スペランツァ大阪

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スペランツァ大阪
原語表記 スペランツァ大阪
愛称 スペ大阪
クラブカラー   ブルー、  ブラック
創設年 1990年
所属リーグ 日本女子サッカーリーグ
所属ディビジョン なでしこリーグ1部
ホームタウン 大阪府河内長野市高槻市
ホームスタジアム 高槻市萩谷総合運動公園サッカー場
高槻市立総合スポーツセンター陸上競技場ほか
収容人数 3,000(高槻萩谷)
3,000(高槻総合)
運営法人 株式会社スペランツァ大阪
代表者 芋縄孟紀
監督 日本の旗 種田佳織
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

スペランツァ大阪(スペランツァおおさか、英語: Speranza OSAKA)は、大阪府高槻市をホームタウンとする、日本女子サッカーリーグに所属する女子サッカークラブである。

概要

1990年に大阪高槻レディースサッカークラブとして創設され[1]、1991年に松下電器産業(現:パナソニック)の企業チームとなり松下電器LSC・バンビーナと改称[1](「バンビーナ」はイタリア語で「少女」の意)、同年より日本女子サッカーリーグに参加する。1994年シーズンにリーグ初優勝。

松下電器の撤退に伴って、2000年にスペランツァF.C.高槻(「スペランツァ」はイタリア語で「希望」)へ名称を変更して市民クラブ化された[1]

2012年、旧運営会社とよしもとクリエイティブ・エージェンシーとの共同出資にて運営会社「スペランツァFC大阪高槻株式会社」を設立[2]、それに伴いチーム名がスペランツァFC大阪高槻に変更された[2]。エンブレムは2012年のチーム改名に合わせてリニューアルされ、3つの「S」が並ぶデザインとなった。左から「高槻の土と郷土愛(橙)」「芥川(水色)」「北摂連山(緑)」を表す。

2015年には経営危機が明らかになり、一時は存続が危ぶまれていたが、2016年シーズンよりユニフォーム胸スポンサーであるコノミヤとの命名権契約締結によりコノミヤ・スペランツァ大阪高槻として活動することになり[3][4]、運営会社も「株式会社スペランツァ大阪」に移された[5]

2019年1月22日付でチーム名をスペランツァ大阪高槻に変更した[6]

下部組織としてラガッツァFC高槻スペランツァ(育成系下部組織)とUSED FC高槻スペランツァ(普及系下部組織、OGチームも兼ねる)が存在した。2005年にラガッツァFC高槻スペランツァが「FC VITORIA」として分離独立した。その後新規にスペランツァFCラガッツァが育成系下部組織チームとして立ち上げられている。また、U-12のスペランツァFC高槻ピンキーズも存在する。

2021年12月17日、大阪府下のより広い地域に根差したクラブ運営を目指し、チーム名をスペランツァ大阪に変更することが発表された[7]

歴史

1990年
  • 大阪高槻レディースサッカークラブ創部。関西女子サッカーリーグ3部に加盟する  
1991年
  • 松下電器レディースサッカークラブ(LSC)・バンビーナ創設。松下電器産業株式会社をスポンサーとして日本女子サッカーリーグ(JLSL:当時の略称)に加盟
  • 創設の際に8名が移籍した大阪高槻レディースサッカークラブは下部組織となる。以下、トップチームを中心に記述。
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
  • 松下電器産業がスポンサーから撤退し、市民クラブチーム「スペランツァF.C.高槻」に
  • 下部組織も「ラガッツァFC高槻スペランツァ」と「ラガッツァ'99USED FC高槻スペランツァ」に
  • パン・パシフィック大会に木村理恵、鳥越恵、U-18日本代表に庭田亜樹子が選出
  • 第12回L・リーグ 5位 (9チーム)
  • 第21回全日本女子サッカー選手権大会 ベスト4
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
  • クラブ名を「スペランツァFC大阪高槻」へ変更[8]
2013年
  • リーグ戦未勝利で最下位となり、日本女子サッカーリーグで最多の3度目のチャレンジリーグ降格が決定。
2014年
  • チャレンジリーグ16勝5分1敗で優勝、1年でのなでしこリーグ復帰を果たす。
2015年
2016年
  • クラブ名を「コノミヤ・スペランツァ大阪高槻」へ変更[9]
  • リーグ戦9位となったため、ちふれASエルフェン埼玉との入替え戦に回る。2戦合計1-5で敗れ、2部降格となった。
2017年
  • リーグ戦は1勝17敗で最下位となりチャレンジリーグ降格。2年連続の降格となった。
2019年
  • クラブ名を「スペランツァ大阪高槻」へ変更[6]
2022年
  • クラブ名を「スペランツァ大阪」へ変更[7]

