1976年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 1976年 | 1976年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 読売ジャイアンツ 76 45 9 .628 - 詳細
2位 阪神タイガース 72 45 13 .615 2.0 詳細
3位 広島東洋カープ 61 58 11 .513 14.0 詳細
4位 中日ドラゴンズ 54 66 10 .450 21.5 詳細
5位 ヤクルトスワローズ 52 68 10 .433 23.5 詳細
6位 大洋ホエールズ 45 78 7 .366 32.0 詳細
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 前・後
優勝 阪急ブレーブス 79 45 6 .637 1・1 詳細
2位 南海ホークス 71 56 3 .559 2・2 詳細
3位 ロッテオリオンズ 63 56 11 .529 3・3 詳細
4位 近鉄バファローズ 57 66 7 .463 5・4 詳細
5位 日本ハムファイターズ 52 67 11 .437 4・5 詳細
6位 太平洋クラブライオンズ 44 76 10 .367 6・6 詳細
  • 阪急が前後期完全優勝したため、プレーオフは行わずそのまま年間優勝となった。

日本シリーズ[編集]

阪急ブレーブス(4勝3敗)読売ジャイアンツ

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 王貞治 巨人   山田久志 阪急  
最優秀新人 田尾安志 中日   藤田学 南海  
首位打者 谷沢健一 中日 .355 吉岡悟 太平洋 .309
本塁打王 王貞治 巨人 49本 C.ジョーンズ 近鉄 36本
打点王 王貞治 巨人 123点 加藤秀司 阪急 82点
最多安打 張本勲 巨人 182本 藤原満 南海 159本
盗塁王 衣笠祥雄 広島 31個 福本豊 阪急 62個
最多出塁数(セ)
最高出塁率(パ)
王貞治 巨人 257個 加藤秀司 阪急 .383
最優秀防御率 鈴木孝政 中日 2.98 村田兆治 ロッテ 1.82
最多勝利 池谷公二郎 広島 20勝 山田久志 阪急 26勝
最多奪三振 池谷公二郎 広島 207個 村田兆治 ロッテ 202個
最高勝率 加藤初 巨人 .789 山田久志 阪急 .788
最優秀救援投手(セ)
最多セーブ投手(パ)
鈴木孝政 中日 32SP 佐藤道郎 南海 16S

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 池谷公二郎 広島 山田久志 阪急
捕手 田淵幸一 阪神 野村克也 南海
一塁手 王貞治 巨人 加藤秀司 阪急
二塁手 D.ジョンソン 巨人 吉岡悟 太平洋
三塁手 掛布雅之 阪神 藤原満 南海
遊撃手 三村敏之 広島 大橋穣 阪急
外野手 張本勲 巨人 門田博光 南海
谷沢健一 中日 弘田澄男 ロッテ
若松勉 ヤクルト 福本豊 阪急
指名打者 大田卓司 太平洋

ダイヤモンドグラブ賞[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 堀内恒夫 巨人 足立光宏 阪急
捕手 大矢明彦 ヤクルト 有田修三 近鉄
一塁手 王貞治 巨人 加藤秀司 阪急
二塁手 D.ジョンソン 巨人 B.マルカーノ 阪急
三塁手 高田繁 巨人 藤原満 南海
遊撃手 山下大輔 大洋 大橋穣 阪急
外野手 池辺巌 阪神 B.ウイリアムス 阪急
柴田勲 巨人 弘田澄男 ロッテ
山本浩二 広島 福本豊 阪急

オールスターゲーム[編集]

高校野球[編集]

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

  • 5月3日 - 中日の木俣達彦がナゴヤ球場での対ヤクルト6回戦の三回裏に4号本塁打を放ち、プロ通算200号本塁打を達成[10]
  • 5月11日 - 阪急ブレーブスの戸田善紀が大阪球場での対南海ホークス4回戦に先発登板し、ノーヒットノーランを達成[11]
  • 5月13日 - ヤクルトは球団社長の佐藤邦雄は、監督の荒川博が当面の間休養しヘッドコーチの広岡達朗が代理監督を務めると発表[12]
  • 5月22日 - ロッテの成田文男が後楽園球場での対阪急7回戦の二回表に中沢伸二から三振を奪い、プロ通算1500奪三振を達成[13]
  • 5月30日 - 巨人の王貞治が後楽園球場での対大洋ホエールズ12回戦の七回裏一死一、三塁の場面で敬遠され、プロ野球史上初の通算2000四死球を達成[14]

