パナソニック野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パナソニック野球部
チーム名(通称) パナソニック
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1950年
チーム名の遍歴
  • 松下電器 (1950 - 2008)
  • パナソニック (2008 - )
本拠地自治体
練習グラウンド パナソニックベースボールスタジアム(大阪府枚方市
チームカラー 青色、黒色
監督 梶原康司
都市対抗野球大会
出場回数 50回
最近の出場 2016年
最高成績 準優勝
社会人野球日本選手権大会
出場回数 37回
最近の出場 2016年
最高成績 優勝(2回)
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

パナソニック野球部(パナソニックやきゅうぶ)は、大阪府門真市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟する社会人野球の企業チームである(練習グラウンドはパナソニックベースボールスタジアムで、合宿所とともに大阪府枚方市に所在する)。

運営母体は、電機メーカーパナソニックを中核とするパナソニックグループ。社会人野球の激戦区である大阪地区で強豪と数々の名勝負を繰り広げ、今も近畿地区をリードする存在で、数多くの日本代表選手やプロ野球選手を輩出してきた名門である。

概要[編集]

1950年に、松下電器産業の本社がある大阪府北河内郡門真町を本拠地に『松下電器野球部』として創部。

1953年都市対抗野球で初出場し、1960年都市対抗野球で準優勝を果たした。

1963年8月1日、門真町の市制施行に伴い本拠地が大阪府門真市に変更された。

1974年日本選手権の第1回大会で初出場すると、1979年1999年には準優勝となり、2000年日本選手権では悲願の初優勝を果たした。

2005年都市対抗野球阪和地区2次予選においてクラブチームNOMOベースボールクラブに敗れて都市対抗野球本戦への連続出場が6年で止まるという屈辱を味わった。その後、雪辱を期すべく猛練習を重ね、秋の日本選手権では決勝戦で同じ関西勢のNTT西日本を延長の末破り、2回目の優勝を果たした。

2008年10月1日、松下電器産業がパナソニックに社名変更したのに伴い、チーム名を『パナソニック野球部』に改称した[1]

2010年都市対抗野球近畿地区最終予選でクラブチームの大和高田クラブに敗れ本戦連続出場が4年で止まってしまう。2011年は、都市対抗野球本戦出場は果たしたが近畿地区最終予選で最後の1枠を辛くも確保する形であり精彩を欠いていが、2012年都市対抗野球に近畿地区第1代表として本戦に出場した。

2016年都市対抗野球に近畿地区第4代表として出場する。これにより前身の松下電器時代から数えて都市対抗の本選出場回数が通算50回を達成した。この記録は、日本生命大阪市)以来史上2チーム目となる。

設立・沿革[編集]

主要大会の出場歴・最高成績[編集]

主な出身プロ野球選手[編集]

元プロ野球選手の競技者登録[編集]

かつて在籍した選手・コーチ・監督[編集]

脚注[編集]

  1. ^ チーム情報 2008年 登録・変更情報”. 日本野球連盟. 2017年2月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]