1969年のアトムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1969年のアトムズ
成績
セントラル・リーグ5位
58勝69敗3分 勝率.457[1]
本拠地
都市 東京都新宿区
球場
明治神宮野球場
Tokyo - Baseball (3410369438).jpg
球団組織
オーナー 水野成夫
経営母体 産業経済新聞社
ヤクルト本社(共同経営)
監督 別所毅彦
« 1968
1970 »

1969年のアトムズ(1969ねんのアトムズ)では、1969年シーズンのアトムズの動向をまとめる。

この年のサンケイアトムズは、別所毅彦監督の2年目のシーズンであり、この年から産業経済新聞社ヤクルト本社との共同経営になったのに伴って、チーム名をアトムズに変更し、翌年、産業経済新聞社が経営から撤退し、ヤクルトアトムズと名称を変更したため、スポンサー名なしで「アトムズ」と名乗った唯一のシーズンである。

概要[編集]

この年は主砲デーブ・ロバーツが大活躍、8月までは打者3部門(打率・本塁打・打点)のトップをひた走り、「三冠王」と期待されたが、巨人戦でのケガで長期離脱となり、結局無冠で終わった。

その一方、5月27日にもう一人の主砲ルー・ジャクソンが急逝するというハプニングも起き、同日の阪神戦では6回に13点取られるという屈辱を味わう。直ちに新外国人ボブ・チャンスを入団、途中入団ながら12本の本塁打を打つ活躍を見せた。しかし投手陣が相変わらず不振で、最後は5位となった。

シーズンオフ、1953年西鉄ライオンズに入団、1963年にトレードされた豊田泰光が現役引退、17年の現役生活に幕を降ろした。また同時期には西鉄でも、豊田と共に活躍した稲尾和久中西太が現役引退(中西は監督も辞任し稲尾が後任)、また1950年から1964年まで国鉄のエースとして君臨、1965年から巨人へ移籍した金田正一が、この年前人未到の「400勝」を達成し現役引退した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 武上四郎
2 丸山完二
3 ロバーツ
4 高倉照幸
5 高山忠克
6 小淵泰輔
7 城戸則文
8 加藤俊夫
9 河村保彦
1969年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 広島 --- 阪神 --- 巨人 --- 巨人 --- 巨人 --- 巨人 --- 巨人 ---
2位 阪神 1.0 巨人 1.0 阪神 3.0 阪神 4.5 阪神 4.0 阪神 9.0 阪神 6.5
3位 巨人 1.0 大洋 中日 3.5 中日 7.0 大洋 7.5 大洋 9.5 大洋 11.0
4位 大洋 1.5 広島 3.0 大洋 6.0 大洋 7.5 アトムズ 8.0 中日 11.0 中日 14.0
5位 アトムズ 中日 4.0 広島 7.5 アトムズ 10.0 中日 12.5 アトムズ 14.5 アトムズ 16.5
6位 中日 4.0 アトムズ 6.0 アトムズ 10.0 広島 10.0 広島 13.0 広島 18.0 広島 18.0
1969年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 73 51 6 .589 -
2位 阪神タイガース 68 59 6 .535 6.5
3位 大洋ホエールズ 61 61 7 .500 11.0
4位 中日ドラゴンズ 59 65 6 .476 14.0
5位 アトムズ 58 69 3 .457 16.5
6位 広島東洋カープ 56 70 4 .444 18.0

オールスターゲーム1969[編集]

ファン投票 武上四郎 ロバーツ
監督推薦 石戸四六

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
ロバーツ 外野手 2年連続2度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 八重樫幸雄 捕手 仙台商業高 入団
2位 西井哲夫 投手 宮崎商業高 入団
3位 長井繁夫 内野手 中央大学 入団
4位 佐々木辰夫 内野手 四国電力 拒否
5位 井原慎一郎 投手 丸亀商業高 入団
6位 外山義明 投手 クラレ岡山 入団
7位 大矢明彦 捕手 駒澤大学 入団
8位 内田順三 外野手 駒澤大学 入団
9位 生田啓一 内野手 中京高 拒否・中京大学進学
10位 松村憲章 投手 徳島商業高 入団
11位 内田睦夫 捕手 日立製作所 拒否
12位 山根政明 投手 大昭和製紙 拒否
13位 一の関秀則 投手 五城目高 入団
14位 佐藤広美 内野手 県立岐阜商業高 拒否・明治大学進学

1位に八重樫、7位に大矢と、1978年初優勝時の捕手コンビがこの時指名されて入団、またその初優勝時に活躍した井原慎一朗が、「慎一郎」名義で指名され入団している。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1969年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年7月31日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 147