コンボガード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コンボガードCombo Guard)は、バスケットボールのポジションにおいて、ポイントガードシューティングガードを兼務する場合を示す用語である。シューティングガードポイント・ガードの役割であるゲームメイク、アシストをも担う場合と、ポイント・ガードが、シューティングガードの役割であるペリメーターからの攻撃をも担う場合がある[1][2]。プロバスケットボールでしばしば用いられるビトゥィーン(between)から派生した用語であるトゥィナー英語版の内の一つ。他には、スウィングマン(SG/SF)、コンボフォワードまたはストレッチ・フォー(SF/PF)、ポイントフォワード(PG/F)、フォワードセンター(PF/C)などの複合ポジションがある。

概要[編集]

コンボガードは、司令塔としてのゲームメイクの能力、パスセンスを活かしたアシスト能力と、アウトサイドからの得点能力を兼ね備える必要がある。また、ディフェンスにおいては、相手ポイントガードをディフェンスするスピード、敏捷さと、相手シューティングガードをディフェンスするサイズ、フィジカルも同時に要求される。

従来のバスケットボールにおいては、ポイントガードはゲームメイクとアシストのみを要求され、自ら点を取りに行くガードはチームプレーが出来ないと評価される傾向にあった。しかし、90年代、NBAのオフェンス重視の風潮とともに、シューティングガードが花形ポジションとなってくると、バックコートの選手に求められる役割も多様化し、アレン・アイバーソンアンファニー・ハーダウェイらを筆頭に、ポジションをスイッチしながらプレーする選手が目立ち始めた。2005年シーズンドウェイン・ウェイドの成功以降、ゲームメイカーとスコアラーの役割を兼ね備えたコンボガードというポジションが重要視されている。

代表的プレーヤー[編集]

NBA;アレン・アイバーソンドウェイン・ウェイドマヌ・ジノビリコービー・ブライアントジェームズ・ハーデン

ユーロリーグ;ヴァシレイオス・スパヌリスセルヒオ・リュル

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ A Combo Guard Is...”. scout.com (2005年). 2015 -09-22閲覧。
  2. ^ Season Review with Stu Jackson”. NBA.com (2007年). 2015年9月22日閲覧。