福岡J・アンクラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福岡J・アンクラス
原語表記 福岡J・アンクラス
クラブカラー      オレンジ
創設年 1986年
所属リーグ 九州女子サッカーリーグ
所属ディビジョン Div.1
ホームタウン 福岡県福岡市
ホームスタジアム #スタジアムを参照
運営法人 株式会社福岡アンクラス
代表者 長谷川慎一
監督 河島美絵
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

福岡J・アンクラス(ふくおかジェイ・アンクラス、 FUKUOKA J ANCLAS)は、福岡県福岡市をホームタウンとする女子サッカーチーム。

概要[編集]

特定非営利活動法人ANCLAS
略称 福岡AN
国籍 日本の旗 日本
格付 NPO法人
法人番号 3290005007100 ウィキデータを編集
設立日 2007年9月26日[1]
代表者 安部晃之輔[1]
活動地域 福岡県
主な事業 サッカークラブの運営他[1]
郵便番号 〒812-0018
事務所 福岡県福岡市博多区住吉4-29-10-205[1]
特記事項 決算期は1月[1]だった。新設株式会社に運営を移譲し解散した
テンプレートを表示

前史[編集]

株式会社福岡アンクラス
種類 株式会社
本社所在地 816-0873
福岡県春日市日の出町二丁目27番-305号
設立 2017年12月28日
業種 サービス業
法人番号 4290001080125
事業内容 サッカークラブの運営他
代表者 長谷川慎一
資本金 100万円(設立時)
特記事項:出典元:“運営会社変更のお知らせ” (プレスリリース), 福岡J・アンクラス, (2018年2月9日), http://anclas.jp/info/%E9%81%8B%E5%96%B6%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/ 2018年2月11日閲覧。 
テンプレートを表示

1986年、福岡女学院中学校・高等学校のサッカー部として創設された[2]。「アンクラス」とはスペイン語を意味する「アンクラ」の複数形で、福岡女学院中高の制服の胸のマークに由来する[2]

1999年に九州女子サッカーリーグへ参加し、2005年まで7連覇を達成。また皇后杯全日本女子サッカー選手権大会では第21回大会第23回大会第24回大会に九州地域代表として参加している。

なでしこリーグ参戦以降[編集]

その実力により以前からL・リーグ入りと見られていたが、その当時は高校の部活動を前提としたため、トップチームを完全なクラブチームとして独立。その運営母体としてNPOを設立し、地元企業からの支援を受け、2006年に日本女子サッカーリーグに参加した。

2007年、クラブ運営団体は正式にNPO法人の認証を受け「特定非営利活動法人ANCLAS」となった。

2009年、スペランツァF.C.高槻との入れ替え戦を制して翌年からの1部昇格を果たす[2][3]

2012年10月28日、アルビレックス新潟レディース戦で引き分けたことにより、なでしこリーグから降格が決定した。

2015年はなでしこリーグ2部に参加するも、リーグ戦で10チーム中9位。入れ替え戦で横浜FCシーガルズに敗北。2016年からチャレンジリーグに降格となった。

2017年はチャレンジリーグWESTで最下位となるものの、順位決定戦は1勝2分で残留圏内の総合10位でリーグ戦を終える。しかし同年10月、日本女子サッカーリーグ理事会において自主退会を勧告され、同シーズン限りでチャレンジリーグを退会した[4][5]。同年末に新たな運営会社を立ち上げ、NPO法人から運営を引き継いだ[6]

2018年はセカンドチームの「ANCLASノーヴァ」が九州女子リーグ1部(Div.1)へ昇格したため、トップチームが2部(Div.2)、セカンドチームが1部に参戦することになった[7]。同年のリーグ戦でトップチームは2部優勝と1部昇格を果たしたが、ANCLASノーヴァは1部最下位で2部降格となった[8]

2019年、常盤木学園高校との入替戦に勝利し翌シーズンのチャレンジリーグ昇格を果たした[9][10]

クラブ組織[編集]

なでしこリーグに昇格したことや運営のリストラなどもあり、プロフェッショナルとアマチュアのけじめをつける必要に迫られたことから、2011年に組織再編を実施し、以下の体制に移行した。2016年、下部組織が再編された[11]

