ヘッドコーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヘッドコーチ(英語:head coach)とは、スポーツにおいて選手を指導するコーチの一番上に立つ役職。ただし、組織の区切り方によって位置づけは異なる[1]

概要[編集]

スポーツのリーダーに与えられる肩書きとしては、監督、ヘッドコーチ、キャプテン、バイスキャプテン、ポジションリーダーなどがあるが、これらは組織の区切り方によって位置づけが異なる[1]。例えば、ヘッドコーチと「監督」の地位が分離しておらず同義で使われることもあれば、野球サッカーなど監督とヘッドコーチを別の役職となっている場合もある(後者の場合、監督は英語では「manager」と訳される。前者の場合、後者におけるヘッドコーチに当たる役職はアシエイトコーチと呼ぶ)。これらは「監督」を「コーチ」の範疇に含めるかどうかの解釈による。

日本では特に、プロ野球において、ヘッドコーチの上に監督(Manager)がいるという構成をとったチームがあったため、ヘッドコーチが監督の格下であるという印象があるが、その他のスポーツでは、通常、日本で言う「監督」にあたるポジションである。

また、ラグビーでは、ディレクターとヘッドコーチを分ける場合がある。ディレクターは、クラブのユースチームからトップチームまですべて統括する一方で、ヘッドコーチはトップチームのみのを率いることが多い。通常、国を代表する監督は、ヘッドコーチと呼ばれる。日本国内では、ラグビーで、監督の下にヘッドコーチという役職を置いている場合は、本場のラグビーの慣習からではなく、日本プロ野球の監督の下にヘッドコーチがあるという一種の誤解から生まれているようである(調査必要)。海外では、ディレクターとヘッドコーチを分ける場合あり、日本での監督とヘッドコーチの役割に近い場合が多い。

ヘッドコーチの下にはアシスタントコーチが置かれることがある。

バスケットボール[編集]

特にバスケットボールの場合、「ヘッドコーチ」の立ち位置がより明確化されており、地位も高い。ただし、チームによってはヘッドコーチの上に「スーパーバイジングコーチ」「エグゼクティブコーチ」などの役職を置く場合もある[2]。また、基本的には各チームに必ず1人存在するが、ごく稀にヘッドコーチを置かず「アソシエイトコーチ」が代行的に指揮を執る場合もある(一時期の和歌山トライアンズが一例)。かつては他のスポーツ同様「監督」と呼ばれていたが、国際バスケットボール連盟(FIBA)により現場の指揮官を指す呼称として「ヘッドコーチ」と統一された。

バスケットボールの「監督」ゼネラルマネージャーあるいは「総監督」とヘッドコーチの間に位置する役職を指すことが多い。ただし、学生などではヘッドコーチの該当者をそれまで通り「監督」と呼ぶケースが多い。

NBA[編集]

Bリーグ[編集]

野球[編集]

野球では基本的に監督の次に立つ役職であり、主な役割としては作戦面を担当し、監督に状況に応じた助言を提供することである。また監督が出場停止や退場処分になったり、個人的な理由で試合に出場出来ない場合は監督代行を務める。ヘッドコーチのポストは必ずしも置かれる訳ではない。MLBでは日本のようなヘッドコーチはなくこれに近いものとして「ベンチコーチ」または「ダッグアウトコーチ」の役職が存在するが、どちらかといえば作戦担当に重きが置かれる。また、肩書きを「総合コーチ」「チーフコーチ」としているチームも見られるほか、チームによってはヘッドコーチと総合コーチの両方が存在しているチームもあり[3]、この場合はヘッドコーチの方が立場は上である。2009 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表では伊東勤「総合コーチ」に就任した。

日本プロ野球(NPB)[編集]

セントラル・リーグ
球団 コーチ 備考
読売ジャイアンツ 元木大介
二岡智宏三軍総合コーチ)
阪神タイガース 清水雅治
高代延博二軍チーフコーチ)
中日ドラゴンズ 伊東勤
横浜DeNAベイスターズ 青山道雄
万永貴司二軍総合コーチ)
広島東洋カープ 高信二
東京ヤクルトスワローズ 宮出隆自
福地寿樹二軍チーフコーチ)
パシフィック・リーグ
球団 コーチ 備考
オリックス・バファローズ 高山郁夫

(投手総合コーチ兼任)

福岡ソフトバンクホークス 森浩之
北海道日本ハムファイターズ 小笠原道大(打撃コーチ兼任)
原田豊二軍総合コーチ)
千葉ロッテマリーンズ 鳥越裕介

(内野守備コーチ兼任)
福浦和也二軍打撃コーチ兼任)

埼玉西武ライオンズ なし 馬場敏史作戦兼守備・走塁コーチがヘッドコーチ格
東北楽天ゴールデンイーグルス なし 野村克則作戦コーチがヘッドコーチ格

サッカー[編集]

サッカーも野球同様、監督に次ぐ役職として置くことが多い。ただし、クラブによってはヘッドコーチ職を置く場合と置かない場合に分かれる。また、代表チームの場合、「ヘッドコーチ」「コーチ」は監督を指す呼称として使われ、その下の役職は通常「アシスタントコーチ」と呼ぶ。

Jリーグ[編集]

ラグビー[編集]

ラグビーにおいては監督業を分業化した際に現場で指揮を執る役職を指す。この場合はチーム強化をゼネラルマネージャーが担当する。ラグビー日本代表も2004年より監督分業制導入に伴い、ヘッドコーチが現場で指揮を執っている。

トップリーグ[編集]

トップチャレンジリーグ[編集]

アメリカンフットボール[編集]

日本の大学アメリカンフットボールチームにおいては、組織のトップとして総監督を置く場合がある。しかし、世界最高峰のアメリカンフットボールリーグであるNFLにおいてはヘッドコーチが現場指揮、指導のトップを意味し、野球における「監督」と類似の役割を担う。

脚注[編集]

  1. ^ a b 中竹竜二『リーダーシップからフォロワーシップへ』、2009年、176-178頁。
  2. ^ “【Bリーグ】山形の新設ECに前秋田のクック氏、新HCの小関氏と2トップ体制”. スポーツ報知. (2017年7月5日). http://www.hochi.co.jp/sports/ballsports/20170704-OHT1T50227.html 
  3. ^ 2018年の阪神タイガースが該当(ヘッドコーチは片岡篤史、チーフコーチは平田勝男。但し片岡は打撃と、平田は守備走塁と、それぞれ兼任)。