スモールフォワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スモール・フォワード(Small forward、略称SF)とはバスケットボールのポジションの呼び名。ポジションを番号で「3番」と呼ぶこともある。

コート内では得点を取ることを主な役割とし、ドライブして良し、外角からシュートを放って良し、また速攻やリバウンド争いにも参加できるオールラウンドな能力が要求される。様々な状況に対応でき、融通が利くポジションとも考えられる。また、カットインを多用する選手やポストプレーを多用する選手、長距離シュートを多用する選手など、個性豊かな選手が数多く存在している。得点能力の高い選手が揃えられることから、それを守備するディフェンス面においても非常に重要とされる。中には守備に徹するような、いわば職人のような選手も多い。以下に示すような多様性が要求されるポジションである[1]

  • 得点能力: フィジカルの強さでどのような状況でも得点できる能力
  • 運動能力: 高さ、距離、速さ、を兼ね備えた運動能力
  • シューティングスキル: ディフェンスをストレッチするペリメータでのショットと、ペイント内でのタフショットの能力
  • ディフェンス能力: 速さと高さ、強さを兼ね備えスティールブロックもできる最も厳しいディフェンスの能力
  • ボールハンドリング: プレッシャーの中で、ドリブル、パスを確実にできる能力
  • リバウンド能力: 素早いジャンプで、オフェンス、ディフェンス共にリバウンドを獲得できる能力

代表的な選手[編集]

NBAでは、2000年以降では、総合的には、レブロン・ジェームズポール・ジョージ、得点能力の点では、ケビン・デュラントカーメロ・アンソニー、ディフェンス能力重視では、ビッグマンが獲得することが多いNBA最優秀守備選手賞を獲得しているカワイ・レナードメッタ・ワールド・ピースなどがあげられる。過去の代表的なスモールフォワードでは、ジョン・ハブリチェックジュリアス・アービングジョージ・ガービンラリー・バードリック・バリースコッティ・ピッペンジェームズ・ウォージーらを筆頭に数多くの名選手が名を連ねる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Versatility is key for small forwards”. ESPN.com (2011年10月8日). 2015年11月29日閲覧。