内川聖一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
内川 聖一
福岡ソフトバンクホークス #1
Seiichi Uchikawa 2011.jpg
福岡Yahoo!JAPANドームにて (2011年4月16日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県大分市
生年月日 1982年8月4日(34歳)
身長
体重
185 cm
93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手内野手
プロ入り 2000年 ドラフト1巡目
初出場 2001年3月30日
年俸 3億3,000万円+出来高(2016年)
※2014年から4年契約(年俸変動制)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2009年2013年

内川 聖一(うちかわ せいいち、1982年8月4日 - )は、大分県大分市出身のプロ野球選手外野手内野手)。福岡ソフトバンクホークス所属。

プロ野球における、右打者史上最高打率記録保持者(.378)、史上2人目の両リーグでの首位打者獲得者、史上3位タイ(右打者としては落合博満とならび1位タイ)の7年連続打率3割達成者。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

吉田豊彦とは子供の頃からの知り合いである。大分工業高校時代は、骨に穴があく骨嚢腫により左かかとを3回に亘って手術しながらも、通算43本の本塁打を放った。3年夏の高校野球大分予選には遊撃手として出場したが、チームは準優勝となり、甲子園には出場できなかった。

当時、大分工業高校の監督でもあった父親の内川一寛が法政大学出身だったため、内川も法政進学が確実視されていた。

横浜時代[編集]

2000年11月17日に行われたプロ野球ドラフト会議横浜ベイスターズから1巡目指名を受けて入団[1]広島東洋カープも指名予定だったが、当時足に故障を抱えていたため、内川はヘッドコーチの大下剛史主導による広島の猛練習に不安を感じていたとされ、もし広島から1位指名された場合は拒否をして進学するとしていた。ちなみに横浜との入団契約の際には、故障の治療を保障する条件が盛り込まれている[2]

2001年は3試合ながらプロ1年目から一軍を経験。7月20日に東京ドームで行われたフレッシュオールスターゲーム遊撃手として途中出場し、7回に佐竹健太から二塁打を放ち、得点も記録した[3]。二軍ではイースタン・リーグ3位となる四球47を記録した。

2002年代打として42試合に出場、70打席ながら打率.333、2本塁打と結果を残した。二軍では7月11日に長野オリンピックスタジアムで行われたフレッシュオールスターゲームに2年連続で選出され、5番三塁手で先発出場し、藤川球児から安打を放ち得点も記録、7回から二塁手で出場した[4]

2003年のキャンプ中、突然右目の視力が極端に悪くなり、開幕一軍を逃す。シーズン途中に再調整のため降格した石井琢朗に代わり、5月から2番・遊撃手のレギュラーに定着するが、原因不明の体調不良が続いて右手の握力が弱くなり、ボールを握ることすら出来なくなったため、6月に登録抹消。9月に再昇格した後は二塁手として起用され、打率.313の好成績を残した。体調不良の原因は、アゴが右側に曲がって頚椎神経を圧迫していたことだったと判明。契約更改では顎の整形代という理由で年俸を微増された(結局整形はせず、奥歯の噛み合わせを矯正することで解消した)。

2004年は7番・二塁手として初めて開幕スタメンに起用され、1年を通じて二塁での先発出場が多くなった。打撃では自己最多の17本塁打を放ち、得点圏打率は4割後半を記録した。

2005年は堅守の種田仁が打撃好調だったため、慣れない左翼手のポジションを小池正晃古木克明と争うが、後半戦のレギュラーは守備力の高い小池に固定され、代打での出場が多くなった。

2006年は不振の種田に代わり二塁手に復帰するが、佐伯貴弘を筆頭にチームに故障者が相次いだことや、自身の送球難から左翼手や一塁手に回る事も多かった。初めて100試合出場を達成したが、規定打席には届かなかった。

2007年多村仁の移籍や自身の守備難により本格的に外野手へ転向され、右翼手に固定された。開幕から結果が出ず降格した時もあったが、再昇格後の8月には打率.448を記録し、復活を印象付けた。同シーズンはプロ入り後初めて、シーズンを通して外野手を務めた。

