相馬和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

相馬 和夫(そうま かずお、1927年1月15日 - 2005年7月23日 )は、日本実業家。元ヤクルト本社取締役、元ヤクルトスワローズ球団社長

来歴・人物[編集]

埼玉県熊谷市出身。ヤクルト本社取締役を経て、1970年からヤクルトアトムズ(1974年よりスワローズ)の球団取締役、球団代表などを歴任。

1985年4月に球団社長に就任すると、球団代表の田口周と共に、低迷状態にあったチーム体質の改革に取り組んだ。まず、前年に代理監督を務めていた土橋正幸コーチを正式に監督に任命し、若手の抜擢を依頼して新旧交代を推し進め、「ぬるま湯」と称されたチームの雰囲気を変えていった。1987年には関根潤三監督を招聘し、広沢克己池山隆寛をはじめとする若手選手たちを徹底的に鍛え上げさせた。その間にも編成部門の大幅な見直しを進めてドラフト戦略を成功させ、土橋勝征内藤尚行飯田哲也川崎憲次郎などの有望な素材を集めて、1990年代日本一3度、リーグ優勝4度の礎を築いた。

1990年桑原潤オーナー代行が招聘した野村克也監督が就任すると、野村の要請に応じて毎年のようにドラフトで西村龍次岡林洋一伊藤智仁といった即戦力投手の獲得を次々と成功させた。一方で89年のドラフトでは、野村の反対を押し切って古田敦也捕手獲得の断を下し、1992年にはダグ・デシンセイに依頼してジャック・ハウエルを獲得している。

1993年3月に球団社長を退任。2005年7月23日、肝不全のため栃木県足利市の病院で死去した。享年78。

エピソード[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1988年の川崎憲次郎大分県立津久見高等学校)はヤクルトが1位競合で交渉権を獲得しているが、開腹手術をして縁起が悪いとして相馬はクジを引かず、スカウトの片岡宏雄が代わりにクジを引いた。
  2. ^ 1989年(平元)史上最多8球団指名、野茂英雄と外れ1位スポーツニッポン

関連項目[編集]