松山竜平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松山 竜平
広島東洋カープ #55
松山竜平20160617.JPG
2016年6月17日 マツダスタジアム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県曽於郡大崎町
生年月日 (1985-09-18) 1985年9月18日(37歳)
身長
体重
176 cm
100 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 2007年 大学生・社会人ドラフト4巡目
初出場 2008年4月24日
年俸 6500万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松山 竜平(まつやま りゅうへい、1985年9月18日 - )は、鹿児島県曽於郡大崎町出身のプロ野球選手外野手内野手)。右投左打。広島東洋カープ所属。

愛称は「アンパンマン[2]、「まっちゃん」など[3]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大崎町立大崎小学校3年生の時にソフトボールを始め、6年生で全国大会優勝。ソフトボールスポーツ少年団の監督の勧めで左打ちに転向した。その監督が福留孝介を育てた新留勝郎である。当時松山は捕手を務めており、同チームの1学年下には榎田大樹が在籍していた。大崎中学校時代は、ヤングリーグの「鹿屋ビッグベアーズ」に所属した。

鹿屋中央高等学校では1年生からエースで4番だったが、甲子園には出場していない。高校時代は猛練習が実を結び、3年時春には100mだった遠投が夏には123mにまで伸ばし、苦手だった50m走の記録も春の6秒5から夏には6秒0まで伸ばしている[4]

九州国際大学に進学し、1年春から出場。2007年6月の全日本大学野球選手権大会では、2回戦に早大斎藤佑樹から二塁打を打ち注目された。4年間で首位打者2回、本塁打王1回、打点王3回に輝き、通算安打は122本で、九州六大学リーグの新記録を作る。大学通算打率.412、通算三振数は18(1試合平均0.24個)。福岡大学白仁田寛和とは、九州六大学野球のライバルであった。2007年11月19日のプロ野球大学生・社会人ドラフト会議広島東洋カープに4巡目で指名された。入団時の意気込みとして背番号37を永久欠番にしたいと語り、登録名に関しても活躍後に"竜平"に変更したいと語った。同年11月26日に契約金5000万円、年俸1000万円(推定)で仮契約。背番号は37

広島時代[編集]

2008年は、開幕一軍を逃したものの、ウエスタン・リーグ開幕からチームの中軸として好調を保ち、4月24日に一軍昇格。代打による2打席のみで二軍に降格したが、その直後二軍では4番に定着。疲れや守備練習に時間を割くこともあって調子を落とすこともあったが、ウエスタン・リーグの打点王を獲得。安打もリーグ最多を記録した。課題の守備は将来を睨んで三塁の練習をしているが、ウエスタン・リーグの試合では主に一塁を守る機会が多かった。それまでやっていた外野は2試合のみの出場だった。

2009年は、春季キャンプの途中に肉離れでリタイア。4月に二軍に合流すると5月にはウエスタン・リーグの月間MVPを受賞する活躍を見せたが、その後の不調が響いて一軍出場はなかった。守備では三塁の守備に就く機会が前年の5試合から33試合に増えた。

2010年は、主に一塁手としてウエスタン・リーグの試合に出場。前年に続き一軍出場はなかった。11月に、大学時代に知り合った女性との結婚を発表[5]。すでに同年より同居生活を送り、12月12日(この日は自身の入団会見の日にあたる)に入籍。2011年2月には第一子が産まれる予定であることを明かした。

2011年は、岩本や天谷の不振で一軍昇格すると、6月9日の埼玉西武ライオンズ戦で涌井秀章から決勝打となるプロ初本塁打を打ってチームの連敗を10で止めた[6]。7月5日の横浜ベイスターズ戦では初の3安打を打ち[7]、結局この年は自己最多68試合に出場。打率.270、3本塁打の成績を残した。

2012年は、前年度の活躍が評価され、オープン戦でチーム唯一の全試合出場。打率.403の好成績を残し、オープン戦の首位打者となった。この活躍で開幕を一軍で迎えた[8]。ところがシーズンが始まると突如打てなくなり、一軍と二軍を往復する生活が続くも、8月21日の横浜DeNAベイスターズ戦では初の4番打者を務め[9]、8月30日の東京ヤクルトスワローズ戦では4番としての初打点を挙げた[10]。結局この年は打撃部門の全てで前年度を下回り、打率もあわや1割台と打撃不振に苦しんだ。

