長井繁夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長井 繁夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 群馬県
生年月日 (1948-01-04) 1948年1月4日(69歳)
身長
体重
175 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手三塁手外野手一塁手
プロ入り 1969年 ドラフト3位
初出場 1970年
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

長井 繁夫(ながい しげお、1948年1月4日 - )は、群馬県出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

PL学園では、2年生エース加藤英治を擁し、三塁手として1965年春の甲子園に出場するが、準々決勝で高松商小坂敏彦投手に抑えられ敗退[1]。同期に福嶋久晃得津高宏がいる。

1965年のドラフト会議近鉄バファローズから3位指名を受けるも拒否し、中央大学へ進学。東都大学リーグでは1年生春からレギュラーとして出場し、在学中全試合出場を果たす。エース宮本幸信を擁し1967年春季リーグに優勝[2]。同年の全日本大学野球選手権大会でも決勝で慶大を降し優勝。1969年第8回アジア野球選手権大会日本代表。リーグ通算103試合出場、375打数94安打、打率.251、6本塁打、57打点。ベストナイン4回(二塁手)。大学同期に萩原康弘末永正昭がいる。 

1969年のドラフト会議アトムズから3位指名を受け入団。1972年には47試合に出場(うち6試合に二塁手として先発)、打率.241を記録する。同年はジュニアオールスターに出場、イースタンリーグ首位打者も獲得した。しかしその後は打撃面で低迷、一軍では好成績を残すことはできなかった。1975年以降は一軍出場はなく、1976年に現役引退。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]


















































O
P
S
1970 ヤクルト 13 15 13 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1 0 1 6 0 .077 .200 .077 .277
1971 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1972 47 61 58 5 14 1 1 0 17 1 0 2 1 0 2 0 0 11 1 .241 .267 .293 .560
1973 43 45 41 2 8 1 0 1 12 5 0 0 0 3 1 0 0 12 0 .195 .200 .293 .493
1974 11 10 10 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .000 .000 .000 .000
通算:5年 116 132 123 8 23 2 1 1 30 7 0 2 1 3 4 0 1 34 1 .187 .214 .244 .458

背番号[編集]

  • 37 (1970年 - 1976年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「東都大學野球連盟七十年史」 東都大学野球連盟編纂委員会 2001年

関連項目[編集]