2015 日本女子サッカーリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本女子サッカーリーグ1部
(プレナスなでしこリーグ1部)
シーズン 2015
優勝 日テレ・ベレーザ
降格 ASエルフェン埼玉
試合数 117
得点王 菅澤優衣香(15得点)
2014
2016
日本女子サッカーリーグ2部
(プレナスなでしこリーグ2部)
シーズン 2015
優勝 AC長野パルセイロ・レディース
昇格 AC長野パルセイロ・レディース
降格 JAPANサッカーカレッジレディース
福岡J・アンクラス
試合数 135
得点王 横山久美(35得点)
2014
2016
日本女子サッカーリーグ3部
(プレナスチャレンジリーグ)
シーズン 2015
優勝 常盤木学園高等学校
昇格 セレッソ大阪堺レディース
横浜FCシーガルズ
降格 益城ルネサンス熊本FC
試合数 96
得点王 小林里歌子(13得点)
2014
2016

2015 日本女子サッカーリーグ(2015 にほんじょしサッカーリーグ)は、2015年に開催された第27回の日本女子サッカーリーグ

開催方式[編集]

この年から3部制が導入され、名称は「なでしこリーグ1部」「なでしこリーグ2部」「チャレンジリーグ」となった。

2015年1月28日に以下の大会概要が発表された[1]

  • なでしこリーグ1部
    • まず全10チームによる2回総当たりの「レギュラーシリーズ」を行い、その後レギュラーシリーズ上位6チームによる1回総当たりおよびレギュラーシリーズ下位4チームによる2回総当たりの「エキサイティングシリーズ」を行う。
    • エキサイティングシリーズは、レギュラーシリーズの結果をもとに、以下の通りの勝ち点から開始される(前年と同様)。
      • 上位リーグ:1位:6点、2位:5点、3位:4点、4位:3点、5位:2点、6位:1点
      • 下位リーグ:レギュラーシリーズで獲得した勝ち点の3分の1(小数点以下四捨五入)
  • なでしこリーグ2部
    • 全10チームによる3回総当たり。
  • チャレンジリーグ
    • 全12チームを「EAST」「WEST」に分け、それぞれ3回総当たりで対戦する。各上位2チーム、合計4チームで1回総当たりのプレーオフを行い年間順位を決定する。

出場チーム[編集]

なでしこリーグ1部[編集]

チーム名 ホームタウン 前年成績
ベガルタ仙台レディース 宮城県仙台市 なでしこ 7位
浦和レッドダイヤモンズ・レディース 埼玉県さいたま市 なでしこ 1位
ASエルフェン埼玉 埼玉県狭山市 なでしこ 8位
ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 千葉県市原市千葉市 なでしこ 5位
日テレ・ベレーザ 東京都稲城市 なでしこ 2位
アルビレックス新潟レディース 新潟県聖籠町 なでしこ 3位
伊賀フットボールクラブくノ一 三重県伊賀市 なでしこ 9位
スペランツァFC大阪高槻 大阪府高槻市 チャレンジ 1位(昇格)
INAC神戸レオネッサ 兵庫県神戸市 なでしこ 6位
岡山湯郷Belle 岡山県美作市 なでしこ 4位

なでしこリーグ2部[編集]

チーム名 ホームタウン 前年成績
スフィーダ世田谷FC 東京都世田谷区 チャレンジ 6位
日体大 FIELDS 横浜 神奈川県横浜市 チャレンジ 2位
ノジマステラ神奈川相模原 神奈川県相模原市 チャレンジ 3位
JAPANサッカーカレッジレディース 新潟県聖籠町 チャレンジ 11位
AC長野パルセイロ・レディース 長野県長野市 チャレンジ 4位
ASハリマ アルビオン 兵庫県姫路市 チャレンジ 5位
FC吉備国際大学Charme 岡山県高梁市 なでしこ 10位(降格)
アンジュヴィオレ広島 広島県広島市 チャレンジ 10位
愛媛FCレディース 愛媛県松山市 チャレンジ 9位
福岡J・アンクラス 福岡県春日市 チャレンジ 12位

チャレンジリーグEAST[編集]

