ・ジョンソンが楽天へ移籍 金銭トレードが成立 今季14試合登板で防御率4・61". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 21 September 2020. 2020年9月21日閲覧
  273. ^ "楽天、広島からDJ・ジョンソン獲得!石井GM期待「来年も見据えている」". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 22 September 2020. 2020年9月22日閲覧
  274. ^ a b "【パ・リーグ公示】9月21日 西武・高木が抹消". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 21 September 2020. 2020年9月22日閲覧
  275. ^ "楽天・福山が支配下契約「魂を込めて投げていく」". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 21 September 2020. 2020年9月21日閲覧
  276. ^ "楽天シャギワに厳重注意と制裁金 2軍戦で暴言退場". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 21 September 2020. 2020年9月25日閲覧
  277. ^ "ロッテ、元中日左腕チェンを電撃獲得! 「日本一になれるように全力で頑張ります」". full-Count. 株式会社Creative2. 21 September 2020. 2020年9月21日閲覧
  278. ^ "ヤクルトがセ・ワースト今季20度目の逆転負け". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 21 September 2020. 2020年9月22日閲覧
  279. ^ "【楽天】05年の初勝利から16年目で球団通算1000勝に到達 浅村が1試合3発&球団タイ7打点". スポーツ報知. 報知新聞社. 22 September 2020. 2020年9月22日閲覧
  280. ^ "日本ハム 育成の樋口と支配下契約、背番号は93 イースタン2冠「これからが勝負です」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 22 September 2020. 2020年9月22日閲覧
  281. ^ "広島・長野 古巣・巨人戦の一発で12球団アーチ達成!しかも菅野から逆転3ラン&球団通算8500号". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 22 September 2020. 2020年9月22日閲覧
  282. ^ "【西武】金子が通算200盗塁達成「盗塁は一人でできるものじゃない」". スポーツ報知. 報知新聞社. 22 September 2020. 2020年9月22日閲覧
  283. ^ "復帰のDeNAロペス「うれしい」日米2000試合". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 22 September 2020. 2020年9月23日閲覧
  284. ^ "巨人-広島戦で球審がカウント間違える 試合約2分半の中断". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 23 September 2020. 2020年9月23日閲覧
  285. ^ "【巨人】球審がカウント間違えた!?大城卓三がアピール、試合は2分半ほどストップ". スポーツ報知. 報知新聞社. 22 September 2020. 2020年9月23日閲覧[リンク切れ]
  286. ^ "支配下登録の中日・マルクが会見「とにかく結果を出し続け」 千鳥・大悟が「クセが強い」フォーム紹介も". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 23 September 2020. 2020年9月23日閲覧
  287. ^ "ソフトバンク2000号はデスパ、通算74人で達成". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 23 September 2020. 2020年9月23日閲覧
  288. ^ "西武3000勝「永遠に強いチームであって」辻監督". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 23 September 2020. 2020年9月23日閲覧
  289. ^ "オリックス・左沢が新型コロナ陽性 体調不良後は自宅待機、24日から隔離療養". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 23 September 2020. 2020年9月23日閲覧
  290. ^ "オリックス左沢が陽性 24日ソフトB戦は開催予定". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 24 September 2020. 2020年9月24日閲覧
  291. ^ "【西武】中村剛也がメットライフ通算200号「この球場でホームランを積み重ねてこれたことを誇りに思います」". スポーツ報知. 報知新聞社. 24 September 2020. 2020年9月24日閲覧
  292. ^ "西武中村本拠200号 同一球場8人目偉業". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 25 September 2020. 2020年9月25日閲覧
