2008年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 2008年 | 2008年のスポーツ

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

  • 3月3日 - 【大学】東京六大学野球の明大は新監督にコーチの善波達也を発表[8]
  • 3月6日 -【独立】日本国内では3番目の独立リーグとなる、関西独立リーグの設立計画が発表され、2009年度から和歌山、大阪、兵庫(2チーム)の4チームが参加して行う予定。運営会社の最高顧問に石毛宏典が就任[9]
  • 3月9日 - 8月に日本で開催される第3回女子野球ワールドカップの日本代表選手の25人が選出[10]
  • 3月10日 - 【KBO】ソウル市内で失踪した4人の母子の件で公開手配されていた、元ヘテ・タイガース李昊星が韓国のソウル市内漢江で遺体で発見され、自殺とみられている。同日、母子4人の遺体も見つかっており、同選手の関与について捜査している[11]
  • 3月12日 - 【五輪】台湾の台中で行われている北京オリンピック最終予選で、韓国がドイツに12対1で7回コールド勝利し、5戦全勝でオリンピック出場権を獲得[12]
  • 3月13日 - 【五輪】台湾の台中で行われている北京オリンピック最終予選で、台湾とカナダが勝利し、共に5戦1敗でオリンピック出場権を獲得し、オリンピック出場8カ国が決定(中国、日本、アメリカ、キューバ、オランダ、韓国、台湾、カナダ)。
  • 3月14日 - 【高校】選抜高校野球大会の組み合わせ抽選が行われ、開会式の選手宣誓は中京大中京の主将の矢沢英典[13]
  • 3月18日 - 【高校】駒大苫小牧高校の前監督の香田誉士史が3月末をもって同校を退職すると発表[14]
  • 3月22日 - 【高校】第80回選抜高校野球大会の開会式が阪神甲子園球場で行われる[15]
  • 3月26日 - 【社会人】日本野球連盟は昨年11月に青森市で発足した社会人クラブチームのブルーズヨシフォレストの新規加盟の承認を発表、歌手の吉幾三総監督を務める[16]
  • 3月28日 - 【高校】選抜高校野球大会(甲子園)の3回戦、鹿児島県鹿児島工京都府平安の試合は延長15回、3対3の引き分けに終わり、30日に再試合が行われる
  • 3月29日 - 【独立】四国・九州アイランドリーグ香川オリーブガイナーズ松尾晃雅がボストン・レッドソックスとマイナー契約した事を発表。同リーグからメジャーリーグとの契約選手が出るのは初[17]
  • 3月30日 - 【高校】選抜高校野球大会(甲子園)で28日に延長引き分けになった、鹿児島工対平安戦の再試合は1対0で平安が勝利し、5年ぶり準々決勝に進出、春夏通算90勝目を挙げた[18]

4月[編集]

5月[編集]

  • 5月12日 - 【KBO】LGツインズは前年日本プロ野球の巨人でプレーし、今シーズンはメキシカンリーグのメキシコシティー所属のロベルト・ペタジーニの獲得を発表[21]
  • 5月13日 - 【大学】東京六大学野球の立大が対明大戦(神宮)に勝利し、リーグ通算800勝[22]
  • 5月13日 - 【高校】日本高野連は常葉菊川の監督の森下知幸が女性記者にセクハラをしていたとする問題で、同校のとった森下の今夏の選手権大会終了までの謹慎措置を了承、部長の元中日の佐野心が指導にあたる[23]
  • 5月13日 - 【大学】首都大学野球リーグ東海大明学大に勝利し、8戦全勝で3季連続56度目の優勝達成[24]
  • 5月15日 - 【大学】関西六大学野球リーグ龍谷大大経大に勝利し、3季ぶり22度目のリーグ優勝達成[25]
  • 5月20日 - 【五輪、NPB】北京オリンピック日本代表の監督の星野仙一が同コーチの田淵幸一山本浩二大野豊と共にウエスタンリーグの阪神対広島戦(甲子園)で阪神の指揮をとった、オリンピックまでの試合勘を取り戻すため。試合は3対0で阪神が勝利[26]
  • 5月24日 - 【米独立】アメリカ独立リーグ所属のカナダのゴールデンベースボールリーグカルガリー・ヴァイパーズジョン・オドムラレド・ブロンコスに異例の1本69ドルのバット10本でトレードが成立。同選手の過去のケンカが問題で、カナダへの入国審査で入国できなくなったため[27]
  • 5月27日 - 【大学】東京六大学野球は明大が対法大戦(神宮)に勝利し、8季ぶり32度目のリーグ優勝達成[28]
  • 5月28日 - 【大学】東都大学野球は東洋大が対亜大戦(神宮)に勝利し、3季連続12度目のリーグ優勝達成[29]

