森下洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
もりした よういち
森下 洋一
生誕 (1934-06-23) 1934年6月23日
日本の旗 兵庫県
死没 (2016-12-18) 2016年12月18日(82歳没)
国籍日本の旗 日本
出身校関西学院大学卒業

森下 洋一(もりした よういち、1934年昭和9年〉6月23日2016年平成28年〉12月18日[1])は、日本の実業家

関西学院大学バレーボール部員であったため、先輩である大松博文に薦められ松下電器産業株式会社(現・パナソニック株式会社)に運動選手枠で入社する[2]。後に同社の社長、会長、相談役学校法人関西学院の理事長を務めた。位階従三位

社長在任時の1995年に「これからはブラウン管の時代」と提唱して液晶開発への投資を縮小[3]したことにより、松下が液晶競争に乗り遅れる原因の一つを作る[4]。退任後、2019年にはパナソニックの液晶事業からの撤退が決定された[5][6][7]

略歴[編集]

現在までに関西経済連合会副会長、JEITA(電子情報技術産業協会)会長[13]日本電機工業会会長、郵政行政審議会会長など、数々の公共の益に係わる役職を務める。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 元松下電器社長の森下洋一さん死去 事業再編成を推進 毎日新聞、2016年12月21日
  2. ^ 岩瀬達哉『パナソニック人事抗争史』講談社、2015年
  3. ^ 『日経ビジネス』1997年8月25日
  4. ^ 立石泰則『パナソニック・ショック』文藝春秋、2013年
  5. ^ 「パナソニック、液晶パネル生産から撤退へ 中国とも競争激化」パナソニック、液晶パネル生産から撤退へ 中国とも競争激化
  6. ^ 韓国中国のメーカーに駆逐された日本メーカーは、大手ではジャパンディスプレイシャープ京セラ三菱電機のみが液晶事業を継続した
  7. ^ 日本メーカー、生き残り厳しく 韓国勢台頭で競争激化―パナソニック撤退時事通信 2019年11月22日
  8. ^ 1993年(平成5年) 森下社長のもとに新たな出発(パナソニック社史)
  9. ^ 沿革VICS
  10. ^ 大学・短大トップインタビュー(リクルート進学総研)
  11. ^ 故森下洋一氏に旭日大綬章 元松下電器社長
  12. ^ 『官報』6940号、平成29年1月20日
  13. ^ JEITA新会長に森下洋一松下電器会長が就任

関連項目[編集]

先代
谷井昭雄
松下電器産業社長
第5代:1993年 - 2000年
次代
中村邦夫
先代
奥田碩
道路交通情報通信システムセンター理事長
第3代:2002年 - 2011年
次代
渡辺捷昭
先代
那須翔
日本経団連評議員会議長
第13代:2003年 - 2006年
次代
西室泰三
先代
樋口廣太郎
社会資本整備審議会会長
第2代:2003年 - 2007年
次代
張富士夫
先代
木村正春
関西学院同窓会会長
2006年 - 2008年
次代
大橋太朗
先代
山内一郎
2002年 - 2008年3月31日
関西学院理事長
2008年4月1日 - 2013年3月31日
次代
宮原明
2013年4月1日 - 2019年3月31日