チーム名 ホームタウン 前年成績
ノルディーア北海道 北海道札幌市 北海道 優勝(昇格)
常盤木学園高等学校 宮城県仙台市 チャレンジ 8位
つくばFCレディース 茨城県つくば市 関東2部 6位(昇格)
横浜FCシーガルズ 神奈川県横浜市 関東2部 1位(昇格)
大和シルフィード 神奈川県大和市 神奈川県1部 5位(昇格)
新潟医療福祉大学女子サッカー部 新潟県新潟市 北信越 優勝(昇格)

チャレンジリーグWEST[編集]

チーム名 ホームタウン 前年成績
JFAアカデミー福島 静岡県御殿場市[2] チャレンジ 7位
静岡産業大学磐田ボニータ 静岡県磐田市 チャレンジ 13位
NGU名古屋FCレディース 愛知県名古屋市 東海1部 3位(昇格)
バニーズ京都SC 京都府京都市 チャレンジ 15位
セレッソ大阪堺レディース 大阪府堺市 チャレンジ 14位
益城ルネサンス熊本フットボールクラブ 熊本県益城町 九州 優勝(昇格)

結果[編集]

なでしこリーグ1部[編集]

レギュラーシリーズ[編集]

2015年9月27日全日程終了[3]

チーム 備考
1 日テレ・ベレーザ 18 13 4 1 41 9 +32 43 エキサイティングシリーズ
上位リーグに出場
2 INAC神戸レオネッサ 18 13 3 2 36 18 +18 42
3 ベガルタ仙台レディース 18 11 3 4 40 26 +14 36
4 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 18 8 8 2 25 12 +13 32
5 アルビレックス新潟レディース 18 8 2 8 20 17 +3 26
6 浦和レッドダイヤモンズ・レディース 18 6 5 7 20 18 +2 23
7 岡山湯郷Belle 18 5 3 10 16 34 −18 18 エキサイティングシリーズ
下位リーグに出場
8 伊賀フットボールクラブくノ一 18 4 2 12 12 30 −18 14
9 スペランツァFC大阪高槻 18 2 4 12 14 32 −18 10
10 ASエルフェン埼玉 18 2 2 14 8 36 −28 8

エキサイティングシリーズ上位リーグ[編集]

2015年11月8日全日程終了

チーム 備考
1 日テレ・ベレーザ
(追加勝ち点 6)
5 3 1 1 7 3 +4 16 年間総合優勝
2 ベガルタ仙台レディース
(追加勝ち点 4)
5 2 2 1 11 10 +1 12
3 INAC神戸レオネッサ
(追加勝ち点 5)
5 1 2 2 6 7 −1 10
4 アルビレックス新潟レディース
(追加勝ち点 2)
5 2 1 2 10 8 +2 9
5 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
(追加勝ち点 3)
5 1 3 1 7 8 −1 9
6 浦和レッドダイヤモンズ・レディース
(追加勝ち点 1)
5 1 1 3 8 13 −5 5

エキサイティングシリーズ下位リーグ[編集]

2015年11月8日全日程終了

チーム 備考
7 伊賀フットボールクラブくノ一
(追加勝ち点 5)
6 4 1 1 8 3 +5 18
8 岡山湯郷Belle
(追加勝ち点 6)
6 2 3 1 7 6 +1 15
9 スペランツァFC大阪高槻
(追加勝ち点 3)
6 2 1 3 7 10 −3 10 入れ替え戦に出場
10 ASエルフェン埼玉
(追加勝ち点 3)
6 1 1 4 6 9 −3 7 なでしこリーグ2部 2016へ降格

なでしこリーグ2部[編集]

チーム 出場権または降格
1 AC長野パルセイロ・レディース 27 22 1 4 85 25 +60 67 なでしこリーグ1部 2016へ昇格
2 ノジマステラ神奈川相模原 27 21 1 5 91 33 +58 64 入れ替え戦に出場
3 日体大 FIELDS 横浜 27 18 2 7 65 29 +36 56
4 スフィーダ世田谷FC 27 12 4 11 45 40 +5 40
5 アンジュヴィオレ広島 27 12 3 12 38 40 −2 39
6 愛媛FCレディース 27 10 4 13 42 59 −17 34
7 ASハリマ アルビオン 27 8 8 11 39 41 −2 32
8 FC吉備国際大学Charme 27 8 1 18 33 53 −20 25
9 福岡J・アンクラス 27 6 5 16 24 70 −46 23 入れ替え戦に出場
10 JAPANサッカーカレッジレディース 27 2 3 22 16 88 −72 9 チャレンジリーグ 2016へ降格

最終更新は2015年11月3日の試合終了時
出典: 順位(なでしこリーグ2部)
順位の決定基準: 1.勝点 2.得失点差 3.総ゴール数 4.直接対決の結果 5.警告数 6.抽選.