2008年は開幕から打撃好調で、佐伯の不振により4月末に一塁手のレギュラーに定着。打率が4割を超える時期も長く、オールスターゲームに監督推薦で外野手部門で初出場し、2試合を通じて5打席連続安打を記録するなど活躍、マツダ・ビアンテ賞を獲得した。後半戦も好調を維持し、右打者としては1999年のロバート・ローズを抜き、日本人選手のセ・リーグ記録も更新する打率.378を記録(従来は1951年読売ジャイアンツ川上哲治の.377)。自身初の首位打者に輝いた。同シーズンは最多安打(189安打)、最高出塁率(.416)のタイトルも獲得した他、得点圏打率は両リーグトップの.449を記録した。

横浜時代(2009年、阪神甲子園球場)

2009年の開幕前には第2回WBC日本代表に選出され、第1ラウンド2回戦の対韓国戦に6番・一塁手として先発出場。金廣鉉から三塁線を破る2点適時二塁打を放ち、勝利に大きく貢献した。第2ラウンド1位を決める対韓国戦でも、先制された直後に張洹三から同点本塁打を放った。決勝の韓国戦では6番・左翼手として出場し、5回裏の守備では高永民が打った鋭い当たりにスライディングで突っ込み、正確な送球で打者走者を二塁でアウトにする好プレーを見せた。打撃でも3安打と活躍し、10回表に先頭打者として右前安打を放ち、走者として決勝の得点を踏んだ。同大会では主に左投手相手に起用され、大会成績は6試合出場で打率.333(18打数6安打)、1本塁打であった。

シーズンでは同じく日本代表に選出された村田が大会期間中の3月30日に右脚を故障したため、内川は開幕4番打者を務め、全打順での試合出場を達成。アレックス・ラミレス読売ジャイアンツ)と首位打者争いを繰り広げ、リーグ2位の打率.318[5]を記録した。この年外野手として獲得したダン・ジョンソンが怪我で一塁しか守れないこともあり、同年は主に左翼を守った。

2010年3月24日フジテレビアナウンサー長野翼結婚[6]。シーズン中の6月3日には国内FA権を獲得した。6月15日の対福岡ソフトバンクホークス戦で、小椋真介から自身初の満塁本塁打を放った。当初は主に3番一塁手としての出場が多かったが、シーズン途中に獲得したブレット・ハーパーが一塁しか守れなかったため、シーズン後半は1番右翼手での出場が中心となる。最終的にリーグ3位の182安打を記録し、自身初めての全試合出場、3年連続打率3割を達成した。シーズン終了後の11月8日、FA権行使を表明[7]。ソフトバンクと広島東洋カープが獲得に名乗りを上げ、両球団と交渉を行い、12月1日にソフトバンクへ移籍することを表明した[8]

ソフトバンク時代[編集]

2010年12月6日福岡ソフトバンクホークスと正式に契約を交わし、同じく移籍した細川亨とともに入団会見を行った[9]。契約内容は4年契約で総額5億6000万円から13億6000万円の間での変動制で、背番号はWBCでも着用した「24」。

2011年4月に打率.397、安打、塁打(38)でリーグトップ、打点、二塁打(5)でリーグ2位タイ、長打率(.603)でリーグ3位の好成績を残し、自身2度目となる月間MVPを獲得した[10][11]。交流戦では打率 .326(交流戦6位)、20打点(交流戦4位)、4本塁打(交流戦7位タイ)、長打率.554(交流戦2位)と活躍し、交流戦の優勝に貢献。MVPも獲得した[12]。度重なる左足腿のケガに悩まされ一軍登録抹消やベンチ入りしながら代打出場にとどまる試合がありながらも、規定打席に到達。首位打者を事実上確定させた後も最終戦まで出場を続け、打率.338で自身2度目、江藤愼一(中日・ロッテ)以来史上2人目のセ・パ両リーグでの首位打者を獲得した。オフに背番号を「1」へ変更[13]

2012年は6月に月間打率.128と苦しんだが、7月からは打率.346で、5年連続となる打率.300を記録し、最多安打のタイトルを獲得した。契約更改では、現状維持の1億7000万円で更改した。また、6月5日には球団のTwitterで、夫人が5日に福岡市内の病院にて、体重3,956gの女児を出産したことを発表した。

