南喜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

南 喜一(みなみ きいち、1893年2月19日 - 1970年1月30日)は、昭和期の男性実業家。元国策パルプ日本製紙の前身の一つ)会長。通称「ガマ将軍」(友人の尾崎士郎が命名者とされる。なお、南は人生劇場の登場人物のモデルの一人でもある)。

来歴・人物[編集]

現在の石川県金沢市に生まれる。17歳で専検合格後上京し、人力車夫・演歌師などをしながら早稲田大学理工科に学ぶ。この頃、倉持忠助や飯島一家の面々とも交流を結ぶ。中退後はグリセリン工場を経営する。

1923年関東大震災後の混乱に乗じて起こった亀戸事件で実弟・吉村光治を警察に殺されたことを契機に、当時非合法の日本共産党第二次共産党)に入党し、各種の労働争議を指導する。1928年三・一五事件で逮捕され、獄中で転向する。出所後は赤線地帯玉の井の私娼解放運動等に携わったのち、1940年転向仲間の水野成夫と古紙再生会社「大日本再生製紙」を設立する。1945年には宮島清次郎が社長を務めていた国策パルプと合併し、同社の常務取締役となる。戦後は副社長(1959年)、副会長(1960年)、会長(1962年)を歴任。またヤクルト本社会長、日本クロレラ研究所会長なども務めた。

ヤクルト本社会長時代、同社はプロ野球・サンケイアトムズを産業経済新聞社フジテレビジョンから買収した。同球団や産経・フジテレビはいずれも水野が経営していたものであり、経営が悪化した同球団をヤクルト本社が買収したこの一件について、当時は「水野の窮地を盟友の南が救った」と言われていた。なお、同球団は現在の東京ヤクルトスワローズである。

性豪としても有名。また猥談の名手として知られ、著書に『ガマの聖談』(光文社1968年)がある。殆ど性的な内容であるが、最後に「今日まで健康でいられるのはヤクルトを飲み続けているからだ」と締めている。