  293. ^ a b "【オリックス】左沢に続き竹安大知が新型コロナウイルスに感染 1軍と接触なし 2軍全員が自宅待機". スポーツ報知. 報知新聞社. 24 September 2020. 2020年9月24日閲覧
  294. ^ "広島、26日の2軍戦も中止 オリ選手のコロナ感染で". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 25 September 2020. 2020年9月26日閲覧
  295. ^ "【阪神】浜地真澄の新型コロナ感染で1軍主力に影響も…19日に名古屋市内でチームメート3人と食事". スポーツ報知. 報知新聞社. 25 September 2020. 2020年9月25日閲覧
  296. ^ "【阪神】浜地真澄が新型コロナウイルスに感染…2軍・中日戦が緊急中止". スポーツ報知. 報知新聞社. 25 September 2020. 2020年9月25日閲覧
  297. ^ "【阪神】岩貞祐太、陽川尚将、糸原健斗、馬場皐輔、チームスタッフ2人の計6人が新型コロナウイルス感染". スポーツ報知. 報知新聞社. 25 September 2020. 2020年9月25日閲覧
  298. ^ 特例2020対象で阪神岩貞ら10人抹消/一覧 - 日刊スポーツ新聞社、2020年9月25日配信
  299. ^ "阪神、コロナ感染7人…前代未聞10人抹消 19日規定破りの「8人会食」". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 26 September 2020. p. 1. 2020年9月26日閲覧
  300. ^ "オリックス・T-岡田がNPB史上12人目の全打順本塁打 3番で2発". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 26 September 2020. 2020年9月26日閲覧
  301. ^ "【広島】育成3年目の藤井黎来、支配下登録「今の目標は、1軍で投げること」". スポーツ報知. 報知新聞社. 26 September 2020. 2020年9月26日閲覧
  302. ^ "マーティンがロッテ初1試合5四球、最多は落合の6". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 27 September 2020. 2020年9月27日閲覧
  303. ^ "【巨人】田中貴也捕手が楽天に移籍へ 巨人は今季4件目のトレード". スポーツ報知. 報知新聞社. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  304. ^ "楽天が金銭トレードで巨人・田中貴也捕手を獲得 同じ球団で異例のシーズン3件目のトレード成立". Sponichj Annex. スポーツニッポン新聞社. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  305. ^ a b "【阪神】スタッフ1人新たに新型コロナ陽性 29日D戦は予定通り…25日糸原ら7人感染公表". スポーツ報知. 報知新聞社. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  306. ^ "新規育成選手登録(2020年度)". NPB.jp. 日本野球機構. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  307. ^ "ロベルト・コルニエル選手、選手契約締結!". 球団公式サイト. 広島東洋カープ. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  308. ^ "広島がコルニエルと育成契約 カープアカデミー出身". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  309. ^ "【巨人】菅野智之が開幕12連勝…6回1失点、開幕投手からでは岩隈久志に並ぶプロ野球記録". スポーツ報知. 報知新聞社. 29 September 2020. 2020年9月29日閲覧
  310. ^ "【阪神】14年ドラ1左腕・横山雄哉が支配下復帰 昨季2軍最多登板の石井将希も支配下勝ち取る". スポーツ報知. 報知新聞社. 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  311. ^ a b "【阪神】チームスタッフが連日の新型コロナ陽性…25日から選手含め9人目 30日中日戦予定通り実施". スポーツ報知. 報知新聞社. 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  312. ^ "楽天涌井パ初3球団2桁勝利 3度目10勝一番乗り". nikkansprots.com. 日刊スポーツ新聞社. 30 September 2020. 2020年9月30日閲覧
  313. ^ "DeNAラミレス監督が梶谷絶賛「アメージング」". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 30 September 2020. 2020年10月1日閲覧
  314. ^ "楽天浅村1000三振 池山、清原に次ぐ年少記録". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 1 October 2020. 2020年10月1日閲覧
