西村公一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西村 公一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山梨県大月市
生年月日 (1948-04-10) 1948年4月10日(71歳)
身長
体重
183 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手一塁手外野手
プロ入り 1966年 第2次ドラフト1位
初出場 1967年
最終出場 1972年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

西村 公一(にしむら こういち、1948年4月10日 - )は、山梨県大月市出身の元プロ野球選手プロゴルファー

来歴・人物[編集]

甲府工業高校3年生時の1966年に4番打者、一塁手として夏の甲子園に出場。準々決勝で小倉工横山晴久投手に抑えられ敗退[1]。甲子園では打率.425を記録。甲府工在学時代の成績は打率.457、本塁打12本。高校同期に深沢修一がいる。

同年の第2次ドラフト1位で阪神タイガースに入団。大型内野手として期待され、1969年に23試合に出場し、プロ初本塁打を記録した。1971年に自己最多の52試合に出場し、うち33試合に先発。後藤和昭大倉英貴三塁手のレギュラーを争う。しかし1972年にはウエスタンリーグの本塁打王に輝いたものの一軍での出場は5試合、1973年は一軍出場なく終わり、同年オフに引退した。

引退後は、プロゴルファーに転身した。

阪神で投手として活躍し、新人王を獲得した西村一孔は実兄。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1967 阪神 10 10 10 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .000 .000 .000 .000
1968 16 18 18 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0 .111 .111 .111 .222
1969 23 22 22 2 4 1 0 1 8 3 0 0 0 0 0 0 0 11 0 .182 .182 .364 .545
1970 12 15 13 2 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 0 0 8 0 .154 .267 .154 .421
1971 52 114 101 2 17 2 0 1 22 4 0 0 1 0 10 0 2 29 1 .168 .259 .218 .477
1972 5 7 6 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 3 1 .167 .286 .167 .452
通算:6年 118 186 170 7 26 3 0 2 35 7 0 0 1 0 13 0 2 61 2 .153 .222 .206 .428

背番号[編集]

  • 22 (1967年 - 1968年)
  • 8 (1969年 - 1970年)
  • 43 (1971年 - 1973年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]