フィラデルフィア・セブンティシクサーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
Philadelphia 76ers
呼称/略称 シクサーズ  PHI 
チームカラー 赤、青、白
チームロゴ 1977-1997年のロゴ復活-赤7と6ersで、青色で13革命スター7バスケットボールの上に、市名を含む。
所属リーグ アメリカ合衆国の旗  NBA 
カンファレンス   イースタン・カンファレンス 
ディビジョン   アトランティック 
創設 1937年に独立チームとして創設。1946年NBLに加入、1949年からNBAに参加。
チーム史 シラキューズ・ナショナルズ
1937年-1963年
フィラデルフィア・76サーズ
(1963年-)
本拠 ペンシルベニア州の旗 ペンシルバニア州
フィラデルフィア
アリーナ ウェルズ・ファーゴ・センター
収容人数 20,318人 開設1996年
代表者/GM サム・ヒンキー
オーナー コムキャスト・スペクタカー
ヘッドコーチ ブレット・ブラウン
優勝歴 3回(1955年, 1967年, 1983年)
ファイナル進出 6回(1967年, 1977年, 1980年, 1982年, 1983年, 2001年)
ディビジョン優勝 11回(1950年, 1952年, 1955年, 1966年, 1967年, 1968年, 1977年, 1978年, 1983年, 1990年, 2001年)
永久欠番

 2 , 3 , 6 , 10 , 13 , 15 , 24 

 32 , 34 
ユニフォーム
Kit body whitewitharmpits.png
Homeジャージ
Kit shorts blankbottom.png
チームカラー
Home
Kit body redwitharmpits.png
Awayジャージ
Kit shorts redblankbottom.png
チームカラー
Away
テンプレートを表示
76サーズホームコート

フィラデルフィア・セブンティシクサーズPhiladelphia 76ers)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。イースタン・カンファレンス、アトランティック・ディビジョン所属。チーム名は1776年にアメリカ独立宣言が、当時の首都であったフィラデルフィアで行われたことに由来する。セブンティシクサーズは略してシクサーズ (Sixers)とも呼ばれる。

歴史[編集]

シラキューズ・ナショナルズ[編集]

ドルフ・シェイズ 1951年
  • フィラデルフィア・セブンティシクサーズの歴史は長く、1937年ニューヨーク州シラキューズで設立されたシラキューズ・ナショナルズに遡る。ナショナルズは1946年にプロバスケットボールリーグ NBL (National Basketball League) に参加した。3年間このリーグでプレイしたのちの1949年破産状態のNBLから離脱し、その年からNBAと名前を変えた BAA (Basketball Association of America) に参加した。
  • NBAに加わったナショナルズは強豪として初期の数シーズンを過ごした。1948年に入団したドルフ・シェイズや、同年チーム入りし監督も兼ねたアル・サービに率いられたチームは、NBA初年度の1950年1952年に地区首位の成績を残し、1950年と1954年にはNBAファイナル(決勝)に進出。43勝29敗とリーグ首位タイの記録でレギュラーシーズンを終えたナショナルズは、この年NBAファイナルでフォートウェイン・ピストンズを4勝3敗で破って優勝を果たした。

フィラデルフィア・セブンティシクサーズ[編集]

  • その後数シーズンを中堅程度のチームとして過ごしたナショナルズには、中規模の都市シラキューズよりも大きな市場が必要になっていた。1963年ペンシルベニア州フィラデルフィアに本拠を置いていたフィラデルフィア・ウォリアーズサンフランシスコへ移転するのと機を同じくしてナショナルズはフィラデルフィアに移転、名をフィラデルフィア・セブンティシクサーズ(シクサーズ)と改めた。「セブンティシクサーズ (76ers)」の名は、フィラデルフィアでアメリカ合衆国の独立宣言が採択された1776年にちなんでつけられた。

チェンバレン時代の優勝[編集]

ウィルト・チェンバレン
  • 当時のシクサーズは、1958年のドラフトで獲得したハル・グリア1965年にトレードで入団したウィルト・チェンバレンらを中心としており、1966年にはリーグ首位の55勝25敗の成績だったが、プレイオフではこの時代の強豪ボストン・セルティックスに敗退した。そのシリーズ第7戦で、グリアが最後の瞬間に犯したパスミスはよく知られている。
  • 続く1966-67シーズン、アレックス・ハナムがシクサーズの監督に就いた。ハナムはプロ入り以来7年連続で得点王だったチェンバレンの得点を減らす方針を採った。他の選手がより積極的にオフェンスにかかわった結果、シクサーズは当時NBA史上最高の68勝13敗の記録でシーズンを終えた。プレイオフでは同地区の宿敵だったセルティックスを破り、NBAファイナルではサンフランシスコ・ウォリアーズを4勝2敗で下してチーム史上2度目の優勝を果たした。1966-1967年のシクサーズは、1980年に発表された『NBA35周年オールタイムチーム』でNBA史上最も偉大なチームに選ばれた。
  • チェンバレンは1968年のシーズンを最後にロサンゼルス・レイカーズへ移り、シクサーズの成績は次第に下降していった。1972-73シーズンには9勝73敗にまで落ち込んだ。これは現在でも2012年のシーズンでシャーロット・ボブキャッツに更新されるまでNBA史上最低勝率の記録である。

