オクラホマシティ・サンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オクラホマシティ・サンダー
Oklahoma City Thunder
2020-21シーズンのオクラホマシティ・サンダー
Okc wordmark.gif
チームロゴ バスケットボールの模様の入った盾にOKCのロゴ、その上にTHUNDER
所属リーグ  NBA アメリカ合衆国の旗カナダの旗
カンファレンス  ウェスタン・カンファレンス 
ディビジョン  ノースウェスト
創設 1967年
チーム史

シアトル・スーパーソニックス  SEA 
1967 - 2008

オクラホマシティ・サンダー  OKC 
2008 -
本拠地
オクラホマシティ・サンダーの位置(アメリカ合衆国内)
オクラホマシティ・サンダー

オクラホマ州の旗 オクラホマ州オクラホマシティ
アリーナ ペイコム・センター
収容人数 18,203人 開設2002年
チームカラー ライトブルー、オレンジ、ネイビーブルー、金
オーナー クレイ・ベネット
社長 サム・プレスティ
GM サム・プレスティ
ヘッドコーチ マーク・デイノート
優勝歴 1回 NBA FINAL CHAMP.png SEA 1979年)[1]
ファイナル進出 4回( SEA 1978年, 1979年, 1996年, OKC 2012年)
ディビジョン優勝 11回( SEA 1979年, 1994年, 1996年, 1997年, 1998年, 2005年, OKC  2011年, 2012年, 2013年, 2014年, 2016年)
永久欠番  1 , 4 , 10 , 19 , 24 , 32 , 43 [2]
NBADL提携チーム オクラホマシティ・ブルー
公式サイト www.nba.com/thunder
ユニフォーム
Kit body okcthunder association.png
Homeのジャージ
Kit shorts okcthunder association.png
チームカラー
Home
Kit body okcthunder icon.png
Awayのジャージ
Kit shorts okcthunder icon.png
チームカラー
Away
Kit body okcthunder city2021.png
Alternateのジャージ
Kit shorts okcthunder city2021.png
チームカラー
Alternate
テンプレートを表示

オクラホマシティ・サンダー(Oklahoma City Thunder)は、アメリカ合衆国オクラホマ州オクラホマシティに本拠を置く全米プロバスケットボール協会(NBA)のチーム。ウェスタン・カンファレンス(西地区)のノースウェスト・ディビジョンに所属。本拠地はハリケーン・カトリーナの被害のためニューオーリンズ/オクラホマシティ・ホーネッツが2005-2007の2シーズンの間使用していたペイコム・センター

歴史[編集]

オクラホマシティのホームコートであるチェサピーク・エナジー・アリーナ

シアトル時代[編集]

シアトル・スーパーソニックスとしてチームは1966年に設立されて、翌1967-68シーズンよりリーグに参加した。1970年代終盤に黄金期を迎えて、オールスター選手ジャック・シクマデニス・ジョンソンを擁し、レニー・ウィルケンズに率いられたチームは1978年1979年NBAファイナルに進出、2年連続でワシントン・ブレッツと対戦し、このうち1979年には優勝を果たした。1991-92シーズンよりジョージ・カール監督を迎え入れると次第にソニックスは西地区有数の強豪へと成長して行き、1993-94シーズンは63勝19敗の成績でウェスタンカンファレンス首位の第1シードとなったが、プレーオフ1回戦でディケンベ・ムトンボ擁する第8シードのデンバー・ナゲッツに敗れた。1995-96シーズンにはフランチャイズ最高の64勝をマークし再びNBAファイナルに進出した。ゲイリー・ペイトンショーン・ケンプデトレフ・シュレンプ、そして長年チームを支えてきたネイト・マクミランらが活躍したが、NBA新記録のシーズン72勝を挙げたシカゴ・ブルズに2勝4敗で敗れた。その後1998年にカール監督が退任するまで好成績を残したがプレイオフ1回戦を突破できなかった。2000年にマクミランが監督に就任し、1998年に指名した高卒のラシャード・ルイス2003年にペイトンとのトレードで獲得したレイ・アレンが中心となり、2005年にはカンファレンス準決勝まで進んだ。その後低迷期に入り、2007年のオフにはルイスとアレンを一度に放出し、2007年のNBAドラフトで2位指名で獲得したケビン・デュラントを中心に再建モードに入った。