6月[編集]

  • 6月1日 - 阪急の森本潔が日生球場での対近鉄9回戦の二回表に鈴木啓示から内野安打を放ち、プロ通算1000本安打を達成[15]
  • 6月2日 - 大洋の松原誠が川崎球場での対阪神7回戦の五、八回裏に本塁打、この日の対阪神8回戦の二回裏に13号本塁打、四回裏に14号本塁打を放ちプロ野球タイ記録となる4打席連続本塁打を達成[16]
  • 6月3日 - 太平洋の土井正博が後楽園球場での対日本ハム9回戦の五回表に11号本塁打を放ち、プロ通算350号本塁打を達成[17]
  • 6月7日 - ヤクルトは休養中の監督の荒川博の退団を正式に発表[18]
  • 6月8日
    • 巨人の末次利光が後楽園球場での対阪神6回戦(後楽園)の九回裏二死満塁の場面で山本和行から日本プロ野球史上10人目の逆転サヨナラ満塁本塁打を放つ[19]
    • 阪急の山田久志が平和台球場での対太平洋9回戦に先発登板して10勝目を挙げ、プロ通算100勝を達成[20]
  • 6月10日 - 巨人の張本勲が後楽園球場での対阪神8回戦の五回裏に中前安打を放ち、プロ通算2500本安打を達成[21]
  • 6月17日
    • ヤクルトは球団社長の佐藤が甲子園球場でのプレスルームにて午後5時より記者会見し、広岡達朗が監督に正式に就任したと発表[22]
    • 阪急対日本ハム12回戦が後楽園球場にて行われ、五回裏一死の場面で阪急の投手の竹村一義が日本ハムの上三垣誠に死球を与え、日本ハムの監督の大沢啓二がこれに怒って竹村に暴力行為を働き、またウォルター・ウィリアムスも竹村に体当たりして押し倒し、大沢、ウィリアムスの両者が退場処分を受ける[23]
  • 6月18日
    • 巨人の張本勲が甲子園球場での対阪神9回戦の一回表に8号2点本塁打を放ち、セ・リーグ新記録の28試合連続安打を達成[24]
    • パ・リーグ会長の岡野祐は、17日の試合で暴力行為で退場処分を受けた日本ハムの監督の大沢啓二と選手のウォルター・ウィリアムスに対しそれぞれ7日間の出場停止処分と制裁金5万円の裁定を下したと発表[25]
  • 6月24日 - 阪急対ロッテ11回戦が西宮球場にて行われ、阪急がロッテに8-0と勝利し、パ・リーグの前期優勝を達成[26]

7月[編集]

  • 7月2日 - 巨人の王貞治がナゴヤ球場での対中日14回戦の九回表に30号2点本塁打を放ち、15年連続30本塁打を達成[27]
  • 7月9日 - ヤクルトの若松勉が神宮球場での対中日15回戦でサイクル安打を達成[28]
  • 7月11日 - 大洋の松原誠が広島市民球場での対広島12回戦で2安打し、プロ通算1500本安打を達成[29]
  • 7月16日 - 12球団のオーナー、代表合同会議が東京・芝の東京グランドホテルで正午より開かれ、満場一致で金子鋭をコミッショナーに推挙し、金子のコミッショナー就任が正式に決まる[30]
  • 7月23日 - 巨人の王貞治が川崎球場での対大洋戦16回戦の八回表に鵜沢達雄から33号本塁打を放ち、プロ通算700号本塁打を達成[31]
  • 7月25日 - 南海の池之上格が大阪球場での対近鉄後期6回戦の九回表に11失点を喫する[32]

8月[編集]

