1968年のサンケイアトムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1968年のサンケイアトムズ
成績
セントラル・リーグ4位
64勝66敗4分 勝率.492[1]
本拠地
都市 東京都新宿区
球場
明治神宮野球場
Remodeled meiji jingu stadium.jpg
球団組織
オーナー 水野成夫
経営母体 産業経済新聞社
監督 別所毅彦
 < 1967 1969 > 

1968年のサンケイアトムズ(1968ねんのサンケイアトムズ)では、1968年シーズンのサンケイアトムズの動向をまとめる。

この年のサンケイアトムズは、別所毅彦監督の1年目のシーズンであり、このシーズン終了後、産業経済新聞社ヤクルト本社の共同経営となったのに伴って、チーム名をアトムズと変更したため、サンケイアトムズとして最後のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 武上四郎
2 城戸則文
3 ロバーツ
4 ジャクソン
5 小淵泰輔
6 豊田泰光
7 篠田勇
8 加藤俊夫
9 石戸四六
1968年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 中日 -- 巨人 -- 広島 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 広島 1.5 広島 2.5 巨人 1.0 広島 6.5 阪神 1.5 阪神 3.0 阪神 5.0
3位 巨人 3.5 中日 6.0 大洋 7.0 サンケイ 8.5 サンケイ 7.0 広島 8.5 広島 9.0
4位 大洋 5.0 阪神 7.0 サンケイ 8.5 阪神 10.5 広島 8.5 サンケイ 11.5 サンケイ 13.0
5位 サンケイ 5.5 サンケイ 8.5 阪神 9.5 大洋 11.0 大洋 15.0 大洋 16.5 大洋 18.0
6位 阪神 5.5 大洋 9.0 中日 13.0 中日 14.5 中日 16.0 中日 23.5 中日 27.0
1968年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 77 53 4 .592 -
2位 阪神タイガース 72 58 3 .554 5.0
3位 広島東洋カープ 68 62 4 .523 9.0
4位 サンケイアトムズ 64 66 4 .492 13.0
5位 大洋ホエールズ 59 71 3 .454 18.0
6位 中日ドラゴンズ 50 80 4 .385 27.0

オールスターゲーム1968[編集]

コーチ 飯田徳治
ファン投票 選出なし
監督推薦 石戸四六 武上四郎 ロバーツ

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
ロバーツ 外野手 初受賞

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 藤原真 投手 全鐘紡 入団
2位 溜池敏隆 内野手 日本熱学工業 入団
3位 詫摩和文 外野手 鹿児島照国高 入団
4位 千藤和久 投手 北海道拓殖銀行 拒否
5位 安木祥二 投手 クラレ岡山 入団
6位 山口芳夫 投手 岩国高 拒否・千葉工業大学進学
7位 千葉博夫 内野手 県立川崎高 拒否・東京理科大学進学
8位 篠原政夫 内野手 作新学院高 拒否・駒澤大学進学
9位 村越稔 捕手 神奈川大学 入団
10位 磯部満 投手 電電信越 拒否

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1968年 セントラル・リーグ”. 2017年7月31日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 147