年度別成績

年度 チーム名 リーグ チーム数 試合数 勝点 リーグ順位 リーグ杯 皇后杯 監督
3 1991 松下電器LSC・バンビーナ JLSL 10 18 4 1 2 15 9位 - 2回戦敗退 日本の旗 小宮山定
4 1992 10 18 22 10 2 6 4位 ベスト8
5 1993 10 18 - 4 - 14 9位 3位
6 1994 L・リーグ 10 18 - 12 - 6 優勝 ベスト8
7 1995 松下電器パナソニック バンビーナ 10 18 - 10 - 8 4位 ベスト8
8 1996 10 18 - 9 - 9 5位 4位 ベスト8 日本の旗 山本浩靖
9 1997 10 18 - 7 - 11 6位 3位 2回戦敗退
10 1998 10 18 - 11 - 7 5位 準優勝 ベスト8 日本の旗 池田司信
11 1999 8 14 22 7 1 6 5位 準決勝L敗退 3位
12 2000 スペランツァF.C.高槻 9 12 23 7 2 3 5位 - ベスト4 日本の旗 北浦重宏
13 2001 10 13 16 5 1 7 7位 ベスト8
14 2002 11 10 18 5 3 2 6位 ベスト8
15 2003 13 20 20 6 2 12 6位 ベスト8 日本の旗 佐々木博和
(16) 2004 L・リーグ1部
(L1)
8 14 11 3 2 9 7位 2回戦敗退 日本の旗 福永亜紀
(17) 2005 8 21 10 3 1 17 7位 ベスト8 日本の旗 福永亜紀 /
日本の旗 細田真砂智
(18) 2006 なでしこ
ディビジョン1
8 17 13 3 4 10 7位 3回戦敗退 日本の旗 細田真砂智
(19) 2007 なでしこ
ディビジョン2
8 21 35 11 2 8 4位 GL敗退 ベスト8
(20) 2008 9 16 40 12 4 0 2位 - 3回戦敗退
(21) 2009 なでしこ
ディビジョン1
8 21 3 0 3 18

