ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
原語表記 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
呼称 ジェフL
クラブカラー     イエロー[1]    グリーン[1]    レッド[1]
創設年 1992年
所属リーグ 日本女子サッカーリーグ
所属ディビジョン なでしこリーグ1部
ホームタウン 千葉県市原市[1]千葉市[1]
ホームスタジアム
Ichihararyokuchi Sports Park Seaside Stadium.jpg
ゼットエーオリプリスタジアムほか
収容人数 14,051
運営法人 ジェフユナイテッド株式会社[1]
代表者 日本の旗 前田英之[1]
監督 日本の旗 三上尚子
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ジェフユナイテッド市原・千葉レディース(ジェフユナイテッドいちはら・ちばレディース)は、日本千葉県市原市および千葉市をホームタウンとする、日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)に加盟する女子サッカークラブ。

歴史[編集]

1992年、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するジェフユナイテッド市原(現:ジェフユナイテッド市原・千葉)のホームタウン推進活動の一環として地元の女子サッカー愛好家を中心に結成。1995年には第16回全日本女子サッカー選手権大会の関東地域第一代表として初出場を果たすなど千葉県内や関東地域の大会に積極的に出場してきた。

同じ年、関東女子サッカーリーグで初優勝。1997年から1999年の3年連続優勝を果たし、2000年から日本女子サッカーリーグ(L・リーグ)東ブロックに加盟。2004年から2部制の導入に伴い、L2(→ディビジョン2)に配属されている。

2004年までは鈴木政江(元日本女子代表)が監督兼選手としてゴールキーパー(GK)を務めていたが、2005年に上村崇士が監督に就任し鈴木がコーチ専任となるとGK登録選手が不在となり、フォワード登録の選手がしばらくの間キーパーを務めるという事態になった。

2006年、セレクションの実施などによる本格的な取り組みが実を結び、4位。

2007年、里内猛が監督に就任。ディビジョン2で2位となり、12月15日にディビジョン1の7位伊賀フットボールクラブくノ一と入れ替え戦を行なうが、PK戦の末敗退。

2008年には、里内の川崎フロンターレコーチ就任に伴い上村が監督に復帰。開幕から5連勝したのをはじめ、スペランツァF.C.高槻との2試合、ASエルフェン狭山FCとの1試合を引き分けた以外は全て勝利を収め、16戦無敗で終え優勝。ディビジョン1昇格を決定した。

2012年、小川志保INAC神戸)が再加入。リーグ戦は6位。第34回皇后杯ではクラブ史上初の決勝に進出した。初タイトルを狙うも後半アディショナルタイムの失点でINAC神戸レオネッサに敗れ、準優勝となった。シーズン終了後、清水由香らの引退が発表された。

2013年、菅澤優衣香新潟L)、川村真理福岡)、上野紗稀浦和LU-18)らが加入。リーグ戦は7位。なでしこリーグカップ2013は準決勝、第35回皇后杯は準々決勝で敗退した。

2014年、再登板後6シーズンにわたり監督を務めた上村に代わり、クラブOBの三上尚子が監督に就任。船田麻友らが移籍・退団した。前年から順位を上げ、5位でリーグ戦を終えた。菅澤優衣香が得点王およびベストイレブンを獲得した。第36回皇后杯は準決勝で浦和レッズレディースに敗れた。

2015年、磯金みどりINAC神戸)らが加入。前年に続き5位。菅澤優衣香が2年連続で得点王・ベストイレブンを獲得した。また、FIFA女子ワールドカップカナダ2015に臨む日本代表に菅澤優衣香と山根恵里奈が選出された。第37回皇后杯は準々決勝でアルビレックス新潟レディースに敗れた。シーズン終了後、柳井里奈川村真理の引退が発表された。

2016年、なでしこリーグカップ2016で決勝に進出。再び初タイトルに王手をかけるも、決勝戦では日テレ・ベレーザに4失点を喫して敗れ準優勝となり、初めてのタイトル獲得はならなかった。リーグ戦は7位、第38回皇后杯は準々決勝で敗れシーズンを終えた。