2013年2月20日に、第3回WBCの日本代表ロースター28名に選出された[14]。3月24日のオランダ戦では、2回表に今大会初のホームランを放ち、チームの勝利に貢献した。しかし、準決勝のプエルトリコ戦では、2点ビハインドの8回裏一死一二塁の場面で、投球直後に一塁走者だった内川が走ったものの、二塁走者だった井端が二塁ベース上に留まっていたため、一二塁間の挟殺プレーでアウトとなりチームの反撃の機会を逸する結果となった。シーズンでは、4月29日の対ロッテ戦で、吉見祐治[15]から史上267人目となる100号本塁打を放った。8月は打率3割5分、5本塁打、21打点を記録し通算3度目となる月間MVPを受賞[16]。本塁打(19本)・打点(92打点)は自己最高をマーク、打率も6年連続となる3割越えを記録する活躍で3年連続5度目のベストナインを受賞した[17]。この年の契約更改では、4年契約の3年目であったが、球団はこの契約を結び直す形で、新たに2014年からの4年契約を提示、内川もこれに合意した。

2014年も打撃好調でリーグ優勝、CS制覇、日本一に大きく貢献した。日本シリーズではMVPを獲得した。オフの10月9日に、日米野球2014日本代表に選出された[18]

2015年から監督に就任した工藤公康は、前年全試合で4番を打った李大浩の打点量産を期待して5番で起用しており、内川は4番打者を担当した。打率は.284で8年連続打率3割はならなかったが、秋山幸二小久保裕紀以来のキャプテン・4番打者として優勝に大きく貢献した。クライマックスシリーズファイナルでは、3試合連続で決勝タイムリーを打ち、2011年に続く2度目のMVPを獲得した。しかし、日本シリーズ開幕前に肋骨骨折が発覚し、欠場せざるを得なくなった。だがチームは内川不在を感じさせない試合運びで第3戦以外を勝利し、4勝1敗で2年連続日本一に輝いた。10月9日には第1回WBSCプレミア12の日本代表最終ロースター28名に選出された[19]が、11月1日に前述の怪我のため辞退した[20]12月22日ヤフオクドームで契約更改交渉に臨み、4年契約の3年目となる来季を3000万円増の年俸3億3000万円プラス出来高払いでサインした[21]

2016年は李大浩が移籍したため一塁手へ転向。この年も4番に固定され、141試合の出場で2年ぶりの3割台となる打率.304を記録し、自身初の100打点超えとなる106打点を記録した。オフの10月18日に「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」の日本代表に選出された[22]

選手としての特徴[編集]

打撃[編集]

打席での内川(2010年)

早打ち型で三振四球はともに少ないが、基準違反統一球が導入されていた2011年から2012年のリーグ最高通算打率.317を誇っている。元々は球を前でさばくバッティングに自信を持っていたが、当時横浜の一軍打撃コーチであった杉村繁から、球を体の近くまで引き付けて打つようアドバイスされる[23]。杉村との特訓による打撃改造が実って広角にヒットを量産するようになり、2008年に初めて首位打者のタイトルを獲得した[24]。また、和田一浩がキャンプ中はカーブマシンしか打たないと聞いて、「遅いボールを強く打つということがどれだけ大変なのかが改めてわかった」とコメントしている[25]

首位打者を獲得した2008年から2010年までの対左打率.356と左投手に強く、統一球導入後も通算打率.318と左右の違いを苦にしていない。特に首位打者を獲得した2008年には対左打率.439を残し、2009年のWBCでは日本代表監督の原辰徳にこの点が評価され[26]、左投手の先発試合では積極的に6番で起用された。

守備・走塁[編集]

右打者ながら一塁到達まで4.20秒と平均以上の脚力を備えている[27]。外野守備ではライト線近くの打球に弱く、右翼手での守備範囲は平均を下回るが[28]左翼守備では2012年にUZR3.5と平均を上回る数値を記録した[29]。内野守備ではフィールディングは悪くないが、イップスのため短い距離の送球が出来ないこともあり、スローイングに難があると評されるも[24]、外野守備でのスローイングは比較的安定している[27]

