2008年北京オリンピックの野球競技・日本代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2008年北京オリンピックの野球競技・日本代表(2008ねんペキンオリンピックのやきゅうきょうぎ・にっぽんだいひょう)は、2008年北京で開催された北京オリンピック、あるいはその予選に出場した野球日本代表選手を編成したチームのことである。通称星野ジャパン

概要[編集]

監督決定の経緯[編集]

2004年アテネ五輪では本戦4ヶ月前に長嶋茂雄日本代表監督が脳梗塞で倒れ、中畑清が監督代行(登録上は監督)で挑み、3位(銅メダル)に終わった。

大会後、長嶋は当初「北京五輪では体調を取り戻し、今度こそ金メダルを取りたい」とメッセージを出していたが、半身麻痺言語障害の回復状況から就任は難しい状況であった。

2005年、メジャーリーガーを含めた初めての世界大会であるWBCの監督には王貞治が就任し、翌2006年3月王JAPANが優勝。王には次回の代表監督との声もあったが、「球界もいつまでも自分やミスター(長嶋茂雄の愛称)ばかりというのはどうだろう」と発言し、自身は代表監督をその大会限りで退くことを明言した。

2006年阪神タイガースのオーナー付シニアディレクターの星野仙一に 北京五輪監督就任の要請が行われた。星野はアテネ五輪の頃から「リーグは制限枠を撤廃すべき」とオリンピックに関する前向きな提言を行っていた。またアテネ五輪で長嶋が倒れた際には代行の誘いもあったが、「中途半端な形での引き受けは難しい」と考え、多忙等を理由に断っていた。

2007年1月25日、星野の監督就任とコーチ陣が正式決定。投手コーチアテネ代表から引き続き大野豊。星野の盟友である田淵幸一打撃)、山本浩二(守備走塁)も入閣。

アジア予選[編集]

2007年12月に開催されたアジア予選では、開催国の中国が出場権を得ている関係上、1位(事実上全勝)通過しなければ、世界最終予選に廻る必要があったが、全勝で1位通過し、本選への出場権を獲得した。

本戦での結果[編集]

準決勝・3位決定戦ともに敗れ、メダル無しの4位。大会を通じて4勝5敗。

敗因[編集]

星野は敗因について2008年11月26日に日本オリンピック委員会から公表された「北京五輪日本選手団報告書」で選手のメンタルや国際大会の経験不足などを挙げた[1]

メンバー選考
星野は、3月に中田翔由規加藤幹典大場翔太ら新人選手も含めた1次候補77選手を発表し、6月にはアジア予選メンバーを主体にした代表選手の決定を行う予定だった[2]。しかし、アジア予選メンバーや代表候補に故障者や上原浩治ら不調となる選手が相次ぎ、編成作業は難航した[3]
選出を明言していた上原と直接電話会談するなど、最終的にアジア予選メンバーから19人を選出し、里崎智也森野将彦ら故障上がりのメンバーも選出した。また、メンバー招集までに新井貴浩が腰痛、稲葉篤紀が右臀部痛、田中将大が右肩痛を発症。代表合宿中には村田修一が風邪で緊急入院し、北京入りしてからは川崎宗則が左足甲痛を、西岡剛が右脇腹痛をそれぞれ悪化させた。
前回のアテネ五輪(1球団2人までの制限があった)の反省を生かし、枠に拘らないフリーな人選が可能であり、また直前のメンバー変更も可能であったが、7月17日のメンバー発表後はメンバーの入れ替えは行わなかった。また、前半戦最多勝の岩隈久志ら好調でも選ばれなかった選手もいた。
星野の采配
1次リーグの韓国戦では先発した和田毅の交代のタイミングについて、星野自身が采配ミスだと認めた[4]
準決勝では予選で2度救援に失敗した岩瀬仁紀を再び起用し岩瀬が決勝点を与え敗退、3位決定戦では準決勝で2失策をした佐藤隆彦を「(名誉挽回の)チャンスを与える」と起用したが、佐藤の失策を一つのきっかけに逆転を許し再び敗退。「大事な場面になるほど、情に走る」[5]と批判的な報道も見られた。星野自身も「オレという人間の弱さがモロに出た」と弁明した[6]が、帰国後のテレビ番組で短期決戦でチャンスを与えたことに疑問を呈されると「代わりがいなかった」とも発言した。
また、守備走塁のコーチ経験がない山本浩二を入閣させた等のコーチの人選[7]や敗退直後から星野がマスコミで弁明を繰り返したこと[8]、現場や実戦から長く遠ざかっていた星野の監督起用そのもの[9]などが批判の対象となった。当時、楽天の監督を務めていた野村克也は、後のWBC体制検討会議の席上で「仲良しグループだから失敗したんじゃないのか」と発言している[10][11][12]
その他
また、情報収集や[13]、ストライクゾーンの対応[14]、思いの差もあったのではとの声も挙がった[15]

