ヘッドコーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヘッドコーチ(英語:head coach)とは、スポーツにおいて選手を指導するコーチの一番上に立つ役職。

通常ヘッドコーチと言えば「監督」と同義で使われるが、野球サッカーなど監督とヘッドコーチを別の役職として扱う場合がある(後者の場合、監督は英語では「manager」と訳される。前者の場合、後者におけるヘッドコーチに当たる役職は「アソシエイトコーチ」と呼ぶ)。これらは「監督」を「コーチ」の範疇に含めるかどうかの解釈による。また、ラグビーなどにおいて監督業を分業化した際の現場担当を指すというケースも見られる。

ヘッドコーチの下には通常「アシスタントコーチ」がいる。

バスケットボールの場合[編集]

特にバスケットボールの場合、「ヘッドコーチ」の立ち位置がより明確化されており、地位も高い。また、基本的には各チームに必ず1人存在するが、ごく稀にヘッドコーチを置かず「アソシエイトコーチ」が代行的に指揮を執る場合もある(一時期の和歌山トライアンズが一例)。かつては他のスポーツ同様「監督」と呼ばれていたが、国際バスケットボール連盟(FIBA)により現場の指揮官を指す呼称として「ヘッドコーチ」と統一された。

バスケットボールの「監督」は「ゼネラルマネージャー」「総監督」に近い。ただし、学生などではヘッドコーチの該当者をそれまで通り「監督」と呼ぶケースが多い。

NBAヘッドコーチ[編集]

Bリーグのヘッドコーチ[編集]

野球の場合[編集]

野球では基本的に監督の次に立つ役職であり、主な役割としては作戦面を担当し、監督に状況に応じた助言を提供することである。また監督が出場停止や退場処分になったり、個人的な理由で試合に出場出来ない場合は監督代行を務める。ヘッドコーチのポストは必ずしも置かれる訳ではない。MLBではこれに近いものとして「ベンチコーチ」または「ダッグアウトコーチ」の役職が存在するが、どちらかといえば作戦担当に重きが置かれる。また、肩書きを「総合コーチ」「チーフコーチ」としているチームも見られ、チームによってはヘッドコーチとチーフコーチの両方が存在しているチームもある。こういった場合はヘッドコーチの方が立場は上である。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表では伊東勤が「総合コーチ」に就任した。

日本プロ野球(NPB)のヘッドコーチ[編集]

セントラル・リーグ

パシフィック・リーグ

サッカーの場合[編集]

サッカーも野球同様、監督に次ぐ役職として置くことが多い。ただし、クラブによってはヘッドコーチ職を置く場合と置かない場合に分かれる。また、代表チームの場合、「ヘッドコーチ」「コーチ」は監督を指す呼称として使われ、その下の役職は通常「アシスタントコーチ」と呼ぶ。

Jリーグのヘッドコーチ[編集]

ラグビーの場合[編集]

ラグビーにおいては監督業を分業化した際に現場で指揮を執る役職を指す。この場合はチーム強化をゼネラルマネージャーが担当する。ラグビー日本代表も2004年より監督分業制導入に伴い、ヘッドコーチが現場で指揮を執っている。

ジャパンラグビートップリーグのヘッドコーチ[編集]