チャレンジリーグ[編集]

チャレンジリーグEAST[編集]

2015年9月21日全日程終了

チーム 備考
1 横浜FCシーガルズ 15 11 1 3 39 13 +26 34 プレーオフに出場
2 常盤木学園高等学校 15 9 2 4 32 14 +18 29
3 新潟医療福祉大学女子サッカー部 15 6 3 6 31 30 +1 21
4 大和シルフィード 15 5 3 7 21 26 −5 18
5 ノルディーア北海道 15 5 3 7 19 41 −22 18
6 つくばFCレディース 15 1 4 10 8 26 −18 7 入れ替え戦に出場

チャレンジリーグWEST[編集]

2015年9月21日全日程終了

チーム 備考
1 セレッソ大阪堺レディース 15 13 2 0 45 15 +30 41 プレーオフに出場
2 静岡産業大学磐田ボニータ 15 7 2 6 21 23 −2 23
3 JFAアカデミー福島 15 6 2 7 27 28 −1 20
4 バニーズ京都SC 15 5 4 6 26 23 +3 19
5 NGU名古屋FCレディース 15 4 1 10 15 28 −13 13
6 益城ルネサンス熊本フットボールクラブ 15 4 1 10 12 29 −17 13 入れ替え戦に出場

プレーオフ[編集]

2015年10月28日全日程終了

チーム 備考
1 常盤木学園高等学校 3 2 1 0 5 2 +3 7
2 セレッソ大阪堺レディース 3 2 0 1 11 6 +5 6 なでしこリーグ2部 2016へ昇格
3 横浜FCシーガルズ 3 1 1 1 4 7 −3 4 入れ替え戦に出場
4 静岡産業大学磐田ボニータ 3 0 0 3 3 8 −5 0

表彰[編集]

表彰式は2015年11月10日に行われた[4][5]

受賞者 所属
なでしこリーグ
最優秀選手賞(MVP) 阪口夢穂 日テレベレーザ
得点王 菅澤優衣香(15得点) ジェフユナイテッド千葉レディース
敢闘賞 上尾野辺めぐみ アルビレックス新潟レディース 
新人賞 清家貴子 浦和レッドダイヤモンズレディース 
ベストイレブン 山下杏也加(GK) 日テレベレーザ 
岩清水梓(DF) 日テレベレーザ
有吉佐織(DF) 日テレベレーザ
村松智子(DF) 日テレベレーザ
阪口夢穂(MF) 日テレベレーザ 
川村優理(MF) ベガルタ仙台レディース 
上尾野辺めぐみ(MF) アルビレックス新潟レディース 
原菜摘子(MF) 日テレベレーザ 
柴田華絵(MF) 浦和レッドダイヤモンズレディース 
菅澤優衣香(FW) ジェフユナイテッド千葉レディース
田中美南(FW) 日テレベレーザ
優勝監督賞 森栄次 日テレベレーザ
フェアプレー賞 浦和レッドダイヤモンズレディース
なでしこリーグ2部
最優秀選手賞(MVP) 横山久美 AC長野パルセイロレディース 
得点王 横山久美(35得点) AC長野パルセイロレディース 
新人賞 権野貴子 ノジマステラ神奈川相模原 
フェアプレー賞 ノジマステラ神奈川相模原
チャレンジリーグ
最優秀選手賞(MVP) 小林里歌子 常盤木学園高等学校 
得点王 小林里歌子(13得点) 常盤木学園高等学校 
新人賞 高橋美夕紀 新潟医療福祉大学 
フェアプレー賞 セレッソ大阪堺レディース
その他表彰
通算300試合出場 小野寺志保 大和シルフィード
通算200試合出場 中野真奈美 ベガルタ仙台レディース
松田望 バニーズ京都
海堀あゆみ INAC神戸レオネッサ
近賀ゆかり INAC神戸レオネッサ
川村優理 ベガルタ仙台レディース
上辻佑実 日テレベレーザ
津波古友美子 大和シルフィード
特別賞 宮間あや 岡山湯郷Belle
最優秀審判賞 山岸佐知子