  • 8月7日 - 阪神対中日の19回戦が岡山県野球場で行われ、阪神が中日に4-7と敗れ、球団新記録の9連敗となる[33]
  • 8月10日 - 中日の大島康徳がナゴヤ球場での対ヤクルト16回戦の六回裏に代打で出場して10号本塁打を放ち、日本プロ野球新記録のシーズン代打7本塁打を達成[34]
  • 8月11日 - 広島の三村敏之が川崎球場での対大洋18回戦で、四回表に18号本塁打、九回表に19号本塁打を放ち、プロ通算100号本塁打を達成[35]
  • 8月17日
    • 巨人の堀内恒夫が広島市民球場での対広島20回戦の六回裏に水沼四郎から三振を奪い、プロ通算1500奪三振を達成[36]
    • 大洋の松原誠がナゴヤ球場での対中日19回戦の四回表に27号本塁打を放ち、プロ通算250号本塁打を達成[37]
  • 8月21日 - 第58回全国高等学校野球選手権大会の決勝戦が阪神甲子園球場で行われ、西東京代表の桜美林が大阪府代表のPL学園を4-3で破り初優勝。
  • 8月22日 - 南海対太平洋の後期8回戦で4-3と勝利し、パ・リーグ初の球団通算2500勝を達成[38]
  • 8月24日 - 南海の野村克也が西宮球場での対阪急後期6回戦の七回表に足立光宏から左前安打を放ち、プロ野球史上初めて通算5000塁打を達成[39]
  • 8月28日 - 広島の衣笠祥雄が川崎球場での対大洋20回戦の一回表に14号本塁打を放ち、プロ通算200号本塁打を達成[40]

9月[編集]

  • 9月5日 - 日本ハムの坂井勝二が平和台球場での後期9回戦の六回から登板し、プロ通算600試合登板を達成[41]
  • 9月14日 - 阪神の田淵幸一が後楽園球場での対巨人19回戦の一回表に30号3点本塁打を放ち、プロ通算250号本塁打を達成[42]
  • 9月19日
    • 中日が後楽園での対巨人23回戦に4対8で敗れ、この年の後楽園で0勝12敗1分けに終わる[43]
    • 甲子園球場での阪神対広島のダブルヘッダー第一試合の20回戦で、阪神が一試合9本塁打のセ・リーグタイ記録。
  • 9月30日 - 阪急が南海を5-2で破り、後期優勝を決める。阪急は前期も優勝しており、プレーオフ制後で初めて前後期制覇したためパリーグ優勝を決める[44]

10月[編集]

  • 10月11日 - 巨人の王貞治が対阪神戦(後楽園)で山本和行からベーブ・ルースを超える通算715号本塁打を放つ。
  • 10月12日
    • 太平洋のオーナーの中村長芳が福岡市内の西鉄グランドホテルで記者会見し、クラウンガスライターと業務提携し、来シーズンから球団名を「クラウンライター・ライオンズ」とすることを発表[45]
    • 巨人の淡口憲治が後楽園球場での対阪神24回戦の四回裏に安仁屋宗八から10号満塁本塁打を放ち、プロ野球通算700号満塁本塁打を放つ[46]
  • 10月16日 - 巨人が広島との最終戦に5-3で勝利し、1973年以来3年ぶりのセ・リーグ優勝[47]
  • 10月21日 - 沢村賞の選考が沢村賞選考委員会によって東京・水道橋の後楽園飯店にて正午より開かれ、広島の池谷公二郎が選出される[48]
  • 10月22日 - 広島の渡辺弘基が対大洋戦ダブルヘッダーの二試合に登板し、これでシーズン73試合目となり、セ・リーグ最多登板記録を更新[49]
  • 10月25 - ロッテの江藤慎一が東京・新宿の球団事務所を訪れ、球団代表の西垣徳男に対し体力の限界を理由に退団を申し入れ、球団もこれを了承[50]

11月[編集]

12月[編集]