アービング、マローンの時代[編集]

  • 1975年、シクサーズはNBAのライバルリーグだったABAインディアナ・ペイサーズからジョージ・マクギニスを獲得。さらに翌年、ABAからNBAに加盟したニューヨーク・ネッツよりジュリアス・アービングを獲得し、1978年にはドラフトでモーリス・チークスを指名すると、シクサーズは次第に優勝も狙える強豪へと成長していった。
  • この時代のシクサーズの宿敵は、1960年代と同様ボストン・セルティックスだった。アービング初年度の1977年に、シクサーズはセルティックスを破ってNBAファイナルに進出。ファイナルでは2勝4敗でポートランド・トレイルブレイザーズに敗退した。
  • 1980年代初頭のシクサーズは、毎年60勝前後をマークするリーグ屈指の強豪だったが、あと一歩で優勝を逃す年が相次いだ。1980年にはセルティックスを下してファイナルへ進出、しかし新人マジック・ジョンソンの活躍によりシクサーズは2勝4敗で優勝を逃した。翌1981年のプレイオフではボストン・セルティックスに3勝4敗で敗退。セルティックスはこの年優勝した。続く1982年のプレイオフでは、セルティックスを3勝4敗で破ってNBAファイナルに進出。しかしファイナルではレイカーズに2勝4敗で敗れた。
  • 優勝を目指したシクサーズはさらなる補強に着手し、フリーエージェントモーゼス・マローンを獲得した。シクサーズはリーグ首位の65勝17敗でレギュラーシーズンを終え、マローンはMVPを受賞した。プレイオフに臨む折り、マローンは「フォー、フォー、フォー (4, 4, 4)」という有名なコメントを残した。これはプレイオフを12勝0敗で優勝するという意味だった。実際は4戦、5戦、4戦と12勝1敗での優勝になったが、これは当時のNBAのプレイオフ史上現在でも最高の勝率となっている。(2001年にロサンゼルス・レイカーズが勝率を更新)1996年に発表された『NBA50周年オールタイムチーム』で偉大なチームに選ばれた。チーム史上3度目の優勝で、これまでのところ最後の優勝となっている。

バークレーの活躍と低迷期[編集]

チャールズ・バークレー
  • その後のシクサーズは数年間ディビジョン2位の成績を保つが、プレイオフでは勝ち残れなくなっていった。1986年にマローンはトレードされ、1987年にアービングが引退すると、1984年にドラフトされたチャールズ・バークレーがチームの大黒柱になっていった。
  • バークレーはリーグを代表するフォワードへ成長していったが、チーム成績は次第に低下していき、1988年にプレイオフ出場を逃した。チーム強化に積極的にならないフロントに対し、バークレーは次第に不信感を持つようになり、再びプレイオフ進出ができなかった1992年を最後にバークレーはシクサーズを離れフェニックス・サンズへ移った。
  • バークレーを失った1990年代のシクサーズは低迷期に入り7年間プレイオフに出場していない。勝ち数は年々減っていき、1996年にはリーグでワースト2位の18勝64敗となった。シーズン後のシクサーズはドラフトで1位指名権を引き当て、アレン・アイバーソンを指名した。

アイバーソンの時代[編集]

アレン・アイバーソン

イグドラの時代[編集]

アンドレ・イグドラ

再建期[編集]