6月[編集]

7月[編集]

  • 7月1日 - 【社会人】都市対抗野球大会の関東代表決定リーグで、前年度優勝の東芝ホンダに4対3で敗れ、8月に開催される本大会への出場を逃す。前年度優勝チームの予選敗退は不祥事、休部を除けば8年ぶり[39]
  • 7月4日 - 【大学】関西学生野球連盟の同大野球部で4月に2年生部員が1年生部員に対し暴力行為があったとして、大学は監督の吉川博敏が3日付で辞任、8月7日までの部活動自粛の措置をとった[40]
  • 7月9日 - 【高校】選抜高校野球の運営委員会が開かれ、希望枠を廃止し、21世紀枠を例年の2から3(今年は記念大会で3校選出)に増やす事を決定[41]
  • 7月12日 - 【独立】ベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)前期戦の上信越地区は新潟アルビレックス・ベースボール・クラブが対富山サンダーバーズ第4回戦(糸魚川美山)に4対0で勝利し、上信越地区前期優勝達成[42]
  • 7月12日 - 【高校】全国高校野球選手権大会の佐賀大会の3回戦で、前年度全国優勝の佐賀北鳥栖工に1対2で敗れている[43]。南埼玉大会では今年の選抜準優勝校の聖望学園が初戦で敗れている[44]
  • 7月13日 - 【独立】BCリーグ前期戦の北陸地区は富山が対新潟第5回戦(富山市民)に7対0で勝利し、北陸地区前期優勝達成[45]
  • 7月14日 - 【五輪】中華民国棒球協会が北京オリンピックの台湾代表の24選手を発表し、中日のチェンや元西武の張誌家などを選出[46]
  • 7月16日 - 【五輪】北京オリンピックアメリカ代表23人が選出[47]
  • 7月17日 - 【五輪】全日本野球会議は、北京オリンピック野球日本代表24名を発表した[48]
  • 7月25日 - 【五輪】国際野球連盟は、北京五輪において延長11回以降無死1、2塁から攻撃を開始するタイブレークの採用を発表した[49]
  • 7月27日 - 【大学】第4回世界大学野球選手権大会チェコブルノ)の決勝戦はアメリカが日本に1対0で勝利し3大会連続優勝達成[50]
  • 7月31日 - 【五輪】国際野球連盟の会長のハービー・シラーが東京都内で会見を開き、北京オリンピックからのタイブレークの採用は決定事項、と表明した[51]
  • 7月31日 - 【高校】全国高校野球選手権大会への出場が決まっていた群馬県桐生一高の野球部員が女子校生への強制わいせつ行為で逮捕される。同校の校長は記者会見で出場辞退の考えの無い事を明らかにした[52]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

  • 10月4日 - 【独立】四国・九州アイランドリーグのリーグチャンピオンシップの第3戦、香川対愛媛(サーパススタジアム)は、香川が愛媛に5対2で勝利し、3勝0敗で3年連続の総合優勝達成[69]
  • 10月4日 - 【大学】九州六大学リーグ福岡大北九大にサヨナラ勝利で、3季連続通算47度目の優勝達成[70]
  • 10月11日 - 【独立】BCリーグチャンピオンシップ第3戦が行われ、富山が群馬に4対3で勝利し、初のリーグ総合優勝達成[71]
  • 10月12日 - 【大学】東京六大学リーグ戦で、立大の五十嵐大典が対東大戦で東京六大学リーグの通算3000本塁打[72]
  • 10月22日 - 【独立】来季開幕予定の関西独立リーグの大阪の監督に村上隆行が就任[73]
  • 10月22日 - 【WBC】WBCの日本代表の監督の有力候補に挙がっていた星野仙一が就任を固辞することを自身のHPで改めて表明[74]
  • 10月28日 - 【独立】日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップの第5戦で、四国・九州アイランドリーグの香川がBCリーグの富山に3対2で勝利し、2年連続の優勝達成。
  • 10月28日 - 【WBC】 WBC日本代表監督に巨人の監督の原辰徳の就任が決定。
  • 10月29日 - 【WBC】WBC日本代表監督相談役に前ソフトバンク監督の王貞治が就任。

