トリプル・ダブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トリプル・ダブル英語: triple-double)は、バスケットボールの記録に関する用語で、1試合で1人の選手が得点、リバウンドアシストスティールブロックショットの5つの項目の内の3つ (triple) で2桁 (double) を記録すると達成となる。

得点、リバウンド、アシストの3項目によって達成されることが最も多いが、守備が優れている選手では、アシストの替わりにスティールかブロックで達成することもある。世界最高リーグのNBAでは試合時間が48分のため達成人数が多いが、その他のリーグや国際試合では40分のため達成されることは珍しい。

NBA史上ではオスカー・ロバートソンラッセル・ウェストブルックのみがシーズン平均記録でトリプル・ダブルの成績を残している。ロバートソンは、1961-62シーズンに1試合当たり30.8得点、12.5リバウンド、11.4アシストを記録している。ルールの変更や戦術の多様化、技術の向上などから、今後ロバートソンに続く選手は出てこないと見られていた。例えばロバートソンが活躍していた1960年代には、現在の試合より1試合あたりのリバウンド数は3分の1も多く、それだけ記録を残すのが容易であったのである。トリプル・ダブルという言葉自体が生まれたのが1980年代に入ってからで、それ以前はトリプル・ダブルという概念すらなかった。そのためロバートソンは近年になってトリプルダブルという言葉が聞かれるようになり、「(当時から)そんなにすごいことだったら毎シーズンやっていた。」と語っている。

3つの項目で20以上を記録するダブル・トリプル・ダブルウィルト・チェンバレンラッセル・ウェストブルックの2人だけが達成した。

シーズン平均トリプル・ダブルは各試合での達成回数とは別の概念で、シーズン平均の成績で3項目が2桁を記録することであり、オスカー・ロバートソンラッセル・ウェストブルック(4回)が達成した。

「トリプル・ダブル」という名称の由来については複数の説がある。ロサンゼルス・レイカーズの広報責任者だったブルース・ジョレシュ(Bruce Jolesch)がレイカーズのマジック・ジョンソンの万能性を形容するために使ったのが最初だとする説[1]や、フィラデルフィア・セブンティシクサーズの広報責任者だったハーヴィー・ポラック英語版がレイカーズのジョンソンを見て「トリプル・ダブル」という名称を考えたとする説[2]がある。

通算記録[編集]

太字は現役選手
2022-23シーズン・プレーオフ終了時点
レギュラーシーズン[3]
順位 名前 回数
1. ラッセル・ウェストブルック 198
2. オスカー・ロバートソン 181
3. マジック・ジョンソン 138
4. ジェイソン・キッド 107
レブロン・ジェームズ
6. ニコラ・ヨキッチ 105
7. ウィルト・チェンバレン 78
8. ジェームズ・ハーデン 74
9. ラリー・バード 59
10. ルカ・ドンチッチ 56
11. ラファイエット・リーバー 43
12. ヤニス・アデトクンボ 35
13. ボブ・クージー 33
ベン・シモンズ
15. レイジョン・ロンド 32
ドマンタス・サボニス
17. ジョン・ハブリチェック 31
ドレイモンド・グリーン
19. グラント・ヒル 29
20. マイケル・ジョーダン 28
21. エルジン・ベイラー 26
22. クライド・ドレクスラー 25
23. ウォルト・フレイジャー 23
24. クリス・ウェバー 21
カリーム・アブドゥル=ジャバー
マイケル・レイ・リチャードソン
コービー・ブライアント
カイル・ラウリー
29. チャールズ・バークレー 20
トム・ゴーラ
プレーオフ[4]
順位 名前 回数
1. マジック・ジョンソン 30
2. レブロン・ジェームズ 28
3. ニコラ・ヨキッチ 16
4. ラッセル・ウェストブルック 12
5. ジェイソン・キッド 11
6. ラリー・バード 10
レイジョン・ロンド
ドレイモンド・グリーン
9. ウィルト・チェンバレン 9
10. オスカー・ロバートソン 8
11. ジョン・ハブリチェック 5
12. ティム・ダンカン 4
チャールズ・バークレー
エルジン・ベイラー
ウォルト・フレイジャー
スコッティ・ピッペン
ジェームズ・ハーデン
ファイナル
順位 名前 回数
1. レブロン・ジェームズ 10
2. マジック・ジョンソン 8
3. ドレイモンド・グリーン 3
4. ボブ・クージー 2
ウィルト・チェンバレン
ラリー・バード
ウォルト・フレイジャー
ビル・ラッセル
ジミー・バトラー
ニコラ・ヨキッチ
11. エルジン・ベイラー 1
ジェリー・ウェスト
ウェス・アンセルド
デイブ・コーウェンス
ジェームズ・ウォージー
チャールズ・バークレー
スコッティ・ピッペン
ジェイソン・キッド
ティム・ダンカン
ステフィン・カリー
ケビン・デュラント
オールスター
順位 名前 回数
1. マイケル・ジョーダン 1
レブロン・ジェームズ
ドウェイン・ウェイド
ケビン・デュラント