オクラホマシティ移転、デュラントの時代[編集]

2008年4月18日のNBAのオーナー会議でオクラホマシティへの移転が28対2で承認された [3]キーアリーナとの2010年までのリース契約などの問題が残ったが同年7月2日、チームはオクラホマシティへの本拠地移転について違約金7,500万ドルを支払うことでシアトル市との和解が成立、移転することに対する合意に達したことが発表された[4]。チーム名・チームカラー・チームロゴマーク・ソニックス時代の優勝記念バナーと永久欠番バナーなどはシアトル市が保有することとなった。同年9月3日、新チーム名としてオクラホマシティ・サンダーとなること、ロゴが発表された[5]

2008-09シーズンは序盤は連敗続きで泥沼状態だったが、ヘッドコーチのP・J・カーリシモを解雇しアシスタントコーチのスコット・ブルックスを暫定HCとし、2008年のNBAドラフト4位でラッセル・ウェストブルックを指名し、ネナド・クリスティッチターボ・セフォロシャの加入などでチームは若返りを図り23勝59敗と低迷しシーズンを終えたが、ルーキーのウェストブルック、2年目のデュラントが活躍し来シーズン以降に向けて可能性を感じさせるシーズンとなった。

西の強豪へ[編集]

オクラホマシティ移転2年目の2009-10シーズン、デュラント、ウェストブルック、ジェフ・グリーンが核となり、そこに2009年のNBAドラフト3位でジェームス・ハーデンを指名し、若さ溢れるチームに多くの専門家とファンが期待を寄せた。サンダーは期待に応じ開幕から勝率5割を維持しシーズン中頃には9連勝を記録。その後もシーズン終盤まで好調を維持し最終的には50勝32敗となり前年の23勝から実に27勝分を積み上げ、これはリーグ史上でも6番目の飛躍となった。チームの躍進に立役者のデュラントは平均30.1得点・7.6リバウンド・2.8アシストで史上最年少となる21歳と197日での得点王となった。またレギュラーシーズンMVPの投票でレブロン・ジェームズに次ぐ第2位の票を集め、オールNBAチーム選考では1stチームに初選出された。その他ブルックスHCはNBA最優秀コーチ賞を受賞している。サンダーとしての初のプレーオフでは、1回戦でいきなり前年度チャンピオンのロサンゼルス・レイカーズと対戦。2勝4敗で敗退したものの、プレーオフ未経験者が大半を占める若いチームが古豪から2勝をあげたことは、小さくない驚きとなった。

2010-11シーズン、シーズン途中にグリーン、クリスティッチとの交換トレードでケンドリック・パーキンスネイト・ロビンソンを獲得し、弱点だったインサイドとベンチの強化に成功。さらにサージ・イバカの成長に加え、ウェストブルックはオールスターに選ばれるなどリーグ屈指のガードとして認められ、デュラントも2年連続得点王に輝き、チームは55勝27敗とさらに躍進した。プレーオフでは1回戦でデンバー・ナゲッツを4勝1敗で順当に破り、続く2回戦ではザック・ランドルフ擁するメンフィス・グリズリーズに苦しめられるものの4勝3敗で退け15年ぶりにカンファレンスファイナルに進出し、ダラス・マーベリックスと対戦。若さ溢れるサンダーとダーク・ノヴィツキージェイソン・キッドをはじめ経験豊富なベテランを数多く擁するマブスとの戦いでは、前者が経験不足を露呈。デュラントは1人気を吐いたものの、1勝4敗で敗れた。それでも、ドアマットチームが僅か3年でカンファレンスファイナルに進出し優勝争いできるチームに成長したことを、この1年で証明した。