メジャーのスカウトからは前述の第2回WBCでの好送球とバットスピードが速い点から「ジェイソン・ワースを思わせる」と評価された[30]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2001 横浜 3 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2002 42 73 66 11 22 4 1 2 34 7 0 0 3 0 4 1 0 13 1 .333 .371 .515 .887
2003 45 161 150 20 47 5 0 4 64 18 4 4 6 0 5 0 0 13 1 .313 .335 .427 .762
2004 94 369 338 55 97 11 1 17 161 45 2 7 12 1 18 0 0 42 7 .287 .322 .476 .798
2005 90 262 234 33 64 11 0 5 90 23 1 1 6 1 19 1 2 36 10 .274 .332 .385 .717
2006 124 439 402 41 115 15 2 4 146 34 8 3 7 3 22 0 5 64 9 .286 .329 .363 .692
2007 92 274 247 24 69 17 3 7 113 29 3 4 4 1 16 0 6 37 9 .279 .337 .457 .795
2008 135 544 500 83 189 37 1 14 270 67 2 3 5 4 31 1 4 49 7 .378 .416 .540 .956
2009 132 552 503 65 160 32 2 17 247 66 1 5 2 4 42 5 1 56 16 .318 .369 .491 .860
2010 144 637 577 75 182 36 4 9 253 66 1 2 3 4 47 1 6 51 17 .315 .371 .438 .809
2011 ソフトバンク 114 463 429 48 145 21 3 12 208 74 4 0 0 7 25 1 2 48 3 .338 .371 .485 .856
2012 138 567 523 44 157 21 3 7 205 53 6 4 0 7 31 6 6 36 12 .300 .342 .392 .734
2013 144 633 570 76 180 33 1 19 272 92 1 0 0 5 46 0 12 47 23 .316 .376 .477 .853
2014 122 534 488 50 150 26 1 18 232 74 0 0 0 7 34 6 5 48 5 .307 .354 .475 .829
2015 136 585 529 60 150 24 1 11 209 82 1 0 0 7 45 2 4 55 24 .284 .340 .395 .735
2016 141 605 556 62 169 19 0 18 242 106 3 2 0 9 38 2 2 53 27 .304 .345 .435 .781
通算:16年 1696 6700 6114 748 1896 312 23 164 2746 836 37 35 48 60 423 26 55 648 171 .310 .357 .449 .806
  • 2016年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

WBCでの成績[編集]

















































O
P
S
2009 日本 6 20 18 3 6 1 0 1 10 4 0 1 0 0 2 0 0 1 1 .333 .400 .556 .956
2013 6 25 23 4 8 0 1 1 13 4 1 2 0 0 1 0 1 3 1 .348 .400 .565 .965
出場:2回 12 45 41 7 14 1 1 2 23 8 1 3 0 0 3 0 1 4 2 .341 .400 .561 .961

年度別守備成績[編集]


一塁 二塁 三塁 遊撃 外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2001 - - - 2 0 3 0 0 1.000 -
2002 - 16 34 32 1 9 .985 2 0 1 0 0 1.000 2 0 1 0 1 1.000 -
2003 1 3 0 0 0 1.000 24 49 63 4 11 .966 - 18 28 60 5 7 .946 -
2004 - 82 196 274 10 56 .979 - 9 5 14 2 2 .905 -
2005 4 6 1 0 0 1.000 1 0 1 0 0 1.000 9 4 10 1 1 .933 - 59 78 0 1 0 .987
2006 43 328 14 1 27 .997 60 128 174 10 37 .968 1 0 3 0 0 1.000 - 12 13 1 0 0 1.000
2007 - - - - 79 119 1 2 0 .984
2008 119 1094 75 5 96 .996 - - - 11 12 0 0 0 1.000
2009 - - - - 130 216 1 3 1 .986
2010 73 651 38 4 47 .994 - - - 72 127 6 0 2 1.000
2011 - - - - 88 126 3 0 1 1.000
2012 - - - - 136 236 7 1 2 .996
2013 - - - - 106 170 7 0 1 1.000
2014 - - - - 63 102 0 0 0 1.000
2015 3 13 0 0 0 1.000 - - - 114 182 4 3 2 .984
通算 243 2095 128 10 170 .996 183 407 544 25 113 .974 12 4 14 1 1 .947 31 33 78 7 9 .940 870 1381 32 10 9 .993
  • 2015年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

