島内颯太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
島内 颯太郎
広島東洋カープ #43
島内颯太郎2019.03.12.jpg
2019年3月12日 マツダスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県福津市
生年月日 (1996-10-14) 1996年10月14日(23歳)
身長
体重
180 cm
80[1] kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト2位
初出場 2019年3月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

島内 颯太郎(しまうち そうたろう、1996年10月14日 - )は、広島東洋カープに所属する福岡県福津市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

福間小学校3年時に投手兼遊撃手で野球を始め、福間中学校では軟式野球部に入部[2]光陵高校進学後は1年秋から背番号11でベンチ入りし、2年の夏からはエースとなった[2]。3年夏は福岡大会3回戦で敗退[2]

九州共立大学進学後は2年春にリーグ戦デビューをするものの、同秋は右肘の離断性骨軟骨炎により出場なし[2]。 肘の痛みが癒えた3年春には球速が7キロアップし、秋のリーグ戦にはチームを優勝に導き自身もMVPに輝く活躍も見せ12月の大学日本代表候補強化合宿に招集されるが[2]、4年春はリーグで4勝を挙げるも制球を意識するあまりフォームを崩して不調に陥った[1]。その後、夏にフォームを見直してオープン戦では自己最速の152キロをマークし、秋のリーグ戦ではエースとして活躍[1]2018年10月27日に行われた九州大学野球選手権大会決勝戦において、東京ヤクルトスワローズに入団した久保拓眞との継投リレーで日本文理大学に勝利し、明治神宮野球大会の出場を果たす[3]。明治神宮野球大会では、2回戦で島内が伊藤裕季也から2ランホームランを浴び、立正大学に0対2で敗れた[4]

ドラフト3位以上でプロ入り、それ以下なら社会人野球という意志を自身が表明するなか[1]、2018年10月25日のドラフト会議広島東洋カープから2位で指名を受ける[5]。同年11月16日広島との仮契約交渉に臨み契約金7000万円、年俸1000万円(金額はともに推定)で仮契約した[6]

プレースタイル・人物[編集]

直球最速は152km/h。直球主体のピッチングでフォーク、チェンジアップを交え空振りを奪うのが持ち味[2]

手本にするのは大学の先輩で同じく広島の大瀬良大地。「大瀬良さんを目標というにはあまりにも遠すぎて・・・」と謙遜するものの、九共大上原忠監督から「大瀬良は練習が終わった後に一人で走っていた」と聞くと「プロに行くためには、自分もやらなくてはいけないと思った」と2月から練習日には欠かさずポール間を走り始めた[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2019 広島 25 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 127 28.2 19 1 19 1 2 33 1 0 15 14 4.40 1.33
通算:1年 25 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 127 28.2 19 1 19 1 2 33 1 0 15 14 4.40 1.33
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2019 広島 25 3 3 0 0 1.000
通算 25 3 3 0 0 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録

背番号[編集]

  • 2019年3月12日マツダスタジアムにて
    2019年3月12日マツダスタジアムにて
    43(2019年 - )

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]