シーズン記録[編集]

レギュラーシーズン
順位 名前 回数 シーズン
1. ラッセル・ウェストブルック 42 2016-17
2. オスカー・ロバートソン 41 1961-62
3. ラッセル・ウェストブルック 38 2020-21
4. ラッセル・ウェストブルック 34 2018-19
5. ウィルト・チェンバレン 31 1967-68
6. ニコラ・ヨキッチ 29 2022-23
7. オスカー・ロバートソン 26 1960-61
1963-64
9. ラッセル・ウェストブルック 25 2017-18
10. オスカー・ロバートソン 22 1964-65
ウィルト・チェンバレン 1966-67
ジェームズ・ハーデン 2016-17
13. オスカー・ロバートソン 20 1962-63
14. ニコラ・ヨキッチ 19 2021-22
15. マジック・ジョンソン 18 1981-82
ラッセル・ウェストブルック 2015-16
レブロン・ジェームズ 2017-18
18. マジック・ジョンソン 17 1988-89
ルカ・ドンチッチ 2019-20
20. ラファイエット・リーバー 16 1986-87
ニコラ・ヨキッチ 2020-21
22. マイケル・ジョーダン 15 1988-89
23. マジック・ジョンソン 14 1990-91
ドマンタス・サボニス 2022-23
25. グラント・ヒル 13 1990-91
ジェイソン・キッド 2007-08
ドレイモンド・グリーン 2015-16
レブロン・ジェームズ 2016-17
2019-20
ニコラ・ヨキッチ 2019-20
デジャンテ・マレー 2021-22
32. ベン・シモンズ 12 2017-18
ニコラ・ヨキッチ 2018-19
ジェームズ・ハーデン 2020-21
35. ラファイエット・リーバー 11 1987-88
マジック・ジョンソン 1989-90
ルカ・ドンチッチ 2020-21
ジェームズ・ハーデン 2021-22
39. ラリー・バード 10 1985-86
1989-90
グラント・ヒル 1995-96
ニコラ・ヨキッチ 2017-18
ベン・シモンズ 2018-19
ラッセル・ウェストブルック 2021-22
ルカ・ドンチッチ 2021-22
2022-23
レギュラーシーズン(新人)
順位 名前 回数 シーズン
1. オスカー・ロバートソン 26 1960-61
2. ベン・シモンズ 12 2017-18
3. ルカ・ドンチッチ 8 2018-19
4. マジック・ジョンソン 7 1979-80
5. トム・ゴーラ 5 1955-56
アルバン・アダムズ 1975-76
7. ジェイソン・キッド 4 1994-95
ジョシュ・ギディー 2021-22
9. ガイ・ロジャース 3 1958-59
マイケル・ジョーダン 1984-85
ティム・ハーダウェイ 1989-90
デビッド・ロビンソン 1989-90
ケビン・ジョンソン 1987-88
ラマー・オドム 1999-00
15. ウォルト・フレイジャー 2 1967-68
マーク・ジャクソン 1987-88
アントワン・ウォーカー 1996-97
クリス・ポール 2005-06
ブレイク・グリフィン 2010-11
マイケル・カーター=ウィリアムズ 2013-14
エルフリッド・ペイトン 2014-15
ニコラ・ヨキッチ 2015-16
ロンゾ・ボール 2017-18
ジャ・モラント 2019-20
ケイド・カニングハム 2021-22