  • MVP:1回(2011年)
  • ベストナイン:通算5回(2008年 = 一塁手部門、2009年、2011年、2012年、2013年 = 外野手部門)
  • セ・リーグ会長特別賞:1回(2008年、右打者史上最高打率に対しての表彰)
  • 月間MVP:5回(野手部門:2008年8月、2011年4月、2013年8月、2014年7月、2016年9月)
  • 「ジョージア魂」賞:2回(2011年度第12回、2013年度第8回)
  • オールスターゲームMVP:1回(2013年 第3戦)
  • オールスターゲームベストバッター賞、マツダ ビアンテ賞(2008年 第2戦、イチロー以来の5打席連続安打)
  • セ・パ交流戦MVP:1回(2011年)
  • クライマックスシリーズMVP:2回(2011年、2015年)
  • 日本シリーズMVP:1回(2014年)
  • 日本シリーズ特別賞
  • 大分市民栄誉賞(2008年)
  • パ・リーグ特別表彰:1回(2011年:史上2人目となるセ、パ両リーグで首位打者を獲得)

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 25 (2001年)
  • 2 (2002年 - 2010年)
  • 24 (2011年)
  • 1 (2012年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

関連情報[編集]

出演[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【11月17日】2000年(平12) 実質1年で43本塁打!難病克服した内川聖一、横浜1位指名スポニチ
  2. ^ 『広島スカウト』 第三回朝日新聞 2000年11月の記事より
  3. ^ 2001年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果
  4. ^ 2002年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果
  5. ^ 年度別成績 2009年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2015年9月2日閲覧。
  6. ^ 横浜:内川とフジ:長野アナ結婚 サンケイスポーツ 2010年1月13日閲覧
  7. ^ 横浜・内川、FA視野「しっかりした環境で」 サンケイスポーツ 2010年11月8日閲覧
  8. ^ 内川の横浜退団が決定 ソフトB入り デイリースポーツ 2010年12月1日閲覧
  9. ^ 内川「九州に帰ってきた」日刊スポーツ、2010年12月6日。
  10. ^ 4月度「日本生命月間MVP」受賞者発表
  11. ^ 「ほっとしている」内川は両リーグ受賞
  12. ^ 2011年度「日本生命セ・パ交流戦」最優秀選手賞(MVP)および日本生命賞決定のお知らせ
  13. ^ “内川1継承 秋山監督「お前がつけろ」”. 日刊スポーツ. (2011年11月29日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20111129-869982.html 2011年11月29日閲覧。 
  14. ^ 2013WBC日本代表28選手の発表 日本野球機構オフィシャルサイト (2013年2月20日) 2015年4月2日閲覧
  15. ^ 内川と吉見は、2000年ドラフト横浜に指名され入団した、同期生である。
  16. ^ “内川月間MVP ろっ骨骨折に耐え猛打賞6度”. 西日本スポーツ. (2013年9月7日). http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/38139 2013年9月7日閲覧。 
  17. ^ “ソフトB 内川3年連続選出/ベストナイン”. 日刊スポーツ. (2013年11月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20131121-1221283.html 2013年11月23日閲覧。 
  18. ^ 2014年10月9日 侍ジャパン「2014 SUZUKI 日米野球」出場選手発表! 侍ジャパン公式サイト (2014年10月9日) 2015年3月26日閲覧
  19. ^ 「WBSC プレミア12」侍ジャパントップチーム最終ロースター28名発表!! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年10月9日) 2015年10月9日閲覧
  20. ^ 侍ジャパントップチーム、出場選手変更のお知らせ野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年11月1日) 2015年11月5日閲覧
  21. ^ ソフトバンク・内川、3000万円増の3億3000万円で更改 - 日本経済新聞(2015/12/22 17:19)
  22. ^ 11月に東京ドームで開催する侍ジャパン強化試合に出場する選手28名が決定 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2016年10月18日) 2016年10月18日閲覧
  23. ^ 【プロ野球】コーチの真髄(3)~横浜・杉村繁「ふたりの大打者を育てた挫折組のあふれる愛情」集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva
  24. ^ a b 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2009』 アスペクトムック、2009年、452-453頁。ISBN 978-4-7572-1628-0
  25. ^ 内川聖一、打撃開眼への道のり
  26. ^ 【WBC】1位通過へカギ握る“左キラー”内川
  27. ^ a b 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2010』 アスペクトムック、2010年、224-225頁。ISBN 978-4-7572-1744-7
  28. ^ Baseball Lab守備評価~Right FielderSMR Baseball lab
  29. ^ 岡田友輔、道作、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁 『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート2』 水曜社、2013年、81頁。ISBN 978-4-88065-319-8
  30. ^ 現役スカウト部長が見た日本チーム『月刊スラッガー』2009年6月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-6、52頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]