球団行事でのブレット・ブラウン(左)パネル左はカーター=ウィリアムス、右はノエル
  • しかし14-15シーズンは、前シーズンに続き苦難のシーズンになった。2013年に球団社長兼GMに就任したサム・ヒンキー(Sam Hinkie)は、あからさまに将来のドラフト指名権で上位を得るために、D-リーグ級の選手しか揃えず、向こう数シーズンを「タンク」(わざと負け続けること)しているのではないか疑われ、勝利への姿勢を疑問視されているのだが、実際に前シーズンに続き連敗という形で出てしまった。オフに右肩の手術をしたマイケル・カーター=ウィリアムスを欠いたチームは、開幕から連敗が続き、12月1日のサンアントニオ・スパーズ戦に敗れ、ニュージャージー・ネッツが2009-10シーズンに記録した、開幕18連敗のNBA記録に次ぐ17連敗を喫してしまった。迎えた12月3日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦で、ようやくシーズン初勝利をあげ、リーグワーストタイ記録だけは免れた。一方で、2015年に入ってからも、未だにホームゲームで勝利を挙げていなかったが、1月5日のクリーブランド・キャバリアーズ戦で、ようやく14-15シーズンのホームゲーム初勝利を挙げた。しかし、その後も低迷が続き、トレード期限日にカーター=ウィリアムスに見切りを付ける (ミルウォーキー・バックスに放出) という不可解な人事異動を敢行するなど、最後まで迷走し、最終的には10連敗を喫し、リーグワースト3位の18勝64敗という散々な成績でシーズン終えた。

シーズンごとの成績[編集]

