ベン・シモンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベン・シモンズ
Ben Simmons
Ben Simmons.jpg
フィラデルフィア・76ersでのシモンズ (2018年)
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ  No.25
ポジション PG/SF
背番号 25
身長 208cm (6 ft 10 in)
体重 108kg (238 lb)
ウィングスパン 213cm  (7 ft 0 in)[1]
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Benjamin David Simmons
ラテン文字 Ben Simmons
誕生日 (1996-07-20) 1996年7月20日(21歳)
オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 ビクトリア州の旗 ビクトリア州メルボルン
出身 ルイジアナ州立大学
ドラフト 2016年 1位 
選手経歴
2016- フィラデルフィア・76ers
代表歴
キャップ オーストラリアの旗 オーストラリア U-17 2012
オーストラリアの旗 オーストラリア U-18 2013
オーストラリアの旗 オーストラリア 2014-

ベンジャミン・デイヴィッド・シモンズ (Benjamin David Simmons 1996年7月20日 - )は、オーストラリアビクトリア州メルボルン出身のプロバスケットボール選手。ルイジアナ州立大学で活躍し、2016年のNBAドラフトフィラデルフィア・76ersから全体1位指名を受けた。

来歴[編集]

高校・大学[編集]

2013年1月にNBA選手を目指すために渡米。フロリダ州のモントヴェルデ・アカデミー高校に転校したシモンズは、たちまち全米級の選手として注目され、高校卒業後はルイジアナ州立大学に進学[2]。同大学でも1年生ながら主力として活躍し、平均19.2得点11.8リバウンド4.8アシストを記録した。

NBA[編集]

2016-17シーズン[編集]

2016年3月に2016年のNBAドラフトアーリーエントリーを表明[3]フィラデルフィア・76ersから全体1位指名を受けた[4]。 しかし、トレーニングキャンプ中の9月30日に右足第五中足骨を骨折。2017年2月にシーズンデビューが絶望になったと報じられ、[5][6][7]結局ルーキーシーズンは全休。2017-18シーズンに改めてNBAデビューを目指すことになった。

2017-18シーズン[編集]

2017年夏のサマーリーグは不参加だった[8]。10月4日のメンフィス・グリズリーズとのプレシーズンマッチで、1年越しのNBAデビュー。10月18日のワシントン・ウィザーズとの開幕戦で18得点10リバウンド5アシストを記録し、公式戦デビューを飾った[9]。10月21日に行われたトロント・ラプターズ戦で18得点、10リバウンド、8アシストを記録。試合は128-94で敗れたが、シモンズはオスカー・ロバートソン以来となるNBAデビューから最初の3試合全てで10得点、10リバウンド、5アシスト以上を記録した選手となった[10]。同月23日のデトロイト・ピストンズ戦ではリーグ戦4戦目にして21得点13リバウンド10アシストを記録し、自身初のトリプル・ダブルを達成し、76ersにシーズン初勝利をもたらした[11][12]。これによりオスカー・ロバートソン、アート・ウィリアムス英語版以来NBA史上3人目となるNBAデビューからの4試合以内でトリプル・ダブルを達成した選手となった[13]。11月3日に行われたインディアナ・ペイサーズ戦でキャリア2度目のトリプル・ダブルとなる14得点、11リバウンド、11アシストを記録[14]、これによりNBAデビューから最初の10試合で170得点、100リバウンド、80アシストを記録したNBA史上最初の選手となった[15]。12月18日に行われたシカゴ・ブルズ戦で試合は117-115で敗れたが、19得点、11アシスト、10リバウンドを記録しキャリア4度目のトリプル・ダブルとなった[16]。2018年1月24日に行われたシカゴ・ブルズ戦で19得点、17リバウンド、14アシストを記録、キャリア5度目のトリプル・ダブルとなった。試合は115-101でシクサーズが勝利した[17]。5度目のトリプル・ダブル達成により、1994-95シーズンにジェイソン・キッドが記録したシーズン4度のトリプル・ダブルを抜いた[18]。2月14に行われたマイアミ・ヒート戦で18得点、12リバウンド、10アシストを記録、試合はシクサーズが104-102で勝利した[19]

2月22日に行われたシカゴ・ブルズ戦でキャリア・ハイとなる32得点、7リバウンド、11アシストを記録、試合はシクサーズ116-115で勝利した[20]。3月1日、2月の月間最優秀新人選手賞に選ばれた。これで2ヶ月連続で今季3度目の同賞受賞となった[21]。3月15日に行われたニューヨーク・ニックス戦でオスカー・ロバートソン、マジック・ジョンソンに次ぐ、ルーキーシーズンに1000得点、500リバウンド、500アシストを達成したNBA史上3人目の選手となった[22]。また、この試合で今季8回目のトリプル・ダブルを記録したシモンズは、オスカー・ロバートソンの26回に次いでルーキーシーズンにトリプル・ダブルを最も多く記録した選手となった[23]。3月24日に行われたミネソタ・ティンバーウルブズ戦で今季10度目のトリプル・ダブルとなる15得点、12リバウンド、13アシストを記録、試合は76ersが120-108で勝利した[24]。4月1日に行われたシャーロット・ホーネッツ戦で20得点、15アシスト、8リバウンドを記録、試合は76ersが119-102で勝利した[25]。4月6日に行われたクリーブランド・キャバリアーズ戦で27得点、15リバウンド、13アシストを記録、試合は76ersが132-130で勝利、連勝を13に伸ばした[26]