年少・年長記録[編集]

年少
順位 名前 年齢 達成日
1. ジョシュ・ギディー 19歳85日 2022年1月2日
2. ラメロ・ボール 19歳140日 2021年1月9日
3. マーケル・フルツ 19歳317日 2018年4月11日
4. ルカ・ドンチッチ 19歳327日 2019年1月21日
5. ロンゾ・ボール 20歳15日 2017年11月11日
6. レブロン・ジェームズ 20歳20日 2005年1月19日
7. デニス・スミス・ジュニア 20歳34日 2017年12月29日
8. ラマー・オドム 20歳54日 1999年12月30日
9. ケイド・カニングハム 20歳57日 2021年11月21日
10. ジョン・ウォール 20歳65日 2010年11月10日
11. マジック・ジョンソン 20歳75日 1979年10月28日
12. アレクセイ・ポクシェフスキー 20歳98日 2022年4月3日
13. ラッセル・ウェストブルック 20歳110日 2009年3月2日
年長
順位 名前 年齢 達成日
1. カール・マローン 40歳127日 2003年11月28日
2. レブロン・ジェームズ 38歳320日 2023年11月15日
3. ティム・ダンカン 38歳224日 2014年12月5日
4. エルビン・ヘイズ 38歳148日 1984年4月13日
5. ジェイソン・キッド 37歳343日 2011年3月1日
6. パウ・ガソル 37歳170日 2017年12月23日
7. ドウェイン・ウェイド 37歳83日 2019年4月10日
8. チャールズ・オークリー 36歳329日 2000年11月11日
9. マーク・ジャクソン 36歳325日 2002年2月20日
10. クリス・ポール 36歳267日 2022年1月28日
11. カイル・ラウリー 36歳238日 2022年11月18日
12. マジック・ジョンソン 36歳184日 1996年2月14日
13. ウィルト・チェンバレン 36歳180日 1973年2月17日
14. コービー・ブライアント 36歳129日 2014年12月30日
15. ブラデ・ディバッツ 36歳14日 2004年2月17日
16. マット・バーンズ 36歳2日 2016年3月11日

連続試合記録[編集]

順位 名前 連続回数 達成日
1. ラッセル・ウェストブルック 11 2019年1月22日 - 2月14日
2. ウィルト・チェンバレン 9 1968年3月8日 - 3月20日
3. オスカー・ロバートソン 7 1961年1月1日 - 1月12日
マイケル・ジョーダン 1989年3月25日 - 4月6日
5. エルフリッド・ペイトン 5 2019年3月10日 - 3月18日
6. モーリス・ストークス 4 1957年11月8日 - 11月17日
マジック・ジョンソン 1987年3月31日 - 4月5日
ジェームズ・ハーデン 2017年3月12日 - 3月18日
ニコラ・ヨキッチ 2022年1月15日 - 1月21日

※同一選手による複数の記録は省略

達成時の得点[編集]

順位 得点 名前 達成日 備考
1. 60 ジェームズ・ハーデン 2018年1月30日
ルカ・ドンチッチ 2022年12月27日
3. 57 ラッセル・ウェストブルック 2017年3月29日
4. 53 ウィルト・チェンバレン 1968年3月18日
ジェームズ・ハーデン 2016年12月31日
6. 52 エルジン・ベイラー 1961年11月15日
7. 51 リッチー・ゲリン 1962年2月14日
ウィルト・チェンバレン 1963年2月13日
ラッセル・ウェストブルック 2016年10月28日
ジェームズ・ハーデン 2017年1月27日
ラッセル・ウェストブルック 2017年4月19日 プレーオフ
12. 50 エルジン・ベイラー 1963年2月13日
カリーム・アブドゥル=ジャバー 1975年1月19日
ラッセル・ウェストブルック 2017年4月19日
ジェームズ・ハーデン 2018年12月13日
ジェームズ・ハーデン 2019年3月30日