2011-2012シーズンは1995-1996シーズン以来、オクラホマシティ移転後初となるNBAファイナル進出を果たしたが、マイアミ・ヒートの「新生BIG3」に敗れた。

2012-2013シーズンは、契約交渉が難航していたジェームス・ハーデンヒューストン・ロケッツに放出しながらも、リーグ最高勝率でシーズンを終えた。しかしプレーオフ1回戦のロケッツ戦で、ウェストブルックが右膝に重傷を負い、早々にシーズンアウト。ロケッツ戦は勝ち抜いたものの、グリズリーズに1勝4敗で屈した。

2013-2014シーズンは、2年ぶりにカンファレンスファイナルまで勝ち上がってきたが、サンアントニオ・スパーズに2勝4敗で敗退した。

2014-2015シーズンは、主力に怪我人が続出し、勝率が5割前後に低迷する苦しい戦いを強いられる中、年明け後に次々と大型トレードを敢行し、ディオン・ウェイターズD・J・オーガスティンエネス・カンターなどを獲得。6年連続のプレーオフ出場を目指したが、デュラントを怪我で欠いたのが響き、45勝37敗ながらプレーオフ出場を逃し、ブルックスHCを4月22日に解任。同30日にビリー・ドナヴァンを新ヘッドコーチに招聘し、再出発を図ることとなった。

2015-2016シーズンは、デュラントが健康体を取り戻し、カンファレンスの上位に返り咲いたものの、チーム内に不幸が降りかかる。モンティ・ウィリアムズアシスタントコーチの妻であった小口オーナーが相次いで事故死したのに続き、ディオン・ウェイターズの弟が殺害されたのだ。平常心でプレーすることすらままならない状況だったが、地力を見せつけたチームは55勝27敗で2シーズン振りに地区優勝。プレーオフでもカンファレンスセミファイナルで、67勝15敗を記録したサンアントニオ・スパーズを4勝2敗で退けるなど奮闘し、NBA史上最高の 73勝9敗 を記録したゴールデンステート・ウォリアーズとのカンファレンスファイナルを迎える。サンダーはデュラント、ウェストブルックの二枚看板に加え、ウェイターズ、スティーブン・アダムスエネス・カンターアンドレ・ロバーソンらの奮闘もあり、一時は3勝1敗と王手をかけた。しかし、そこからステフィン・カリークレイ・トンプソンの「スプラッシュ・ブラザーズ」を止めることが出来ず、その後3連敗を喫し、力尽きた。

2017-18シーズンはウェストブルックのサポートを固める為にビクター・オラディポドマンタス・サボニスとのトレードでインディアナ・ペイサーズからポール・ジョージ[6]エネス・カンターダグ・マクダーモット、将来のドラフト2巡目指名権とのトレードでニューヨーク・ニックスからカーメロ・アンソニーを獲得し[7]『OK3』を形成した[8]。しかしレギュラーシーズンでは波が大きく連勝、連敗を繰り返し最終的に昨シーズンから1勝増やした48勝34敗、カンファレンス4位にとどまった[9]。プレーオフでは1回戦でカンファレンス5位のユタ・ジャズに2勝4敗で敗れた[10]

2018-19シーズンにはオフシーズンに移籍濃厚となっていたジョージ、ジェラミ・グラントらオールスター組と再契約する一方、起用法の関係で負債となっていたアンソニーをアトランタ・ホークスとのトレードで放出し、代わってデニス・シュレーダーを獲得した。この動きによって『OK3』こそ解体となったものの再度ウェストブルックとジョージのオールスターデュオでウェスタン・カンファレンスの戦いに挑むことになった。シーズン中にジョージがMVP候補に一躍名乗りをあげる活躍を見せたが、肩の怪我により失速。カンファレンス6位で臨んだプレーオフでは、ポートランド・トレイルブレイザーズ相手にデイミアン・リラードの劇的なブザービーターなどで敗れた。

解体・再建へ[編集]