2013年は、廣瀬純などと外野の枠を争い、シーズンを通して一軍に定着する。最終的に規定打席到達はならなかったものの自己最高となる打率.282、10本塁打、52打点、OPS.732を記録し球団初のクライマックスシリーズ進出に貢献した。

ナイターで打席に立つ松山

2014年は、春季キャンプ2日目に故障した[11]が、オープン戦は9試合に出場し打率.452を記録するなど打撃好調だった。開幕2戦目の中日ドラゴンズ戦に3番・右翼手で先発出場した。その後は打撃不振が続いたが、徐々に調子を上げ3割を維持していた。しかし、6月13日の埼玉西武ライオンズ戦で左前十字靱帯を損傷[12]し、約2か月の戦線離脱となった。規定打席到達はならなかったが、打率.318、7本塁打、34打点、OPS.815を記録した。シーズン終了後には新人の野間峻祥に背番号を譲り、迎祐一郎の引退で欠番になった44に変更されることが発表された[13]

2015年は、開幕戦に5番・左翼手で先発出場した。4月18日の中日戦で故障し[14]、戦線離脱となった。復帰後は一塁手、左翼手、右翼手、指名打者など様々なポジションでの出場が続き、左投手が先発する試合では、左の代打の切り札としての出場が多くなった。6、7、8月の月間打率がそれぞれ.391、.348、.387と打撃好調で、8月終了時点では3割を維持していた。しかし、9月に深刻な打撃不振に陥り、最終的には打率.277、7本塁打、26打点、OPS.795でシーズンを終えた。阪神タイガース藤浪晋太郎を得意とし(打率.583、本塁打1、打点3、四球1)、藤浪キラーと呼ばれた[15]。10月20日、秋季練習中に右太もも裏を故障し、三軍調整となった[16]

2016年は、開幕から代打での起用が続いたが、徐々に調子を上げ先発起用の回数が増えた。6、7月には打撃不振に陥り数字を落としたが、8月以降は打率.346と復調し、チームが25年ぶりのリーグ優勝を決めた9月10日の読売ジャイアンツ戦ではマイルズ・マイコラスから決勝本塁打を打った[17]

打席での松山(2017年6月15日、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

2017年は、シーズンを通して打棒が好調で苦手だった左投手が先発の時も先発出場が増え、主に5番を任された。鈴木誠也が故障で離脱した後は代役の4番打者に座り、鈴木の台頭によりあまり守っていなかった右翼の守備も任された。9月は打撃絶好調で月間MVPを受賞した。最終成績は規定打席不足ながら打率は3割を大きく超え、自己最多となる14本塁打、77打点を記録し、チームの37年ぶりとなるリーグ連覇に大きく貢献した。

2018年は、休養や左投手が相手先発の時に先発を外れることもあったが、年間を通してほぼ5番打者として先発起用された。プロ11年目で初めて規定打席に到達し、打率3割・2桁本塁打を共にクリアし、球団初のリーグ3連覇に大きく貢献した。11月9日にはこの年取得したFA権を行使せずにチームに残留することを表明した[18]。また、11月19日に球団から2019年シーズンより背番号が44から55に変更されることが発表された[19]

2019年は、序盤から不振に苦しみ、前半戦は打率2割を切るなど低迷した[20]。後半戦は調子を取り戻し、23試合で4番打者を務めた[20]。最終的に110試合に出場し、打率.259、6本塁打、49打点を記録した[20]

2020年は、腰痛の影響[21]で開幕を二軍で迎えた[22]。一軍復帰後は正一塁手を務め[23]、7月17日のヤクルト戦で遅まきながら開幕55打席目でシーズン初本塁打を放った[24]。シーズン終盤は4番を任されたが10月の得点圏打率が.212に留まるなど不振に陥り[25]、最終的に108試合の出場で打率.277、9本塁打だった[26]

2021年は、開幕スタメンに名を連ねたが[27]、度重なる故障や[28][29][30]ケビン・クロンの加入[31]によって代打での出場が増え、7年ぶりに出場試合数が100を下回った[27]

2022年は、昨年オフにMLBに移籍した鈴木誠也[32]に代わって自身初めて4番打者として開幕を迎えたが、ライアン・マクブルームの加入により、スタメンを外れる試合が相次いだ[33]。4月16日には新型コロナウイルスの陽性判定を受け出場選手登録を抹消された[34]