  • 12月21日 - クラウンへのトレードを拒否した藤波に対し、中日は藤波の残留を認める代わりに、背番号3の剥奪や開幕2軍スタートなどのペナルティを科す。

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞1976年1月11日14面「ドローチャー氏に高齢・言葉の強敵 10万ドル以上で太平洋入り決定」縮刷版p264
  2. ^ 大修館書店刊「近代体育スポーツ年表1800-1907」244ページ
  3. ^ 朝日新聞1976年3月16日17面「病気のド監督解約 太平洋球団 代わりに鬼頭氏昇格」縮刷版p519
  4. ^ 毎日新聞1976年4月3日夕刊6面「プロ野球どんより開幕」毎日新聞縮刷版1976年4月p88
  5. ^ 毎日新聞1976年4月7日1面「崇徳、初出場で優勝 センバツ 健闘の小山破る」毎日新聞縮刷版1976年4月p167
  6. ^ 毎日新聞1976年4月15日15面「ヤクルトの松岡が奪三振」毎日新聞縮刷版1976年4月p409
  7. ^ 毎日新聞1976年4月18日15面「得津、サイクル安打」毎日新聞縮刷版1976年4月p495
  8. ^ 毎日新聞1976年4月19日15面「加藤がノーヒットノーラン」毎日新聞縮刷版1976年4月p515
  9. ^ 毎日新聞1976年4月30日15面「行沢、幻の満塁ホーマー 前走者追い越す」毎日新聞縮刷版1976年4月p833
  10. ^ 読売新聞1976年5月4日15面「中日・木俣達彦捕手が200号本塁打」読売新聞縮刷版1976年5月p91
  11. ^ 読売新聞1976年5月12日16面「戸田(阪急)ノーヒットノーラン」読売新聞縮刷版1976年5月p322
  12. ^ 読売新聞1976年5月14日17面「荒川監督(ヤクルト)休養 広岡コーチが代理」読売新聞縮刷版1976年5月p391
  13. ^ 読売新聞1976年5月23日15面「ロッテ・成田が通算1500三振奪取」読売新聞縮刷版1976年5月p695
  14. ^ 読売新聞1976年5月31日19面「王、日本初2000四死球 先制16号3ランも 巨人連勝」読売新聞縮刷版1976年5月p963
  15. ^ 読売新聞1976年6月2日17面「阪急・森本潔内野手が通算1000本安打」読売新聞縮刷版1976年6月p49
  16. ^ 読売新聞1976年6月3日17面「大洋・松原が4打席連続本塁打のプロ野球タイ記録」読売新聞縮刷版1976年6月p83
  17. ^ 読売新聞1976年6月4日17面「太平洋・土井が350本塁打」読売新聞縮刷版1976年6月p117
  18. ^ 読売新聞1976年6月8日17面「荒川前監督、正式退団 ヤクルト、当面現体制」読売新聞縮刷版1976年6月p249
  19. ^ 読売新聞1976年6月9日17面「巨人、土壇場に爆発 末次、逆転満塁サヨナラ5号 2アウト 2-2 山本和たたく」読売新聞縮刷版1976年6月p281
  20. ^ 読売新聞1976年6月9日17面「阪急・山田久志投手が100勝目」読売新聞縮刷版1976年6月p281
  21. ^ 読売新聞1976年6月11日17面「張本ついに2500安打 巨人、阪神を3連破 5・5差に」読売新聞縮刷版1976年6月p351
  22. ^ 読売新聞1976年6月18日17面「広岡、監督昇格 ヤクルト」読売新聞縮刷版1976年6月p585
  23. ^ 読売新聞1976年6月18日17面「阪急に日本ハム"一矢" おまけ乱闘劇 大沢監督退場」読売新聞縮刷版1976年6月p585
  24. ^ 読売新聞1976年6月19日17面「巨人・張本が連続試合安打セ新記録」読売新聞縮刷版1976年6月p621
  25. ^ 読売新聞1976年6月19日17面「大沢監督、ウィリアムス7日間出場停止 阪急戦暴行事件で」読売新聞縮刷版1976年6月p621
  26. ^ 読売新聞1976年6月25日17面「阪急が3年連続前期優勝 8年ぶり本拠胴上げ」読売新聞縮刷版1976年6月p819