トレイルブレイザーズに敗退したことが契機になったのか、チームは解体に踏み切る。ポール・ジョージをロサンゼルス・クリッパーズにトレード移籍させたことを機に、2008年から在籍していた最古参・ラッセル・ウェストブルックヒューストン・ロケッツにトレード放出。両チームから複数のドラフト指名権を獲得したため、ロケッツから貰ったクリス・ポールを中心に再建の道に進んだ。

2019-2020シーズン開始前は、優勝を目指すポールは強豪でのプレーを望んですぐに移籍し、チームも長期の低迷に陥ることが濃厚とされており、事実、シーズン最初の15試合で5勝10敗と低迷した。しかし残留を決意したポールが抜群の安定感を見せ、ここ数年落ちていた自身の評価を取り戻すと、ジョージとのトレードで獲得した有望株のシェイ・ギルジアス=アレクサンダーが急成長。この2人にデニス・シュレーダーを加えた3人のPGを同時に起用する奇策がハマり、12月から急激に勝ち星を伸ばしていく。脇を固めるスティーブン・アダムスダニーロ・ガリナリも奮起し、結局昨シーズンを上回る勝率でカンファレンス5位につけ、今季一番のサプライズチームとなった。プレーオフでは、1回戦でいきなり、ウェストブルックを擁するロケッツと激突。ポールの活躍もあり第7戦まで持ち込んだが、ジェームズ・ハーデンらの攻撃陣を抑えきれず、3勝4敗で敗れた。

そのオフにチームは完全な再建に舵を切り、この1年で市場価値を上げたポールをトレードでフェニックス・サンズに、シュレーダーをロサンゼルス・レイカーズに、さらにウェストブルックに次ぐチームのフランチャイズプレイヤーであったアダムスをニューオーリンズ・ペリカンズへ放出。いずれのトレードでも多くのドラフト指名権を獲得し、シェイを中心に、数年後を見据えた戦いにシフトした。

シーズンごとの成績[編集]

