フリースロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NBAレイカーズ対スパーズ戦コービーのフリースロー

バスケットボールにおけるフリースロー(Free Throw:自由投)とは、一方のチームがファウル、あるいは、特定のヴァイオレイションを犯した場合に科されるペナルティ(罰則)の一つで、相手チームに与えられる得点機会のことである。コート上のフリースローレーン内にすべてのプレーヤーが入らず、投じるプレーヤー(以下、スロワー)は、フリースローサークル内のフリースローライン手前から、どのプレーヤにも防御される事無し(フリー)に、ボールをバスケットに向け放つ事(スロー)が出来る。ペナルティーの種類によって、1投から3投までの間で、連続的にスローされ、フリースロー1投がゴールすれば1得点が与えられる。最終投がスローされた後のプレーの再開方法には、数種類の場合がある。 通常のフリースローの際には、その他の選手は規定の人数、フリースローレーン(ペイントエリア)境界線に沿って並び、それら以外はスリーポイントエリア内でなおかつフリースローサークルより手前にいなければならない。この際制限区域(ペイントエリア)に沿って並べるプレイヤーはスロワーチーム2名、相手チーム3名までである。右図のような配置で実施される。

フリースローとなる場合と投数及びスロワー[編集]

国際バスケットボール連盟 (FIBA) ルール[1]NBAルール[2]では、異なる場合があるので、詳細は脚注を参照。

FIBAでのフリースロー時のポジション一例
NBAでのフリースロー時のポジション一例
  • シューティングファウルがコールされ、ショットが失敗したとき。
ツーポイントショットのときは2投。
スリーポイントショットのときは3投
最終投はゴールあるいはリングに触れた時点でショット扱い
スロワー:ファウルを受けたプレーヤー
  • シューティングファウルがコールされ、なおかつショットがゴール(バスケットカウント)したとき
ツーポイント、スリーポイント共に1投
最終投はゴールあるいはリングに触れた時点でショット扱い
スロワー:ファウルを受けたプレーヤー
  • フレグラントファウル、あるいは相当するファウル(例えばNBA:クリアパスファウル)がコールされたとき。
シューティングファウルでない場合やツーポイントショットのときは2投。
スリーポイントショットのときは3投、
成功失敗に拘わらず、スロワー側が攻撃権を維持したままで再開する。
スロワー:ファウルを受けたプレーヤー
この場合、フリースロー時、スロワー以外のプレーヤーはすべて3ポイントエリアでフリースローラインの延長上より後方にいなければならない。
  • アンスポーツマンライクファウルがコールされたとき。
シューティングファウルでないときは2投。
シューティングファウルの場合で、ショットが成功したときは1投。
シューティングファウルの場合で、ショットが失敗したときは、ツーポイントショットの場合は2投、スリーポイントショットの場合は3投。
成功失敗に拘わらず、スロワー側が攻撃権を維持したままで再開する。
スロワー:ファウルを受けたプレーヤー
この場合、フリースロー時、スロワー以外のプレーヤーはすべて3ポイントエリアでフリースローラインの延長上より後方にいなければならない。
  • チームファウルが各ピリオドで規定数が蓄積した以降で、チームがボールをコントロールしていない時にパーソナルファウルがコールされたとき。
2投
最終投はゴールあるいはリングに触れた時点でショット扱い
スロワー:ファウルを受けたプレーヤー
  • テクニカルファールがコールされたとき。
通常1投。
成功失敗に拘わらず、スロワー側が攻撃権を維持したままで再開する。
スロワー:出場中の任意のプレーヤー(通常フリースローの最も得意なプレーヤー)
この場合、フリースロー時、スロワー以外のプレーヤーはすべて3ポイントエリアでフリースローラインの延長上より後方にいなければならない。
  • テクニカルファールに相当するヴァイオレイションがコールされたとき。
通常1投。
成功失敗に拘わらず、スロワー側が攻撃権を維持したままで再開する。
スロワー:出場中の任意のプレーヤー(通常フリースローの最も得意なプレーヤー)
この場合、フリースロー時、スロワー以外のプレーヤーはすべて3ポイントエリアでフリースローラインの延長上より後方にいなければならない。