星野JAPANの経過[編集]

2007年

  • 1月25日 - 星野監督、田淵・山本・大野の3コーチが正式に就任
  • 8月 - 北京で行われた北京プレオリンピックに出場し、優勝
  • 12月 - アジア予選を3戦全勝し、北京五輪出場を決める

2008年

  • 2月 - 監督・コーチが各球団のキャンプを視察
  • 3月 - 監督・コーチが最終予選を視察
  • 3月31日 - 1次候補77選手を発表
  • 5月20・21日 - 星野監督が実戦感覚を養うため、ウエスタン・リーグ阪神-広島戦(阪神甲子園球場)を指揮(20日が阪神、21日が広島カープ
  • 5月21日 - 本選1次リーグの組み合わせが発表される
  • 6月2日 - 候補選手のケガや不調が続出していたため、当初6月20日に行う予定だった代表候補の決定を7月中旬に延期することを決定
  • 6月6日 - 1次候補の追加4選手を発表
  • 6月20日 - 最終候補39選手を発表
  • 7月 - オランダで開催されるハーレムベースボールウィーク(キューバとオランダが参加)を監督・コーチが視察
  • 7月17日 - 代表メンバーの発表
  • 7月23日 - 北京五輪組織委員会へのエントリー期限
  • 8月2-7日 - 代表合宿(川崎市ジャイアンツ球場
  • 8月8日 - パシフィック・リーグ選抜と壮行試合(東京ドーム)を行い、6-4で勝利
  • 8月9日 - セントラル・リーグ選抜と壮行試合(東京ドーム)を行い、2-11で大敗
  • 8月13日 - 北京五輪野球競技(予選リーグ)開幕
  • 8月20日 - 予選ラウンド終了、4勝3敗の4位で準決勝に進出
  • 8月22日 - 準決勝で敗れ、3位決定戦に回る
  • 8月23日 - 3位決定戦で敗れ、4位に終わる

オリンピック終了後の経過[編集]

オリンピック終了後、WBCの監督問題について報道が多くなる。監督を変えなくていいという声もあがった[16]一方、中日ドラゴンズ社長の西川順之助は星野の監督としての資質を疑問視する発言をした[17]NPBでは、加藤良三コミッショナーがWBC体制検討会議を招集して監督問題などを検討したが、星野の就任を規定路線化するものであったと報道された[18][19][20]。また、イチローらが監督選考に対して発言[21]。イチローの発言については多くのファンが支持した。ファンの世論に押された格好で、星野はWBCの日本代表監督就任を断念することとなった。

8月頃に非公式で打診された、落合博満(中日監督)が結局開催時期を理由に固辞[22]。監督選びは二転三転した結果、原辰徳(巨人監督)が監督に就任することとなった。

北京五輪メンバーの多くは、WBC代表候補にも選出されたが、岩瀬仁紀森野将彦が「もう2度と行かない。断って下さい」として辞退する等[23]、影響を与えている。

代表メンバー[編集]

