佛教大学硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佛教大学硬式野球部(ぶっきょうだいがくこうしきやきゅうぶ)は、佛教大学硬式野球チームである。佛教大学体育会本部[1] 並びに京滋大学野球連盟に所属する。2019年、第68回全日本大学野球選手権大会で大学初の準優勝。京滋大学野球連盟に所属する大学の中でも初めての準優勝である。

概要[編集]

佛教専門学校時代から軟式野球部があり、1949年に佛教大学に昇格後も存続した。1952年には、正式に「準硬式野球部」として発足。1968年硬式野球部に代わる。

1970年に京滋大学野球連盟Ⅱ部に加盟。1973年の秋季リーグ戦でⅡ部優勝を果たし、入れ替え戦で京都大学に勝利した。1974年にⅠ部に昇格し、春季リーグ戦は3位。以降は降格を経験していない。1982年関西大学野球連合の解体とともに独立後の京滋大学野球連盟に加盟し、春季リーグ戦で初優勝。1989年秋季から1997年春季まで16季に渡って連覇を果たす。1992年、エース丸尾英司を擁して第23回明治神宮野球大会初出場し、ベスト4進出。その後、京滋リーグの盟主といえる成績を残してきた。

2016年、佛教大学硬式野球部指導体制が変わる。顧問に蛭田修、監督に田原完行が新しく就任した。田原は、奈良県吉野郡大淀町大字馬佐の浄土宗妙楽寺が実家。奈良県立橿原高等学校から佛教大学文学部佛教学科に進学し、野球に打ち込む。1982年3月に大学を卒業。1982年4月から1985年3月、奈良県立橿原高等学校教諭。1985年4月から1993年3月、奈良県立吉野等学校教諭。1993年4月~2011年3月、奈良県立五條高等学校教諭。2011年4月から2013年3月、奈良県立桜井高等学校教諭を務め、2013年には同校硬式野球部コーチとして第95回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園大会)初出場に貢献[2]。32歳の時に父を亡くしてからは妙楽寺の住職も兼ねた。2014年4月から2016年3月に佛教大学硬式野球部コーチとなり、2016年4月に監督就任。現在は、近鉄電車に揺られ約2時間かけて京都での練習に通っている。僧侶でもある監督は、ひょうひょうとした語り口で指導方針を説明するのが特徴。[3]

2019年、第68回全日本大学野球選手権大会に5年ぶり20回目の出場を果たした。初戦の八戸学院大学に4対3で逆転サヨナラ勝ちし[4]、次の愛知工業大学にも4対1で勝利[5][6]。そして準々決勝では前回王者の東北福祉大学と対戦し、プロ注目右腕のエース津森宥紀を打ち崩して4対3でサヨナラ勝ち[7][8]。準決勝では東海大学を6対4で破って決勝に進出[9][10]。6月17日の決勝戦では森下暢仁投手を擁する明治大学に1対6で敗退したが、佛教大学初の準優勝を果たした[11][12]。なお、全日本大学野球選手権大会で京滋大学野球連盟から出場したチームが準優勝を果たしたのは、これが初めてである。また奈良大学付属高等学校出身で、社会学部公共政策学科2年生の木下隆也投手が敢闘賞として表彰された[13]

本拠地[編集]

京都府南丹市園部町城南町大領1-1

成績[編集]

全日本大学野球選手権大会[編集]

出場 20回(準優勝1回、ベスト8進出1回)[編集]

  • 1990年 - 第39回全日本大学野球選手権大会出場
  • 1991年 - 第40回全日本大学野球選手権大会出場
  • 1992年 - 第41回全日本大学野球選手権大会出場
  • 1993年 - 第42回全日本大学野球選手権大会出場
  • 1994年 - 第43回全日本大学野球選手権大会出場
  • 1995年 - 第44回全日本大学野球選手権大会出場
  • 1996年 - 第45回全日本大学野球選手権大会出場
  • 1997年 - 第46回全日本大学野球選手権大会出場
  • 1999年 - 第48回全日本大学野球選手権大会出場
  • 2000年 - 第49回全日本大学野球選手権大会出場
  • 2002年 - 第51回全日本大学野球選手権大会出場
  • 2003年 - 第52回全日本大学野球選手権大会出場
  • 2004年 - 第53回全日本大学野球選手権大会出場
  • 2005年 - 第54回全日本大学野球選手権大会出場
  • 2007年 - 第56回全日本大学野球選手権大会出場
  • 2008年 - 第57回全日本大学野球選手権大会出場
  • 2009年 - 第58回全日本大学野球選手権大会出場
  • 2010年 - 第59回全日本大学野球選手権大会出場
  • 2014年 - 第63回全日本大学野球選手権大会出場
  • 2019年 - 第68回全日本大学野球選手権大会出場 準優勝[14]