福岡J・アンクラス
トップチーム。主に社会人により構成されるが、一部ユースとの掛け持ち選手もいる。
ANCLASノーヴァ
九州女子リーグ所属。3つあった下部チームを再編し、中学・高校生を主な対象としたが、本来ならトップチーム所属でありながらも能力不足等により所属する18歳以上の選手もいる。日本サッカー界における「重複登録禁止」適用拡大により学校部活チームとの掛け持ちはできない[注 1]。2016年より再編によりANCLASユースから名称を変更。「ノーヴァ(NOVA)」はスペイン語で「新星」を意味する。
ANCLASアルバ
初心者を含む小学5年生〜一般を対象とした(再編後は高校生以下に限る)。「アルバ(ALBA)」はスペイン語で「夜明け」を意味する。小学生は原則的にアンクラスジュニアスクール生のみ参加できる。
アンクラスサッカースクール
小学生までを対象にしている。
  • アンクラスジュニア:小学生対象。男女。
  • アンクラスガールズ:年中~小学4年生

再編により廃止されたのは以下のクラブ。

  • ANCLASサテライト:九州女子サッカーリーグDiv.1所属。中学生から社会人により構成。年齢によりトップとユースに分割吸収された。
  • ANCLASユース福岡女学院SS (女学院):九州女子サッカーリーグDiv.2所属。中学、高校生により構成。
  • ANCLASユース春日 (曰佐中):福岡県女子サッカーリーグ所属。中学、高校生により構成。
  • アンクラスキッズ(スクール):幼児(4~5歳)対象。男女。

このうちユース福岡女学院SSは所属していたリーグを脱退し、純然たる学校の部活動に移行した。ユース春日は新生ユースの母体となった。

成績[編集]

年度 リーグ チーム数 試合 勝点 順位 監督
2006 なでしこリーグ
ディビジョン2
8 21 41 13 2 6 3位 河島美絵
2007 8 21 39 12 3 6 3位
2008 9 16 23 7 2 7 5位
2009 8 21 49 16 1 4 3位
2010 なでしこリーグ 10 18 8 2 2 14 8位
2011 9 16 4 1 1 14 9位
2012 10 18 10 2 4 12 10位
2013 チャレンジリーグ 16 22 43 14 1 7 5位 八木邦靖
2014 16 22 23 7 2 13 12位 対馬武志
2015 なでしこ2部 10 27 23 6 5 16 9位 山口剛
2016 チャレンジリーグ 6 15 18 5 3 7 4位(WEST)
4 3 4 1 1 1 7位(総合)
2017 6 15 13 3 4 8 6位(WEST) 河島美絵
4 3 5 1 2 0 10位(総合)
2018[注 2] 九州2部 9 16 46 15 1 0 1位
2019 九州1部 8 14
2020 チャレンジリーグ (WEST)
(総合)

スタジアム[編集]

ホームゲームを開催するスタジアムは、レベルファイブスタジアム、福岡県営春日公園球技場、小郡市陸上競技場北九州市立本城陸上競技場鳥栖市陸上競技場佐賀県総合運動場陸上競技場などである。但し、北九州にはギラヴァンツの関連団体として「ニューウェーブ北九州レディース」が存在するため、女子リーグ改革後は福岡・筑後圏での開催が主となっている。

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) オレンジ オレンジ オレンジ
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー[編集]

  •      オレンジ

ユニホームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記
ベンジャミンランチ  ベンジャミンランチ
hakata gurume
背中上部 楽天地 博多もつ鍋
楽天地
背中下部 オートポイント福岡 AP オートポイント福岡
慶州   慶州
パンツ 新栄住宅   アンピール


選手[編集]

2019年シーズンのトップチーム所属選手[編集]