入れ替え[編集]

2015年2月18日に入れ替え方式が発表された[6]

なでしこリーグ1部となでしこリーグ2部[編集]

なでしこリーグ1部10位となでしこリーグ2部1位は自動入れ替え。なでしこリーグ1部9位となでしこリーグ2部2位のチームでホーム&アウェイ方式による入れ替え戦を実施し、勝者が1部へ昇格または残留する。

日程は以下の通りである[7]


ノジマステラ神奈川相模原 2 - 2 スペランツァFC大阪高槻
77分にゴール 77分 (OG)
長澤まどか 90+3分にゴール 90+3分
公式記録 (PDF) 成宮唯 34分にゴール 34分
佐藤楓 42分にゴール 42分
相模原ギオンスタジアム, 相模原市
観客数: 2,776人
主審: 梶山芙紗子


結果は引き分けに終わったものの、大阪高槻がアウェーゴール数でノジマステラを上回ったため、1部残留が決定した。

なでしこリーグ2部とチャレンジリーグ[編集]

なでしこリーグ2部10位とチャレンジリーグ1位は自動入れ替え。なでしこリーグ2部9位とチャレンジリーグ2位のチームでホーム&アウェイ方式による入れ替え戦を実施し、勝者がなでしこリーグ2部へ昇格または残留する。ただしチャレンジリーグのチームは、「なでしこリーグガイドライン」の認定を受けているチームに限り昇格できる。

2015年10月28日のチャレンジリーグプレーオフ最終節で常盤木学園高等学校の優勝が決まったが、常盤木学園高等学校は「なでしこリーグガイドライン」未申請のため、チャレンジリーグプレーオフ2位のセレッソ大阪堺レディースが自動昇格、3位の横浜FCシーガルズは「なでしこリーグガイドライン」認定が決まればなでしこリーグ2部との入れ替え戦に臨むことになった[8]

日程は以下の通りとなる[7]


横浜FCシーガルズ 1 - 1 福岡J・アンクラス
吉田瑞季 76分にゴール 76分 公式記録 (PDF) 藤澤真凛 44分にゴール 44分
厚木市荻野運動公園競技場, 厚木市
観客数: 545人
主審: 山下良美

福岡J・アンクラス 0 - 1 横浜FCシーガルズ
公式記録 (PDF) 56分にゴール 56分 (OG)
小郡市陸上競技場, 小郡市
観客数: 463人
主審: 松下朝香

横浜FCシーガルズが1勝1分となったため、横浜FCシーガルズが2部昇格、福岡J・アンクラスがチャレンジリーグへ降格。

チャレンジリーグと地域リーグ[編集]

チャレンジリーグEASTおよびWESTのそれぞれの最下位のチームが、地域リーグからの2チームとホーム&アウェイ方式の入れ替え戦を実施し、勝者がチャレンジリーグに昇格または残留する。なお地域リーグからのチャレンジリーグ参入希望チーム数により、以下の通り入れ替え戦を実施する。

  • 参入希望チームがない場合は入れ替えは行わない
  • 参入希望チームが1チームの場合は、チャレンジリーグEASTおよびWESTのそれぞれの最下位のチームによる入れ替え戦進出チーム決定戦を実施したうえで入れ替え戦を実施する
  • 参入希望チームが2チームの場合は、それらのチームと入れ替え戦を実施する
  • 参入希望チームが3チーム以上の場合は、それらのチームにより予選大会を実施したうえで入れ替え戦を実施する

入替戦予選大会には以下のチームが出場を認められた[9]

チャレンジリーグ入替戦予選大会[編集]

全試合時之栖スポーツセンター裾野グラウンドで開催。

チーム
1 オルカ鴨川FC 3 3 0 0 13 3 +10 9
2 INAC神戸レオンチーナ 3 1 1 1 3 8 −5 4
3 セレッソ大阪堺ガールズ 3 0 2 1 4 6 −2 2
4 ディオッサ出雲F.C. 3 0 1 2 5 8 −3 1