選手としての特徴[編集]

打撃では卓越したバットコントロールと勝負強さを誇る[35][36]。いわゆる“天才肌”で、どんな球種、コースでも芯で捉え、ヒットゾーンに飛ばすことができる。その一方で守備・走塁を課題としており[37]、先発出場の際は、終盤に代走または守備固めが送られることが多い。

人物[編集]

  • 愛称のアンパンマンは大学3年生の時に先輩から付けられた。プロ入り後も「アンパンマンで僕の名前を覚えてくれるなら喜んで呼ばれたい」とファンに呼びかけた。ホームのマツダスタジアムで打席に向かう際の出囃子も「アンパンマンのマーチ」である[38]。また、本塁打を打った際には「松山のアンパンチが炸裂」[2]などと述べられることが多い。
  • ドラフト指名を受け、直後の会見では所有していた牛を売って大学の学費を出してくれた祖父に感謝の意を述べながら感極まって大粒の涙を流した[39]
  • 広島に入団後はチームのいじられ役として愛されている[3]
  • お立ち台でのきまり文句は、「鹿児島のじいちゃんばあちゃん、今日俺やったよ!」である[39]。しかし、2013年ごろからは前田健太やほかのチームメイトに先に言われてしまうことが多い。
  • 広島で最初に着けた背番号37は入団会見で「永久欠番にしたい」と意気込むほど愛着を持っていた。しかし、入団後はなかなか安定した結果を残せず、怪我に泣かされるなど苦悩の日々が続くと、2014年オフに野間峻祥に譲り、自身は44に変更となった。松山はこの時を振り返り「情けないシーズンを送り、クビになることも覚悟していた。背番号が変わることで、良い方向に変わればいいなと思った」と語っている[40]。その後はチームに欠かせない戦力となり、2018年オフには自身が尊敬する嶋重宣や仲の良かったブラッド・エルドレッドらが着けていた55に自らの意思で変更している[41]
  • 少年時代から自身と同じ右投げの左打者である松井秀喜に憧れている[42]
  • 2016年のオープン戦期間に視力検査を行った際、視力1.5だと思い込んでいたのが0.6であることが分かり、その直後から度付きのサングラスを使用している[38]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 広島 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2011 68 204 196 15 53 6 1 3 70 19 0 1 0 0 8 0 0 20 5 .270 .299 .357 .656
2012 48 146 137 4 28 4 0 0 32 7 1 0 0 0 8 0 1 13 3 .204 .253 .234 .487
2013 123 389 372 27 105 23 1 10 160 52 2 0 1 4 11 0 1 49 4 .282 .302 .430 .732
2014 80 250 233 26 74 9 1 7 106 34 0 1 0 1 14 1 2 29 7 .318 .360 .455 .815
2015 100 229 202 14 56 13 0 7 90 26 1 1 0 3 23 0 1 30 8 .277 .349 .446 .795
2016 103 275 254 34 74 10 2 10 118 41 0 0 0 1 20 1 0 29 4 .291 .342 .465 .806
2017 120 387 350 39 114 23 4 14 187 77 0 0 0 6 31 0 0 45 8 .326 .375 .534 .909
2018 124 446 397 46 120 25 2 12 185 74 2 0 0 5 42 4 2 46 10 .302 .368 .466 .834
2019 110 327 294 21 76 14 1 6 110 49 0 0 0 2 29 1 2 42 7 .259 .327 .374 .701
2020 108 425 404 38 112 27 1 9 168 67 0 1 0 3 17 4 1 72 11 .277 .306 .416 .722
2021 85 194 175 9 46 10 0 2 62 29 0 0 0 2 17 0 0 22 4 .263 .325 .354 .679
2022 88 166 152 9 33 7 0 2 46 23 0 0 0 3 11 1 0 22 2 .217 .265 .303 .568
通算:13年 1159 3440 3168 282 891 171 13 82 1334 498 6 4 1 30 231 12 10 420 73 .281 .329 .421 .750
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁 三塁 外野




