  27. ^ 読売新聞1976年7月3日17面「王が15年連続の30号 ペース最高『700』に3」読売新聞縮刷版1976年7月p89
  28. ^ 読売新聞1976年7月10日17面「ヤクルト若松がサイクルヒット」読売新聞縮刷版1976年7月p329
  29. ^ 読売新聞1976年7月12日夕刊7面「大洋・松原誠(三二)が1500本安打」読売新聞縮刷版1976年7月p387
  30. ^ 読売新聞1976年7月17日17面「金子新コミッショナーが正式決定」読売新聞縮刷版1976年7月p549
  31. ^ 読売新聞1976年7月24日17面「王、ついにやったぞ700号」読売新聞縮刷版1976年7月p789
  32. ^ 読売新聞1976年7月26日19面「南海・池之上が"野ざらし"1イニング11失点の両リーグ最多」読売新聞縮刷版1976年7月p857
  33. ^ 読売新聞1976年8月8日15面「阪神、球団初の9連敗 中日・青山に初白星献上」読売新聞縮刷版1976年8月p213
  34. ^ 読売新聞1976年8月11日15面「中日・大島が一シーズン代打本塁打『7』の新記録」読売新聞縮刷版1976年8月p271
  35. ^ 読売新聞1976年8月12日15面「三村2発、決勝100号 アーチ合戦、今度は広島が雪辱」読売新聞縮刷版1976年8月p299
  36. ^ 読売新聞1976年8月18日15面「巨人・堀内がプロ入り通算1500奪三振」読売新聞縮刷版1976年8月p463
  37. ^ 読売新聞1976年8月18日15面「大洋・松原がプロ入り通算250号本塁打」読売新聞縮刷版1976年8月p463
  38. ^ 読売新聞1976年8月23日15面「南海、パ初の2500勝」読売新聞縮刷版1976年8月p617
  39. ^ 読売新聞1976年8月25日16面「野村、日本初の5000塁打」読売新聞縮刷版1976年8月p686
  40. ^ 読売新聞1976年8月29日17面「衣笠が200本塁打」読売新聞縮刷版1976年8月p827
  41. ^ 毎日新聞1976年9月6日15面「坂井六百試合登板」毎日新聞縮刷版1976年9月p159
  42. ^ 毎日新聞1976年9月15日19面「250本塁打」毎日新聞縮刷版1976年9月p431
  43. ^ 毎日新聞1976年9月20日19面「中日ついに後楽園12敗1分」毎日新聞縮刷版1976年9月p569
  44. ^ 毎日新聞1976年10月1日19面「阪急 初の前後期連覇 パの大将 次は日本一だ」毎日新聞縮刷版1976年10月p19
  45. ^ 読売新聞1976年10月13日17面「クラウンライター・ライオンズ スポンサー交代し太平洋が名称変更」読売新聞縮刷版1976年10月p435
  46. ^ 読売新聞1976年10月13日17面「巨人・淡口憲治外野手がプロ野球通算700号満塁本塁打」読売新聞縮刷版1976年10月p435
  47. ^ 読売新聞1976年10月17日1面「長島巨人 V1を達成 通算29回目の栄冠」読売新聞縮刷版1976年p559
  48. ^ 読売新聞1976年10月22日17面「池谷、初の『沢村賞』 20勝ただひとり 広島から2年連続」読売新聞縮刷版1976年10月p723
  49. ^ 読売新聞1976年10月23日17面「広島・渡辺弘基投手(二八)が一シーズン最多登板のセ・リーグ新」読売新聞縮刷版1976年10月p763
  50. ^ 読売新聞1976年10月26日17面「ロッテ江藤現役引退へ」読売新聞縮刷版1976年10月p867
  51. ^ 読売新聞1976年11月3日15面「阪急 2年連続の『日本一』 “老巧”足立が好投 森本、逆転2ラン 福本とどめ」読売新聞縮刷版1976年11月p81
  52. ^ 読売新聞1976年11月9日17面「ストーブリーグ開幕 阪急、森本・戸田放出 中日・島谷らとトレード」