※オルカ鴨川FC、INAC神戸レオンチーナがチャレンジリーグ入替戦に出場。


ディオッサ出雲F.C. 1 - 3 オルカ鴨川FC
公式記録 (PDF)

セレッソ大阪堺ガールズ 0 - 0 INAC神戸レオンチーナ
公式記録 (PDF)

オルカ鴨川FC 4 - 2 セレッソ大阪堺ガールズ
公式記録 (PDF)

ディオッサ出雲F.C. 2 - 3 INAC神戸レオンチーナ
公式記録 (PDF)

INAC神戸レオンチーナ 0 - 6 オルカ鴨川FC
公式記録 (PDF)

セレッソ大阪堺ガールズ 2 - 2 ディオッサ出雲F.C.
公式記録 (PDF)

チャレンジリーグ入替戦[編集]

以下、11月13日に発表された日時・会場による。第1戦を地域リーグのチームのホームゲーム、第2戦をチャレンジリーグのチームのホームゲームで実施する。[7]

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
益城ルネサンス熊本フットボールクラブ 2 - 2 (a) オルカ鴨川FC 0 - 1 2 - 1
つくばFCレディース 3 - 0 INAC神戸レオンチーナ 2 - 0 1 - 0

オルカ鴨川FC 1 - 0 益城ルネサンス熊本フットボールクラブ
中島亜弥香 11分にゴール 11分 公式記録 (PDF)
鴨川市陸上競技場, 鴨川市
観客数: 1,694人
主審: 宮崎真理

益城ルネサンス熊本フットボールクラブ 2 - 1 オルカ鴨川FC
倉原穂奈美 13分にゴール 13分39分 公式記録 (PDF) 中島亜弥香 66分にゴール 66分
菊池市七城運動公園サッカー場, 菊池市
観客数: 420人
主審: 米村真由美

2試合合計2-2、アウェーゴール0-1でオルカ鴨川FCがチャレンジリーグに昇格


INAC神戸レオンチーナ 0 - 2 つくばFCレディース
公式記録 (PDF) 亀井祐美 10分にゴール 10分77分

つくばFCレディース 1 - 0 INAC神戸レオンチーナ
菅原明香 26分にゴール 26分 公式記録 (PDF)
セキショウチャレンジスタジアム, つくば市
観客数: 624人
主審: 朝倉みな子

つくばFCが2勝しチャレンジリーグ残留


出典[編集]

  1. ^ 2015プレナスなでしこリーグ/2015プレナスチャレンジリーグ 大会概要”. 日本女子サッカーリーグ (2015年1月28日). 2015年1月31日閲覧。
  2. ^ JFAアカデミー福島の本来の所在地は福島県である。JFAアカデミー福島#一時避難を参照。
  3. ^ なでしこリーグ1部レギュラーシリーズ順位表 - 日本女子サッカーリーグ公式HP
  4. ^ “2015年度なでしこリーグ表彰式 最優秀選手は阪口夢穂選手に決定!” (プレスリリース), 日本女子サッカーリーグ, (2015年11月10日), http://www.nadeshikoleague.jp/news/index.php?id=715 2015年11月10日閲覧。 
  5. ^ なでしこL1部MVPは阪口が初受賞!ベストイレブンには優勝した日テレから7人 - 2015年11月10日 ゲキサカ
  6. ^ 2015シーズン プレナスなでしこリーグ/プレナスチャレンジリーグ日程発表”. 日本女子サッカーリーグ (2015年2月18日). 2015年3月2日閲覧。
  7. ^ a b c 2015プレナスなでしこリーグ/2015チャレンジリーグ入れ替え戦詳細決定 - 2015年11月13日 日本女子サッカーリーグ
  8. ^ “2015プレナスチャレンジリーグ常盤木学園高等学校 優勝決定” (プレスリリース), 日本女子サッカーリーグ, (2015年10月28日), http://www.nadeshikoleague.jp/news/index.php?id=708 2015年10月28日閲覧。 
  9. ^ 「2015プレナスチャレンジリーグ入替戦予選大会」のお知らせ”. 日本女子サッカーリーグ (2015年9月29日). 2015年10月4日閲覧。
  10. ^ INAC神戸レオンチーナがチャレンジリーグ入替戦予選大会に出場します!”. INAC神戸レオネッサ (2015年9月29日). 2015年10月4日閲覧。

外部リンク[編集]