岩田慎司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩田 慎司
CD-Shinji-Iwata20120322.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県岐阜市
生年月日 (1987-01-27) 1987年1月27日(29歳)
身長
体重
181 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト5位
初出場 2010年6月9日
最終出場 2016年9月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岩田 慎司(いわた しんじ、1987年1月27日 - )は、元プロ野球選手投手)。岐阜県岐阜市出身。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

東邦高時代からドラフト候補として注目された。3年時の春、第76回選抜高等学校野球大会に出場。初戦で上本博紀擁する広陵高に1-9で完投勝利を収める。2回戦で、鵜久森淳志高橋勇丞擁する済美高に0-1で敗退した。夏は愛知県予選ベスト8で同年の優勝校である中京大中京高に敗れた。

高校卒業後は明治大学に進学し硬式野球部に入部するも、選手層の厚さや自身の怪我でなかなか出場機会が与えられなかった。副主将となった4年春からはエースとして15試合中13試合に登板し、また野手顔負けの打撃でチームの8季ぶりの優勝に貢献した。春のリーグ戦優勝に伴い出場した全日本大学野球選手権大会でも、エースとしてチームをベスト4まで進出させた。リーグ戦での打率.360の打撃センスを持ち、先発した2回戦では、大会がDH制を採用しているにもかかわらず投手でありながら7番バッターとして出場した。だが、準決勝の東海大学戦にて先発したチームメイトの救援に向かうも、東海大の猛打を浴びて1死も取れずに降板した。

2008年10月30日、プロ野球ドラフト会議中日ドラゴンズから5位指名を受け入団した。

プロ入り後[編集]

2010年は、怪我人が続出する二軍で防御率2.86と同3位のWHIP1.08と結果を残し、ウェスタン・リーグ最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得。一軍では、6月9日の対楽天戦でリリーフとしてプロ入り初登板。7月19日の横浜戦で初先発。7回2/3を3安打無失点と好投しプロ初勝利を挙げた。ポストシーズン期間はベネズエラウィンターリーグへ派遣された。

2011年は開幕一軍を果たしたものの、5試合に先発して勝ち星ゼロに終わった。

2012年は開幕は二軍だったが、川上憲伸の腰痛による二軍落ちの入れ替わりで1軍に昇格した。4月21日の広島戦(マツダスタジアム)で2年ぶりの勝利を挙げた。自己最高の20試合登板(19試合先発)、5勝5敗を記録し、先発ローテーションに欠かせない存在となった。

2013年オープン戦で不調に陥り開幕一軍を逃すも二軍で結果を残し4月25日に1軍に昇格、同日の阪神戦で先発し7回無失点で今シーズン初勝利を挙げた(シーズン唯一の勝利)。だが右肩痛に悩まされたこともあって僅か5試合の登板に終わり、防御率も大幅に悪化した。

2015年オフには350万円減の1150万でサインした[1]

2016年9月23日に引退を発表。翌24日の阪神戦に登板、これが引退試合となった。同年10月31日付で任意引退公示された[2]

選手としての特徴・人物[編集]

平均球速約137km/h[3]、最速145km/hの速球スライダーカーブフォークシュートを投げ分け、特にスライダーは自身で「テレビゲームのように真横に曲がるんです」と評し、井上雄介からも「ぐにゃりと横に曲がる」と評されている[4]。一方でストレートの球威に欠けるため、自身も大学時代から課題として挙げている[4]。速球はほとんどの球が微妙に変化するツーシーム・ファストボールである[5]

フォークボールは回転が少なくナックルボールのように変化するため、キャッチャーの谷繁も試合中に「捕れない…」と嘆いたほどである。自身も「投げた後もボールに聞いてくれって感じ」と発言するなど、コントロールが非常に難しい。また、このボールについて山内壮馬は「マジカルフォーク」と命名している。2013年1月16日放送のテレビ朝日系列「マツコ&有吉の怒り新党」で取り上げられた[6]

打撃センスも高く、先述のようにDH制がありながら7番打者で起用されたこともあるほかプロでも2012年には三塁打を放っている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 中日 5 3 0 0 0 1 1 0 0 .500 85 20.2 11 1 11 1 1 19 2 0 6 6 2.61 1.06
2011 5 5 0 0 0 0 4 0 0 .000 116 25.1 29 4 10 2 2 16 0 0 16 14 4.97 1.54
2012 20 19 0 0 0 5 5 0 0 .500 438 108.1 87 11 26 0 7 84 1 0 36 33 2.74 1.04
2013 5 5 0 0 0 1 2 0 0 .333 113 25.2 33 2 3 0 2 14 0 0 17 16 5.61 1.48
2014 10 3 0 0 0 2 1 0 1 .667 101 23.2 26 7 5 0 0 22 0 0 14 14 5.32 1.31
2015 3 3 0 0 0 0 2 0 0 .000 71 16.0 17 1 8 1 1 7 0 0 8 8 4.50 1.56
通算:6年 48 38 0 0 0 9 15 0 1 .375 924 219.2 203 26 63 4 13 162 3 0 97 91 3.73 1.21
  • 2015年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 28 (2009年 - 2016年)

登場曲[編集]

  • 「Lookin` In My Eyez」 AK-69(2011年 - 2014年)
  • 「Warriors」AK-69(2015年 - 2016年)

脚注[編集]

  1. ^ 吉見が1000万円減、大島1600万円増 中日の契約更改 - 2015年11月13日 21時02分。オリジナルからのアーカイブ。
  2. ^ 任意引退選手 | 2016年度公示NPB.jp 日本野球機構 2016年10月31日
  3. ^ 『2013 プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2013年、27頁。ISBN 978-4-905411-11-6
  4. ^ a b 必殺スライダーに注目!『アマチュア野球 Vol.20』、日刊スポーツ出版社、2008年、雑誌66835-16、61-63頁。
  5. ^ 衣笠祥雄が2011年4月14日の「BANG BANG BASEBALL」内で発言
  6. ^ 中日岩田“マツコボール”をデラックス化日刊スポーツ 2013年1月23日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]