Note: 勝 = 勝利数, 敗 = 敗戦数, % = 勝率

シーズン  % プレーオフ 結果
シラキューズ・ナショナルズ
1949-50 51 13 .797 ディビジョン準決勝勝利
ディビジョン決勝勝利
NBAファイナル敗退
ナショナルズ 2, フィラデルフィア 0
ナショナルズ 2, ニックス 1
ミネアポリス 4, ナショナルズ 2
1950-51 32 34 .485 ディビジョン準決勝勝利
ディビジョン決勝敗退
ナショナルズ 2, フィラデルフィア 0
ニックス 3, ナショナルズ 2
1951-52 40 26 .606 ディビジョン準決勝勝利
ディビジョン決勝敗退
ナショナルズ 2, フィラデルフィア 1
ニックス 3, ナショナルズ 1
1952-53 47 24 .648 ディビジョン準決勝敗退 セルティックス 2, ナショナルズ 0
1953-54 42 30 .583 Round-Robin
Round-Robin
ディビジョン決勝勝利
NBAファイナル敗退
ナショナルズ 2, セルティックス 0
ナショナルズ 2, ニックス 0
ナショナルズ 2, セルティックス 0
ミネアポリス 4, ナショナルズ 3
1954-55 43 29 .597 ディビジョン準決勝勝利
NBAファイナル優勝
ナショナルズ 3, セルティックス 1
ナショナルズ 4, フォートウェイン 3
1955-56 35 37 .486 タイブレークゲーム勝利
ディビジョン準決勝勝利
ディビジョン決勝敗退
ナショナルズ 1, ニックス 0
ナショナルズ 2, セルティックス 1
フィラデルフィア 3, ナショナルズ 2
1956-57 38 34 .528 ディビジョン準決勝勝利
ディビジョン決勝敗退
ナショナルズ 2, フィラデルフィア 0
セルティックス 3, ナショナルズ 0
1957-58 41 31 .569 ディビジョン準決勝敗退 フィラデルフィア 2, ナショナルズ 1
1958-59 35 37 .486 ディビジョン準決勝勝利
ディビジョン決勝敗退
ナショナルズ 2, ニックス 0
セルティックス 4, ナショナルズ 3
1959-60 45 30 .600 ディビジョン準決勝敗退 フィラデルフィア 2, ナショナルズ 1
1960-61 38 41 .481 ディビジョン準決勝勝利
ディビジョン決勝敗退
ナショナルズ 3, フィラデルフィア 0
セルティックス 4, ナショナルズ 1
1961-62 41 39 .513 ディビジョン準決勝敗退 フィラデルフィア 3, ナショナルズ 2
1962-63 48 32 .600 ディビジョン準決勝敗退 シンシナティ 3, ナショナルズ 2
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
1963-64 34 46 .425 ディビジョン準決勝敗退 シンシナティ 3, シクサーズ 2
1964-65 40 40 .500 ディビジョン準決勝勝利
ディビジョン決勝敗退
シクサーズ 3, シンシナティ 1
1965-66 55 25 .688 ディビジョン準決勝敗退 セルティックス 4, シクサーズ 1
1966-67 68 13 .671 ディビジョン準決勝勝利
ディビジョン決勝勝利
NBAファイナル優勝
シクサーズ 3, シンシナティ 1
シクサーズ 4, セルティックス 1
シクサーズ 4, サンフランシスコ 2
1967-68 62 20 .756 ディビジョン準決勝勝利
ディビジョン決勝敗退
シクサーズ 4, ニックス 2
セルティックス 4, シクサーズ 3
1968-69 55 27 .671 ディビジョン準決勝敗退 セルティックス 4, シクサーズ 1
1969-70 42 40 .512 ディビジョン準決勝敗退 バックス 4, シクサーズ 1
1970-71 47 35 .573 ディビジョン準決勝敗退 ボルチモア 4, シクサーズ 2
1971-72 30 52 .366
1972-73 9 73 .110
1973-74 25 57 .305
1974-75 34 48 .415
1975-76 46 36 .561 1回戦敗退 バッファロー 2, シクサーズ 1
1976-77 50 32 .610 カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
シクサーズ 4, セルティックス 3
シクサーズ 4, ロケッツ 2
ブレイザーズ 4, シクサーズ 2
1977-78 55 27 .671 カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ニックス 4, シクサーズ 0
ワシントン 4, シクサーズ 2
1978-79 47 35 .573 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
シクサーズ 2, ネッツ 0
スパーズ 4, シクサーズ 3
1979-80 59 23 .720 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
シクサーズ 2, ワシントン 0
シクサーズ 4, ホークス 1
シクサーズ 4, セルティックス 1
レイカーズ 4, シクサーズ 2
1980-81 62 20 .756 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
シクサーズ 2, ペイサーズ 0
シクサーズ 4, バックス 3
セルティックス 4, シクサーズ 3
1981-82 58 24 .707 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
シクサーズ 2, ホークス 0
シクサーズ 4, バックス 2
シクサーズ 4, セルティックス 3
レイカーズ 4, シクサーズ 2
1982-83 65 17 .793 カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル優勝
シクサーズ 4, ニックス 0
シクサーズ 4, バックス 1
シクサーズ 4, レイカーズ 0
1983-84 52 30 .634 1回戦敗退 ネッツ 3, シクサーズ 2
1984-85 58 24 .707 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
シクサーズ 3, ワシントン 1
シクサーズ 4, バックス 0
セルティックス 4, シクサーズ 1
1985-86 54 28 .659 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
シクサーズ 3, ワシントン 2
バックス 4, シクサーズ 3
1986-87 45 37 .549 1回戦敗退 バックス 3, シクサーズ 2
1987-88 36 46 .439
1988-89 46 36 .561 1回戦敗退 ニックス 3, シクサーズ 0
1989-90 53 29 .646 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
シクサーズ 3, キャブス 2
ブルズ 4, シクサーズ 1
1990-91 44 38 .537 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
シクサーズ 3, バックス 0
ブルズ 4, シクサーズ 1
1991-92 35 47 .427
1992-93 26 56 .317
1993-94 25 57 .305
1994-95 24 58 .293
1995-96 18 64 .220
1996-97 22 60 .268
1997-98 31 51 .378
1998-99 28 22 .560 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
シクサーズ 3, マジック 1
ペイサーズ 4, シクサーズ 0
1999-2000 49 30 .598 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
シクサーズ 3, シャーロット 1
ペイサーズ 4, シクサーズ 2
2000-01 56 26 .683 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
シクサーズ 3, ペイサーズ 1
シクサーズ 4, ラプターズ 3
シクサーズ 4, バックス 3
レイカーズ 4, シクサーズ 1
2001-02 43 39 .524 1回戦敗退 セルティックス 3, シクサーズ 2
2002-03 48 34 .585 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
シクサーズ 4, ホーネッツ 2
ピストンズ 4, シクサーズ 2
2003-04 33 49 .402
2004-05 43 39 .524 1回戦敗退 ピストンズ 4, シクサーズ 1
2005-06 38 44 .463
2006-07 35 47 .427
2007-08 40 42 .488 1回戦敗退 ピストンズ 4, シクサーズ 2
2008-09 41 41 .500 1回戦敗退 マジック 4, シクサーズ 2
2009-10 27 55 .329
2010-11 41 41 .500 1回戦敗退 ヒート 4, シクサーズ 1
2011-12 35 31 .530 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
シクサーズ 4, ブルズ 2
セルティックス 4, シクサーズ 3
2012-13 34 48 .415
2013-14 19 63 .232
通算勝敗 2698 2442 .525
プレイオフ 217 205 .514 3回優勝

主な選手[編集]

現役選手[編集]