3回戦敗退

(22) 2010 チャレンジWEST 6 15 42 14 0 1 優勝 - 2回戦敗退
(23) 2011 6 15 38 12 2 1 2位 (中止) 2回戦敗退
(24) 2012 スペランツァFC大阪高槻 なでしこ 10 18 16 4 4 10 8位 GL敗退 3回戦敗退 日本の旗 井上晴雄 /
日本の旗 本並健治
(25) 2013 10 18 4 0 4 14 10位 GL敗退 3回戦敗退 日本の旗 本並健治
(26) 2014 チャレンジ 16 22 53 16 5 1 優勝 - 2回戦敗退
(27) 2015 なでしこ1部 10 23 20 4 5 15 9位 3回戦敗退
(28) 2016 コノミヤ・スペランツァ大阪高槻 10 18 11 3 2 13 9位 GL敗退 2回戦敗退
(29) 2017 なでしこ2部 10 18 3 1 0 17 10位 - 2回戦敗退 日本の旗 眞中靖夫
(30) 2018 チャレンジWEST 6 15 13 3 4 8 9位(WEST) - 予選敗退 日本の旗 種田佳織
4 3 7 2 1 0 9位(総合)
(31) 2019 スペランツァ大阪高槻 6 15 31 9 4 2 2位(WEST) - 2回戦敗退
4 3 3 1 0 2 4位(総合)
(32) 2020 6 10 20 6 2 2 2位(WEST) 中止[10] 2回戦敗退
2 2 4 1 1 0 3位(総合)
(33) 2021 コノミヤ・スペランツァ大阪高槻 なでしこ1部 12 22 22 5 7 10 10位 - 2回戦敗退
(34) 2022 スペランツァ大阪 12 22 16 3 7 12 10位 1回戦敗退
2023 12
  • 1992年まで「勝ち点制」(勝ち2、引き分け1、負け0)を採用。
  • 前後期制を採用した1993年から1999年までの成績は年間順位。
  • 予選(地区)リーグと決勝リーグを採用した2000年から2003年までの成績は年間順位。チーム数は両地区の合計チーム数。
  • 1999年から「勝ち点制」(勝ち3、引き分け1、負け0)を採用。
  • 2004年から二部制に移行。チーム数は所属リーグのみ。
  • 2003年まではシーズン名に「第○回」と表記されていたが、2004年からは西暦年で表記するようになった。
  • 2006年は8チーム2回戦総当たりの「レギュラーリーグ」(RL)後、その順位に基づき上位と下位の各4チームによる1回戦総当たりの「プレーオフ」(PO)を実施。試合数はRLとPOの合計。成績は年間順位。
  • 2015年は10チーム2回戦総当たりの「レギュラーシリーズ」(RS)後、上位6チームと下位4チームが2リーグに分けられ、それぞれで2回戦総当たりの「エキサイティングシリーズ(ES)」を実施。試合数はRSとESの合計。成績は年間順位。

タイトル

チームカラー

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 青×黒
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー

  •     青、   

ユニフォームスポンサー

掲出箇所 スポンサー名 表記 備考
センコー[11] センコー
鎖骨 UHA味覚糖[11] UHA味覚糖 左側に表記
正木建設[11] 正木建設 右側に表記
背中上部 岡村製作所[11] オカムラ
背中下部 フードリエ[11] FOODLIER
花王カスタマーマーケティング Attack
パンツ前面 フクシマガリレイ[11] GALILEI
パンツ背面 コノミヤ[11] コノミヤ

ユニフォームサプライヤー

チーム名変遷

  • 1990年(創部)大阪高槻レディースサッカークラブ
  • 1991年 - 1994年 松下電器LSC・バンビーナ
  • 1995年 - 1999年 松下電器パナソニック バンビーナ
  • 2000年 - 2011年 スペランツァF.C.高槻
  • 2012年 - 2015年 スペランツァFC大阪高槻
  • 2016年 - 2018年 コノミヤ・スペランツァ大阪高槻
  • 2019年 - 2020年 スペランツァ大阪高槻
  • 2021年 コノミヤ・スペランツァ大阪高槻
  • 2022年 - スペランツァ大阪

歴代監督

日本女子サッカーリーグ開幕以降)

所属選手・スタッフ

2023年

スタッフ

役職 氏名 生年月日 (年齢) 前職 備考
監督 種田佳織 (1974-08-15) 1974年8月15日(48歳) 伊賀フットボールクラブくノ一 ヘッドコーチ
GKコーチ 持丸一心
トレーナー 金水周平 新任