いずれも選出当時。

ポジション 背番号 氏名 所属球団 備考
監督 77 星野仙一
コーチ 88 田淵幸一 ヘッド兼打撃コーチ
80 山本浩二 守備走塁コーチ
72 大野豊 投手コーチ
投手 11 川上憲伸 日本の旗 中日ドラゴンズ
13 岩瀬仁紀 日本の旗 中日ドラゴンズ
15 田中将大 日本の旗 東北楽天ゴールデンイーグルス
16 涌井秀章 日本の旗 埼玉西武ライオンズ
17 成瀬善久 日本の旗 千葉ロッテマリーンズ
18 ダルビッシュ有 日本の旗 北海道日本ハムファイターズ
19 上原浩治 日本の旗 読売ジャイアンツ
21 和田毅 日本の旗 福岡ソフトバンクホークス
28 藤川球児 日本の旗 阪神タイガース
47 杉内俊哉 日本の旗 福岡ソフトバンクホークス
捕手 10 阿部慎之助 日本の旗 読売ジャイアンツ
22 里崎智也 日本の旗 千葉ロッテマリーンズ
39 矢野輝弘 日本の旗 阪神タイガース
内野手 2 荒木雅博 日本の旗 中日ドラゴンズ
3 中島裕之 日本の旗 埼玉西武ライオンズ
6 宮本慎也 日本の旗 東京ヤクルトスワローズ
7 西岡剛 日本の旗 千葉ロッテマリーンズ
25 新井貴浩 日本の旗 阪神タイガース
52 川崎宗則 日本の旗 福岡ソフトバンクホークス
55 村田修一 日本の旗 横浜ベイスターズ
外野手 23 青木宣親 日本の旗 東京ヤクルトスワローズ
31 森野将彦 日本の旗 中日ドラゴンズ
41 稲葉篤紀 日本の旗 北海道日本ハムファイターズ
46 佐藤隆彦 日本の旗 埼玉西武ライオンズ

北京オリンピックの戦績[編集]

北京プレオリンピック代表と戦績[編集]

北京五輪アジア地区予選兼第24回アジア野球選手権代表と戦績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 星野仙一氏、北京五輪の敗因述べる サンスポ 2008年11月27日掲載[1]
  2. ^ 五輪野球の代表編成、けが人多数で方針変更 読売新聞2008/05/05付 [2]
  3. ^ 五輪野球日本代表、選手発表は7月中旬にずれ込む 読売新聞2008/06/03付 [3]
  4. ^ 星野監督「俺のミス」韓国に逆転負け「最低」2勝2敗 スポーツ報知2008/08/17付[4]
  5. ^ 星野ジャパン、韓国に逆転負け金獲得ならず サンケイスポーツ2008/08/23付
  6. ^ 星野JAPAN「日本の野球に恥かかせた」 サンケイスポーツ2008/08/24付 [5]
  7. ^ 西村欣也「投手起用・組閣に疑問」 朝日新聞2008/08/24付
  8. ^ 清水満「采配より見事な“すり替え戦術”」 MSN産経ニュース2008/08/26 [6]
  9. ^ 江本孟紀「ダル、上原の熱意奪う投手起用に問題アリ」 サンケイスポーツ2008/08/24付 [7]、江本のとくダネ!フジテレビ2008/08/25放送)での発言(「カンの悪い」星野監督の起用が間違いだった!?)など
  10. ^ http://beijing2008.nikkansports.com/baseball/p-bb-tp0-20080825-400941.html
  11. ^ 中日スポーツ2008/10/18付
  12. ^ 野村はそれ以外にも、著書の一冊である「弱者の兵法」でデータの活用がなっていないことや、中心となる選手がいなかったことなども挙げている。
  13. ^ https://allabout.co.jp/gm/gc/212454/
  14. ^ https://allabout.co.jp/gm/gc/212454/2/
  15. ^ https://allabout.co.jp/gm/gc/212454/3/
  16. ^ WBCへ渡辺会長「星野監督しかいない」 ニッカンスポーツ2008/08/26付 しかしその後発言は二転三転。自分で監督の希望を述べておきながら「WBCは(現巨人オーナーの)滝鼻の次元の話」とも発言し失笑を買った。「[8]
  17. ^ 同球団の関係者によると、代表メンバーの中には星野続投の場合「参加したくない」という者もいたという。後述の通り監督には原が就いたが、中日は結果的に12球団で唯一WBCに選手を派遣しなかった。 - 中日社長「WBC星野監督」を拒絶!! スポーツニッポン2008/08/31付 [9]
  18. ^ 会議に出席した野村克也は「(星野を監督にするための)出来レースなんじゃないの」と会議そのものについて懐疑的な意見を述べた。 - ノムさんWBC星野監督有力に疑問明かす ニッカンスポーツ2008/10/18付[10]
  19. ^ 西村欣也「「出来レース」お断り WBC監督問題」 朝日新聞2008/10/21付[11]
  20. ^ 鹿取氏や武田氏らのWBC入閣も白紙に サンケイスポーツ2008/10/28付[12]
  21. ^ 共同通信2008/10/19付。イチロー「北京のリベンジの場ではない」WBCに初言及
  22. ^ 落合監督「私はやりません」WBC断った日刊スポーツ、2008年8月30日付
  23. ^ 落合監督「上原や宮本は許されるのか」 ニッカンスポーツ2008/11/23付[13]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]