津森宥紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
津森 宥紀
福岡ソフトバンクホークス #11
Hawks-Tsumori.jpg
2021年5月4日福岡PayPayドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県和歌山市
生年月日 (1998-01-21) 1998年1月21日(23歳)
身長
体重
177 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2019年 ドラフト3位
初出場 2020年6月21日
年俸 1,300万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

津森 宥紀(つもり ゆうき、1998年1月21日 - )は、和歌山県和歌山市出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

和歌山市立楠見小学校3年から野球を始め、楠見中学時代は硬式野球の和歌山ビクトリーズに所属。2年から投手になり、3年夏には全国大会に出場する[3]。高校は和歌山東高校に進学し、1年秋に上手投げからサイドスローに転向する[3][4]。2年秋からエースになるものの、高校時代は甲子園出場経験はなかった[3]

高校卒業後は東北福祉大学に進学し、3年の第67回全日本大学野球選手権ではリリーフ投手として同大学の14年ぶりの優勝に貢献し、最優秀選手に輝く[5][6]。 また2年と3年に大学野球日本代表に選出され、ドラフト上位候補に挙がっていたが4年の春にフォームを崩してしまい、第68回全日本大学野球選手権では準々決勝の対佛教大学戦で3点差をリードしている7回に登板するものの、制球難に苦しんだ上にサヨナラスクイズにより敗退した結果、3年連続の大学野球日本代表入りを逃した[5][3][7]。4年秋には第49回明治神宮野球大会に出場するも1回戦で自身のエラーによってサヨナラ負けを喫する[8]

2019年10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議福岡ソフトバンクホークスから3位指名を受け[9]、11月26日、仙台市内にて入団交渉を行い、契約金6,000万円、年俸1,100万円(金額は推定)で契約合意に達し[10]、12月5日、福岡市内のホテルで入団発表会見が行われた[11]背番号11

プロ入り後[編集]

2020年6月21日、福岡PayPayドームの対千葉ロッテマリーンズ3回戦2回表、先発投手の二保旭中村奨吾への危険球により退場処分となったため、無死満塁の場面でプロ初登板を迎えるが、最初の打者の井上晴哉に満塁本塁打を打たれた。初登板で第一打者に被本塁打は、同日の巨人サンチェスに続くプロ76人目、パ・リーグでは前年のオリックス神戸文也に続く40人目、ソフトバンクでは2017年の髙橋純平以来だが、満塁被弾は日本プロ野球史上初の記録となった[12][13]。しかし、その後は5回途中まで追加点を与えず、記録上は3回0/3を3安打自責点1でデビュー戦を終えた[14]。6月24日に行われた対西武2回戦(メットライフドーム)で、4-6とリードされた5回裏頭から3番手として登板、この回先頭打者の山川穂高に死球を与えたものの、その後3人を抑え、続く6回表に今宮健太の3点本塁打でソフトバンクが逆転、津森は6回裏一死の後、金子侑司に四球を与えたところで嘉弥真新也と交代したが、ソフトバンクは嘉弥真以降4人の継投で西武を無得点に抑え、打線も2点を追加し9-6で逆転勝利、津森はプロ入り初勝利と同時に、2020年の12球団新人選手初勝利一番乗りとなった[15]。一軍公式戦には14試合に登板し防御率2.76の成績を残す。日本シリーズでは登板機会は無かったが、出場資格者名簿に登録された[16]。シーズンオフの12月8日、契約更改交渉に臨み、200万円増の年俸1,300万円(金額は推定)でサインした[17]

選手としての特徴[編集]

インステップ気味のサイドスローから最速152km/hの微妙に動くストレートを投じる[3][2][18]。スライダーが武器[2]。打者の内角を突ける強気の投球が売り[19]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2020 ソフトバンク 14 0 0 0 0 1 0 0 3 1.000 72 16.1 15 2 8 0 1 17 1 0 5 5 2.76 1.41
NPB:1年 14 0 0 0 0 1 0 0 3 1.000 72 16.1 15 2 8 0 1 17 1 0 5 5 2.76 1.41
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2020 ソフトバンク 14 0 1 1 0 .500
NPB 14 0 1 1 0 .500
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
その他の記録
  • 初登板で対戦した第1打者に被本塁打:2020年6月21日、対千葉ロッテマリーンズ3回戦(福岡PayPayドーム)、2回表に井上晴哉に中越満塁本塁打 ※史上76人目、満塁本塁打被弾は2リーグ制後初
  • オールスターゲーム出場:1回(2021年