2011 広島 - - 50 67 0 1 0 .985
2012 20 141 16 0 9 1.000 1 1 2 0 0 1.000 22 25 1 0 0 1.000
2013 23 95 9 4 10 .963 - 86 114 4 0 0 1.000
2014 15 39 3 0 3 1.000 - 56 71 3 2 0 .974
2015 13 96 9 1 5 .991 - 36 49 0 0 0 1.000
2016 7 43 1 1 3 .978 - 60 63 1 1 0 .985
2017 7 32 4 0 11 1.000 - 89 135 4 2 1 .986
2018 56 441 33 5 37 .990 - 48 60 1 1 0 .984
2019 36 252 21 5 24 .982 - 45 56 0 2 0 .966
2020 102 806 54 9 65 .990 - -
2021 29 172 10 4 12 .978 - 13 19 0 1 0 .950
通算 308 2117 160 29 179 .987 1 1 2 0 0 1.000 505 659 14 10 1 .985
  • 2021年度シーズン終了時

表彰[編集]

  • 月間MVP:1回(野手部門:2017年9月)

記録[編集]

初記録
節目の記録

背番号[編集]

  • 37(2008年 - 2014年)
  • 44(2015年 - 2018年)
  • 55(2019年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 広島 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2022年12月3日閲覧。
  2. ^ a b 広島・松山のアンパンチがさく裂!右翼へ今季1号2ラン”. サンケイスポーツ (2019年4月6日). 2021年3月23日閲覧。
  3. ^ a b 新井貴浩コラム 今週の応援人 松山竜平選手(広島)「まっちゃんには、若干、私と同じニオイを感じずにはいられません」 | 野球コラム” (日本語). 週刊ベースボールONLINE (2020年1月22日). 2021年4月7日閲覧。
  4. ^ “ルーキーの挑戦 大学生・社会人4巡目 松山竜平外野手(22)九州国際大”. 中国新聞 (中国新聞). (2008年1月17日). オリジナルの2008年2月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080208103832/http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/08kikaku/rookie/080117.html 2013年10月27日閲覧。 
  5. ^ “コイのアンパンマン”松山が結婚!”. デイリースポーツ (2010年11月25日). 2010年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月30日閲覧。
  6. ^ “広島10連敗でストップ!松山プロ初弾でGに0・5差”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2011年6月10日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/06/10/kiji/K20110610000989460.html 2013年4月28日閲覧。 
  7. ^ “広島打線をけん引!4年目・松山が初の猛打賞”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2011年7月6日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/07/06/kiji/K20110706001153070.html 2013年5月9日閲覧。 
  8. ^ “【広島】マエケン、堂林、松山ら開幕切符”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ). (2012年3月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20120328-924617.html 2013年5月8日閲覧。 
  9. ^ “【広島】初4番「空回り…」松山”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ). (2012年8月21日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20120821-1004240.html 2013年5月8日閲覧。 
  10. ^ “【広島】松山が4番で初打点”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ). (2012年8月30日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20120830-1008926.html 2013年5月8日閲覧。 
  11. ^ 広島松山、会沢、ロサリオがリタイヤ”. 日刊スポーツ (2014年2月2日). 2021年6月30日閲覧。
  12. ^ 広島松山着地に失敗、左前十字靱帯損傷”. 日刊スポーツ (2014年6月13日). 2021年6月30日閲覧。
  13. ^ 広島松山5キロ減 監督カミナリで危機感”. 日刊スポーツ (2014年12月8日). 2021年9月30日閲覧。
  14. ^ 広島松山「左足筋挫傷」走塁中に足引きずる”. 日刊スポーツ (2015年4月18日). 2021年6月30日閲覧。
  15. ^ 広島が“藤浪キラー”松山の一発で先制”. デイリースポーツ (2015年10月4日). 2021年6月30日閲覧。
