第9回日本女子サッカーリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第9回日本女子サッカーリーグ(L・リーグ)は、1997年6月から11月まで開催。

概略[編集]

L・リーグ OKIカップ’97(1997年4月20日~5月11日)のあとに行われたこの回も2ステージ制(前期・後期)で実施され、前期にはナイトゲームも多く行われた。このころには専用グラウンドやクラブハウスをもつチームが多くなり、また世界各地から選手が集まりプロ契約選手も多く誕生するなどで「世界最高の女子サッカーリーグ」と呼ばれていたが前年に激減した観客動員の回復はほんのわずかでしかなく、また前年のシーズン後に野田朱美宝塚バニーズ)、木岡二葉半田悦子(ともに鈴与清水FCラブリーレディース)などL・リーグ創世記を支えた選手たちの引退があり、次世代の育成が必須となっていた。

前期は読売西友ベレーザ が3大会ぶりに1位となり、後期1位の日興證券ドリームレディースとの優勝決定戦「チャンピオンシップ97」に進出。11月23日に行われたこの試合で、日興證券が勝利し2年連続の優勝を果たした。

またこの回はJLSLチャレンジマッチ(←JLSLチャレンジリーグ)との入れ替えがなかったため前回と同じチームが参加したが、野田朱美の引退した宝塚バニーズが最下位となり、L・リーグ参入希望のマザーズ熊本レインボーレディースとの入れ替え戦に参戦。2戦とも勝利し残留を決めた。(なおこの年は、参加チームの関係で「JLSLチャレンジリーグ(チャレンジマッチ)」は行われなかった。)

競技方法[編集]

  • 開催期間:1997年6月29日‐11月16日
  • 試合時間:以下の順で決着がつくまで行う
1.90分(45分ハーフ)
2.Vゴール方式の延長戦(最長20分(10分ハーフ))
3.PK戦で決着
  • 順位:1.各ステージ優勝チーム同士による「優勝決定戦」(前後期が同一チームの場合は実施せず)
2.全試合の得失点差(延長戦の得点を含む)
3.全試合の総得点数(延長戦の得点を含む)
4.直接対決の成績(1.勝利数、2.得失点差3.総得点数)
5.順位決定戦:90分(45分ハーフ)で決着しないときは20分(10分ハーフ)を行い、それでも決まらないときは再延長
  • 選手登録:外国籍選手は5名までとする。ただし、各試合への出場登録については交代要員を含めて3名までとする。

参加チーム[編集]

成績[編集]

○:90分勝 △:延長勝 ☆:PK勝 ★:PK敗 ▲:延長敗 ●:90分敗

前期リーグ[編集]

  • 開催期間:1997年6月29日‐8月24日
順位 チーム 読売
西友
プリマ 日興
証券
鈴与
清水
田崎 フジタ 松下 OKI 宝塚 シロキ 勝利 (90分勝) 敗戦
1位 読売西友ベレーザ ---- 1-0
1-2v
2-1
1-0
2-0
3-2
5-0
5-0
6-0
8 (8) 1
2位 プリマハムFCくノ一 0-1
---- 1-0
1-0
7-1
1-0
5-1
6-0
1-0
2-2
(5☆4)
8 (7) 1
3位 日興證券
ドリームレディース
2v-1
0-1
---- 2-3
5-0
1v-0
5-1
4-1
5-0
4-1
7 (5) 2
4位 鈴与清水FC
ラブリーレディース
1-2
0-1
3-2
---- 0-1
3-2
2-1
3-0
2-1
3-2
6 (6) 3
5位 田崎ペルーレFC 0-1
1-7
0-5
1-0
---- 2-1
2v-1
2-0
1-2v
2-1
5 (4) 4
6位 フジタSC
マーキュリー
0-2
0-1
0-1v
2-3
1-2
---- 4-1
2-0
1-0
2-1
4 (4) 5
7位 松下電器パナソニック
バンビーナ
2-3
1-5
1-5
1-2
1-2v
1-4
---- 4-1
2-0
5-3
3 (3) 6
8位 OKI FC Winds 0-5
0-6
1-4
0-3
0-2
0-2
1-4
---- 2-1
4-3
2 (2) 7
9位 宝塚バニーズ 0-5
0-1
0-5
1-2
2v-1
0-1
0-2
1-2
---- 2-0
2 (1) 7
10位 シロキFCセレーナ 0-6
2-2
(4★5)
1-4
2-3
1-2
1-2
3-5
3-4
0-2
---- 0 (0) 9