2017年、菅澤優衣香浦和Lに移籍し、成宮唯大阪高槻)、船田麻友AS埼玉)らが加入。シーズン中には保坂のどかが大阪高槻に移籍し、山根恵里奈が海外挑戦のため退団した。なでしこリーグカップ2017では2年連続で決勝に進み、浦和レッズレディースと対戦。後半アディショナルタイムの劇的な決勝ゴールによって勝利し、悲願のクラブ初タイトルを獲得した。リーグ戦は前年に続き7位で終えた。

年度別成績・歴代監督[編集]

日本女子サッカーリーグ[編集]

年度 チーム名 リーグ チーム数 試合 勝点 順位 皇后杯 リーグ杯 監督
12 2000 ジェフユナイテッド
市原レディース
L・リーグ 9 10 4 1 1 8 8位 ベスト8 - 日本の旗 鈴木政江
13 2001 10 13 9 2 3 8 9位 2回戦敗退
14 2002 11 11 8 1 5 5 9位 ベスト8
15 2003 13 18 9 2 3 13 12位 1回戦敗退
(16) 2004 L・リーグ2部
(L2)
6 15 12 4 0 11 5位 1回戦敗退
(17) 2005 ジェフユナイテッド
市原・千葉レディース
7 18 23 7 2 9 5位 2回戦敗退 日本の旗 上村崇士
(18) 2006 なでしこリーグ
ディビジョン2
8 21 41 13 2 6 4位 3回戦敗退
(19) 2007 8 21 45 14 3 4 2位 3回戦敗退 グループリーグ 日本の旗 里内猛
(20) 2008 9 16 42 13 3 0 優勝 3回戦敗退 - 日本の旗 上村崇士
(21) 2009 なでしこリーグ
ディビジョン1
8 21 22 7 1 13 5位 ベスト8
(22) 2010 なでしこリーグ 10 18 25 8 1 9 7位 ベスト8 グループリーグ
(23) 2011 9 16 16 5 1 10 7位 ベスト8 -
(24) 2012 10 18 22 6 4 8 6位 準優勝 グループリーグ
(25) 2013 10 18 21 5 6 7 7位 ベスト8 ベスト4
(26) 2014 6
(10)
10
(18)
11
(28)
3
(8)
1
(4)
6
(6)
5位
(6位)
ベスト4 - 日本の旗 三上尚子
(27) 2015 なでしこリーグ
1部
6
(10)
5
(18)
9
(32)
1
(8)
3
(8)
1
(2)
5位
(4位)
ベスト8
(28) 2016 10 18 20 5 5 8 7位 ベスト8 準優勝
(29) 2017 10 18 22 7 1 10 7位 優勝
  • 予選(地区)リーグと決勝リーグを採用した2000年から2003年までの成績は年間順位。チーム数は両地区の合計チーム数。
  • 勝ち点は「勝ち3、引き分け1、負け0」
  • 2004年から2部制に移行。チーム数は所属リーグのみ。
  • 2003年まではシーズン名に「第○回」と表記されていたが、2004年からは西暦年で表記するようになった。
  • 2014年及び2015年は10チーム2回戦総当たりの「レギュラーシリーズ」後、その順位に基づき上位6チームと下位4チームによる2回戦総当たりの「エキサイトシリーズ」を実施。上表では、レギュラーシリーズ分をカッコ内に示した。最終成績はエキサイトシリーズの順位となる(エキサイトシリーズの勝ち点には、レギュラーシリーズ後に与えられた勝ち点が含まれる)。

なでしこリーグカップ[編集]

皇后杯全日本女子サッカー選手権大会[編集]

国民体育大会[編集]

スタジアム[編集]

ホームゲームを開催するスタジアムは、フクダ電子アリーナゼットエーオリプリスタジアム習志野市秋津サッカー場が中心である。

チーム名変遷[編集]

  • 1992年-2004年 ジェフユナイテッド市原レディース
  • 2005年-現在 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー[編集]

  •      黄、     緑、    

ユニフォームスポンサー[編集]