  315. ^ "阪神西勇輝が1500投球回を達成 179人目". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 2 October 2020. 2020年10月2日閲覧
  316. ^ "日本ハム通算5000敗、75シーズン9998戦で". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 2 October 2020. 2020年10月2日閲覧
  317. ^ "日本ハムが通算1万試合 プロ野球6球団目". SANSPO.COM. 産経デジタル. 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧
  318. ^ "【ロッテ】岩下大輝と1軍スタッフが新型コロナウイルスに感染 球団からは初". スポーツ報知. 報知新聞社. 4 October 2020. 2020年10月4日閲覧
  319. ^ "巨人進出なら日本S会場は京セラ 東京Dは都市対抗". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 5 October 2020. 2020年10月5日閲覧
  320. ^ "【ロッテ】コロナ感染拡大 岩下大輝に続き選手ら計10人以上か…V争い真っ最中に激震". スポーツ報知. 報知新聞社. 6 October 2020. 2020年10月6日閲覧
  321. ^ "ロッテ鳥谷、角中、清田ら新たに11人がコロナ陽性". nikkansprots.com. 日刊スポーツ新聞社. 6 October 2020. 2020年10月6日閲覧
  322. ^ "ロッテ衝撃 鳥谷ら7選手がコロナ感染、濃厚接触者4選手も判明". sanspo.com. 産経デジタル. 6 October 2020. 2020年10月6日閲覧
  323. ^ "【ロッテ】井口監督は藤原恭大らの1軍昇格を明かす「こういうことをチャンスにしてほしい」". スポーツ報知. 報知新聞社. 6 October 2020. 2020年10月6日閲覧
  324. ^ "【ロッテ】編成困難で2軍戦6試合中止…コロナ感染者続出で11人が1軍へ". スポーツ報知. 報知新聞社. 6 October 2020. 2020年10月6日閲覧
  325. ^ "【巨人】菅野智之、平成生まれ初の通算100勝…プロ野球新の開幕投手13連勝も達成". スポーツ報知. 報知新聞社. 6 October 2020. 2020年10月6日閲覧
  326. ^ "コロナ禍のロッテ、岡大海とスタッフ2名も濃厚接触者に保健所から追加特定". full-Count. 7 October 2020. 2020年10月7日閲覧
  327. ^ "西武佐藤に懲役3カ月、4月に首都高で大幅速度超過". nikkansprots.com. 日刊スポーツ新聞社. 8 October 2020. 2020年10月8日閲覧
  328. ^ "ソフトバンク中村晃1000試合出場 508人目". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 8 October 2020. 2020年10月8日閲覧
  329. ^ "巨人戦で異例の中断 「反射物が進行の妨げ」". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 8 October 2020. 2020年10月9日閲覧
  330. ^ "【阪神】揚塩球団社長が辞任会見「混乱を招いた最終的な責任者は私」 コロナ騒動などを謝罪". スポーツ報知. 報知新聞社. 9 October 2020. 2020年10月9日閲覧
  331. ^ "【巨人】ファームスタッフ2人と3軍選手1人が新型コロナウイルス陽性". スポーツ報知. 報知新聞社. 9 October 2020. 2020年10月9日閲覧
  332. ^ "ヤクルト・五十嵐 今季限り引退…41歳 先発ゼロの剛球リリーバー 19年史上4人目通算900戦登板". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 11 October 2020. 2020年10月11日閲覧
  333. ^ "ソフトB・松田宣 9号ソロでプロ61人目の3000塁打達成!首位攻防戦の一発に「いい追加点になった」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 11 October 2020. 2020年10月11日閲覧
  334. ^ "ソフトバンク森、初「100S&100H」同年達成". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 11 October 2020. 2020年10月11日閲覧
  335. ^ "楽天・浅村が3年連続30発を達成 2年連続30本塁打は球団史上初". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 11 October 2020. 2020年10月11日閲覧
  336. ^ "ヤクルト・イノーアが退団「感謝」今季9試合登板". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 12 October 2020. 2020年10月12日閲覧
  337. ^ "広島・石原慶 今季限りで引退 ラストイヤーは故障に泣き… 11月7日阪神戦で引退セレモニー". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 12 October 2020. 2020年10月12日閲覧