11月[編集]

12月[編集]

競技結果[編集]

国際大会[編集]

北京オリンピック(8月13日〜24日、中国・北京)[編集]

順位 国・地域
1 大韓民国の旗 韓国
2  キューバ
3 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
4 日本の旗 日本
5 チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
6 カナダの旗 カナダ
7 オランダの旗 オランダ
8 中華人民共和国の旗 中国

アジアシリーズ[編集]

順位 名称 埼玉西武ライオンズ 統一セブンイレブン・ライオンズ SKワイバーンズ 天津ライオンズ 失点率
1 埼玉西武ライオンズ 埼玉西武ライオンズ - ○ 2-1 ● 3-4 ○ 16-2 2 0 1 21 7 0.29
2 統一セブンイレブン・ライオンズ 統一セブンイレブン・ライオンズ ● 1-2 - ○ 10-4 ○ 7-4 2 0 1 18 10 0.38
3 SKワイバーンズ SKワイバーンズ ○ 4-3 ● 4-10 - ○ 15-0 2 0 1 23 13 0.54
4 天津ライオンズ 天津ライオンズ ● 2-16 ● 4-7 ● 0-15 - 0 0 3 6 38 1.65

※緑枠が決勝進出

その他[編集]

決勝戦
日本 0対1 アメリカ
決勝戦
日本 11対3 カナダ
日本は初優勝

各国プロ野球[編集]

韓国プロ野球[編集]

  • ペナントレース
  • 3月29日〜10月5日
順位 球団 勝率
優勝 SKワイバーンズ 83 43 .695 -
2位 斗山ベアーズ 70 56 .556 13
3位 ロッテ・ジャイアンツ 69 57 .548 1
4位 三星ライオンズ 65 61 .516 4
5位 ハンファ・イーグルス 64 62 .508 1
6位 起亜タイガース 57 69 .452 7
7位 ヒーローズ 50 76 .365 7
8位 LGツインズ 46 80 .365 4
  • ポストシーズン
  • 準プレーオフ(10月8日〜10月11日)
三星ライオンズ(3勝)対ロッテ・ジャイアンツ(0勝)
  • プレーオフ(10月16日〜10月23日)
斗山ベアーズ(4勝)対三星ライオンズ(2勝)
  • 韓国シリーズ(10月26日〜10月31日)
SKワイバーンズ(4勝)対斗山ベアーズ(1勝)

SKは2年連続2度目の優勝

台湾プロ野球[編集]

  • 前期
順位 球団 勝率
優勝 誠泰コブラズ 28 21 1 .571 -
2位 統一ライオンズ 27 23 0 .540 1.5
3位 La Newベアーズ 26 24 0 .520 2.5
4位 興農ブルズ 24 25 1 .490 4
5位 兄弟エレファンツ 24 25 1 .490 4
6位 中信ホエールズ 19 30 1 .388 9
  • 後期
順位 球団 勝率
優勝 La Newベアーズ 32 18 0 .640 -
2位 統一ライオンズ 31 18 1 .633 0.5
3位 中信ホエールズ 27 22 1 .551 4.5
4位 兄弟エレファンツ 25 25 0 .500 7.0
5位 興農ブルズ 18 32 0 .360 14
6位 誠泰コブラズ 16 34 0 .320 16

中国野球リーグ[編集]

