アイク・ディオグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイク・ディオグ
Ike Diogu
Ike Diogu and Trevor Booker.jpg
アイク・ディオグ(左)とトレバー・ブッカー(右)
東莞レオパーズ
ポジション PF
身長 206cm  (6 ft 9 in)
体重 115.7kg (255 lb)
基本情報
本名 Ikechukwu Somtochukwu Diogu
ラテン文字 Ike Diogu
誕生日 1983年9月11日(31歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
出身地 ニューヨーク州バッファロー
出身 アリゾナ州立大学
ドラフト 2005年 9位
選手経歴
2005-2007
2007-2008
2008-2009
2009
2009
2010-2011
2012
2012-2013
2013-2014
2014-
ゴールデンステート・ウォリアーズ
インディアナ・ペイサーズ
ポートランド・トレイルブレイザーズ
サクラメント・キングス
ニューオーリンズ・ホーネッツ
ロサンゼルス・クリッパーズ
サンアントニオ・スパーズ
新疆フライングタイガース
D-リーグ、海外など
東莞レオパーズ

アイク・ディオグIke Diogu, Ikechukwa Somotochukwa Diogu, 1983年9月11日 - )はアメリカ合衆国ニューヨーク州バッファロー出身のバスケットボール選手である。中国プロバスケットボールリーグ東莞レオパーズに所属している。ポジションはパワーフォワード。身長206cm、体重115.7kg。

経歴[編集]

学生時代[編集]

ディオグの両親はナイジェリア人で、1980年にアメリカに渡った。バッファローで生まれたディオグは、その後テキサス州ガーランドに移り、地元の高校に進学した。

大学はアリゾナ州立大学に通い、ロブ・エヴァンスコーチの下で才能を開花させた。またその間、パシフィック・テン・カンファレンスの数々の栄誉を得た。

NBA[編集]

2005年のNBAドラフトで、ゴールデンステイト・ウォリアーズから1巡目(全体9位)指名を受けた。前評判は決して高くなかったため、当日、ディオグは会場に駆け付けていなかった。そのために指名された新人がチームの帽子を被ってデビッド・スターンコミッショナーと握手を交わすというNBAではお馴染みとなっているショット(写真)が発表されることはなかった。ディオグはその後サマー・リーグに参加。上位指名が期待外れではなかったかのような活躍をし、低迷を続けるチームの有力新人として開幕を迎えることになった。しかしながら、開幕直前に薬指を骨折。約1ヶ月間、欠場を余儀なくされた。NBAデビュー後はベンチからの出場が続き、12月にはこの年の最高となる27得点を記録した。好調と不調の波が激しかったが、ダブル・ダブルや12リバウンドなど、リバウンダーとしての片鱗も伺わせた。また、シーズン終盤は出場時間も増え、7試合連続で10得点を記録するなど有力新人ぶりを発揮させた。

2006-07シーズンもインサイドのベンチ要員として期待されていたが、シーズン途中の1月17日、トレードによりアル・ハリントンスティーブン・ジャクソンサルナス・ヤシケヴィシウスジョシュ・パウエルと交換で、マイク・ダンリービートロイ・マーフィーキース・マクリオドと共に、ペイサーズへ移籍。さらに2008年のオフ、トレードでポートランド・トレイルブレイザーズに移籍した。

2008-09シーズン後、ニューオーリンズ・ホーネッツに移籍した。

プレイスタイル[編集]

NBA選手のインサイドプレイヤーでありながら203cmと小柄である。しかし厚みがある強靭な体格と、長い腕を生かしたプレイが特徴的だといえる。NBAではダニー・フォートソンなどと同タイプの選手といえるだろう。またリバウンダーとしての素質を開花させつつあるディフェンシブな選手でありながら、オフェンス面においてはフリースローを高確率で成功させることもできる。本来のポジションはパワーフォワードだがセンターをこなすこともある。

外部リンク[編集]

NBA.com: Ike Diogu Bio