ダブル・トリプル・ダブル[編集]

名前 得点 リバウンド アシスト 達成日
ウィルト・チェンバレン 22 25 21 1968年2月2日
ラッセル・ウェストブルック 20 20 21 2019年4月3日

複数選手同時達成[編集]

同一試合・同一チームから複数選手が達成した例[5]

回数 名前 チーム 達成日
1 オスカー・ロバートソン バッキー・ボックホーン英語版 シンシナティ・ロイヤルズ 1962年1月18日
2 ドニー・ブッチャー英語版 レイ・スコット デトロイト・ピストンズ 1964年3月14日
3 アート・ハリス英語版 レニー・ウィルケンズ シアトル・スーパーソニックス 1969年3月12日
4 カリーム・アブドゥル=ジャバー マジック・ジョンソン ロサンゼルス・レイカーズ 1982年1月22日
5 ラリー・バード ロバート・パリッシュ ボストン・セルティックス 1987年3月29日
6 マイケル・ジョーダン スコッティ・ピッペン シカゴ・ブルズ 1989年1月3日
7 ビンス・カーター ジェイソン・キッド ニュージャージー・ネッツ 2007年4月7日
8 ラッセル・ウェストブルック ポール・ジョージ オクラホマシティ・サンダー 2017年2月11日
9 レブロン・ジェームズ ロンゾ・ボール ロサンゼルス・レイカーズ 2018年12月15日
10 ステフィン・カリー ドレイモンド・グリーン ゴールデンステート・ウォリアーズ 2019年5月20日
11 ジミー・バトラー バム・アデバヨ マイアミ・ヒート 2019年12月10日
12 ヨナス・ヴァランチューナス ジャ・モラント メンフィス・グリズリーズ 2020年8月13日
13 ジミー・バトラー バム・アデバヨ マイアミ・ヒート 2021年2月18日
14 メイソン・プラムリー デニス・スミス・ジュニア デトロイト・ピストンズ 2021年3月3日
15 レブロン・ジェームズ ラッセル・ウェストブルック ロサンゼルス・レイカーズ 2021年12月28日
16 ニコラ・ヨキッチ ジャマール・マレー デンバー・ナゲッツ 2023年6月7日

シーズン平均記録[編集]

名前 得点 リバウンド アシスト シーズン
オスカー・ロバートソン 30.8 12.5 11.4 1961-62
ラッセル・ウェストブルック 31.6 10.7 10.4 2016-17
ラッセル・ウェストブルック 25.4 10.1 10.3 2017-18
ラッセル・ウェストブルック 22.9 11.1 10.7 2018-19
ラッセル・ウェストブルック 22.2 11.5 11.7 2020-21

脚注[編集]

  1. ^ “They're Vintage Triple-Doubles”. Los Angeles Times: p. D.4. (2002年4月20日). オリジナルの2012年10月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121013122929/http://articles.latimes.com/2002/apr/20/sports/sp-adande20 2023年5月16日閲覧。 
  2. ^ Dan Gelston (2008年4月18日). “Philly's Pollack has kept track of NBA from the start”. USA Today. オリジナルの2012年10月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121026145116/http://usatoday30.usatoday.com/sports/basketball/2008-04-18-1580180897_x.htm 2023年5月16日閲覧。 
  3. ^ Most Triple Doubles” (英語). Basketball-Reference.com. 2018年6月16日閲覧。
  4. ^ NBA & ABA Career Playoff Leaders and Records for Triple-Doubles” (英語). Basketball-Reference.com. 2023年6月14日閲覧。
  5. ^ LeBron James, Lonzo Ball earn triple-doubles in same game” (英語). NBA.com (2018年12月16日). 2019年4月13日閲覧。

関連項目[編集]