背番号[編集]

  • 11(2020年 - )

登場曲[編集]

  • 「Danza Kuduro」Don Omar(2020年)
  • 「Get You Back」Nissy(2021年 - )

[20]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年2月1日閲覧。
  2. ^ a b c “ソフトBドラ3津森 独特のフォームに工藤監督が直接指導「特長を消さないように」”. スポーツニッポン. (2020年2月3日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/02/03/kiji/20200203s00001173061000c.html 2021年4月19日閲覧。 
  3. ^ a b c d e “ソフトB、東北福祉大・津森投手を3位指名 大学球界屈指のリリーバー 最速149キロの右サイド”. スポーツニッポン. (2019年10月17日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/17/kiji/20191014s00001728345000c.html 2020年2月29日閲覧。 
  4. ^ “ソフトバンク3位津森はサイド転向1年で開花「本当はサッカーを」”. 西日本スポーツ. (2020年1月14日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/574112/ 2020年2月29日閲覧。 
  5. ^ a b “ソフトバンク3位津森に元西武の大学監督はうなった「プロいける」”. 西日本スポーツ. (2020年1月14日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/574115/ 2020年2月29日閲覧。 
  6. ^ “東北福祉大14年ぶり3度目V 大塚監督、プロ経験者で初の日本一”. スポーツニッポン. (2018年6月17日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/06/17/kiji/20180617s00001089304000c.html 2020年2月29日閲覧。 
  7. ^ “東北福祉大 連覇ならず 津森がリリーフもサヨナラ負けに涙”. スポーツニッポン. (2019年6月13日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/06/13/kiji/20190613s00001089241000c.html 2020年2月29日閲覧。 
  8. ^ “東北福祉大・津森 自らの失策でサヨナラ負けもプロでは東海大・海野と1年目から活躍だ!”. スポーツニッポン. (2019年11月16日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/11/16/kiji/20191116s00001089397000c.html 2020年2月29日閲覧。 
  9. ^ 2019/10/17(木) 球団 選手 【ドラフト】1位は佐藤選手!計12人を指名”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2019年10月17日). 2020年12月8日閲覧。
  10. ^ “ソフトバンク3位津森が仮契約「1軍中継ぎ」へ意欲”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年11月26日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201911260000549.html 2020年12月8日閲覧。 
  11. ^ 2019/12/05(木) 選手 新入団会見レポ。1位佐藤選手は「背番号30」に”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2019年12月5日). 2020年12月8日閲覧。
  12. ^ “ソフトバンクの謎 「プロ初登板で最初の打者に被弾」多発”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). (2020年6月21日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/618971.amp 2020年6月21日閲覧。 
  13. ^ “ソフトバンク津森、史上初プロ初登板最初の打者満弾”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年6月21日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202006210000546.html 2020年6月21日閲覧。 
  14. ^ “ソフトバンク津森、史上初の悲劇も「いいですね」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年6月21日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202006210000828.html 2020年6月21日閲覧。 
  15. ^ “ソフトバンク 3連敗でストップ!今宮逆転3ラン 津森、12球団新人一番乗りのプロ初勝利”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年6月24日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/06/24/kiji/20200624s00001173405000c.html 2020年6月24日閲覧。 
  16. ^ SMBC日本シリーズ2020 出場資格者名簿(福岡ソフトバンクホークス)”. 日本野球機構 NPB.jp. 2020年12月8日閲覧。
  17. ^ “ソフトバンク津森「こんなに上がるとは」200万増1300万円 今季の新人最速白星”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). (2020年12月8日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/671470/ 2020年12月8日閲覧。 
  18. ^ 「バケモン」「凄い」千賀負傷降板の危機救う 鷹23歳右腕の4連続Kをファン絶賛”. Full-Count (2021年4月7日). 2021年7月11日閲覧。
  19. ^ “ソフトバンク3位津森「横から新人王」 変則右腕が背負う偉大な背番号”. 西日本スポーツ. (2019年12月6日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/565753/ 2020年2月29日閲覧。 
  20. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2021年3月10日閲覧。
  21. ^ 2018年 第41回 日米大学野球選手権大会”. 野球日本代表 オフィシャルサイト. 2020年12月18日閲覧。
  22. ^ 2018年 第42回 日米大学野球選手権大会”. 野球日本代表 オフィシャルサイト. 2020年12月18日閲覧。
  23. ^ 2018年 第29回 ハーレムベースボールウィーク”. 野球日本代表 オフィシャルサイト. 2020年12月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]