坂本義雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
坂本 義雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県下関市
生年月日 (1949-09-08) 1949年9月8日(69歳)
身長
体重
176 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1967年 ドラフト4位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

坂本 義雄(さかもと よしお、1949年9月8日 - )は、山口県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

来歴・人物[編集]

早鞆高等学校では、1966年、1967年と夏の甲子園大会に連続出場した早鞆の大黒柱。同級生に村上利春、のちに歌手になった山本譲二も代打で甲子園出場した。

1966年の甲子園では2回戦で西村公一のいる甲府工に3対2で惜敗。1967年の甲子園では1回戦で松商学園に負けたが、2年生のときからエース兼中心打者として活躍。早くから素質のある打撃を買われていた。

投手でも、外角への速球、打者の胸元をえぐるようなシュート。その上、制球力があり、まとまったピッチャーだった。

1967年のドラフトに阪神から4位指名され入団。

一軍公式戦に出場がなく、1969年に引退。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場無し

背番号[編集]

  • 47 (1968年 - 1969年)

関連項目[編集]