東山中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東山中学校・高等学校
A東山高校4939.JPG
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人佛教教育学園
校訓 『醇厚中正』『質実剛健』『恭倹勤敏』
設立年月日 1868年(明治元年)
創立者 勤息義城
共学・別学 男子校
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
学科内専門コース ユリーカコース
エース特進コース(中3から)
エースコース
パスカルコース
スーペリアコース
クレセントコース
トップアスリートコ ース
学期 2学期制
高校コード 26507B
所在地 606-8445
京都府京都市左京区永観堂町51
北緯35度0分48.5秒東経135度47分38.8秒
外部リンク 東山中学・高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東山中学・高等学校(ひがしやま ちゅうがく・こうとうがっこう)は、京都府京都市左京区永観堂町にある私立男子校である。学校法人佛教教育学園が設置している(学校法人東山学園が、佛教大学などを運営する学校法人浄土宗教育資団と2009年平成21年)に合併)。学校長は、奥田歓信。

概要[編集]

1868年(明治元年)に、浄土宗総本山知恩院第73世名誉学天大僧正であった勤息義城(ごんそくぎじょう)師によって設立された学問所勧学院が母体となり、浄土宗教校京都校以来の歴史を持つ学校である。生徒数は約1,500名(2013年平成25年)現在)。2018年に創立150周年を迎える。

校地は永観堂南禅寺の間にあり、哲学の道琵琶湖疏水が近くにある。学校施設は食堂図書館などのほか、グラウンドが3ヶ所(醍醐、中学、校内第二)ある。2009年平成21年)8月には新総合グラウンドが完成した(醍醐総合グラウンド)。醍醐総合グラウンドは、高校の体育の授業、体育祭、球技大会、クラブ活動などに使用される。また、使用されていない場合は一般開放されることもある。なお、25メートルプールもあるが、現在は老朽化のため使用されていない。なお、2014年には、南館及び講堂の改修工事が終わった。オープンキャンパスの際などに使用される。

Blue Globe Note[編集]

2006年度から採用された「Blue Globe Note」は、新しい形の生徒手帳。発案者は、現副校長の福地信也教諭で、年間カレンダーやTo Doリストなど一般的な手帳と変わらない内容のほか、イチロープロ野球選手)や若田光一宇宙飛行士)および、学園に所属する各教諭のメッセージも記載されている。2008年度では、学校長や歴代の著名な卒業生からのメッセージが掲載されている。 また、入学時には10年カレンダー(10年間の月日が記載されたカレンダー)が配布される。

夢ナビ[編集]

正式名称は、「夢ナビゲーション」。中学1年生を対象として開催している、自分の将来をよく見つめるための講座。土曜講座に2ヶ月に1回ペースで開催されている。内容は、グリム童話イソップ物語を用いて、教訓学んだり教養を見につけたりすることが多い。担当教諭は福地信也副校長である。

土曜講座[編集]

B週の、土曜日に開かれる講座。中学校では、各業界の一線で活躍する著名人の講演会や体験学習、授業がメインとなる。高等学校では、1、2年生が国語・数学・英語の3教科に絞って70分授業を行う。3年生は主要科目から選択できる。スーペリアコース、パスカルコース、エースコース、ユリーカコースは必須受講で、クレセントコースは希望制である。

沿革[編集]

  • 1868年10月 - 京都市東山知恩院境内に創立(勧学院)
  • 1909年7月 - 現在地に移転
  • 1912年4月 - 東山中学校(旧制)設立
  • 1947年4月 - 東山中学校(新制)設立
  • 1948年4月 - 東山高等学校(新制)設立
  • 1963年4月 - 東山中学校再開
  • 1976年4月 - 特コース設立
  • 1990年4月 - 一貫コース設立
  • 2003年4月 - パスカルコース等設立
  • 2004年4月 - プラトンコース設立
  • 2009年4月 - 運営法人が、学校法人浄土宗教育資団と合併。法人名を佛教教育学園に改称。
  • 2010年4月 - プラトンコースをパスカルコースに統合
  • 2012年3月 - 新体育館改修工事完了
  • 2012年4月 - 西館校舎A棟・B棟竣工(西館建替)
  • 2012年6月 - 西館前に記念碑モニュメント「共に生きる」設置

(http://www.higashiyama.ed.jp/より引用)

  • 2014年4月 - 南館・講堂が落慶

学科[編集]

中学校[編集]

  • ユリーカ(自然科学系)コース - 医歯薬等、自然科学分野の国公立大学進学を6ヵ年一貫教育で目指す。原則として、コース変更はない。
  • エースコース - 国公立、私立大学への進学を目指し、6ヵ年で体系的に学ぶ。中学3年生から、エース特進コースが設置される。一部の成績簿優秀者は中学3年、高校1年、高校2年進学時にユリーカコースに変更が可能である。

高校[編集]

  • パスカル(理系特進)コース - 医歯薬等、国公立大学レベルの大学進学を目指す。
  • スーペリア(特進)コース - 文系・理系ともに国公立、私立大学への進学を目指す。条件を満たせば、2年生のときに、パスカルコースに編入することができる。
  • クレセント(普通)コース - 私立大学の合格を目指す。条件を満たせば、2年生のときに、スーペリアコースに編入することができる。
  • トップアスリート(スポーツ)コース - 科学的な理論に基づいた運動選手の育成を目指す。