フィラデルフィア・セブンティシクサーズロースター
選手 その他
Pos # 名前 年齢 身長  体重 出身
F 19 フルカン・アルデミル (Furkan Aldemir) (+) トルコの旗 23歳 (1991/08/09) 6 ft 9 in (2.06 m) 230 lb (104 kg) トルコ
G 0 アイザイア・カナアン (Isaiah Canaan) アメリカ合衆国の旗 23歳 (1991/05/21) 6 ft 0 in (1.83 m) 195 lb (88 kg) マレイ州立大学
F 33 ロバート・コビントン (Robert Covington) アメリカ合衆国の旗 24歳 (1990/12/14) 6 ft 9 in (2.06 m) 210 lb (95 kg) テネシー州立大学
C 21 ジョエル・エンビード (Joel Embiid) (-) Cruz Roja.svg カメルーンの旗 21歳 (1994/03/16) 7 ft 0 in (2.13 m) 275 lb (125 kg) カンザス大学
F 39 ジェラミ・グラント (Jerami Grant) アメリカ合衆国の旗 21歳 (1994/03/12) 6 ft 8 in (2.03 m) 210 lb (95 kg) シラキュース大学
F 12 ルック・ンバ・ア・モウテ (Luc Mbah a Moute) カメルーンの旗 28歳 (1986/09/09) 6 ft 8 in (2.03 m) 230 lb (104 kg) UCLA
F/C 4 ナーレンズ・ノエル (Nerlens Noel)NYCS-bull-trans-C.svg アメリカ合衆国の旗 21歳 (1994/04/10) 6 ft 11 in (2.11 m) 228 lb (103 kg) ケンタッキー大学
P/F 23 ジェイソン・リチャードソン (Jason Richardson) アメリカ合衆国の旗 34歳 (1981/01/20) 6 ft 6 in (1.98 m) 225 lb (102 kg) ミシガン州立大学
F 1 グレン・ロビンソン3世 (Glenn Robinson III) (+) アメリカ合衆国の旗 21歳 (1994/01/08) 6 ft 7 in (2.01 m) 222 lb (101 kg) ミシガン大学
F 41 トーマス・ロビンソン (Thomas Robinson) (+) アメリカ合衆国の旗 24歳 (1991/03/17) 6 ft 10 in (2.08 m) 237 lb (108 kg) カンザス大学
F 9 ジャカール・サンプソン (JaKarr Sampson) アメリカ合衆国の旗 22歳 (1993/03/20) 6 ft 9 in (2.06 m) 215 lb (98 kg) セントジョーンズ大学
F/C 35 ヘンリー・シムズ (Henry Sims) アメリカ合衆国の旗 25歳 (1990/03/27) 6 ft 10 in (2.08 m) 248 lb (112 kg) ジョージタウン大学
G 5 イシュ・スミス (Ish Smith) (+) アメリカ合衆国の旗 26歳 (1988/07/05) 6 ft 0 in (1.83 m) 175 lb (79 kg) ウェイク・フォレスト大学
P/F 31 ホリス・トンプソン (Hollis Thompson) アメリカ合衆国の旗 24歳 (1991/01/03) 6 ft 8 in (2.03 m) 206 lb (93 kg) ジョージタウン大学
G 8 トニー・ローテン (Tony Wroten) (-) Cruz Roja.svg アメリカ合衆国の旗 22歳 (1993/04/13) 6 ft 6 in (1.98 m) 205 lb (93 kg) ワシントン大学
ヘッドコーチ

アメリカ合衆国の旗 ブレット・ブラウン (Brett Brown)

アシスタントコーチ

記号説明
NYCS-bull-trans-C.svg キャプテン
(S) 出場停止(Suspended)
(-) ベンチ外(Inactive)
Cruz Roja.svg 故障者(Injured)
(DL) Dリーグ・アサイン
(+) シーズン途中契約
(FA) フリーエージェント
(DP) ドラフト未契約

外部リンク

更新日:2015年04月19日


年代別主要選手[編集]

太文字…殿堂入り選手 (C)…優勝時に在籍した選手 (M)…在籍時にMVPを獲得した選手 (50)…偉大な50人

1940年代 (プレイオフ進出:1回 ファイナル進出:1回)

1950年代 (プレイオフ進出:10回 ファイナル進出:2回 優勝:1回)

1960年代 (プレイオフ進出:10回 ファイナル進出:1回 優勝:1回)

1970年代 (プレイオフ進出:6回 ファイナル進出:1回)

1980年代 (プレイオフ進出:9回 ファイナル進出:3回 優勝:1回)

1990年代 (プレイオフ進出:3回)

2000年代 (プレイオフ進出:5回 ファイナル進出:1回)

2010年代 (プレイオフ進出:2回)

栄誉[編集]

永久欠番[編集]

殿堂入り[編集]

コーチ、その他[編集]


チーム記録[編集]

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのチーム記録

脚註[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]