以前は男子トップチームの前シーズンモデルのものを、Jリーグワッペンを付けたまま使用していたが、2006年シーズンから女子チームもスポンサードを受けたため、独自のものを使用している。

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
ヤクルト本社 Yakult 2013年 -
背中上部 三井住友海上あいおい生命保険 三井住友海上
あいおい生命
2011年 - 2008年 - 2010年は袖、2011年9月までは旧社名の「三井住友海上きらめき生命」
背中下部 オカムラホーム オカムラホーム 2016年 -
ビューカード VIEW 2013年 -
パンツ 東日本旅客鉄道 ecute 2008年9月 -

PJマーク[編集]

2006年から2010年まではピーチ・ジョンが胸スポンサーとなっていた。 

  • 2006年 :「Peach John」と白抜きされたピンク色の長方形[2]
  • 2007年 - 2010年: 「PJ」と大書きされた黒文字(ゴールキーパーは赤文字)の書かれたピンク色のハート型(通称「モモレンジャー・ユニ」)[3]

現在所属している選手(2017年)[編集]

Pos No. 選手名 生年月日 前所属 備考
GK 1 日本の旗 根本望央 1992年11月16日 日テレ・メニーナ
21 日本の旗 船田麻友 1990年11月09日 ちふれASエルフェン埼玉 復帰・再加入
DF 2 日本の旗 上野紗稀 1994年11月20日 浦和レッズ・レディースU-18
3 日本の旗 櫻本尚子 1990年09月24日 浦和レッズ・レディース
4 日本の旗 鶴見綾香 1994年04月27日 ジェフレディースU-18
5 日本の旗 若林美里 1993年06月01日 アルビレックス新潟レディース
6 日本の旗 西川彩華 1996年04月02日 常盤木学園高校
15 日本の旗 林香奈絵 1994年02月27日 尚美学園大学
16 日本の旗 小林菜々子 1997年05月19日 常盤木学園高校
18 日本の旗 大矢円佳 1996年07月10日 ジェフレディースU-18
24 日本の旗 千野晶子 1990年01月24日 浦和レッズ・レディース
MF 7 日本の旗 鴨川実歩 1997年08月27日 ジェフレディースU-18
8 日本の旗 安齋結花 1996年10月14日 ジェフレディースU-18
13 日本の旗 瀬戸口梢 1991年11月30日 筑波大学
14 日本の旗 磯金みどり 1988年10月29日 INAC神戸レオネッサ
22 日本の旗 杉本詩織 1995年03月25日 東京国際大学 新加入
25 日本の旗 栗原妃奈子 1999年01月04日 ジェフレディースU-18 昇格・新加入
FW 9 日本の旗 横山亜依 1993年06月04日 筑波大学
10 日本の旗 深澤里沙 1986年05月10日 福岡J・アンクラス
11 日本の旗 三橋明香 1996年11月07日 常盤木学園高校
20 日本の旗 小澤寛 1998年05月18日 ジェフレディースU-18 昇格・新加入
23 日本の旗 佐藤瑞夏 1998年09月19日 ジェフレディースU-18 昇格・新加入
28 日本の旗 成宮唯 1995年02月22日 コノミヤ・スペランツァ大阪高槻 新加入

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

アカデミー[編集]

育成組織としてU-18およびU-15チームが活動している。2017年現在において、U-18チームは関東プリンセスリーグおよび関東女子サッカーリーグに参戦している。サッカースクールについては以下を参照。

出身選手[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g クラブガイド:ジェフユナイテッド千葉”. 日本プロサッカーリーグ. 2013年12月16日閲覧。
  2. ^ 株式会社ピーチ・ジョンジェフユナイテッド市原・千葉レディース スポンサー契約について
  3. ^ ジェフレディースレプリカユニフォームの締め切りせまる!
  4. ^ “三上尚子ジェフレディース監督就任について” (プレスリリース), ジェフユナイテッド市原・千葉, (2013年12月15日), http://jefunited.co.jp/news/2013/12/ladies/1404469320496.html 2014年9月12日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]