それぞれのコースで、高校2年進級時に文系と理系に選択希望を提出し、それを元にクラス分けがなされる。ただし、トップアスリートコースは全て文系選択となる。

学習教科[編集]

中学校[編集]

【エースコース・ユリーカコース】

国語 幾何(中学3年時は数A) 代数(中学3年時は数1) 地理(中学1年) 歴史(中学2年) 公民(中学3年) 理科1分野 理解2分野 英語A(グラマー) 英語B(リード) 宗教 技術家庭(週毎に異なる) 音楽 美術 体育 保健(1年、2年のみ) 柔道(2年のみ) ロングホームルーム

また、A週B週制を採用し火曜日は7限まで授業がある。B週土曜日は、土曜講座扱いで出欠には関わらない。 定期テスト2週間前から、成績不振者対象の補習(通称クラ停補習←クラブに出席できないことから)行われる。

高等学校[編集]

【全コース共通】 国語総合 現代文B 古典B 数1 数2 数A 数B 化学基礎 現代社会 世界史B コミュニケーション英語 宗教 体育 保健 家庭基礎 芸術〔音楽・美術・書道のうち1つ選択〕

【エースコース・ユリーカコース・パスカルコース】 物理基礎 物理《理系》 生物基礎 生物《文系・理系》 化学《文系・理系》

【トップアスリートコース・クレセントコース・スーペリアコース】 地学基礎

授業料軽減補助金制度[編集]

  1. 特待生(富田保治育英会奨学生)
    対象:パスカルコース 年額600,000円
  2. 東山会(保護者会)奨学生
    年額60,000円
  3. 浄土宗奨学生
    年額50,000円

クラブ活動[編集]

高等学校の運動部はトップアスリートコースやクレセントコース所属の部員が中心であり、中高一貫生やスーペリア、パスカルコースの生徒は授業のコマ数の関係もあり、なかなかクラブに参加できないのが実情である。

運動部

  • 卓球部は京都府代表として65年連続65回全国高等学校卓球選手権大会に出場し、7回の優勝を経験している。しかし、2016年にはインターハイ出場権を逃した。
  • 硬式テニス部はインターハイ団体戦22回、全国選抜高校テニス大会8年連続20回出場(平成23年3月現在)第33回全国選抜高校テニス大会ベスト8。
  • バスケットボール部は1999年のウィンターカップベスト8、2016年には準優勝を経験。2015年のインターハイでは3位、2016年には準優勝まで上り詰めた。
  • 硬式野球部は甲子園)、

軟式野球部は全国高等学校軟式野球選手権大会国民体育大会では、優勝を経験している。 サッカー部は冬の国立、剣道部、バレーボール部も全国大会にそれぞれ出場をしている。

  • 水泳部は、2015年の京都府私学大会で見事優勝を果たした。
  • 水泳部・陸上競技部は2016年に創部以来初となる、近畿大会出場を果たした。

文化部

  • 写真部が全国大会の常連となっている。
  • ロボット研究会は世界大会にも出場したことがある。

運動部[編集]

  • 硬式野球部(高等学校のみ)
  • 軟式野球部
  • バスケットボール部
  • バレーボール部(高等学校のみ)
  • ハンドボール部
  • 硬式テニス部(高等学校のみ)
  • ソフトテニス部
  • バドミントン部
  • サッカー部
  • ラグビー部(高等学校のみ)
  • 陸上競技部
  • 卓球部
  • 水泳部
  • 柔道部(高等学校のみ)
  • 剣道部
  • 登山部(高等学校のみ)

文化部[編集]

  • コンピュータ部(高等学校のみ)
  • 写真部(高等学校のみ)
  • 将棋部 将棋同好会
  • 書道部(高等学校のみ)
  • 吹奏楽部
  • サイエンス部
  • 地学部【休部中】
  • 美術部(高等学校のみ)
  • 放送部(高等学校のみ)
  • 社会科学研究会(高等学校のみ)
  • ロボット研究会
  • 茶道部(中学校のみ)
  • 空手同好会
  • レスリング部(非公認)

主な卒業生[編集]

一般[編集]

プロ野球[編集]

サッカー[編集]

バスケットボール[編集]

ラグビー[編集]

競輪[編集]

その他スポーツ[編集]

交通[編集]

路線バス[編集]

  • 京都市営バス「南禅寺・永観堂道」バス停(5系統)下車 東へ徒歩5分、「東天王町」バス停(5・3293急行100203204系統)下車 東南へ徒歩8分。「宮ノ前町」バス停(32急行100)下車 南へ徒歩6分。

鉄道[編集]

併設校[編集]

エピソード[編集]

  • 2009年平成21年)8月25日午前8時20分頃、登校中の東山中学・高校の生徒・教員ら47人と付近住民2人が、市営地下鉄蹴上駅北側出口付近(京都市左京区南禅寺福地町)の路上でスズメバチに頭などを刺され、うち17人が病院に搬送された。

学校長[編集]

奥田歓信

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]