ジョシュ・パウエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョシュ・パウエル
Josh Powell
Josh Powell 2010 cropped.jpg
ロサンゼルス・レイカーズでのパウエル (2010年)
インディオ・デ・マヤグエス
ポジション PF
身長 206cm  (6 ft 9 in)
体重 109kg (240 lb)
基本情報
本名 Josh Powell
ラテン文字 Josh Powell
誕生日 1983年1月25日(33歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 サウスカロライナ州チャールストン
出身 ノースカロライナ州立大学
ドラフト 2003年 ドラフト外 
選手経歴
2003
2003-2004
2004-2005
2005
2005-2006
2006-2007
2007
2007-2008
2008-2010
2010-2011
2011-2012
2012
2012-2013
2013-2014
2014
2014
2015-2016
2016-
ロシアの旗 ルコモティヴ・ロストヴ
イタリアの旗 スカファティ・バスケット
イタリアの旗 ユーベカセルタ・バスケット
フォートワース・フライヤーズ (Dリーグ)
ダラス・マーベリックス
インディアナ・ペイサーズ
ゴールデンステート・ウォリアーズ
ロサンゼルス・クリッパーズ
ロサンゼルス・レイカーズ
アトランタ・ホークス
中華人民共和国の旗 遼寧ダイナソアス
プエルトリコの旗 グアヤマ・ウィザーズ
ギリシャの旗 オリンピアコスBC
中華人民共和国の旗 広東サザンタイガース
フィリピンの旗 Barangay Ginebra San Miguel
ヒューストン・ロケッツ
アルゼンチンの旗 サンロレンソ・デ・アルマグロ
プエルトリコの旗 インディオ・デ・マヤグエス
指導者経歴
2014-2015 ヒューストン・ロケッツ (AC)
受賞歴

ジョシュ・パウエルJosh Powell, 1983年1月25日 - )は、アメリカ合衆国サウスカロライナ州チャールストン出身のバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード。身長206cm、体重109kg。

経歴[編集]

NBA以前[編集]

ノースカロライナ州立大学でプレイしたパウエルは2年生時、平均12.4ポイント5.2リバウンドを記録し、2003年のNBAドラフトにアーリーエントリーする。しかしパウエルはどのチームからも指名を得られず、ヨーロッパで2シーズンプレーする事になった。ヨーロッパで3つのチームをわたり歩いたパウエルは、2005-2006シーズンついにダラス・マーベリックスとの契約を結び、NBAでのキャリアをスタートさせた。

NBA[編集]

2005-2006シーズン、パウエルは試合が決まった時間帯でしか出場機会を得られず、Dリーグに送られるという憂き目にもあった。しかし、ジョシュ・ハワードのバックアップを務めていたキース・ヴァン・ホーンの負傷をきっかけにプレータイムを延ばし始める。シーズン終盤、チームはプレイオフ出場を早々に決めたため主力のダーク・ノビツキーを休ませ、結果的にパウエルの出場機会は増えた。その年、チームはNBAファイナルに進出したものの、マイアミ・ヒートに破れている。 2006年オフ、パウエルはダレル・アームストロングらと共にアンソニー・ジョンソンとの引き換えでインディアナ・ペイサーズへ放出された。

2007年1月17日、パウエルはスティーブン・ジャクソンシャルーナス・ヤシケヴィチュス、およびアル・ハリントンと共にトロイ・マーフィーマイク・ダンリービー・ジュニアアイク・ディオグ、およびキース・マクロードとのトレードでゴールデンステート・ウォリアーズに移籍した[1]。そして2007年オフ、パウエルはロサンゼルス・クリッパーズと契約した。しかしチームはビッグマンの飽和状態にあったため、パウエルを解雇した。

2008年オフ、ロサンゼルス・レイカーズは、それまでパワーフォワードの控えで活躍していたロニー・トゥリアフとの再契約に失敗し、その後釜としてパウエルとの契約を結んだ。

レイカーズでは先発センターのアンドリュー・バイナムの負傷により、かなりの出場機会に恵まれパウエル自身の最高のシーズンとなった。 その後、バイナムの復帰によりプレータイムは減少したものの、チームは2年連続でNBAファイナルに進出。ファイナルでパウエルはベンチ要員としてチームに貢献。チームはオーランド・マジックに対し4勝1敗で勝利し、パウエルにとっては初のチャンピオンリング獲得となった。その翌年もボストン・セルティックスに対し4勝3敗で勝利し、2度目のチャンピオンリングを獲得した。

2010年オフ、アトランタ・ホークスと契約した。2011年から2012年にかけては、中国、プエルトリコの海外プロリーグでプレーした。 2012年9月のトレーニングキャンプ直前に、サンアントニオ・スパーズと契約した[2]が、シーズン開幕前に解雇された。

その後パウエルは再び海外リーグでプレーすることになり、2012-2013シーズンはオリンピアコスBCでプレーし、ユーロリーグ優勝を経験。2013-2014シーズンは広東サザンタイガースフィリピンでプレーした。

2014-2015シーズンはヒューストン・ロケッツと契約するも解雇され、アシスタントコーチとして再契約。2015-2016シーズンはミルウォーキー・バックスのシーズンキャンプに参加したものの開幕前に解雇され、アルゼンチンプエルトリコでプレーしている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]