有田哲三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
有田 哲三
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県宇部市
生年月日 (1949-10-21) 1949年10月21日(69歳)
身長
体重
180 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1967年 ドラフト8位
初出場 1971年
最終出場 1973年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

有田 哲三(ありた てつぞう、1949年10月21日 - )は、山口県宇部市[1]出身の元プロ野球選手投手)。

実弟の有田修三も元プロ野球選手(捕手[1]

来歴・人物[編集]

宇部商業高校では1年生の時、1965年秋季中国地区大会に1年上のエース・三原義昭(松下電器)の控えとして出場。準決勝で邇摩高校(エースは岡田光雄)に抑えられ敗退するが、翌1966年春の選抜大会への出場を決める。地区大会では、県予選決勝で先発を任されている。

1966年の選抜大会では準決勝まで勝ち進むが、同年に春夏連覇を達成する中京商業高校に延長15回サヨナラ負け[2]。この大会では三原が投げ切り、有田の登板機会はなかった。1967年夏の甲子園山口県予選では準々決勝で久賀高校に敗退、甲子園には届かなかった。三原以外のチームメイトに1年上の玉国光男、同期の安田泰一がいる。

1967年ドラフト会議広島カープから8位指名されるが、入団を拒否。同じく東京オリオンズの指名を蹴った岡田光雄らとともに、松下電器へ入社する。

その後、ドラフト最終期限(1968年10月10日)前に広島に入団[1]1971年に一軍に上がり、1972年10月8日、対ヤクルト戦でプロ初勝利を挙げるが、その後は活躍の機会がなく1973年オフに引退した。

やや変則的な投法で、カーブを軸にスライダー、フォークも投げ分けた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]






















































W
H
I
P
1971 広島 4 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 20 4.1 7 0 0 0 1 3 0 0 1 1 2.08 1.62
1972 6 0 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 66 12.1 19 4 7 0 4 2 0 0 13 11 8.03 2.11
1973 7 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 41 9.1 11 2 3 0 1 6 0 0 5 5 4.82 1.50
通算:3年 17 0 0 0 0 1 0 -- -- 1.000 127 26.0 37 6 10 0 6 11 0 0 19 17 5.88 1.81

背番号[編集]

  • 56 (1969年)
  • 33 (1970年 - 1973年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、23ページ
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]