アル・ハリントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アル・ハリントン
Al Harrington
Al Harrington Nuggets.jpg
現役 (デンバー・ナゲッツ) 時代のハリントン
引退
ポジション
(現役時)
SF/PF
背番号(現役時) 3, 7, 32, 34
身長(現役時) 206cm  (6 ft 9 in)
体重(現役時) 113kg (249 lb)
基本情報
本名 Albert Harrington
愛称 Big Al
ラテン文字 Al Harrington
誕生日 1980年2月17日(35歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州オレンジ
出身 セントパトリック高校 (ニュージャージー州)
ドラフト 1998年1巡目25位インディアナ・ペイサーズ
選手経歴
1999-2004
2004-2006
2006-2007
2007-2008
2008-2010
2010-2012
2012-2013
2013-2014
2014
インディアナ・ペイサーズ
アトランタ・ホークス
インディアナ・ペイサーズ
ゴールデンステート・ウォリアーズ
ニューヨーク・ニックス
デンバー・ナゲッツ
オーランド・マジック
ワシントン・ウィザーズ
福建スタージョンズ
指導者経歴
2015 デンバー・ナゲッツ (AC)
キャリアスタッツ
  • 981試合出場(28.6mpg) 13,237得点(13.5ppg)、5,482リバウンド(5.6rpg)、1,649アシスト(1.7apg)、854スティール(0.9spg)
  • Stats---basketball-reference.com

アル・ハリントンAl Harrington,本名:Albert Harrington, 1980年2月17日 - )はアメリカ合衆国ニュージャージー州オレンジ出身の元バスケットボール選手。ポジションはフォワード。大学を経ずにNBA入りし、16シーズンをプレーした。

略歴[編集]

高卒のNBA選手の一人。地元のセントパトリック高校でUSAトゥデイ紙選出のプレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。

インディアナ・ペイサーズ

1998年のNBAドラフトインディアナ・ペイサーズから全体の25位指名を受けてNBA入りを果たした。ペイサーズには6シーズン在籍し、主にベンチスタートであった。デビュー後2年は芳しくない成績だったが、3年目には初のスターター出場、4年目には二桁得点、5年目には全試合出場を記録して着実に成長した。2002-03シーズン、チームでただ一人全82試合に出場し、平均13.3得点でNBAシックスマン賞の投票で2位につけた。2003-04シーズンは平均得点で前年をさらに上回った。

アトランタ・ホークスとペイサーズ復帰

2004年オフにアトランタ・ホークスに移籍。アントワン・ウォーカーと共にチーム再建の中心選手となる。 その年アトランタは最下位の成績に沈むが、ジョシュ・スミスジョシュ・チルドレスなど、有望な若手をそろえ、将来を賭けることになった。ハリントン自身もキャリアアベレージを更新した。2005-2006シーズン開幕前、アトランタはフェニックス・サンズからジョー・ジョンソンを大型契約で獲得。ハリントンとの2枚看板を張った。しかしながら、わずかに23勝しか挙げられなかった。

2006年8月、トレードで古巣であるインディアナに復帰した。かねてから移籍が規定路線だったが、なかなか移籍先が決まらず、8月下旬になってようやく決定した。ドアマットチームであるアトランタでの選手生活は、決して満足できるものではなかったと、複雑な胸中を明かした。

ゴールデンステート・ウォリアーズ

2006-07シーズン途中の1月17日、トレードによりマイク・ダンリービー・ジュニアトロイ・マーフィーアイク・ディオグキース・マクリオドと交換で、スティーブン・ジャクソンサルナス・ヤシケヴィシウスジョシュ・パウエルと共にゴールデンステート・ウォリアーズへ移籍した。古巣ですごしたシーズンは1シーズン続かなかった。 ウォリアーズはNBA一のランアンドガンオフェンスを敷くチームであり、ビッグマンでありながらアウトサイドシュートが得意なハリントンは戦術にフィットし中心選手の1人となった。

ニューヨーク・ニックス

2008年途中、ジャマール・クロフォードとのトレードでニューヨーク・ニックスへ移籍した。ニックス移籍後は試合相手によって先発とベンチ出場の起用が続いた。

デンバー・ナゲッツ

2009-10シーズン後、FAでデンバー・ナゲッツに移籍した。

オーランド・マジック

2012年8月10日、トレードでオーランド・マジックに移籍。シーズン終了後にアムネスティ条項を行使され、解雇された。

ワシントン・ウィザーズ

2013年8月14日、ワシントン・ウィザーズに移籍した。

現役引退

2015年3月18日、現役引退を発表し、デンバー・ナゲッツのアシスタントコーチに就任。2014-15シーズン終了後に退任した。

大学を経ずにNBA入りし、16シーズンをプレーした。同条件で15シーズン以上のプレーヤーは他に、ケビン・ガーネットコービー・ブライアントジャーメイン・オニールラシャード・ルイスだけである[1]

その他[編集]

  • ルーキーの年は、ロックアウトの影響で住む場所を探す時間がなかった為、アントニオ・デイビスの家に下宿していた。
  • 2006-07シーズン序盤は、髪型をモホーク刈りにしていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Al Harrington retires after 16 seasons”. ESPN.com (2015年3月18日). 2015年3月22日閲覧。

外部リンク[編集]