選手

Pos 選手名 生年月日 (年齢) 前所属 備考
GK 伊藤楓 2000年3月26日 山梨学院大学
島田有季帆 静岡産業大学(静岡SSUボニータ 新加入
井上加菜美 大商学園高等学校 新加入
DF 櫻田彩乃 1998年5月19日 静岡SSUアスレジーナ
上西可奈子 1997年2月6日 姫路獨協大学
小熊桃華 1997年7月12日 姫路獨協大学
宮地明日翔 1996年7月2日 吉備国際大学Charme岡山高梁
左子五月 1997年5月31日 大和シルフィード
朝井出祐子 1996年11月23日 東京国際大学
増田玲那 1997年10月9日 ASハリマアルビオン
大田萌 1998年9月17日 FC大阪CRAVO
小峠明日香 2003年5月28日 INAC神戸レオンチーナ
井上歩香 山梨学院大学 新加入
中村萌愛 順天堂大学 新加入
MF 南山千明 1985年10月16日 オルカワ鴨川FC
深澤里沙 1986年5月10日 オルカワ鴨川FC
谷本景 1998年5月19日 広島文教大学
島田菩愛 2004年12月28日 スペランツァ大阪U18 2種登録
保坂のどか 1986年12月7日 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
入江未希 1995年9月21日 ASハリマアルビオン
中野真奈美 1986年8月30日 ノジマステラ神奈川相模原
小嶋美舞 1995年11月27日 バニーズ群馬FCホワイトスター 新加入
小池快 1994年2月18日 ASハリマアルビオン 新加入
宮本春花 大阪体育大学 新加入
澤田知果 名古屋経済大学 新加入
FW 持田なな 1996年4月28日 大阪体育大学
森迫あやめ 1996年6月1日 岡山湯郷Belle
成迫実咲 1998年5月8日 関西大学
古寺未佳 1996年12月10日 バニーズ群馬FCホワイトスター 新加入
玉田愛理 広島文教大学 新加入

歴代所属選手

イメージソング

  • Go Speranza!!
    作詞・作曲:小濵達郎,編曲:小濵達郎,歌:小濱達郎

関連項目

脚註

  1. ^ a b c 矢内由美子 『なでしこの遺伝子―世界頂点へ。日本女子サッカー30年の戦い』、学研パブリッシング、2011年、10頁。
  2. ^ a b “【重要】チーム運営会社発足並びにチーム名変更のお知らせ” (プレスリリース), コノミヤ・スペランツァ大阪高槻, (2012年2月16日), http://www.speranzafc.jp/news/895/ 2017年11月3日閲覧。 
  3. ^ “サッカー女子:「大阪高槻」チーム名変更し存続”. 毎日新聞. (2016年1月29日). https://mainichi.jp/articles/20160129/k00/00m/050/015000c 2017年11月3日閲覧。 
  4. ^ “【サッカー女子】プレナスなでしこリーグの大阪高槻 「コノミヤ」の支援でチーム存続”. 産経ニュース. オリジナルの2016年1月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160130062111/http://www.sankei.com:80/sports/news/160128/spo1601280020-n1.html 2017年11月3日閲覧。 
  5. ^ “「コノミヤ・スペランツァ大阪高槻」チーム運営会社変更のお知らせ” (プレスリリース), コノミヤ・スペランツァ大阪高槻, (2016年3月14日), http://www.speranzafc.jp/news/13202/ 2017年11月3日閲覧。 
  6. ^ a b “チーム名称変更のお知らせ” (プレスリリース), スペランツァ大阪高槻, (2019年1月25日), https://www.speranzafc.jp/news/17021/ 2019年3月13日閲覧。 
  7. ^ a b チーム名変更について” (日本語). スペランツァ大阪高槻 オフィシャルサイト (2021年12月17日). 2021年12月19日閲覧。
  8. ^ 【重要】チーム運営会社発足並びにチーム名変更のお知らせ スペランツァFC大阪高槻 プレスリリース 2012年2月12日閲覧
  9. ^ プレナスなでしこリーグの大阪高槻、「コノミヤ」の支援でチーム存続 産経ニュース
  10. ^ 2020プレナスなでしこリーグ1部/2部リーグ開催延期 および 2020プレナスなでしこリーグカップ中止のお知らせ”. 2021年2月28日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g 2022シーズン ユニフォームスポンサー | スペランツァ大阪オフィシャルサイト” (日本語). スペランツァ大阪高槻 オフィシャルサイト (2022年2月4日). 2022年3月2日閲覧。
  12. ^ 2022シーズン ユニフォームサプライヤー決定 | スペランツァ大阪オフィシャルサイト” (日本語). スペランツァ大阪高槻 オフィシャルサイト (2022年2月2日). 2022年3月2日閲覧。

外部リンク