  338. ^ "DeNAが9試合連続で本塁打2本以上 セ最長タイ". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 13 October 2020. 2020年10月13日閲覧
  339. ^ "【巨人】菅野智之、開幕からの連勝13で止まる 6回4失点今季初黒星". スポーツ報知. 報知新聞社. 13 October 2020. 2020年10月14日閲覧
  340. ^ "広島菊池涼介セ新連続無失策 二塁初守備率10割も". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 15 October 2020. 2020年10月15日閲覧
  341. ^ "日本ハム近藤初5安打 首位打者獲得へ怒濤追い上げ". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 15 October 2020. 2020年10月15日閲覧
  342. ^ "【DeNA】佐野恵太が球団タイ記録の5試合連続本塁打で20号到達". スポーツ報知. 報知新聞社. 16 October 2020. 2020年10月16日閲覧
  343. ^ "オリックスが6年連続負け越し 中嶋監督代行、残り19試合「いかに借金を減らすか」". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 17 October 2020. 2020年10月17日閲覧
  344. ^ "中日の守護神R.マルティネスが江夏豊を抜く24イニング連続奪三振のセ・リーグ新記録 21Sもリーグ単独トップ". 中日スポーツ. 中日新聞社. 17 October 2020. 2020年10月17日閲覧
  345. ^ "【巨人】岩隈久志が今季限りで現役引退 日米通算170勝、移籍後は故障との闘いで1軍登板なし". 報知新聞社. スポーツ報知. 19 October 2020. 2020年10月19日閲覧
  346. ^ "近鉄出身のヤクルト・坂口が地元・兵庫で通算1500安打達成 先輩・岩隈引退表明の日に". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 19 October 2020. 2020年10月19日閲覧
  347. ^ "【阪神】打線が1点止まりで今季6度目の引き分け…スアレスは外国人兄弟ではプロ野球史上初の同一試合登板". スポーツ報知. 報知新聞社. 20 October 2020. 2020年10月20日閲覧
  348. ^ "西武・高橋朋己 今季限りでの引退を発表 左肘手術で18年オフに育成契約". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 20 October 2020. 2020年10月20日閲覧
  349. ^ "ソフトバンク周東40盗塁、岡田以来育成出身2人目". nikkansprots.com. 日刊スポーツ新聞社. 20 October 2020. 2020年10月20日閲覧
  350. ^ "中日・ビシエドがNPB通算100号!! 値千金の逆転3ラン". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 21 October 2020. 2020年10月21日閲覧
  351. ^ "ソフトB・佐藤に制裁金5万円 球審の投球判定に対する暴言で退場処分". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 22 October 2020. 2020年10月22日閲覧
  352. ^ "中日大野雄64年ぶり球団新45回無失点 完封10勝". nikkansprots.com. 日刊スポーツ新聞社. 22 October 2020. 2020年10月22日閲覧
  353. ^ "【楽天】岸孝之7回3失点の好投でプロ野球90人目の通算2000投球回達成". スポーツ報知. 報知新聞社. 22 October 2020. 2020年10月22日閲覧
  354. ^ "ソフトバンク周東が育成出身新記録の42盗塁 一気に抜いた!6戦連続成功". 西日本スポーツ. 西日本新聞社. 22 October 2020. 2020年10月23日閲覧
  355. ^ "今秋のドラフト、10月26日に実施 アマチュア選手に配慮、予定より10日間前倒し". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 9 June 2020. p. 1. 2020年6月9日閲覧
  356. ^ a b "日本シリーズ、本拠地使用不能なら近い球場で/プロ野球". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 6 July 2020. 2020年7月8日閲覧
  357. ^ "プロ野球6・19開幕決定、当面は無観客 7・10にも球場で生観戦できる". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 26 May 2020. 2020年6月9日閲覧
  358. ^ 一般社団法人日本野球機構. “2020年 プロ野球行事日程” (日本語). NPB.jp 日本野球機構. 2019年12月16日閲覧。
  359. ^ "プロ野球 無観客開幕も視野「みなさんが元気になればいいなと…」". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 17 April 2020. 2020年4月17日閲覧
  360. ^ 2020年オールスターゲームの中止について”. 2020年5月12日閲覧。