Basketball Clipart.svg

フリースロー時に行ってよいこと[編集]

  • タイムアウト(Time out)
  • スロワー以外の選手交代

フリースロー後の再開方法[編集]

最終投がショット扱いのルーズボールとなる場合
成功時は通常のフィールドゴールが成立したときと同じ様に開始。
失敗時は、フィールドゴール失敗時と同じく、ルーズボールに対するリバウンド争いとなる。
スロワー及びスロワー側プレーヤーにヴァイオレイションがあった場合は、相手チームのスローインで再開。
スロワーの相手チームにヴァイオレイションがあった場合は、スローのやり直し。
スロワー側の攻撃権が維持される場合
フリースローライン延長上のサイドライン外からのスローイン
最終投以外のスローの場合
成功すれば、次のスローに移る。
失敗しても[3]、チームリバウンドが記録された後、次のスローに移る。

フリースロー時のヴァイオレイション[編集]

スロワーのヴァイオレイション
  • スローする際には接地していなければならない。
  • スロワーはボールがリングに接触するまで、スロー位置を離れることは出来ない。
  • スロワーが審判がボールを手渡した後、一定の時間内にスローを行わなければならない。FIBA:5秒、NBA:10秒
  • 最終投はエアーボールにしてはならない。
スロワー以外のヴァイオレイション
  • フリースローするまでの間、その他の選手は規定の人数、フリースローレーン(ペイントエリア)境界線に沿って並び、それら以外はスリーポイントエリア内にいなければならない。この際制限区域(ペイントエリア)に沿って並べるプレイヤーはスロワーチーム2名、相手チーム3名までである。
  • スロワー以外の選手は、スロワーの手からボールが離れるまで、移動することが出来ない。

フリースローの成功率[編集]

成功率はガードの選手であれば80%以上。フォワード、センターの選手であれば70%以上が合格点といわれるが、実際にはこの基準をクリアすることはNBA選手でも、容易では無いようである。また、成功率が非常に低い選手は、戦術的に故意にファウルを受けることがあり、ハックされると言われる。事の起こりは、フリースローを極端に苦手にしていたNBA史上最強のセンターとも言われたシャキール・オニール、愛称シャックを故意にファールして、フリースローをさせ、所属チームの1攻撃権当たりの得点数を2以下に抑えるためにおこなわれ、ニックネームに掛けて、これをハック・ア・シャックと呼んだ。NBAのダラス・マーベリックスのヘッドコーチであったドン・ネルソンによって始められたものである。

Basketball Clipart.svg

フリースローに関わる記録[編集]

一試合でのフリースロー連続成功の世界記録は桜井良太が2000年のウインターカップ2回戦・能代工業戦で記録した21本。成功率のNBAにおけるレギュラーシーズンの最高記録は、2008-2009シーズンにホセ・カルデロンが記録した.981(試投数154本、成功数151本)。過去の名選手リック・バリーは、象徴的な"両手アンダースロー"によるフリースローで、非常に高い精度を発揮し、キャリアを通してフリースローで高い成功率を維持し続け、NBA歴代3位となるキャリア通算成功率90.00%をはじめ、計6回(ABA時代を含めれば9回)の成功率リーグ1位など、フリースローに関する様々な記録を残した。

Basketball Clipart.svg

NBA歴代フリースロー記録[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Official Basketball Rules”. FIBA.com (2010年4月30日). 2012年3月29日閲覧。
  2. ^ Official Rules of the National Basketball Association”. NBA.com (2008年9月8日). 2012年3月29日閲覧。
  3. ^ 過去に、3フォー2、など、1投目の成功失敗により全体の投数が変わるルールが存在した。
  4. ^ All Time Statistical Leaders -Total Free Throw Made-
  5. ^ All Time Statistical Leaders -Free Throw Percentage-
  6. ^ basketball-reference.com

関連項目[編集]

バスケットボール
ヴァイオレイション
ファウル
バスケットボール > フリースロー