プレーオフ1回戦、対マイアミ・ヒートの初戦で17得点、14アシスト、9リバウンドを記録、試合は130-103で勝利した[27]。第4戦で自身プレーオフ初のトリプル・ダブルとなる17得点、13リバウンド、10アシストを記録、試合は106-102で勝利した。ルーキーがプレーオフでトリプル・ダブルを記録するのは、1980年のマジックジョンソン以来となった[28]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン  NBA FINAL CHAMP.png

NBAレギュラーシーズン[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2017–18 76ers 81 81 33.7 .545 .000 .560 8.1 8.2 1.7 .9 15.8
Career 81 81 33.7 .545 .000 .560 8.1 8.2 1.7 .9 15.8

オーストラリア代表[編集]

2013年にユース世代の代表に選出され、2014年FIBAバスケットボール・ワールドカップに、当時18歳ながらフル代表に招集された[29]。なお、2016年のリオデジャネイロオリンピックは、「NBAのルーキーシーズンに備えたい」という理由で、辞退を表明している[30]

脚注[編集]

  1. ^ Ben-Simmons”. draftexpress.com (201). 2017年閲覧。...
  2. ^ Aussie basketball phenom Ben Siremons adjusting to ‘crazy’ college life at LSU
  3. ^ Ben Simmons to enter NBA draft
  4. ^ #PHILAfirst: Sixers Select Simmons
  5. ^ 76ers Rookie Ben Simmons Fractures Bone in Foot
  6. ^ 76ers新人ベン・シモンズが右足骨折 NBA JAPAN
  7. ^ 76ers rookie Ben Simmons will miss remainder of season
  8. ^ Ben Simmons and Joel Embiid are not playing in summer league
  9. ^ John Wall scores 28 points, Wizards hold on to beat 76ers
  10. ^ Ben Simmons records near triple-double in Sixers loss to Raptors” (英語). sportingnews.com (2017年10月21日). 2018年2月4日閲覧。
  11. ^ 76ers rookie Ben Simmons records 1st NBA triple double: 21 points, 12 rebounds, 10 assists
  12. ^ 76ersのベン・シモンズがデビュー4戦目でトリプルダブル NBA.com JAPAN
  13. ^ Colin Ward-Henninger (2017年10月24日). “Sixers rookie Ben Simmons joins Oscar Robertson in elite triple-double club” (英語). cbssports.com. CBS Sports. 2018年2月4日閲覧。
  14. ^ Redick's 3s, Simmons' triple-double lead 76ers over Pacers” (英語). ESPN.com. ESPN (2017年11月4日). 2018年2月4日閲覧。
  15. ^ Tim Marcin (2017年11月8日). “BEN SIMMONS DID SOMETHING EVEN LEBRON (OR ANYONE ELSE IN NBA HISTORY) HASN'T MATCHED” (英語). newsweek.com. Newsweek. 2018年2月4日閲覧。
  16. ^ Bulls beat 76ers 117-115 for 6th straight win” (英語). ESPN.com. ESPN (2017年12月19日). 2018年2月4日閲覧。
  17. ^ Simmons' triple-double helps 76ers top Bulls 115-101” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年1月25日). 2018年2月4日閲覧。
  18. ^ Philadelphia's Ben Simmons wants to be 'greatest to play the game'” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年1月25日). 2018年2月4日閲覧。
  19. ^ Simmons leads short-handed 76ers to comeback win over Heat” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年2月14日). 2018年2月20日閲覧。
  20. ^ Brian seltzer (2018年2月22日). “Game Review Simmons, Embiid Lead Way to 6th Straight Win” (英語). NBA.com. 2018年2月23日閲覧。
  21. ^ 76ers' Ben Simmons, Jazz's Donovan Mitchell named Kia Rookies of Month for February” (英語). NBA.com (2018年3月1日). 2018年3月3日閲覧。
  22. ^ Embiid, Simmons rally 76ers past Knicks, 118-110” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年3月15日). 2018年3月18日閲覧。
  23. ^ Carlan Gay (2018年3月15日). “Ben Simmons surpasses Magic, joins Oscar Robertson in another rookie milestone” (英語). SportingNews.com. 2018年3月18日閲覧。
  24. ^ Ben Simmons has triple-double, 76ers beat Timberwolves” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年3月24日). 2018年3月26日閲覧。
  25. ^ 76ers' Ben Simmons: Fills the box-score Sunday” (英語). cbssports.com. CBS Sports (2018年4月1日). 2018年4月2日閲覧。
  26. ^ 76ers hold off LeBron, Cavs 132-130 for 13th straight win” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年4月6日). 2018年4月7日閲覧。
  27. ^ Without Embiid, 76ers roll past Heat in playoff opener” (英語). ESPN.com (2018年4月14日). 2018年4月18日閲覧。
  28. ^ Ben Simmons is first rookie since Magic Johnson in 1980 with playoff triple-double” (英語). ESPN.com (2018年4月21日). 2018年4月23日閲覧。
  29. ^ STARS HEADLINE BOOMERS SQUAD FOR WORLD CUP CAMP
  30. ^ Ben Simmons to 'postpone' playing for Australia, will forgo 2016 Rio
[ヘルプ]

外部リンク[編集]