  16. ^ “菊池、秋季練習別メニュー 松山はリタイア”. 中国新聞. (2015年10月21日). オリジナルの2015年12月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151208075543/http://www.chugoku-np.co.jp/carp/article/article.php?comment_id=193892&comment_sub_id=0&category_id=124 2015年10月21日閲覧。 
  17. ^ 松山アンパンチV弾!誠也に続いた!勝ち越し10号ソロ”. デイリースポーツ (2016年9月11日). 2021年9月30日閲覧。
  18. ^ 広島松山が残留表明 新井さんに相談、FA行使せず”. 日刊スポーツ (2018年11月10日). 2021年9月30日閲覧。
  19. ^ 来季の背番号変更選手のお知らせ”. 広島東洋カープ公式サイト (2018年11月19日). 2018年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月30日閲覧。
  20. ^ a b c 広島松山1500万円減 来季「良ければ30発」へ”. 日刊スポーツ (2019年12月19日). 2021年9月30日閲覧。
  21. ^ 広島・松山が腰痛で検査 リハビリ組の3軍で調整へ”. www.daily.co.jp. 2022年11月12日閲覧。
  22. ^ 広島・松山が今季初スタメンでマルチ「打点を挙げられたのはよかった」/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2022年11月12日閲覧。
  23. ^ カープ今季2度目のサヨナラ勝利!松山竜平が執念の一打!|carp|編集部コラム|広島アスリートマガジン” (日本語). 広島アスリートマガジン. 2022年11月12日閲覧。
  24. ^ 広島・松山、お待たせ!背番号と同じ55打席目で待望の今季1号3ラン 菊池涼らベンチも大はしゃぎ - スポニチ Sponichi Annex 野球” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2022年11月12日閲覧。
  25. ^ カープ今季2度目のサヨナラ勝利!松山竜平が執念の一打!|carp|編集部コラム|広島アスリートマガジン” (日本語). 広島アスリートマガジン. 2022年11月12日閲覧。
  26. ^ 【広島】松山竜平、海外FA権行使せず残留「チームの力になれるように」” (日本語). スポーツ報知 (2020年11月18日). 2022年11月12日閲覧。
  27. ^ a b 広島松山竜平は1500万円減「来年はスタートから全試合出られるように」 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2022年11月12日閲覧。
  28. ^ 広島・松山が守備で負傷交代 トレーナー“バツ印”出し”. www.daily.co.jp. 2022年11月12日閲覧。
  29. ^ 広島松山竜平が1軍に合流 2軍で7打数4安打と状態上向き - プロ野球写真ニュース : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2022年11月12日閲覧。
  30. ^ 広島・松山竜平が出場選手登録を抹消 室内練習場に姿を現すも打撃練習回避/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2022年11月12日閲覧。
  31. ^ 広島・松山竜平外野手 同ポジションに新助っ人加入で闘志燃やす年男/新年の決意 | 野球コラム” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. 2022年11月12日閲覧。
  32. ^ 鈴木誠也、カブスと5年契約で正式合意 日本人野手最高額101億円、入団会見へ” (日本語). Full-Count(フルカウント) ― 野球ニュース・速報・コラム ― (2022年3月19日). 2022年11月12日閲覧。
  33. ^ 【広島】松山竜平、37日ぶりヒットで試合振り出しに戻す「結果どうこうより強く振ろうと思った」” (日本語). スポーツ報知 (2022年5月15日). 2022年11月12日閲覧。
  34. ^ 【広島】松山竜平、37日ぶりヒットで試合振り出しに戻す「結果どうこうより強く振ろうと思った」” (日本語). スポーツ報知 (2022年5月15日). 2022年11月12日閲覧。
  35. ^ 広島の開幕スタメンは?ーー2021年プロ野球12球団開幕オーダー予想【編集部フォーカス】”. ベースボールチャンネル(BaseBall Channel) (2021年3月20日). 2021年3月23日閲覧。
  36. ^ 松山 広島残留、FA権行使せず「チームの力になれるように」”. デイリースポーツ (2020年11月18日). 2021年3月23日閲覧。
  37. ^ 広島・松山竜平 どんな打順でも守備位置でも強打を発揮/いぶし銀の輝き | 野球情報”. 週刊ベースボールONLINE (2018年7月12日). 2021年3月23日閲覧。
  38. ^ a b 今日誕生日の広島・松山竜平外野手(32)が優勝のカギ”. ニッポン放送 NEWS ONLINE (2017年9月18日). 2021年3月24日閲覧。
  39. ^ a b 2018年3月31日「感謝のヒーローインタビュー」 (ヒューマンストリート) [FM FUKUOKA]”. fmfukuoka.co.jp (2018年3月31日). 2021年3月24日閲覧。
  40. ^ 「55」で挑む新シーズン 広島松山、新たな背番号に込められた思い”. Full-Count. p. 1 (2019年4月7日). 2021年3月24日閲覧。
  41. ^ 「55」で挑む新シーズン 広島松山、新たな背番号に込められた思い”. Full-Count. p. 2 (2019年4月7日). 2021年3月24日閲覧。
  42. ^ 広島V奪回のカギは「5番・松山竜平」の固定”. SPAIA (2020年2月22日). 2021年3月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]