Note: 勝 = 勝利数, 敗 = 敗戦数, % = 勝率

シーズン % プレーオフ 結果
シアトル・スーパーソニックス
1967-68 23 59 .280
1968-69 30 52 .366
1969-70 36 46 .439
1970-71 38 44 .463
1971-72 47 35 .573
1972-73 26 56 .317
1973-74 36 46 .439
1974-75 43 39 .524 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ソニックス 2, ピストンズ 1
ウォリアーズ 4, ソニックス 2
1975-76 43 39 .524 カンファレンス準決勝敗退 サンズ 4, ソニックス 2
1976-77 40 42 .488
1977-78 47 35 .573 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
ソニックス 2, レイカーズ 1
ソニックス 4, ブレイザーズ 2
ソニックス 4, ナゲッツ 2
ワシントン 4, ソニックス 3
1978-79 52 30 .634 カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル優勝
ソニックス 4, レイカーズ 1
ソニックス 4, サンズ 3
ソニックス 4, ワシントン 1
1979-80 56 26 .683 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ソニックス 2, ブレイザーズ 1
ソニックス 4, バックス 3
レイカーズ 4, ソニックス 1
1980-81 34 48 .415
1981-82 52 30 .634 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ソニックス 2, ロケッツ 1
スパーズ 4, ソニックス 1
1982-83 48 34 .585 1回戦敗退 ブレイザーズ 2, ソニックス 0
1983-84 42 40 .512 1回戦敗退 マーベリックス 3, ソニックス 2
1984-85 31 51 .378
1985-86 31 51 .378
1986-87 39 43 .476 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ソニックス 3, マーベリックス 1
ソニックス 4, ロケッツ 2
レイカーズ 4, ソニックス 1
1987-88 44 38 .537 1回戦敗退 ナゲッツ 3, ソニックス 2
1988-89 47 35 .573 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ソニックス 3, ロケッツ 1
レイカーズ 4, ソニックス 0
1989-90 41 41 .500
1990-91 41 41 .500 1回戦敗退 ブレイザーズ 3, ソニックス 2
1991-92 47 35 .573 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ソニックス 3, ウォリアーズ 1
ジャズ 4, ソニックス 1
1992-93 55 27 .671 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ソニックス 3, ジャズ 2
ソニックス 4, ロケッツ 3
サンズ 4, ソニックス 3
1993-94 63 19 .768 1回戦敗退 ナゲッツ 3, ソニックス 2
1994-95 57 25 .695 1回戦敗退 レイカーズ 3, ソニックス 1
1995-96 64 18 .780 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
ソニックス 3, キングス 1
ソニックス 4, ロケッツ 0
ソニックス 4, ジャズ 3
ブルズ 4, ソニックス 2
1996-97 57 25 .695 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ソニックス 3, サンズ 2
ロケッツ 4, ソニックス 3
1997-98 61 21 .744 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ソニックス 3, ウルブズ 2
レイカーズ 4, ソニックス 1
1998-99 25 25 .500
1999-2000 45 37 .549 1回戦敗退 ジャズ 3, ソニックス 2
2000-01 44 38 .537
2001-02 45 37 .549 1回戦敗退 スパーズ 3, ソニックス 2
2002-03 40 42 .488
2003-04 37 45 .451
2004-05 52 30 .634 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ソニックス 4, キングス 1
スパーズ 4, ソニックス 2
2005-06 35 47 .427
2006-07 31 51 .378
2007-08 20 62 .244
オクラホマシティ・サンダー
2008-09 23 59 .280
2009-10 50 32 .610 1回戦敗退 レイカーズ 4, サンダー 2
2010-11 55 27 .671 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
サンダー 4, ナゲッツ 1
サンダー 4, グリズリーズ 3
マーベリックス 4, サンダー 1
2011-12 47 19 .712 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
サンダー 4, マーベリックス 0
サンダー 4, レイカーズ 1
サンダー 4, スパーズ 2
ヒート 4, サンダー 1
2012-13 60 22 .732 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
サンダー 4, ロケッツ 2
グリズリーズ 4, サンダー 1
2013-14 59 23 .720 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
サンダー 4, グリズリーズ 3
サンダー 4, クリッパーズ 2
スパーズ 4, サンダー 2
2014-15 45 37 .549
2015–16 55 27 .671 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
サンダー 4, マーベリックス 1
サンダー 4, スパーズ 2
ウォリアーズ 4, サンダー 3
2016–17 47 35 .573 1回戦敗退 ロケッツ 4, サンダー 1
2017–18 48 34 .585 1回戦敗退 ジャズ 4, サンダー 2
2018–19 49 33 .598 1回戦敗退 ブレイザーズ 4, サンダー 1
2019–20 44 28 .611 1回戦敗退 ロケッツ 4, サンダー 3
2020–21 22 50 .306
通算勝敗 2,309 1,987 .537
プレイオフ 153 152 .502 優勝1回

主な選手[編集]

現役選手[編集]

