オールNBAチーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オールNBAチーム(オールエヌビーエーーチーム)は、北米のプロバスケットボールリーグであるNBAに於いて、シーズン毎に優秀な選手に、授与される名誉。1946年に始められた。米国とカナダのスポーツライターやブロードキャスターの投票によって行われる。ファースト(第一)チーム、セカンド(第二)チーム、それぞれ5選手が選ばれていたが、1988年から、ファースト(第一)チーム、セカンド(第二)チーム、サード(第三)チーム、それぞれ 5人のラインアップで構成されるようになり、現在に至っている。

プレーヤーは、ファーストチームチームの投票で5ポイント、セカンドチームの投票で3ポイント、サードチームの投票で1ポイントを得る。ポイントの合計で上位5選手がファーストチームを構成し、続く5選手がセカンドチーム、更に続く5選手がサードチームとなる。5番目の得票が同数の場合は6名になる。同得点での6人の選出は1952年に一度だけボブ·デイヴィスとドルフ・シェイズが5位とされた[1]

最多選出選手[編集]

Head shot of Kobe Bryant in street clothes at a press conference
コービー・ブライアントカール・マローンのファーストチーム11回が最高
2011年のティム・ダンカン
ティム・ダンカンは通算15回、ファーストチーム10回

カリーム・アブドゥル・ジャバーコービー・ブライアントティム・ダンカンが通算15回選ばれた記録を保持する。カール・マローンシャキール・オニールが14回、ボブ・クージージェリー・ウェストアキーム・オラジュワンダーク・ノビツキーが12回で続く。ファーストチームに選ばれた回数は、カール・マローンコービー・ブライアントの11回が最高で、カリーム・アブドゥル・ジャバーティム・ダンカンボブ・クージージェリー・ウェストマイケル・ジョーダンボブ・ペティットエルジン・ベイラーらが10回で続いている。

以下の表はすべてのチームに選出された回数10回以上で合計回数と1st回数で順位を決めている。

*  殿堂入り
^  現役選手
# プレーヤー 合計回数 ファースト
チーム
セカンド
チーム
サード
チーム
NBA
MVP

1

コービー・ブライアント^ 15 11 2 2 1

2

カリーム・アブドゥル・ジャバー* 15 10 5 0 6

4

ティム・ダンカン^ 15 10 3 2 2

3

カール・マローン* 14 11 2 1 2

5

シャキール・オニール 14 8 2 4 1

6

ボブ・クージー* 12 10 2 0 1

7

ジェリー・ウェスト* 12 10 2 0 0

8

アキーム・オラジュワン* 12 6 3 3 1

9

ドルフ・シェイズ* 12 6 6 0 0

10

ダーク・ノビツキー^ 12 4 5 3 1

11

マイケル・ジョーダン* 11 10 1 0 5

12

ボブ・ペティット* 11 10 1 0 2

13

オスカー・ロバートソン* 11 9 2 0 1

22

レブロン・ジェームズ^ 11 9 2 0 4

14

チャールズ・バークレー* 11 5 5 1 1

15

ジョン・ハブリチェック* 11 4 7 0 0

16

ビル・ラッセル* 11 3 8 0 5

17

ジョン・ストックトン* 11 2 6 3 0

18

エルジン・ベイラー* 10 10 0 0 0

19

ラリー・バード* 10 9 1 0 3

20

マジック・ジョンソン* 10 9 1 0 3

21

ウィルト・チェンバレン* 10 8 2 0 4

23

デビッド・ロビンソン* 10 4 2 4 1

近年の選出[編集]

Template:オールNBAチーム1996-1997シーズン Template:オールNBAチーム1995-1996シーズン Template:オールNBAチーム1994-1995シーズン Template:オールNBAチーム1993-1994シーズン Template:オールNBAチーム1992-1993シーズン Template:オールNBAチーム1991-1992シーズン Template:オールNBAチーム1990-1991シーズン Template:オールNBAチーム1989-1990シーズン Template:オールNBAチーム1988-1989シーズン

脚註[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]