明治神宮野球大会[編集]

出場 5回(ベスト4進出2回)[編集]

  • 1992年 - 第23回明治神宮野球大会出場 ベスト4進出
  • 2004年 - 第35回明治神宮野球大会出場
  • 2008年 - 第39回明治神宮野球大会出場
  • 2009年 - 第40回明治神宮野球大会出場 ベスト4進出
  • 2011年 - 第42回明治神宮野球大会出場

京滋大学野球連盟Ⅰ部リーグ[編集]

  • 優勝 54回(リーグ最多)[15]

京滋大学野球連盟Ⅱ部リーグ[編集]

  • 優勝 2回

指導者[編集]

  • 部長:横山壽一
  • 顧問:蛭田修
  • 監督:田原完行
  • コーチ:國友健一
  • コーチ:黒田崇大[16]

主な出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佛教大学体育会本部所属団体
  2. ^ 佛教大学硬式野球部指導体制について”. 佛教大学 (2016年3月31日). 2019年6月22日閲覧。
  3. ^ お坊さん監督、野球は「精神が大事」 自主性重視で準V”. 朝日新聞DIGITAL (2019年6月17日). 2019年6月22日閲覧。
  4. ^ 佛教大 劇的サヨナラ勝ちで2回戦へ 今季苦しんだ途中出場の八木が決勝2点打”. スポニチアネックス (2019年6月10日). 2019年6月18日閲覧。
  5. ^ 佛教大が愛知工大に快勝で28年ぶりの8強 田原監督「恐れ多い」”. スポーツ報知 (2019年6月12日). 2019年6月18日閲覧。
  6. ^ 佛教大91年以来の8強「タイソン」石井太尊が1発”. 日刊スポーツ (2019年6月12日). 2019年6月18日閲覧。
  7. ^ “佛教大、初の4強 前回覇者の東北福祉大にサヨナラ勝ち 全日本大学野球”. 毎日新聞 (2019年6月13日). 2019年6月18日閲覧。
  8. ^ “逆転の佛教大”3点差逆転し初4強「ここまで来たら優勝しかない」”. スポーツ報知 (2019年6月14日). 2019年6月18日閲覧。
  9. ^ 佛教大が今大会3度目の3点差逆転勝ち 初の決勝で明大と対戦”. スポーツ報知 (2019年6月16日). 2019年6月18日閲覧。
  10. ^ 佛教大、2番手左腕・木下がピンチを切り抜け決勝へ 全日本大学野球選手権”. 毎日新聞 (2019年6月16日). 2019年6月18日閲覧。
  11. ^ 佛教大“大健闘”準V!初決勝でミスも「この経験は一番大きい」”. スポニチアネックス (2019年6月18日). 2019年6月18日閲覧。
  12. ^ 佛教大、明大に敗れ「仏の顔」4度目ならず 住職の田原監督、脱帽”. スポーツ報知 (2019年6月18日). 2019年6月18日閲覧。
  13. ^ 明大○6-1●佛教大 『完勝の果てに進む道』”. J SPORTS (2019年6月18日). 2019年6月18日閲覧。
  14. ^ 佛教大、拙守で流れつかめず 初優勝ならず 全日本大学野球選手権”. 毎日新聞 (2019年6月17日). 2019年6月18日閲覧。
  15. ^ 平成30年度 京滋大学野球秋季リーグ戦 優勝
  16. ^ チームデータ
  17. ^ 硬式野球部 大野雄大選手 中日ドラゴンズからドラフト1位指名されました 2010年10月28日 大学紹介に関するお知らせ 佛教大学
  18. ^ 硬式野球部 張本選手 福岡ソフトバンクホークスから育成ドラフト4位指名 2013年10月24日 大学紹介に関するお知らせ 佛教大学

外部リンク[編集]