外山義明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
外山 義明
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県五条市
生年月日 (1947-07-30) 1947年7月30日
没年月日 (1991-09-01) 1991年9月1日(44歳没)
身長
体重
171 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手外野手
プロ入り 1969年 ドラフト6位
初出場 1970年
最終出場 1978年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

外山 義明(とやま よしあき、1947年7月30日 - 1991年9月1日)は、奈良県出身の元プロ野球選手投手外野手)。

来歴・人物[編集]

天理高校では2年次の1964年夏の県予選決勝で五條を破って紀和大会決勝に進出するが、山下慶徳を擁する海南高に敗退。3年次の1965年夏は県予選決勝で白滝政孝を擁する郡山を0-2で破り、続く紀和大会では準決勝で御所工業からノーヒットノーランを記録。決勝でも県和歌山商を1-3で降して甲子園に出場し、1回戦で丸子実業の小山健二(日本コロムビア)と投げ合うが、9回に逆転されて1-3で敗退[1]。高校同期には四番打者の門田博光がおり、卒業後は門田と共にクラレ岡山へ入社。1966年から都市対抗野球大会に4年連続出場[2]。この間、1967年広島カープからドラフト指名されるも入団を拒否。

1969年にドラフト6位でアトムズへ入団。1年目の1970年はスリークォーターからスライダー・カーブ・シュートを武器として、4勝10敗の成績を上げる。2年目の1971年三原脩が監督に就任すると、その意向で投打二刀流となる。投手としては5勝11敗の成績を挙げる一方、代打でも起用され、外野手としても21試合に出場。打率.211、3本塁打を記録した。また1971年8月22日大洋戦(神宮)では『1番・投手』でスタメン出場している(次の例は45年後の2016年7月3日日本ハム大谷翔平まで出なかった[3])。

1972年アルト・ロペスとの交換トレードでロッテオリオンズへ移籍するが、ここではあまり出場機会がなかった。1974年には南海ホークスに移籍し、1975年には打者に専念して代打で活躍。シーズン後半には右翼手、指名打者として29試合に先発出場。1977年にも8月半ばから左翼手に先発起用され、打率.301の好記録を残す。その後は出場機会が減少し、1978年に現役を引退。

引退後も南海に残留し、スコアラー兼ビデオ担当を務めた。

1991年9月1日死去。享年44歳。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1970 ヤクルト 43 18 2 2 0 4 10 -- -- .286 655 154.0 134 11 66 3 6 87 0 0 65 58 3.39 1.30
1971 33 15 4 2 0 5 11 -- -- .313 504 119.1 95 10 75 1 3 56 1 0 51 43 3.25 1.42
1973 ロッテ 4 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 21 5.0 5 0 4 0 0 1 0 0 3 3 5.40 1.80
1974 南海 3 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 27 5.0 10 0 4 0 0 4 1 0 8 6 10.80 2.80
通算:4年 83 34 6 4 0 9 22 0 -- .290 1207 283.1 244 21 149 4 9 148 2 0 127 110 3.50 1.39

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1970 ヤクルト 43 46 44 0 4 1 0 0 5 1 0 0 2 0 0 0 0 16 0 .091 .091 .114 .205
1971 74 107 95 14 20 5 1 3 36 11 0 0 1 1 9 0 1 28 3 .211 .283 .379 .662
1972 ロッテ 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1973 4 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1974 南海 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1975 47 124 115 7 27 3 1 5 47 20 1 0 0 0 9 0 0 19 2 .235 .290 .409 .699
1976 31 46 44 8 11 1 0 0 12 6 1 0 0 0 2 0 0 6 1 .250 .283 .273 .555
1977 31 76 73 6 22 6 1 1 33 4 0 0 0 0 3 0 0 12 1 .301 .329 .452 .781
1978 16 15 13 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 1 1 0 0 2 0 .077 .133 .077 .210
通算:9年 251 418 388 35 85 16 3 9 134 43 2 0 3 2 24 0 1 86 7 .219 .265 .345 .610

背番号[編集]

  • 12 (1970年 - 1973年)
  • 17 (1974年)
  • 29 (1975年 - 1978年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  3. ^ 大谷1番投手で先頭弾!栗山監督「三原の教え」実践 日刊スポーツ、2016年7月4日(2016年7月5日閲覧)。

関連項目[編集]