西南華北地区 東南華東地区
順位 球団 勝率 順位 球団 勝率
優勝 天津ライオンズ 19 2 .905 - 優勝 上海ゴールデンイーグルス 10 11 .476 -
2位 北京タイガース 12 9 .571 7.0 2位 広東レオパーズ 8 13 .381 2.0
3位 四川ドラゴンズ 9 12 .429 10.0 3位 江蘇ホープスターズ 5 16 .238 5.0
  • プレイオフ
  • 天津ライオンズ(3勝)対広東レオパーズ(2勝)
  • 北京タイガース(3勝)対上海ゴールデンイーグルス(0勝)
  • 中国シリーズ
  • 天津ライオンズ(3勝)対北京タイガース(0勝)

独立リーグ(日本)[編集]

四国・九州アイランドリーグ[編集]

前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 香川オリーブガイナーズ 26 10 4 .722 - 愛媛マンダリンパイレーツ 22 13 5 .629 -
2位 高知ファイティングドッグス 22 16 2 .579 5.0 高知ファイティングドッグス 22 13 3 .595 1.0
3位 福岡レッドワーブラーズ 20 16 4 .556 1.0 香川オリーブガイナーズ 20 16 4 .556 1.5
4位 愛媛マンダリンパイレーツ 18 17 5 .514 1.5 福岡レッドワーブラーズ 20 17 3 .514 0.5
5位 徳島インディゴソックス 11 22 7 .333 6.0 長崎セインツ 18 21 1 .462 3.0
6位 長崎セインツ 8 24 8 .250 2.5 徳島インディゴソックス 9 29 2 .237 8.5
リーグチャンピオンシップ[編集]
第1戦 香川 9-0 愛媛
第2戦 香川 2-1 愛媛
第3戦 香川 5-2 愛媛
(香川は3年連続3回目の総合優勝)

ベースボール・チャレンジ・リーグ[編集]

上信越地区
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 新潟アルビレックスBC 19 13 4 .594 - 群馬ダイヤモンドペガサス 18 9 9 .667 -
2位 群馬ダイヤモンドペガサス 19 15 2 .559 1.0 新潟アルビレックスBC 14 16 6 .467 5.5
3位 信濃グランセローズ 15 17 4 .469 4.0 信濃グランセローズ 11 17 8 .393 7.5
北陸地区
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 富山サンダーバーズ 19 15 2 .559 - 富山サンダーバーズ 16 12 8 .571 -
2位 石川ミリオンスターズ 15 14 7 .517 1.5 石川ミリオンスターズ 16 16 4 .500 2.0
3位 福井ミラクルエレファンツ 9 22 5 .290 8.5 福井ミラクルエレファンツ 12 17 7 .414 4.5
プレーオフシリーズ[編集]
上信越地区敷島三機スタ
第1戦 群馬 7-0 新潟
第2戦 群馬 5-0 新潟
  • (2勝0敗で群馬がリーグチャンピオンシップに出場)
北陸地区アルペン桃山
第1戦 石川 4-0 富山
第2戦 富山 5-4 石川
  • (富山が前後期優勝のため石川は全勝が条件。富山がリーグチャンピオンシップに出場)
リーグチャンピオンシップ(敷島、伊勢崎宮野
第1戦 富山 3-0 群馬
第2戦 富山 9-3 群馬
第3戦 富山 4-3 群馬
  • (富山は初の総合優勝) 

グランドチャンピオンシップ[編集]

第1戦 香川 3 - 0 富山(10月17日、サーパス)
第2戦 香川 3 - 1 富山(10月18日、サーパス)
第3戦 富山 5 - 2 香川(10月25日県営富山
第4戦 富山 4 - 0 香川(10月26日、県営富山)
第5戦 香川 3 - 2 富山(10月28日桃山
  • (香川は2年連続2回目の優勝)

社会人野球(日本)[編集]

大学野球(日本)[編集]

決勝 東洋大東都) 7-5 東海大首都
(東洋大は22年ぶり2回目の優勝)