プレーヤー スタッフ
Pos. # 名前 国籍 年齢 身長 体重 出身
G/F 7 ダリアス・ベイズリー (Darius Bazley) アメリカ合衆国 21 (2000/6/12) 6ft9in(2.06m) 200lb(91kg) プリンストン高校 
F/C 13 トニー・ブラッドリー (Tony Bradley) FA アメリカ合衆国 23 (1998/01/08) 6ft10in(2.08m) 248lb(112kg) ノースカロライナ大学チャペルヒル校 
G 44 チャーリー・ブラウン・ジュニア (Charlie Brown Jr.) アメリカ合衆国 24 (1997/02/02) 6ft6in(1.98m) 199lb(90kg) セント・ジョゼフズ大学 
F 6 ガブリエル・デック (Gabriel Deck) アルゼンチン 26 (1995/02/08) 6ft6in(1.98m) 231lb(105kg) アルゼンチン 
G 5 ルゲンツ・ドート (Luguentz Dort) カナダ 22 (1999/04/19) 6ft3in(1.91m) 215lb(98kg) アリゾナ州立大学 
F 15 デリック・フェイバーズ (Derrick Favors) アメリカ合衆国 29 (1992/7/15) 6ft8in(2.03m) 265lb(120kg) ジョージア工科大学 
G 3 ジョシュ・ギディー (Josh Giddey) オーストラリア 18 (2002/10/10) 6ft8in(2.03m) 205lb(93kg) オーストラリア 
G/F 2 シェイ・ギルジアス=アレクサンダー (Shai Gilgeous-Alexander) カナダ 23 (1998/7/12) 6ft6in(1.98m) 199lb(90kg) ケンタッキー大学 
F 15 ジョッシュ・ホール (Josh Hall) TW, FA アメリカ合衆国 20 (2000/10/08) 6ft9in(2.06m) 190lb(86kg) モラビアンプレップ  
F 8 ジェイレン・ホード (Jaylen Hoard) TW, FA フランス 22 (1999/3/30) 6ft8in(2.03m) 216lb(98kg) UCLA 
G/F 16 タイ・ジェローム (Ty Jerome) アメリカ合衆国 24 (1997/7/20) 6ft5in(1.96m) 195lb(88kg) バージニア大学  
G 11 テオ・マレドン (Theo Maledon) フランス 20 (2001/06/21) 6ft4in(1.93m) 175lb(79kg) フランス  
G 23 トレ・マン (Tre Mann) アメリカ合衆国 20 (2001/2/3) 6ft4in(1.93m) 178lb(81kg) フロリダ大学 
F/C 33 マイク・マスカラ (Mike Muscala) FA アメリカ合衆国 30 (1991/7/1) 6ft10in(2.08m) 238lb(108kg) バックネル大学 
G/F 14 スヴィヤトスラフ・ミハイリュク (Sviatoslav Mykhailiuk) FA ウクライナ 24 (1997/06/10) 6ft7in(2.01m) 205lb(93kg) カンザス大学 
C 17 アレクセイ・ポクシェフスキー (Aleksej Pokusevski) セルビア 19 (2001/12/26) 7ft0in(2.13m) 201lb(91kg) セルビア 
F 50 ジェレマイア・ロビンソン=アール (Jeremiah Robinson-Earl) アメリカ合衆国 20 (2000/11/3) 6ft9in(2.06m) 242lb(110kg) ビラノバ大学 
F 22 アイザイア・ロビー (Isaiah Roby) アメリカ合衆国 23 (1998/2/03) 6ft8in(2.03m) 230lb(104kg) ネブラスカ大学 
G 8 ケンバ・ウォーカー (Kemba Walker) アメリカ合衆国 31 (1990/5/8) 6ft0in(1.83m) 183lb(83kg) コネチカット大学 
G/F 21 アーロン・ウィギンス (Aaron Wiggins) アメリカ合衆国 22 (1999/01/02) 6ft5in(1.96m) 190lb(86kg) メリーランド大学 
G/F 34 ケンリッチ・ウィリアムズ (Kenrich Williams) アメリカ合衆国 26 (1994/12/02) 6ft6in(1.98m) 210lb(95kg) テキサス基督教大学 
ヘッドコーチ
アメリカ合衆国の旗 マーク・デイノート (Mark Daigneault)
アシスタントコーチ
  アメリカ合衆国の旗 デビッド・アキンヨエ (David Akinyooye)
  アメリカ合衆国の旗 デイブ・ブリス (Dave Bliss)
  アメリカ合衆国の旗 マイク・ミラー (Mike Miller)
  アメリカ合衆国の旗 マイク・ウィルクス (Mike Wilks)

記号説明

外部リンク

更新日:2021年07月30日


年代別主要選手[編集]

太文字…殿堂入り選手 (C)…優勝時に在籍した選手 (M)…在籍時にMVPを獲得した選手 (50)…偉大な50人

2000年代 (プレイオフ進出:3回)

2010年代 (プレイオフ進出:8回 ファイナル進出: 1回)


2020年代 (プレイオフ進出:0回 )

永久欠番[編集]

歴代ヘッドコーチ[編集]

殿堂入り[編集]

  • レニー・ウィルケンズ (Lenny Wilkens)

チーム記録[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]