Pos No. 選手名 生年月日 前所属 備考
GK 1 土屋亜矢 1994年8月18日 清水第八プレアデス
17 朝山美帆 2000年10月6日 INAC神戸レオンチーナ
DF 2 小林菜津美 1992年4月8日 清水第八プレアデス
3 植松瑞稀 2000年3月30日 ANCLASノーヴァ 昇格
4 成合瞳 1989年11月1日 浦和レッズ・レディース
5 中山京香 2003年5月15日 下部組織選手
13 野口明日香 2004年12月21日 下部組織選手
MF 6 浮田琴音 1991年1月23日 バニーズ京都SC
8 加藤真理 1988年12月19日 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 旧姓川村
9 江澤みずほ 1982年7月2日 高知ユナイテッドSCレディース 新加入
10 岡未沙子 1995年2月21日 FC吉備国際大学Charme
11 在郷千夜姫 2001年9月23日 下部組織選手
FW 7 友田菜月 1993年9月9日 九州共立大学女子サッカー部
14 柳田詩織 1992年1月8日 武蔵丘短期大学シエンシア
15 阿間見茜 2005年6月9日 下部組織選手

[13][14]

在籍歴のある選手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 男のJリーグでは当初から、学校の部活とJクラブユースの兼属(重複登録)が禁じられているため、Jクラブユースに属する選手は、通っている学校の部活に参加できない。この例外は「特別強化指定選手」制度である。
  2. ^ 成績は[12]に基づくが、勝敗数については合計を記載したもの(14勝1分0敗 勝点43)ではなく、星取表を踏まえたもの(15勝1分0敗 勝点46)に従った。
  3. ^ かつてアンクラスに所属していた佐藤楓は同姓同名の別人。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e プロフィール内容”. 福岡県NPO・ボランティアセンター. 2013年5月14日閲覧。
  2. ^ a b c クラブ”. 福岡J・アンクラス. 2017年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月20日閲覧。
  3. ^ “福岡アンクラス悲願の1部昇格/なでしこ”. 日刊スポーツ. (2009年11月16日). https://www.nikkansports.com/soccer/news/p-sc-tp0-20091116-566503.html 2019年11月20日閲覧。 
  4. ^ “チャレンジリーグ退会に関して” (プレスリリース), 2017-10-26, (福岡J・アンクラス), http://anclas.jp/info/cl2017/ 2018年3月3日閲覧。 
  5. ^ “2017プレナスチャレンジリーグ入替戦について” (プレスリリース), 日本女子サッカーリーグ, (2017年10月24日), http://www.nadeshikoleague.jp/news/2017/1024_1504.html 2017年10月25日閲覧。 
  6. ^ “運営会社変更のお知らせ” (プレスリリース), 福岡J・アンクラス, (2018年2月9日), http://anclas.jp/info/%E9%81%8B%E5%96%B6%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/ 2018年2月11日閲覧。 
  7. ^ “試合結果報告” (プレスリリース), 福岡J・アンクラス, (2018年4月24日), http://anclas.jp/info/%e8%a9%a6%e5%90%88%e7%b5%90%e6%9e%9c%e5%a0%b1%e5%91%8a/ 2018年5月11日閲覧。 
  8. ^ 【結果】2018/12/16 KYFA第21回九州女子サッカーリーグ全日程終了”. 九州女子サッカーリーグ (2018年12月18日). 2019年11月20日閲覧。
  9. ^ “福岡J・アンクラス 昇格決定のお知らせ【2019プレナスチャレンジリーグ入替戦】” (プレスリリース), 日本女子サッカーリーグ, (2019年11月16日), http://www.nadeshikoleague.jp/news/2019/1116_1430.html 2019年11月20日閲覧。 
  10. ^ “2020シーズン なでしこリーグ/チャレンジリーグ クラブ編成確定のお知らせ” (プレスリリース), 日本女子サッカーリーグ, (2019年11月18日), http://www.nadeshikoleague.jp/news/2019/1118_1200.html 2019年11月20日閲覧。 
  11. ^ “ANCLASユース 新体制のお知らせ”. 福岡J・アンクラス. (2016年3月3日). http://anclas.jp/info/2016youth/ 2016年4月4日閲覧。 
  12. ^ 2018年度 KYFA第21回九州女子サッカーリーグ 試合日程及び成績表 Div2”. 九州女子サッカーリーグ (2018年12月17日). 2019年11月26日閲覧。
  13. ^ 選手・スタッフ”. 福岡J・アンクラス. 2019年11月20日閲覧。
  14. ^ 福岡J・アンクラス”. 九州女子サッカーリーグ. 2019年11月20日閲覧。

外部リンク[編集]