高校野球(日本)[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宣銅烈氏が韓国代表コーチ辞任スポーツニッポン2008年1月2日配信[リンク切れ]
  2. ^ コブクロ「蕾」がセンバツ行進曲決定スポーツニッポン2008年1月17日配信
  3. ^ 日本で初めての「女子W杯」開催スポーツニッポン2008年1月24日配信
  4. ^ 21世紀枠は安房、成章、華陵スポーツニッポン2008年1月25日配信
  5. ^ 元広島・古葉監督が東京国際大監督就任スポーツニッポン2008年2月1日配信
  6. ^ 東京国際大 古葉新監督が就任スポーツニッポン2008年2月4日配信
  7. ^ “完全男”高橋氏の中大監督就任を発表スポーツニッポン2008年2月19日配信
  8. ^ 明大発表 野球部新監督に善波コーチスポーツニッポン2008年3月3日配信
  9. ^ 関西独立リーグ 4球団で来春スタートスポーツニッポン2008年3月6日配信
  10. ^ 女子日本代表に片岡安祐美ら25人スポーツニッポン2008年3月10日配信
  11. ^ 元韓国野球スター選手が殺人、自殺スポーツニッポン2008年3月10日配信
  12. ^ 韓国、北京五輪出場権獲得スポーツニッポン2008年3月12日配信
  13. ^ 常葉菊川は明豊と対戦/センバツスポーツニッポン2008年3月14日配信
  14. ^ 駒苫の香田前監督「一身上の都合」退職スポーツニッポン2008年3月19日配信
  15. ^ 選抜開幕 第1試合は成章が競り勝つスポーツニッポン2008年3月22日配信
  16. ^ 吉幾三のクラブチーム承認 5月初陣スポーツニッポン2008年3月26日配信
  17. ^ 四国・九州Lから大リーグ契約第1号スポーツニッポン2008年3月29日配信
  18. ^ 平安・川口6安打完封 再試合制すスポーツニッポン2008年3月30日配信
  19. ^ 沖縄尚学 9年ぶり2度目優勝スポーツニッポン2008年4月4日配信
  20. ^ 四国・九州IL開幕 福岡は白星スタートスポーツニッポン2008年4月4日配信
  21. ^ ペタジーニ メキシコから韓国へスポーツニッポン2008年5月13日配信
  22. ^ 立大が明大下し通算800勝/東京六大学スポーツニッポン2008年5月13日配信
  23. ^ 常葉菊川、森下監督謹慎 元中日選手が代行スポーツニッポン2008年5月13日配信
  24. ^ 全勝!東海大が3季連続優勝/首都大学スポーツニッポン2008年5月13日配信
  25. ^ 龍谷大が3季ぶり優勝/関西六大学野球スポーツニッポン2008年5月15日配信
  26. ^ 星野監督依然負けなし!阪神2軍指揮スポーツニッポン2008年5月20日配信
  27. ^ バット10本と交換トレード成立スポーツニッポン2008年5月25日配信
  28. ^ 明大が8季ぶりの優勝 早大の4連覇阻むスポーツニッポン2008年5月27日配信
  29. ^ 東洋大9回逆転!3連覇!/東都大学Lスポーツニッポン2008年5月28日配信
  30. ^ 星野ジャパン候補に吉見、G・Gら追加スポーツニッポン2008年6月6日配信
  31. ^ 高津 韓国のウリ・ヒーローズ入りスポーツニッポン2008年6月14日配信
  32. ^ 東洋大22年ぶり優勝 秋に続いて“頂点”スポーツニッポン2008年6月15日配信
  33. ^ 四国・九州IL 香川が前期優勝スポーツニッポン2008年6月18日配信
  34. ^ [ http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/06/20/kiji/K20080620Z00000640.html ダル、マー君も 星野ジャパン候補39人発表]スポーツニッポン2008年6月20日配信
  35. ^ 四国・九州IL長崎の河埜監督が退団スポーツニッポン2008年6月25日配信
  36. ^ デュプロ 今季限りで解散へスポーツニッポン2008年6月27日配信