後期リーグ[編集]

  • 開催期間:1997年9月14日‐11月16日
順位 チーム 日興
証券
読売
西友
プリマ 鈴与
清水
松下 田崎 シロキ OKI フジタ 宝塚 勝利 (90分勝) 敗戦
1位 日興證券
ドリームレディース
---- 1-0
5-2
6-0
2-3
5-0
3-2
1v-0
3-0
1-0
8 (7) 1
2位 読売西友ベレーザ 0-1
---- 3-0
3-0
3-2
4-0
3-0
3-0
5-2
0-0
(12☆11)
8 (7) 1
3位 プリマハムFCくノ一 2-5
0-3
---- 6-2
3v-2
4-1
4-0
5-1
5-0
3-2
7 (6) 2
4位 鈴与清水FC
ラブリーレディース
0-6
0-3
2-6
---- 3-1
0-2
5-2
6-1
1-1
(5★6)
3-2
4 (4) 5
5位 松下電器パナソニック
バンビーナ
3-2
2-3
2-3v
1-3
---- 1-1
(5★6)
1-0
2-3
3v-2
2-0
4 (3) 5
6位 田崎ペルーレFC 0-5
0-4
1-4
2-0
1-1
(6☆5)
---- 0-1
1-2
1-0
3-1
4 (3) 5
7位 シロキFCセレーナ 2-3
0-3
0-4
2-5
0-1
1-0
---- 2-0
0-1
2-1
3 (3) 6
8位 OKI FC Winds 0-1v
0-3
1-5
1-6
3-2
2-1
0-2
---- 1-2
1-0
3 (3) 6
9位 フジタSC
マーキュリー
0-3
2-5
0-5
1-1
(6☆5)
2-3v
0-1
1-0
2-1
---- 3-4v
3 (2) 6
10位 宝塚バニーズ 0-1
0-0
(11★12)
2-3
2-3
0-2
1-3
1-2
0-1
4v-3
---- 1 (0) 8

優勝決定戦[編集]

  • 名称:1997チャンピオンシップ
  • 開催日:1997年11月23日
  • 会場:国立西が丘サッカー場
前期優勝チーム 結果 後期優勝チーム
読売西友ベレーザ 1-2 日興證券ドリームレディース

年間順位[編集]

順位 チーム 勝利 (90分勝) 敗戦
1位 日興證券ドリームレディース 15 (12) 3
2位 読売西友ベレーザ 16 (15) 2
3位 プリマハムFCくノ一 15 (13) 3
4位 鈴与清水FCラブリーレディース 10 (10) 8
5位 田崎ペルーレFC 9 (7) 9
6位 松下電器パナソニック バンビーナ 7 (6) 11
7位 フジタSCマーキュリー 7 (6) 11
8位 OKI FC Winds 5 (5) 13
9位 シロキFCセレーナ 3 (3) 15
10位 宝塚バニーズ 3 (1) 15

※1、2位はチャンピオンファイナルにより決定

1997-98入替戦[編集]

L・リーグ最下位 結果 チャレンジマッチ勝利チーム
宝塚バニーズ 1回戦12-0
2回戦14-0
マザーズ熊本レインボーレディース

※宝塚バニーズのL・リーグ残留決定

個人成績[編集]

  • 最優秀選手:山木里恵(日興證券ドリームレディース)
  • 最多得点:アンネリ・アンデレン(鈴与清水FCラブリーレディース)19点
  • 最多アシスト:ヘーゲ・リサ(日興證券ドリームレディース)10点
  • ベストイレブン
    • GK:小野寺志保(読売西友ベレーザ)
    • DF:山木里恵(日興證券ドリームレディース)、東明有美(プリマハムFCくノ一)、酒井與恵(読売西友ベレーザ)、大部由美(日興證券ドリームレディース)、
    • MF:ヘーゲ・リサ(日興證券ドリームレディース)、高倉麻子(読売西友ベレーザ)、澤穂希(読売西友ベレーザ)
    • FW:大竹奈美(読売西友ベレーザ)、大松真由美(日興證券ドリームレディース)、アンネリ・アンデレン(鈴与清水FCラブリーレディース)
  • 敢闘賞:ティナ・スミス(読売西友ベレーザ)
  • 新人賞:中地舞(読売西友ベレーザ)
  • 優秀監督賞:森栄次(読売西友ベレーザ)
  • フェアプレー賞:読売西友ベレーザ

関連項目[編集]