社会人野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

社会人野球(しゃかいじんやきゅう)とは、野球競技において、チームの構成員が一般社会人である場合に用いられる区分・名称。

概略[編集]

プロ野球やセミプロ野球の選手も社会人ではあるが、社会人野球とはあくまでアマチュア野球のうち、社会人が行う野球を指す。社会人野球の最上位連盟である日本野球連盟のメンバー登録規約によると、チームの構成員は全員が競技者としての報酬を一切受けていないことが条件となる。実際には構成部員が所属する勤務先において、ほとんどを野球競技者としての活動に費やし、競技者としての報酬を受けていると呼べるケースも存在しているが、多くの選手は総務担当勤務扱いなどにされているため、部員登録規定違反には抵触しない。

社会人野球チームも、企業チーム、地域密着型のクラブチームと様々な形態があるが、硬式野球チームの大部分は日本野球連盟に所属して活動を行っている(草野球チームを含めた社会人軟式野球チームは、別の管理管轄下で活動している)。

日本の他には韓国(実業野球と呼ばれる)や台湾などに社会人野球が存在する。

黎明期[編集]

日本で野球が行われるようになったのは1872年ごろで、最初の本格的チームは新橋鉄道局の鉄道関係者で組織されていた「新橋アスレチック倶楽部」といわれている(創部は1878年)。この新橋倶楽部が品川にてグランドを造り、これが日本最初の野球場(「保健場」)である。

なお当時の呼び名では一塁は「第一関門」、ホームベースは「本基」、イニングは「小勝負」、ゲームセットは「全勝負」、ホームランは「廻了」といった具合であった。

大会[編集]

主なものは以下の通り。詳細は当該関連団体の項に記載。

他のアマチュア野球団体との関係[編集]

社会人野球を含む日本のアマチュア野球は、長年、社会人野球・大学野球高校野球少年野球学童野球女子野球・その他の学生野球専門学校高専)の団体が複雑に絡み合って発展し、且つ、それぞれが独立して運営されてきた。

詳細はアマチュア野球の項での当該説明を参照の事。 (社会人野球と関連団体の織体系を説明する場合、アマチュア野球界としての関連の中で説明した方が全体の構図として分かりやすく、重複部分も多いため)

英語での呼称[編集]

英語の報道媒体では日本の社会人野球を "industrial league baseball" と呼称する場合が多い。これは元々19世紀末から20世紀中盤にかけ存在したアメリカの実業団野球を示す語句であり、前述のようにクラブチームも多い現在の社会人野球に用いるのは、厳密には正確ではない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]