  37. ^ 高津ウリで初セーブ!初の日米韓セーブスポーツニッポン2008年6月29日配信
  38. ^ 世界遺産落書きの野球部監督解任スポーツニッポン2008年6月30日配信
  39. ^ 都市対抗「前回王者」東芝が予選敗退スポーツニッポン2008年7月1日配信
  40. ^ 同大野球部 部内暴力で吉川監督辞任スポーツニッポン2008年7月5日配信
  41. ^ センバツ 来春は希望枠を廃止スポーツニッポン2008年7月10日配信
  42. ^ 新潟が前期優勝/BCリーグ上信越地区スポーツニッポン2008年7月13日配信
  43. ^ 昨夏Vの佐賀北 連覇の夢消えるスポーツニッポン2008年7月12日配信
  44. ^ センバツ準Vの聖望学園 初戦で姿消すスポーツニッポン2008年7月12日配信
  45. ^ 富山が前期優勝/BCリーグ北陸地区スポーツニッポン2008年7月13日配信
  46. ^ 中日のチェン、西武の張誌家が台湾代表にスポーツニッポン2008年7月14日配信
  47. ^ 米五輪代表発表 若手マイナー選手が中心スポーツニッポン2008年7月17日配信
  48. ^ 日本代表24人決定!上原、新井も…スポーツニッポン2008年7月17日配信
  49. ^ 星野監督「おかしいにもほどがある!」スポーツニッポン2008年7月26日配信
  50. ^ 延長12回力尽く…日本 米国に敗れ準優勝スポーツニッポン2008年7月28日配信
  51. ^ タイブレーク制導入 IBAF会長が明言スポーツニッポン2008年7月31日配信
  52. ^ 桐生一側は「甲子園」辞退の考えなしスポーツニッポン2008年7月31日配信
  53. ^ 全国大会 試合日程と結果朝日新聞
  54. ^ 第33回 全日本クラブ野球選手権大会 組合せ日本野球連盟
  55. ^ 北京五輪試合スポーツニッポン
  56. ^ 大阪桐蔭が優勝 甲子園決勝、常葉菊川を17―0圧倒朝日新聞
  57. ^ a b c 北京五輪野球決勝トーナメント日程スポーツニッポン
  58. ^ ENEOS女子野球ワールドカップ(2008/松山) 試合結果全日本野球会議公式サイト
  59. ^ 組み合わせ表日本高校野球連盟
  60. ^ [1]日本高校野球連盟
  61. ^ 田沢締めた!新日本石油13年ぶり9度目Vスポーツニッポン2008年9月9日配信
  62. ^ 加藤コミッショナー静観「ブログはブログ」スポーツニッポン2008年9月10日配信
  63. ^ 東北が部内暴力で秋季大会出場を辞退スポーツニッポン2008年9月16日配信
  64. ^ 4連投の清水1―0完封!佐藤薬品が連覇スポーツニッポン2008年9月18日配信
  65. ^ 関西独立リーグ 神戸の監督に元阪神・中田氏スポーツニッポン2008年9月18日配信
  66. ^ 愛媛が後期優勝/四国・九州ILスポーツニッポン2008年9月21日配信
  67. ^ “群馬、後期優勝決定!”. Sports Communications. (2008年9月23日). http://www.ninomiyasports.com/archives/2171 2017年6月18日閲覧。 
  68. ^ 富山が前後期とも優勝/BCリーグ北陸スポーツニッポン2008年9月26日配信
  69. ^ 香川が「四国・九州IL」3連覇!スポーツニッポン2008年10月4日配信
  70. ^ 福岡大3季連続V/九州六大学リーグスポーツニッポン2008年10月4日配信
  71. ^ 富山が総合優勝 香川と日本一決戦へスポーツニッポン2008年10月11日配信
  72. ^ 立大の五十嵐 リーグ通算3000号スポーツニッポン2008年10月13日配信
  73. ^ 関西独立L大阪監督に元近鉄の村上氏スポーツニッポン2008年10月22日配信
  74. ^ 星野氏WBC監督就任固辞…人選白紙に スポーツニッポン2008年10月22日配信
  75. ^ OB NEWS Vol.45 (PDF)”. 公益社団法人全国野球振興会(日本プロ野球OBクラブ) (2010年3月). 2015年7月18日閲覧。

関連項目[編集]