1968年の近鉄バファローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1968年の近鉄バファローズ
成績
パシフィック・リーグ4位
57勝73敗5分 勝率.438[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
日本生命球場
Nissay-Stadium.jpg
球団組織
オーナー 佐伯勇
経営母体 近畿日本鉄道
監督 三原脩
 < 1967 1969 > 

1968年の近鉄バファローズでは、1968年シーズンについての近鉄バファローズの動向をまとめる。

この年の近鉄バファローズは、三原脩監督の1年目のシーズンである。

概要[編集]

この年、巨人西鉄大洋と渡ってきた三原脩が監督に就任、早速西鉄との開幕3連戦、通称「親子シリーズ」(西鉄監督が三原の娘婿・中西太であるため)を全勝、以後6月まで首位を突っ走る。だが夏場に失速するも、終わってみれば1963年以来の最下位脱出、三原のやり方が選手に自信を持たせる事になる。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 ボレス
2 北川公一
3 土井正博
4 ロイ
5 飯田幸夫
6 伊勢孝夫
7 吉沢岳男
8 鈴木啓示
9 安井智規
1968年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 近鉄 -- 近鉄 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 -- 阪急 --
2位 阪急 4.0 阪急 1.5 南海 3.0 南海 1.5 南海 2.0 南海 4.0 南海 1.0
3位 東映 5.5 南海 近鉄 3.5 東京 3.5 東京 6.5 東京 10.0 東京 13.0
4位 南海 6.0 東京 4.0 東京 5.0 近鉄 7.0 近鉄 14.5 西鉄 21.0 近鉄 23.0
5位 西鉄 7.0 東映 5.0 東映 7.5 東映 13.0 西鉄 17.0 近鉄 22.0 西鉄 24.0
6位 東京 7.5 西鉄 6.0 西鉄 11.0 西鉄 14.0 東映 23.0 東映 27.0 東映 29.0
1968年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪急ブレーブス 80 50 4 .615 -
2位 南海ホークス 79 51 6 .608 1.0
3位 東京オリオンズ 67 63 9 .515 13.0
4位 近鉄バファローズ 57 73 5 .438 23.0
5位 西鉄ライオンズ 56 74 3 .431 24.0
6位 東映フライヤーズ 51 79 5 .392 29.0

[1]

オールスターゲーム1968[編集]

ファン投票 鈴木啓示 土井正博
監督推薦 佐々木宏一郎
補充選手 吉沢岳男

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
安井智規 盗塁王 54個 初受賞
鈴木啓示 最多奪三振 305個 2年連続2度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
土井正博 外野手 2年連続2度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 ポジション 所属 結果
1位 水谷宏 投手 全鐘紡 入団
2位 川島勝司 内野手 日本楽器 拒否
3位 岡田光雄 投手 松下電器 入団
4位 秋山重雄 内野手 立教大学 入団
5位 芝池博明 投手 専修大学 入団
6位 井上重信 投手 陸上自衛隊西部 入団
7位 吉村健二 内野手 高松商業高 拒否・松下電器入社
8位 半田実 投手 大鉄高 入団
9位 大島太治 捕手 トヨタ自動車 拒否
10位 服部敏和 外野手 日本楽器 入団
11位 藤井信行 外野手 協和発酵 拒否
12位 佐々木辰夫 内野手 四国電力 拒否

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1968年 パシフィック・リーグ”. 2017年7月30日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 139